症例 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科

症例case

すべての症例

実際に当院で治療を受けた方の症例をご紹介します。

症例一覧

【二重埋没法】二重幅を広げて華やかに 10代女性【症例No.29H0000317】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重はありましたが、もう少し広くして自然な末広型の二重にしたいとのことで来院されました。手軽な埋没法で二重を広くさせていただきました。術直後は少し腫れましたが、術後2週間の検診では、腫れは改善しておいりました。もともと二重のある方は、それほど目立ちはしないことが多いですが元の二重ラインが残存することがあります。二重幅を自然な範囲で広くすることで、パッチリした目元に変わり華やかな雰囲気になられ、喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重はありましたが、もう少し広くして自然な末広型の二重にしたいとのことで来院されました。手軽な埋没法で二重を広くさせていただきました。術直後は少し腫れましたが、術後2週間の検診では、腫れは改善しておいりました。もともと二重のある方は、それほど目立ちはしないことが多いですが元の二重ラインが残存することがあります。二重幅を自然な範囲で広くすることで、パッチリした目元に変わり華やかな雰囲気になられ、喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】奥二重をくっきり、かつ自然な幅の二重に 10代女性【症例No.29H0000316】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重はありましたが、しっかりと、かつ自然な二重にしたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で、自然な幅での二重を作成いたしました。術直後も内出血は認めず腫れも軽度で、術後2週間の検診では腫れがほとんど落ち着いておりました。まつ毛の根元がはっきりと見えるようになり、黒目も大きくパッチリして、明るく活き活きとした雰囲気の目元になられました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重はありましたが、しっかりと、かつ自然な二重にしたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で、自然な幅での二重を作成いたしました。術直後も内出血は認めず腫れも軽度で、術後2週間の検診では腫れがほとんど落ち着いておりました。まつ毛の根元がはっきりと見えるようになり、黒目も大きくパッチリして、明るく活き活きとした雰囲気の目元になられました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】目が細く見える一重をナチュラルな末広二重に 20代女性【症例No.29H0000315】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、余剰皮膚がまつ毛の根元をおおって細目に見える方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな末広型で二重を作成しております。術後きれいな末広型の目元になり、まつ毛の生え際もしっかりと見えるようになったため、魅力的な目元になられたと思います。ダウンタイムも短く手軽に理想の二重になれたということで喜んで頂けました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、余剰皮膚がまつ毛の根元をおおって細目に見える方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな末広型で二重を作成しております。術後きれいな末広型の目元になり、まつ毛の生え際もしっかりと見えるようになったため、魅力的な目元になられたと思います。ダウンタイムも短く手軽に理想の二重になれたということで喜んで頂けました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右非対称で浅い癖のある方 10代女性【症例No.29H0000314】

担当医師及び施術者からのコメント
左右非対称の浅い二重線が元々ありましたが、左右そろった食い込みのある二重にしたいとのことで相談に来られました。末広型のなかでも広めの幅をご希望されました。埋没法は作成後少し狭くなるため希望の幅より僅かに広めで固定しております。しばらくするともう少し二重幅が狭くなって、より自然な目元になって行きます。タウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けました。瞳が大きくパッチリ見えるようになり、明るい雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
左右非対称の浅い二重線が元々ありましたが、左右そろった食い込みのある二重にしたいとのことで相談に来られました。末広型のなかでも広めの幅をご希望されました。埋没法は作成後少し狭くなるため希望の幅より僅かに広めで固定しております。しばらくするともう少し二重幅が狭くなって、より自然な目元になって行きます。タウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けました。瞳が大きくパッチリ見えるようになり、明るい雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】顔全体のシミ・そばかす 20代女性【症例No.29H0000313】

