症例case

すべての症例

実際に当院で治療を受けた方の症例をご紹介します。

症例一覧

【5分間シミ取り放題】気になるシミが5分で改善 70代女性【症例No.29H0000517】

担当医師及び施術者からのコメント
手背や腕のシミを気にされ相談に来られました。スポットとしてある程度はっきりした大小様々なシミがありました。Qスイッチルビーレーザーでの治療を提案させていただきました。術後3週ではまだ赤みが目立っておりますが、レーザーで反応したところの瘡蓋は自然に剥がれてシミ自体はかなり改善しておりました。赤みはゆっくり改善していきます。照射部位の赤みや軽度の色素沈着は、3か月後に来院された際にはさらに改善しておりました。Qスイッチルビーレーザーは一度にしっかりシミを落としたい方にはオススメです

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
手背や腕のシミを気にされ相談に来られました。スポットとしてある程度はっきりした大小様々なシミがありました。Qスイッチルビーレーザーでの治療を提案させていただきました。術後3週ではまだ赤みが目立っておりますが、レーザーで反応したところの瘡蓋は自然に剥がれてシミ自体はかなり改善しておりました。赤みはゆっくり改善していきます。照射部位の赤みや軽度の色素沈着は、3か月後に来院された際にはさらに改善しておりました。Qスイッチルビーレーザーは一度にしっかりシミを落としたい方にはオススメです

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】うすいシミ・そばかすも改善 40代女性【症例No.29H0000518】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬に数か所、スポットとしてある程度はっきりしたシミがありました。一度のレーザー治療でシミを改善したいとのご希望があり、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。3週間後の検診では、シミは改善し、軽度の赤みのみ残存しておりました。目立ったシミを改善させるだけでもお顔全体が明るくなり、肌全体も綺麗な印象になられました

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
両頬に数か所、スポットとしてある程度はっきりしたシミがありました。一度のレーザー治療でシミを改善したいとのご希望があり、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。3週間後の検診では、シミは改善し、軽度の赤みのみ残存しておりました。目立ったシミを改善させるだけでもお顔全体が明るくなり、肌全体も綺麗な印象になられました

この症例の詳細について

【二重埋没法】違和感のない自然な二重幅 10代女性【症例No.29H0000514】

担当医師及び施術者からのコメント
両まぶたになんとなく浅いラインは元々ありましたが食い込みはなかったため、好みの幅で二重を作りたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな幅で二重を作成しております。術後2週間で腫れは落ち着いておりました。二重になることで、まつ毛の根元に乗っていた皮膚が持ち上がって、瞳が大きくパッチリ見えるようになりました。明るく華やかな目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
両まぶたになんとなく浅いラインは元々ありましたが食い込みはなかったため、好みの幅で二重を作りたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな幅で二重を作成しております。術後2週間で腫れは落ち着いておりました。二重になることで、まつ毛の根元に乗っていた皮膚が持ち上がって、瞳が大きくパッチリ見えるようになりました。明るく華やかな目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】憧れの平行二重で目元くっきりと 20代女性【症例No.29H0000505】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと大きくキレイな瞳をお持ちの方ですが、奥二重のため、まぶたの余剰皮膚がまつ毛の生え際を覆って、せっかくの綺麗な睫毛が隠れていました。手軽な埋没法での二重形成を希望され施行されました。術後2週間の写真では、本来の大きく綺麗な瞳がしっかりと見える、魅力的な目元になられたと思います。 ダウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けました

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと大きくキレイな瞳をお持ちの方ですが、奥二重のため、まぶたの余剰皮膚がまつ毛の生え際を覆って、せっかくの綺麗な睫毛が隠れていました。手軽な埋没法での二重形成を希望され施行されました。術後2週間の写真では、本来の大きく綺麗な瞳がしっかりと見える、魅力的な目元になられたと思います。 ダウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けました

この症例の詳細について

【目頭切開】ナチュラルに目力際立つ 30代女性【症例No.29H0000505】

担当医師及び施術者からのコメント
左右の目の間隔をもう少し狭くして目を大きく見せたいとのご希望で目頭切開を目的にご来院されました。中程度のW形成での目頭切開をご提案させて頂きました。それほど蒙古ひだは強いタイプではなかったので大きな変化ではありませんが、もともと目の間の距離は比較的開いている方だったので、顔全体のバランスがとても良くなり、大人っぽさが出て、華やかな印象になられました。 術後の傷跡はしばらく赤みや凸凹感がありますが、目頭切開は直後からそれほど腫れは生じません。傷の赤みや盛り上がりは、3か月くらい経つとほとんど気にならないくらいに成熟しています