担当医師及び施術者からのコメント
年齢とともに顔面全体にパラパラとしたシミ増えてきたため相談に来られました。光治療を何度かする選択もありますが、一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。3週間後の検診では、シミがかなり目立たなくなりました。照射部位の淡いピンクの赤みが残っておりますが、この色は徐々に薄くなるため、さらに改善します。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
年齢とともに顔面全体にパラパラとしたシミ増えてきたため相談に来られました。光治療を何度かする選択もありますが、一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。3週間後の検診では、シミがかなり目立たなくなりました。照射部位の淡いピンクの赤みが残っておりますが、この色は徐々に薄くなるため、さらに改善します。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】若干の三角目の改善 40代女性【症例No.29H0000312】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重はある方でしたが、もう少し広くしたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を広くさせていただきました。もともと上眼瞼のたるみはあまり無い方でしたが、埋没法での二重形成は、まぶたのタルミの改善としても有効です。術後2週間の検診では、腫れは改善しておいりました。他人からは指摘されない程度の朝のムクミは、1~3ヵ月続く場合もございます。二重幅を自然な範囲で広くすることで、華やかな目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重はある方でしたが、もう少し広くしたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を広くさせていただきました。もともと上眼瞼のたるみはあまり無い方でしたが、埋没法での二重形成は、まぶたのタルミの改善としても有効です。術後2週間の検診では、腫れは改善しておいりました。他人からは指摘されない程度の朝のムクミは、1~3ヵ月続く場合もございます。二重幅を自然な範囲で広くすることで、華やかな目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】末広二重の幅アップ 30代女性【症例No.29H0000311】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重はある方でしたが、もう少し広くして平行型の二重にしたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を広くさせていただきました。もともとしっかりとした食い込みのある末広型の二重があったため、それほど目立ちはしないですが元の二重ラインが残存しております。タウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けました。本来の大きく綺麗な瞳がしっかりと見えて、華やかで魅力的な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重はある方でしたが、もう少し広くして平行型の二重にしたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を広くさせていただきました。もともとしっかりとした食い込みのある末広型の二重があったため、それほど目立ちはしないですが元の二重ラインが残存しております。タウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けました。本来の大きく綺麗な瞳がしっかりと見えて、華やかで魅力的な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】アイプチかぶれを起こす方に 10代女性【症例No.29H0000310】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、埋没法での二重形成を希望され相談に来られました。手術前よりメイクや花粉などによるまぶたのかぶれを認めました。かぶれが改善したときの二重幅の左右差の発生をなくすために、また、シミュレーション時の正確なラインの位置を確認するためにも、術前にはかぶれがないことが望ましいです。少しの幅の差のリスクはあるものの、まぶたのかぶれが軽度であれば埋没法の施術を行うことは可能です。術後2週間の検診時には、まつげの根元を覆った余剰皮膚が二重に収納されることで黒目が大きく見え、綺麗な目元になられました。もともとのまぶたのかぶれの残存はありますが、アイプチやテープをする必要がなくなったため、皮膚炎も改善していくとおもわれます。皮膚に対しても良い経過をたどったのではないでしょうか。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、埋没法での二重形成を希望され相談に来られました。手術前よりメイクや花粉などによるまぶたのかぶれを認めました。かぶれが改善したときの二重幅の左右差の発生をなくすために、また、シミュレーション時の正確なラインの位置を確認するためにも、術前にはかぶれがないことが望ましいです。少しの幅の差のリスクはあるものの、まぶたのかぶれが軽度であれば埋没法の施術を行うことは可能です。術後2週間の検診時には、まつげの根元を覆った余剰皮膚が二重に収納されることで黒目が大きく見え、綺麗な目元になられました。もともとのまぶたのかぶれの残存はありますが、アイプチやテープをする必要がなくなったため、皮膚炎も改善していくとおもわれます。皮膚に対しても良い経過をたどったのではないでしょうか。

この症例の詳細について

【二重埋没法】まつ毛の根元からぱっちり二重に 20代女性【症例No.29Y0000308】

担当医師及び施術者からのコメント
元々完全な一重でメイクで二重を作成されていましたが、キレイに出来ないこともあり、埋没法での二重形成を希望され来院されました。一重のため余剰皮膚がまつ毛の根を覆い隠し、せっかくの長いまつ毛が隠されている状態ではっきりしない目元の印象でした。術後は二重の食い込みに余剰皮膚が折り込まれ、まつ毛が根元までしっかり見えるようになり、クリッとした綺麗で若々しい目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々完全な一重でメイクで二重を作成されていましたが、キレイに出来ないこともあり、埋没法での二重形成を希望され来院されました。一重のため余剰皮膚がまつ毛の根を覆い隠し、せっかくの長いまつ毛が隠されている状態ではっきりしない目元の印象でした。術後は二重の食い込みに余剰皮膚が折り込まれ、まつ毛が根元までしっかり見えるようになり、クリッとした綺麗で若々しい目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】素の雰囲気を残した二重に 10代女性【症例No.29H0000307】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重はありましたが、二重幅を広くしてパッチリした目元にしたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を広くさせていただきました。術直後は少し腫れましたが、術後2週間の検診では、腫れは改善しておいりました。もともと二重のある方は、それほど目立ちはしないことが多いですが元の二重ラインが残存することがあります。二重幅を自然な範囲で広くすることで、パッチリした目元に変わり華やかな雰囲気になられ、喜んでいただきました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重はありましたが、二重幅を広くしてパッチリした目元にしたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を広くさせていただきました。術直後は少し腫れましたが、術後2週間の検診では、腫れは改善しておいりました。もともと二重のある方は、それほど目立ちはしないことが多いですが元の二重ラインが残存することがあります。二重幅を自然な範囲で広くすることで、パッチリした目元に変わり華やかな雰囲気になられ、喜んでいただきました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】二重幅を強調して華やかに 20代女性【症例No.29H0000306】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重はある方でしたが、もう少し広くして二重を強調させたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。施術前より、まつ毛の根元は見えており綺麗な二重ではありましたが、施術後は二重幅が広がったことで華やかな目元になられました。埋没法は手軽な施術であり、少し幅を広くして目力をアップさせたいという方にもオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重はある方でしたが、もう少し広くして二重を強調させたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。施術前より、まつ毛の根元は見えており綺麗な二重ではありましたが、施術後は二重幅が広がったことで華やかな目元になられました。埋没法は手軽な施術であり、少し幅を広くして目力をアップさせたいという方にもオススメの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】少しだけ二重を広げたい 20代女性【症例No.29H0000305】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと幅の狭い末広型の二重はある方でしたが、もう少し広い二重幅にしてパッチリさせたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しました。術直後は腫れは軽度で、わずかに生じた内出血も数日で引いたとのことでした。術後2週間の検診では腫れが完全に落ち着いておりました。雰囲気も明るくなられ、華やかで大人っぽい印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと幅の狭い末広型の二重はある方でしたが、もう少し広い二重幅にしてパッチリさせたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しました。術直後は腫れは軽度で、わずかに生じた内出血も数日で引いたとのことでした。術後2週間の検診では腫れが完全に落ち着いておりました。雰囲気も明るくなられ、華やかで大人っぽい印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】控えめな幅で大人っぽく 10代女性【症例No.29H0000304】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆っておりました。パッチリさせて、平行型の中でも控えめな幅で二重を作りたいとのことでご相談に来られました。術直後も軽度の腫れとわずかな内出血はありましたが、内出血は数日で改善してほとんど気にならなかったとのことでした。術後2週間の検診の際の写真では、腫れは改善しております。睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、やや重たそうだった目元は見違えるように軽くなられました。とてもお綺麗な目元で、大人っぽく魅力的な雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆っておりました。パッチリさせて、平行型の中でも控えめな幅で二重を作りたいとのことでご相談に来られました。術直後も軽度の腫れとわずかな内出血はありましたが、内出血は数日で改善してほとんど気にならなかったとのことでした。術後2週間の検診の際の写真では、腫れは改善しております。睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、やや重たそうだった目元は見違えるように軽くなられました。とてもお綺麗な目元で、大人っぽく魅力的な雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】余剰皮膚の被さりを改善し平行二重に 10代女性【症例No.29H0000303】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で余剰皮膚がまつ毛の根元をおおい、せっかくの綺麗な瞳が隠れ、細目に見える方でした。手軽な埋没法で二重を作りたいとのことでご相談に来られました。平行型の二重をご希望されました。平行型でも無理のない幅で二重を作成することで、まつ毛の根元をおおった余剰皮膚は二重の中にたたみ込まれ、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。二重になることで綺麗な瞳が大きく見えて、大人っぽいイキイキとした雰囲気になられたと思います。タウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で余剰皮膚がまつ毛の根元をおおい、せっかくの綺麗な瞳が隠れ、細目に見える方でした。手軽な埋没法で二重を作りたいとのことでご相談に来られました。平行型の二重をご希望されました。平行型でも無理のない幅で二重を作成することで、まつ毛の根元をおおった余剰皮膚は二重の中にたたみ込まれ、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。二重になることで綺麗な瞳が大きく見えて、大人っぽいイキイキとした雰囲気になられたと思います。タウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けました。