この症例の詳細について

術前評価 目と目の間が広いのが気になる方
通常必要とされる治療内容 目頭切開
治療方法 蒙古ヒダの被っている部分をWに切開し余剰となった皮膚を切除し縫合しました
料金 187,000円(税込)
治療のリスク 疼痛・内出血(2-3週で改善)、腫れ、傷跡は3か月くらいまでは赤みが出ますが徐々に改善していきます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、左右差、過剰切除、効果不良 ●極めて稀起こり得る事:重症薬疹・薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
左右の目の間隔をもう少し狭くして目を大きく見せたいとのご希望で目頭切開を目的にご来院されました。中程度のW形成での目頭切開をご提案させて頂きました。それほど蒙古ひだは強いタイプではなかったので大きな変化ではありませんが、もともと目の間の距離は比較的開いている方だったので、顔全体のバランスがとても良くなり、大人っぽさが出て、華やかな印象になられました。 術後の傷跡はしばらく赤みや凸凹感がありますが、目頭切開は直後からそれほど腫れは生じません。傷の赤みや盛り上がりは、3か月くらい経つとほとんど気にならないくらいに成熟しています

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】気になるシミを5分で改善 40代女性【症例No.29H0000500】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬やこめかみ付近のシミを気にされ相談に来られました。パラパラと比較的小さいものから、スポットとしてある程度はっきりしたものまでありました。光治療でも効果は期待できますが、一度でしっかりシミを落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後3週間の写真では、両頬と目尻付近の気にされていた濃いシミは、ほとんど見えないくらいに改善しています。照射部位が薄いピンクになっていますが、この色は徐々に薄くなっていきます。気になっていたシミはかなり改善し、大変喜ばれておりました。顔全体が明るい印象で綺麗なお肌になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅先生
担当医師及び施術者からのコメント
両頬やこめかみ付近のシミを気にされ相談に来られました。パラパラと比較的小さいものから、スポットとしてある程度はっきりしたものまでありました。光治療でも効果は期待できますが、一度でしっかりシミを落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後3週間の写真では、両頬と目尻付近の気にされていた濃いシミは、ほとんど見えないくらいに改善しています。照射部位が薄いピンクになっていますが、この色は徐々に薄くなっていきます。気になっていたシミはかなり改善し、大変喜ばれておりました。顔全体が明るい印象で綺麗なお肌になられたと思います。

この症例の詳細について

【目頭切開】丸みを残した目頭切開(W法) 20代女性【症例No.29Y0000499】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと綺麗な眼をされておりますが、目頭の蒙古ヒダの張り出しがあり幼い印象の方でした。丸みのある目頭の雰囲気は変えないようにW形成を行う術式をご提案させていただきました。逆まつげに対して睫毛内反手術も行ったため、下まつげの生え際付近の傷がございます。術後1週間で抜糸を行い、傷が裂けないように2日間程テーピングをしていただきました。術後1ヶ月では、目頭の傷は盛り上がっており赤みもやや残っています。手術3ヶ月の写真では、目頭の傷はかなり目立たなくなりました。 内側にかぶった蒙古ヒダは解消され、大人っぽさと華やかさが出て、より綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 蒙古ひだの張り出しが強い方
通常必要とされる治療内容 目頭切開
治療方法 蒙古ヒダの被っている部分をWに切開し余剰となった皮膚を切除し縫合しました。
料金 187,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善)、腫れ、傷跡は3か月くらいまでは赤みが出ますが徐々に改善していきます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、左右差、過剰切除、効果不良 ●極めて稀起こり得る事:重症薬疹・薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと綺麗な眼をされておりますが、目頭の蒙古ヒダの張り出しがあり幼い印象の方でした。丸みのある目頭の雰囲気は変えないようにW形成を行う術式をご提案させていただきました。逆まつげに対して睫毛内反手術も行ったため、下まつげの生え際付近の傷がございます。術後1週間で抜糸を行い、傷が裂けないように2日間程テーピングをしていただきました。術後1ヶ月では、目頭の傷は盛り上がっており赤みもやや残っています。手術3ヶ月の写真では、目頭の傷はかなり目立たなくなりました。 内側にかぶった蒙古ヒダは解消され、大人っぽさと華やかさが出て、より綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【刺青除去】両手首に入れたtattoを消したい 20代女性【症例No.29Y0000512】

担当医師及び施術者からのコメント
両手関節に入れたタトゥーを消したいとのことで相談に来られました。ブレスレットのような形状でしたのでシンプルに紡錘形にデザインし単純縫合での除去をご提案させて頂きました。術後、タトゥーは無くなり代わりに1本の傷に置き換わります。1ヶ月の状態ではまだ赤みが残っていますが、テープ保護を少なくとも3-4ヶ月継続して頂きながら傷の成熟を待ちます。個人差はありますが1-3年ほどで傷は成熟していきます。この患者様は2年後にご来院頂き、創部を確認できましたがとてもキレイに治っておられました。タトゥーや傷跡の修正は形状にもよりますが閉創ができるものは、単純縫合がダウンタイムも少なくオススメの方法だと思います。

この症例の詳細について

術前評価 両側手関節に入れた細長いタトゥー
通常必要とされる治療内容 単純切除術
治療方法 比較的細いタトゥーでしたので横長に紡錘形にデザインしました。局所麻酔下に丁寧に縫合し、約40分の手術時間で終了します。術後もすぐに帰宅してもらえます。
料金 261,800円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、 ●経過中に起こる可能性のある事 肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、ケロイド:経過は肥厚性瘢痕と類似しますが、拡大傾向が10年以上にわたり起こる場合があります。  変形(陥没・引きつれ)・創部両端の盛り上がり(dog ear)の可能性、強いものは残存します。 ●希に起こる事 感染・創離開・縫合糸の残存、部位・大きさにより閉創できない可能性(植皮術や部分離開したまま終了する場合もあります) ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり死亡することもあります。他部位の組織損傷、神経損傷(知覚障害・運動障害)、四肢・指などの切除縫合の場合血流障害を起こす可能性、その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
両手関節に入れたタトゥーを消したいとのことで相談に来られました。ブレスレットのような形状でしたのでシンプルに紡錘形にデザインし単純縫合での除去をご提案させて頂きました。術後、タトゥーは無くなり代わりに1本の傷に置き換わります。1ヶ月の状態ではまだ赤みが残っていますが、テープ保護を少なくとも3-4ヶ月継続して頂きながら傷の成熟を待ちます。個人差はありますが1-3年ほどで傷は成熟していきます。この患者様は2年後にご来院頂き、創部を確認できましたがとてもキレイに治っておられました。タトゥーや傷跡の修正は形状にもよりますが閉創ができるものは、単純縫合がダウンタイムも少なくオススメの方法だと思います。

この症例の詳細について

【鼻孔縁下降術 他院修正】他院で2度の鼻孔縁下降術を受けたが改善が認められなかった 20代女性【症例No.29Y0000510】

担当医師及び施術者からのコメント
正面から見たときの鼻の穴が特徴的でとても目立つため相談に来られました。過去に他院様で鼻孔縁下降術を2回ほどお受けになられていましたが、直後から殆ど効果の実感を得ることが無かったとのことでした。耳介からの皮膚軟骨複合組織は前回の手術創より採取しました。鼻への移植は鼻孔縁近くの鼻腔内に切開を置き、採取した複合組織がはまり込むように調整を行い固定しております。術後移植片は概ね生着していますが、移植組織自体のボリュームが足りない左側はやや低矯正となっております。今後おちついてから追加手術を検討している状況です。 ただ、術前後と比較すると、特徴的な鼻孔縁は解消し、正面視、斜位ともに形態の改善は得られていると思います。  移植手術は生着率の問題と、生着後の萎縮の問題がある手術になります。いずれもボリュームが不足するときは再度追加で手術を行う必要があります。主治医の先生をしっかりと相談をしながらすすめて行くようにしましょう。