この症例の詳細について

【耳介形成術】埋没耳・折れ耳の改善 30代女性【症例No.29Y0000302】

担当医師及び施術者からのコメント
先天性に右耳の頭側が折れ曲がり軟骨の脆弱性を認め、また耳介頭側が埋まっているため眼鏡やマスクがかけられないとのことで来院されました。軟骨フレーム自体の大きさは左と比べて遜色なく、軟骨フレームの形成および補強、埋没耳修正+耳介側頭溝の作成を同時に行うプランを立てました。 耳介裏面を切開し、軟骨膜状を剥離し対耳輪部分の軟骨フレームを後方に倒すための縫合を行いました。その後耳介側頭溝作成のため耳介を挙上し、耳介の裏面を耳介後方の皮膚を使って覆いました。術後に、一部の皮膚が血流不全に陥り部分的な皮膚欠損を認めましたが、軟膏にて保存的に加療することで上皮化を果たしました。皮膚欠損部分の赤みは残っていますが耳介形態は良好で左右差も殆ど気にならないレベルとなり、眼鏡やマスクなども問題なく掛けることが出来るようになり、形態だけでなく機能的な耳介形成が果たせたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 耳が折れ曲がり頭側の一部が埋没している方
通常必要とされる治療内容 耳介形成術(軟骨形成を要する)
治療方法 局所麻酔下に耳介裏面(裏側)から切開を行い、耳介軟骨を露出し軟骨に切れ目を入れ縫合処理することで耳介を後方に倒し軟骨フレームの形状を整えます。次に深側頭筋膜と耳介軟骨を縫合することで耳介挙上を行い、埋没部分を修正します。挙上した耳介の裏面を周囲からの皮弁で覆い耳介側頭溝を作成します。
料金 片側 約55,000円(3割負担)
治療のリスク ●初期に起こる事  軽度の疼痛(2-3日)、腫脹(1週間ほどで改善します)、内出血(2週ほどで改善します) ●希に起こる事 感染、血腫やそれに伴う変形、二次的な変形(後戻り、耳介変形、過矯正)、知覚障害、肥厚性瘢痕やケロイド、皮弁の壊死、左右差、薬疹、アナフィラキシー、その他予測外の合併症
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
先天性に右耳の頭側が折れ曲がり軟骨の脆弱性を認め、また耳介頭側が埋まっているため眼鏡やマスクがかけられないとのことで来院されました。軟骨フレーム自体の大きさは左と比べて遜色なく、軟骨フレームの形成および補強、埋没耳修正+耳介側頭溝の作成を同時に行うプランを立てました。 耳介裏面を切開し、軟骨膜状を剥離し対耳輪部分の軟骨フレームを後方に倒すための縫合を行いました。その後耳介側頭溝作成のため耳介を挙上し、耳介の裏面を耳介後方の皮膚を使って覆いました。術後に、一部の皮膚が血流不全に陥り部分的な皮膚欠損を認めましたが、軟膏にて保存的に加療することで上皮化を果たしました。皮膚欠損部分の赤みは残っていますが耳介形態は良好で左右差も殆ど気にならないレベルとなり、眼鏡やマスクなども問題なく掛けることが出来るようになり、形態だけでなく機能的な耳介形成が果たせたと思います。