この症例の詳細について

術前評価 他院にて鼻孔縁下降術を2度受けたが全く改善が見られなかった方
通常必要とされる治療内容 鼻孔縁下降術
治療方法 耳介より皮膚+軟骨の複合組織を採取し、鼻孔縁近くの鼻腔内に移植します。
料金 418,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事 瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します)、移植片の膨らみや萎縮 ●希に起こる事 感染・創離開・左右差、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存、移植組織の壊死、後戻りや効果不良、耳介や鼻孔縁の変形 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など)、薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
正面から見たときの鼻の穴が特徴的でとても目立つため相談に来られました。過去に他院様で鼻孔縁下降術を2回ほどお受けになられていましたが、直後から殆ど効果の実感を得ることが無かったとのことでした。耳介からの皮膚軟骨複合組織は前回の手術創より採取しました。鼻への移植は鼻孔縁近くの鼻腔内に切開を置き、採取した複合組織がはまり込むように調整を行い固定しております。術後移植片は概ね生着していますが、移植組織自体のボリュームが足りない左側はやや低矯正となっております。今後おちついてから追加手術を検討している状況です。 ただ、術前後と比較すると、特徴的な鼻孔縁は解消し、正面視、斜位ともに形態の改善は得られていると思います。  移植手術は生着率の問題と、生着後の萎縮の問題がある手術になります。いずれもボリュームが不足するときは再度追加で手術を行う必要があります。主治医の先生をしっかりと相談をしながらすすめて行くようにしましょう。

この症例の詳細について

【目頭切開】蒙古ひだをなくしてすっきりした目元に 20代女性【症例No.29Y0000519】

担当医師及び施術者からのコメント
目頭に張り出している強い蒙古ヒダが気になり相談に来られました。開瞼はしっかりされているのですが、それ故に縦方向のヒダが目立つ目元の方でした。縦方向のヒダの向きを変えるZ形成での手術を提案し施行しております。術後3ヶ月の写真ですが、傷跡の赤みは徐々に目立ちにくくなってきており、術前に目立っていた蒙古ヒダは解消され、大人っぽい印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 目頭切開(Z法)
治療方法 縦方向のヒダ部分を含んでZ状にジグザグ切開し、ヒダの位置変換を行い縫合しました。
料金 187,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善)、腫れ、傷跡は3か月くらいまでは赤みが出ますが徐々に改善していきます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、左右差、過剰切除、効果不良 ●極めて稀起こり得る事:重症薬疹・薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くすることや、元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目頭に張り出している強い蒙古ヒダが気になり相談に来られました。開瞼はしっかりされているのですが、それ故に縦方向のヒダが目立つ目元の方でした。縦方向のヒダの向きを変えるZ形成での手術を提案し施行しております。術後3ヶ月の写真ですが、傷跡の赤みは徐々に目立ちにくくなってきており、術前に目立っていた蒙古ヒダは解消され、大人っぽい印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【刺青除去】頚部に入れたtatooを除去したい方 20代女性【症例No.29Y0000511】

担当医師及び施術者からのコメント
以前にtatooを入れたことを後悔し何とか消したいとのことで相談に来られました。後頚部(項部)という比較的皮膚の厚みがある部位であるためアブレージョンでの除去をオススメさせていただきました。術後はそれほど強い安静も必要が無く、約1ヶ月で上皮化し、想像以上に快適に生活できたと思います。術後2ヶ月の写真では若干の肥厚性瘢痕は残りますが、術後1年半の状態では瘢痕はほとんど成熟し、以前のtatooは熱傷を連想させる傷に置き換わり、大変満足して頂けたと思います。 アブレージョンの最大のメリットは、広範囲の除去が一度にできるだけでなく、植皮のように他の部位から皮膚を移植する必要が無く、かつ安静が不要である点です。個人差はありますが比較的皮膚の厚い、背部・項部・臀部・上腕などでのみ適応となります。術後肥厚性瘢痕が起こりやすいというデメリットはありますが、メリットの方が遙かに大きいため、上記部位で単純縫合が困難なサイズのtatoo除去にはオススメの方法です。

この症例の詳細について

術前評価 比較的皮膚の厚い頚部に入ったtatoo
通常必要とされる治療内容 アブレージョン
治療方法 比較的皮膚の厚みがある頚部(項部)の場合、色素の入っている表皮~真皮にかけて皮膚表層の削皮(アブレージョン)を行うことで、色素部分を除去します。術後肥厚性瘢痕は高頻度で起こるため創部の管理も継続して行います。
料金 198,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹・出血 ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、 ●経過中に起こる可能性のある事 肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、ケロイド:経過は肥厚性瘢痕と類似しますが、拡大傾向が10年以上にわたり起こる場合があります。変形(瘢痕拘縮に伴う引きつれや突っ張り) ●希に起こる事 感染・創離開・縫合糸の残存、部位・大きさにより閉創できない可能性(植皮術や部分離開したまま終了する場合もあります)・拘縮に伴う可動域制限や運動時痛 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり死亡することもあります。他部位の組織損傷、神経損傷(知覚障害・運動障害)、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ※傷は必ず残ります。社会生活上の問題となる傷跡を、熱傷や事故などの一般的な醜形瘢痕に置き換える手術です。またすべての色素が取れるわけではなく、残存したものはレーザーや単純縫合などを行う場合もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
以前にtatooを入れたことを後悔し何とか消したいとのことで相談に来られました。後頚部(項部)という比較的皮膚の厚みがある部位であるためアブレージョンでの除去をオススメさせていただきました。術後はそれほど強い安静も必要が無く、約1ヶ月で上皮化し、想像以上に快適に生活できたと思います。術後2ヶ月の写真では若干の肥厚性瘢痕は残りますが、術後1年半の状態では瘢痕はほとんど成熟し、以前のtatooは熱傷を連想させる傷に置き換わり、大変満足して頂けたと思います。 アブレージョンの最大のメリットは、広範囲の除去が一度にできるだけでなく、植皮のように他の部位から皮膚を移植する必要が無く、かつ安静が不要である点です。個人差はありますが比較的皮膚の厚い、背部・項部・臀部・上腕などでのみ適応となります。術後肥厚性瘢痕が起こりやすいというデメリットはありますが、メリットの方が遙かに大きいため、上記部位で単純縫合が困難なサイズのtatoo除去にはオススメの方法です。

この症例の詳細について

【ヒアルロン酸注入】手軽に理想へ近づける 40代女性【症例No.29Y0000509】

担当医師及び施術者からのコメント
ほうれい線が年々目立ってきたため何とかしたいとのことで相談に来られました。他院様でレーザー治療?を受けたあとでしたがどうしてもと言う事で当日施術を行いました(本来はダウンタイムが治まる2週間ほどは待った方がいいです💧)施術後2週間の写真ですが、鼻翼基部とほうれい線の一番深い部分の著明な改善が得られているのがお分かり頂けると思います。ほうれい線は手軽な注射で即日から効果が得られるため、はじめて美容施術を受ける方には実感して頂きやすいオススメの施術です。

この症例の詳細について

術前評価 深くなってきたほうれい線を改善したい方
通常必要とされる治療内容 ヒアルロン酸(鼻唇溝)1本買い取り制
治療方法 ほうれい線へのヒアルロン酸注入・・・片側0.5㏄ずつ計1.0cc
料金 46,200円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹(1週間ほどでほぼ改善) ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ 青く透けて見える(皮膚の薄い部位への注入時)、注入不足(効果が乏しい) ●希に起こる事 デコボコになる(浅い層への注入時)、過剰注入 ●極めて稀起こり得る事 アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚・神経・唾液漏など) 塞栓症(眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。 ●注意を要する方  ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。  
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
ほうれい線が年々目立ってきたため何とかしたいとのことで相談に来られました。他院様でレーザー治療?を受けたあとでしたがどうしてもと言う事で当日施術を行いました(本来はダウンタイムが治まる2週間ほどは待った方がいいです💧)施術後2週間の写真ですが、鼻翼基部とほうれい線の一番深い部分の著明な改善が得られているのがお分かり頂けると思います。ほうれい線は手軽な注射で即日から効果が得られるため、はじめて美容施術を受ける方には実感して頂きやすいオススメの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】幅広めの平行二重で華やかな印象に 10代女性【症例No.29Y0000508】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、メイクで二重を作っておられる方でしたが、日々のメイクに時間が取られるとのことで、手術で二重作成を希望され相談に来られました。何となく二重ラインができており、同じ幅で作りたいとのご要望がありました。手軽な埋没法での手術を希望され施行しております。直後から3日ほどは腫れますが、それ以降は落ち着き2週間で完全に落ち着きます。術後2週間の写真ではやや広く感じますが、本人は希望の幅になったと、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、メイクで二重を作っておられる方でしたが、日々のメイクに時間が取られるとのことで、手術で二重作成を希望され相談に来られました。何となく二重ラインができており、同じ幅で作りたいとのご要望がありました。手軽な埋没法での手術を希望され施行しております。直後から3日ほどは腫れますが、それ以降は落ち着き2週間で完全に落ち着きます。術後2週間の写真ではやや広く感じますが、本人は希望の幅になったと、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】メスを入れずに自然な二重に 30代女性【症例No.29Y0000504】