この症例の詳細について

【鼻翼縮小】小鼻の丸みの自己主張を減らしたい 20代女性【症例No.29Y0000301】 

担当医師及び施術者からのコメント
20代女性。前から見たときの小鼻の張り出しが目立つことを気にされ相談を受けました。鼻翼の丸みを無くしコントラストを減じることができる外側法をオススメさせていただきました。術後3ヶ月の写真ですが、正面および斜位の写真で鼻翼の自己主張は明らかに無くなり、下方向からも鼻翼の張り出しが減じていることが分ります。懸念される傷跡も比較的分かりづらくなっており、大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 小鼻の張り出しが目立つ方
通常必要とされる治療内容 鼻翼縮小術(外側法)
治療方法 鼻翼の丸みが強く、外側切除をすることで、鼻翼の張り出しを軽減します。局所麻酔の手術で、片側30分程度で終わりますので、すぐに帰宅していただけます。
料金 242,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事  瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます、段差が残存することもあります)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します)、鼻孔縁や鼻翼の見え方が少し変化します、鼻翼-鼻柱バランスの変化、鼻翼基部内側のくびれ ●希に起こる事 感染、創離開、左右差の残存、肥厚性瘢痕(赤さ、硬さ、圧痛など)、炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●手術をお受けになれない方  妊娠中の方、授乳中の方、半年以内に妊娠の予定のある方、極わずかな左右差 や瘢痕が気になる方、使用薬剤に過敏症がある方
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
20代女性。前から見たときの小鼻の張り出しが目立つことを気にされ相談を受けました。鼻翼の丸みを無くしコントラストを減じることができる外側法をオススメさせていただきました。術後3ヶ月の写真ですが、正面および斜位の写真で鼻翼の自己主張は明らかに無くなり、下方向からも鼻翼の張り出しが減じていることが分ります。懸念される傷跡も比較的分かりづらくなっており、大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】両こめかみのシミ 60代女性【症例No.29Y0000300】

担当医師及び施術者からのコメント
両側コメカミにある大きなシミが徐々に濃くなり化粧でも隠せなくなってきたと相談に来られました。左こめかみ部分のシミは、部分的に厚みが見られる部位もありました。その他多くは通常の色素斑であり、Qスイッチルビーレーザーでの治療をオススメさせていただきました。先に述べた左こめかみの厚い部分は残存していますが、その他多くのシミは改善しメイクで十分に隠せる状態となり大変喜んで頂けました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
両側コメカミにある大きなシミが徐々に濃くなり化粧でも隠せなくなってきたと相談に来られました。左こめかみ部分のシミは、部分的に厚みが見られる部位もありました。その他多くは通常の色素斑であり、Qスイッチルビーレーザーでの治療をオススメさせていただきました。先に述べた左こめかみの厚い部分は残存していますが、その他多くのシミは改善しメイクで十分に隠せる状態となり大変喜んで頂けました。