担当医師及び施術者からのコメント
元々奥二重の方ですが年齢と共に皮膚がたるみ、年齢を感じる目元をどうにかしたいとのことで相談に来られました。外側のタルミが強く瞼の厚みのある方でしたので、眉下皮膚切除などが最も良い手術適応と思われましたが、「二重になりたい」、「メスは使いたくない」などのリクエストが在り埋没法でのタルミ取りをご提案させていただきました。術後2週間で腫れは治まり気にしている目尻のタルミは改善され、大変ご満足頂けました。瞼の厚みがある方でしたのであまり広い幅で二重を作るとボテッとした雰囲気の目元になることから、やや控え目にしています。これ以上の改善を望まれる場合は眉下皮膚切除でのタルミ改善が良いと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々奥二重の方ですが年齢と共に皮膚がたるみ、年齢を感じる目元をどうにかしたいとのことで相談に来られました。外側のタルミが強く瞼の厚みのある方でしたので、眉下皮膚切除などが最も良い手術適応と思われましたが、「二重になりたい」、「メスは使いたくない」などのリクエストが在り埋没法でのタルミ取りをご提案させていただきました。術後2週間で腫れは治まり気にしている目尻のタルミは改善され、大変ご満足頂けました。瞼の厚みがある方でしたのであまり広い幅で二重を作るとボテッとした雰囲気の目元になることから、やや控え目にしています。これ以上の改善を望まれる場合は眉下皮膚切除でのタルミ改善が良いと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】手軽にしっかり効果をだしたい 70代女性【症例No.29M0000503】

担当医師及び施術者からのコメント
右口角外側・下顎部の色素斑が化粧で隠しきれなくなったため相談に来られました。内部に若干の濃淡がありますがダーモスコープにて良性の色素班と診断し、レーザーでの治療を施行させて頂きました。施術後3週間でシミはかさぶたとなり薄くなりますが、炎症後紅斑および炎症後色素沈着がわずかに残っています。遮光をしっかりして頂き経過を見た4ヶ月後には炎症後紅斑および色素沈着は改善しているのが見て頂けると思います。気にされているシミがあるようでしたら、手軽にしっかりとした効果が得れることも多くオススメの方法です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 宮田先生
担当医師及び施術者からのコメント
右口角外側・下顎部の色素斑が化粧で隠しきれなくなったため相談に来られました。内部に若干の濃淡がありますがダーモスコープにて良性の色素班と診断し、レーザーでの治療を施行させて頂きました。施術後3週間でシミはかさぶたとなり薄くなりますが、炎症後紅斑および炎症後色素沈着がわずかに残っています。遮光をしっかりして頂き経過を見た4ヶ月後には炎症後紅斑および色素沈着は改善しているのが見て頂けると思います。気にされているシミがあるようでしたら、手軽にしっかりとした効果が得れることも多くオススメの方法です。

この症例の詳細について

【乳頭縮小】より自然な乳頭でストレスから解放 30代女性【症例No.29Y0000502】

担当医師及び施術者からのコメント
他院での乳輪縮小術の外側法を受けられた患者様ですが、術後瘢痕の広がりが強く、逆に醜形が目立つ状態に悩まれ相談に来られました。写真の通り、瘢痕の広がりが強く、色合いも通常の乳輪では無いため違和感を感じずにはいられない状態でした。術前のカウンセリングにて、瘢痕の広がりのリスク(再発)を重々説明した後、手術を施行しております。手術では瘢痕が成熟するまで耐えうるよう真皮縫合をしっかり行い終了しました。術後、テーピングなどの後療法をしっかり行い経過を追わせて頂きました。2ヶ月後と5ヶ月後の写真でも瘢痕は残っていますが、瘢痕の広がりは最小限に留まっているのが分ります。術前の違和感を覚える乳輪と比べると、随分とストレスから解放されたということで、大変満足して頂いたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 他院で乳輪縮小術(外側切除)をされたが、瘢痕が広がり醜形状態となっている方。
通常必要とされる治療内容 乳輪縮小術(外側切除)
治療方法 座位にてデザインを行い、切除する瘢痕及び概ねの縫合部位を決めます。手術台に仰向けに寝ていただき、十分な局所麻酔で無痛下に手術を行います。片側40-50分ほどかけて丁寧に縫合を行います。
料金 253,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善)、かぶれ(乳頭保護装具のためのテープによる) 効果不十分、乳頭の扁平化(切除量が多い時) ●経過中に起こる事 知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します) 瘢痕の残存(白く抜けた傷が残ります)、若干の後戻りが起こります(瘢痕が広がる)、乳輪と皮膚の境界コントラストの明瞭化 ●希に起こる事 感染・創離開・縫合糸の残存、左右差(強いもの修正します) 肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり) ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●手術をお受けになれない方  妊娠中の方、授乳中の方、半年以内に妊娠の予定のある方
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
他院での乳輪縮小術の外側法を受けられた患者様ですが、術後瘢痕の広がりが強く、逆に醜形が目立つ状態に悩まれ相談に来られました。写真の通り、瘢痕の広がりが強く、色合いも通常の乳輪では無いため違和感を感じずにはいられない状態でした。術前のカウンセリングにて、瘢痕の広がりのリスク(再発)を重々説明した後、手術を施行しております。手術では瘢痕が成熟するまで耐えうるよう真皮縫合をしっかり行い終了しました。術後、テーピングなどの後療法をしっかり行い経過を追わせて頂きました。2ヶ月後と5ヶ月後の写真でも瘢痕は残っていますが、瘢痕の広がりは最小限に留まっているのが分ります。術前の違和感を覚える乳輪と比べると、随分とストレスから解放されたということで、大変満足して頂いたと思います。

この症例の詳細について

【経皮的ハムラ】たるみ、クマを同時に解消 40代女性【症例No.29Y0000501】

担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共に目の下のクマが気になるとのことで相談に来られました。 この患者様の問題として、眼窩脂肪の突出および中顔面の痩せ、 目の下の強い食い込み(眼窩頬部靭帯の食い込み)などがあげられます。 どれも程度がしっかりとあるため手術的なアプローチ(ハムラ法)が最善の方法となります。 下睫毛の生え際~目尻にかけて切開を行い、内部にある問題を直接処理して適度に改善させます。 術後3ヶ月の写真ですが、目の下の問題は大きく改善し、 年齢を感じさせる原因ではなくなったと思います。 傷跡もほとんど分らないくらいになりますので、クマの程度が強い方にはオススメの治療法です。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の膨らみ、タルミを改善されたい方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。この症例の場合眼窩脂肪の切除を少し行い、余剰となった皮膚も切除し閉創しました。
料金 407,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約9割改善)・軽度のむくみ(約1-3か月)・内出血(ほとんどありませんが、起こる場合もあります) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)、ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 、左右差:従来の左右差は残ります。 ●希に起こる事 過矯正による目の下のクボミ 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり)、小じわ・ちり緬じわの増加 ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共に目の下のクマが気になるとのことで相談に来られました。 この患者様の問題として、眼窩脂肪の突出および中顔面の痩せ、 目の下の強い食い込み(眼窩頬部靭帯の食い込み)などがあげられます。 どれも程度がしっかりとあるため手術的なアプローチ(ハムラ法)が最善の方法となります。 下睫毛の生え際~目尻にかけて切開を行い、内部にある問題を直接処理して適度に改善させます。 術後3ヶ月の写真ですが、目の下の問題は大きく改善し、 年齢を感じさせる原因ではなくなったと思います。 傷跡もほとんど分らないくらいになりますので、クマの程度が強い方にはオススメの治療法です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】二重埋没で朝の支度時間を大幅に短縮 20代女性【症例No.29Y0000498】