この症例の詳細について

【目頭切開】Z形成で縦方向の蒙古ひだの方向を斜めに改善 20代女性【症例No.29Y0000299】

担当医師及び施術者からのコメント
縦方向に張り出した蒙古ヒダの向きを和らげたいとのことで相談に来られました。目の印象を大きく変えたくないとの要望があり、ツンとした目頭の印象を残すためZ形成術での目頭切開をオススメさせて頂きました。術後の傷跡は暫く目立ちますが徐々に分らなくなっていきます。術後3ヶ月の写真ですが、縦に張った蒙古ヒダの向きは内側斜め下方向になり、術前と比べ印象を大きく変えることなく自然な変化をもたらすことができ、喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 蒙古ひだの張りが縦方向の方
通常必要とされる治療内容 目頭切開(Z法)
治療方法 縦方向のヒダ部分を含んでZ状にジグザグ切開し、ヒダの位置変換を行い縫合しました。
料金 187,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善)、腫れ、傷跡は3か月くらいまでは赤みが出ますが徐々に改善していきます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、左右差、過剰切除、効果不良 ●極めて稀起こり得る事:重症薬疹・薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くすることや、元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
縦方向に張り出した蒙古ヒダの向きを和らげたいとのことで相談に来られました。目の印象を大きく変えたくないとの要望があり、ツンとした目頭の印象を残すためZ形成術での目頭切開をオススメさせて頂きました。術後の傷跡は暫く目立ちますが徐々に分らなくなっていきます。術後3ヶ月の写真ですが、縦に張った蒙古ヒダの向きは内側斜め下方向になり、術前と比べ印象を大きく変えることなく自然な変化をもたらすことができ、喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】両頬のハッキリとしたシミに 50代女性【症例No.29H0000298】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミを気にされ相談に来られました。両頬に複数、スポットとしてある程度はっきりしたシミがありました。一度のレーザー治療でシミを改善したいとのご希望があり、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。2-3週経過した頃にはカサブタが自然に剥がれ、照射部位が薄いピンクになります。その後、一定の確率で炎症後色素沈着が出現することがあります。炎症後色素沈着は、紫外線対策を行い刺激を与えなければ徐々に薄くなっていきます。炎症後色素沈着を早く改善するためにハイドロキノンも外用していただいております。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミを気にされ相談に来られました。両頬に複数、スポットとしてある程度はっきりしたシミがありました。一度のレーザー治療でシミを改善したいとのご希望があり、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。2-3週経過した頃にはカサブタが自然に剥がれ、照射部位が薄いピンクになります。その後、一定の確率で炎症後色素沈着が出現することがあります。炎症後色素沈着は、紫外線対策を行い刺激を与えなければ徐々に薄くなっていきます。炎症後色素沈着を早く改善するためにハイドロキノンも外用していただいております。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】濃く目立つシミに 40代女性【症例No.29H0000297】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミを気にされ相談に来られました。両頬に数か所、スポットとしてある程度はっきりした大小様々なシミがありました。一度のレーザー治療でシミを改善したいとのご希望があり、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。術後3週で軽度の赤みと炎症後色素沈着を認めましたが、シミはしっかり消えており大変喜んでいただけました。炎症後色素沈着は、紫外線対策を行い、こするなどの刺激を与えなければ徐々に薄くなっていきます。炎症後色素沈着を早く改善するためにハイドロキノンも外用していただいております。メイクもかなり楽になったと喜んでいただけました。一定の確率で炎症後色素沈着が出現しますが、一度にしっかりシミを落としたい方にはオススメです。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミを気にされ相談に来られました。両頬に数か所、スポットとしてある程度はっきりした大小様々なシミがありました。一度のレーザー治療でシミを改善したいとのご希望があり、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。術後3週で軽度の赤みと炎症後色素沈着を認めましたが、シミはしっかり消えており大変喜んでいただけました。炎症後色素沈着は、紫外線対策を行い、こするなどの刺激を与えなければ徐々に薄くなっていきます。炎症後色素沈着を早く改善するためにハイドロキノンも外用していただいております。メイクもかなり楽になったと喜んでいただけました。一定の確率で炎症後色素沈着が出現しますが、一度にしっかりシミを落としたい方にはオススメです。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case