担当医師及び施術者からのコメント
元はほとんど見えない奥二重でメイクで二重を作っておられた方です。メイク無しでも綺麗な二重になっておきたいとの要望で相談に来られました。初めてと言うことでまずは手軽な埋没法での二重形成をオススメさせて頂きました。術直後は少し広く見えますが3日でメイクで隠せるくらいに改善し、2週間ほどで完全に腫れが落ち着きます。術前後の比較では、まつ毛を覆った一重の皮膚は二重の中に収納されることでまつ毛の生え際が見えるようになり、パッチリとした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元はほとんど見えない奥二重でメイクで二重を作っておられた方です。メイク無しでも綺麗な二重になっておきたいとの要望で相談に来られました。初めてと言うことでまずは手軽な埋没法での二重形成をオススメさせて頂きました。術直後は少し広く見えますが3日でメイクで隠せるくらいに改善し、2週間ほどで完全に腫れが落ち着きます。術前後の比較では、まつ毛を覆った一重の皮膚は二重の中に収納されることでまつ毛の生え際が見えるようになり、パッチリとした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】厚み・左右差のある目を手軽に二重にしたい 30代女性 【症例No.29Y0000497】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で二重になることをご希望され相談に来られました。比較的厚みのある瞼と左右の目の開きが異なる事から、切開式でのROOF切除+挙筋前転術(眼瞼下垂症手術)で、二重を作るだけでなく目の開きと厚みを同時に治療するのが最も良い方法だと思われましたが、手軽な方法での二重形成を希望されたため、埋没法での二重形成を施行させて頂きました。目の開きに左右差があることから左右同じ位置で糸をかけると必ず左右差が出ることから左右で異なる位置で糸を入れ、目が開いた時に同じくらいの幅になるよう微調整を行いました。この患者様は術後2週間で腫れが落ち着き、開瞼時の二重幅に左右差が無い状態に仕上がったと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で二重になることをご希望され相談に来られました。比較的厚みのある瞼と左右の目の開きが異なる事から、切開式でのROOF切除+挙筋前転術(眼瞼下垂症手術)で、二重を作るだけでなく目の開きと厚みを同時に治療するのが最も良い方法だと思われましたが、手軽な方法での二重形成を希望されたため、埋没法での二重形成を施行させて頂きました。目の開きに左右差があることから左右同じ位置で糸をかけると必ず左右差が出ることから左右で異なる位置で糸を入れ、目が開いた時に同じくらいの幅になるよう微調整を行いました。この患者様は術後2週間で腫れが落ち着き、開瞼時の二重幅に左右差が無い状態に仕上がったと思います。

この症例の詳細について

【経皮的ハムラ】目の下のクマと皮膚のタルミが年齢を感じさせる 40代女性【症例No.29Y0000496】

担当医師及び施術者からのコメント
目元のクマと皮膚のたるみが気になり相談に来られました。診察の結果、眼窩脂肪の突出、皮膚のタルミ、鼻瞼溝~瞼頬溝の食い込みなどの多くの問題があり、脱脂術だけでは皮膚のタルミや鼻瞼溝~鼻頬溝問題が解消されないことから、問題の全てにアプローチできる経皮的ハムラ法をオススメさせて頂きました。術後1週間ではまだ腫れは残りますが、1ヶ月程で概ね落ち着いてきます。 結果については、影を強調するフラッシュ無しでの撮影でも、目の下の凸凹が改善しているため、術前と比べ明らかに影クマが解消しているのが分ります。余剰皮膚を切除し吊り上げていますので目の下の小ジワも改善しています。メスを使用する手術ではありますが傷跡も殆ど分らなくなるため、改善すべき項目が多い目の下の方には最もオススメの手術です。

この症例の詳細について

術前評価 目の下のクマと皮膚のタルミが気になってきた方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。また余った皮膚は切除しつり上げて閉創しました。
料金 407,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。  青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり) 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目元のクマと皮膚のたるみが気になり相談に来られました。診察の結果、眼窩脂肪の突出、皮膚のタルミ、鼻瞼溝~瞼頬溝の食い込みなどの多くの問題があり、脱脂術だけでは皮膚のタルミや鼻瞼溝~鼻頬溝問題が解消されないことから、問題の全てにアプローチできる経皮的ハムラ法をオススメさせて頂きました。術後1週間ではまだ腫れは残りますが、1ヶ月程で概ね落ち着いてきます。 結果については、影を強調するフラッシュ無しでの撮影でも、目の下の凸凹が改善しているため、術前と比べ明らかに影クマが解消しているのが分ります。余剰皮膚を切除し吊り上げていますので目の下の小ジワも改善しています。メスを使用する手術ではありますが傷跡も殆ど分らなくなるため、改善すべき項目が多い目の下の方には最もオススメの手術です。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case