眼瞼下垂症手術|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

眼瞼下垂症手術

「眼瞼下垂症」とは

「眼瞼下垂症」とは、言葉の通り「まぶたが垂れ下がる」状態を言います。

原因には、様々ありますが大きく分けると、先天性と後天性に分かれます。
年齢を重ねてからの眼瞼下垂は、多くは“腱膜性眼瞼下垂症”といわれるもので後天性に属します。逆に生まれたときからの眼瞼下垂は先天性に属します。

まぶたを上げる仕組み、眼瞼下垂症をもっと詳しく

●症状としては

・まぶたが重い、目が開けにくい
・黒目にまぶたがかぶっている、まぶたのたるみ
・目の上のくぼみ
・左右の目の大きさが違う
・オデコにシワがある、眉の位置が上がる
・眠そうな目
・三白眼(黒目の下の白目が見える)になる

また、まぶたが重く目を開ける事に力を使うため、

・肩こり
・頭痛
・疲労感

のような症状を引き起こすこともあります。

このように「眼瞼下垂症」によって多くの症状が起こってきます。
ただし、保険適用となるのは、重症の眼瞼下垂症(瞳孔にまぶたがかぶさっている状態)となります。

(※「目力を上げたい、黒目を大きくしたい」などの、視野障害(機能的障害)が無い方や、軽度、中等度の眼瞼下垂症の方の手術は、保険適用外(自費診療)でのご案内となります。)


眼瞼下垂症の特徴 手術の効果

眼瞼下垂症の手術は「上まぶたを上げる手術」で、正面から見える黒目が大きくなります。

その結果、

・視野が広がります。
・目力がアップし、若々しくなります。
・眉毛の位置が下がります。
・オデコの横皺が少なくなります。
・目の上のくぼみが改善します。
・一重の方は二重になります。

つまり、若々しい力強い目元の雰囲気が出ます。
外見の改善以外にも、先に述べた「 長年悩んでいた“頭痛・肩こり・慢性疲労”が改善した!」という喜びのお声もしばしば頂きます。

眼瞼下垂症の手術方法1

眼瞼下垂症の手術方法2

このような方におすすめです

健康保険の適用

重度の視野障害(瞳孔がまぶたでかぶさっている)がある後天性眼瞼下垂症
先天性眼瞼下垂症

自費診療の適用

瞳を大きくしたい方、目力を上げたい方
目を大きくしたい方、パッチリ目になりたい方
軽度・中等度の眼瞼下垂の方
(二重切開術と同時に、眼瞼下垂症手術で行う内部の処置を 行って瞳を大きくします。)

眼瞼下垂症手術の術後経過について

施術時間 90分
効果実感・持続効果 継続的
術後の通院 5日後に抜糸(傷口に糸が5日つきます)、1、3か月後の検診
術後の腫れ・ダウンタイム 腫れ・内出血は7-10日程度(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 要相談(事前にご相談ください)
麻酔 局所麻酔、笑気麻酔など
シャワー 翌日より可能
洗髪 翌日より可能
メイク 目元以外は当日から可能。創部のアイメイクは抜糸翌日から
洗顔 翌日より可能
その他 術後数か月間、ドライアイの症状があったり、涙や眼脂が増えたり、視力の変動がある事があります。

症例写真、術後の経過について

  • 眼瞼下垂症手術(保険適応)

    • 術前
    • 術後3か月
    • 術後3か月 閉瞼時
    眼瞼下垂症手術 症例①
    術前評価
    重度の眼瞼下垂症(特に右眼)
    通常必要とされる治療内容
    挙筋前転術
    治療方法
    左目の二重ラインと同じ位置で右目の切開を行いました。瞼板を露出させミュラー筋と挙筋腱膜を剥離したのち腱膜のみ前転し瞼板に固定しました。内側のアーチがしっかり出るよう固定を行っております。二重作成は前転した挙筋腱膜断端と瞼縁側の皮膚直下の眼輪筋を縫合することで形成しております。この方は余剰皮膚はそれほど目立たなかったため皮膚切除は行っておりません。
    料金
    約50,000円(保険適応・3割負担の方の場合)
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善)
    瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善)

    ●患者様自身の目について起こり得る事
    眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。 
    見かけ上の二重の幅が狭くなる。
    余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。
    加齢による再発は起こり得ます。

    ●希に起こる事
    流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月)
    切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。
    開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します)
    開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)
     予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など)

    ●かなり稀に起こり得る事:
    感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出
    自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない

    ●極めて稀起こり得る事:
    薬疹(重症なものも含む)
    薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、
    眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷
    その他予想外の合併症の可能性もあります。
    院長および施術者からのコメント
    瞼が開けづらく目が疲れるため来院されました。重症の眼瞼下垂症であり手術を行っています。術後瞼の開きは改善し楽に目を空けることが出来るようになりました。傷も非常にきれいに治っています。右の眉毛挙上の癖は残っていますが開瞼は十分に得られているためこのまま様子を見る方針となりました。
    • 術前
    • 術後3か月
    • 術後3か月 閉眼時
    眼瞼下垂症手術 症例②
    術前評価
    両側の重度の眼瞼下垂症
    通常必要とされる治療内容
    挙筋前転術
    治療方法
    何重にも見えるぼやけた二重ラインがありますが、切開ラインは下方で行いました。挙筋腱膜を瞼板に前転し固定する術式を行いました。二重形成後に外側に余剰皮膚が出現したため、切開線を外側に伸ばして数ミリの余剰皮膚切除を追加で行いました。
    料金
    約50,000円(保険適応・3割負担の方の場合)
    治療のリスク
    症例①に同じ
    院長および施術者からのコメント
    眼瞼下垂症が原因で瞼の上に何重にもラインが現れ元の二重がどこなのかが分からなくなっていました。眼瞼下垂症の手術を行う事で余分なラインが消失し、二重ラインがしっかりと定まり、瞳もしっかり現れ視野障害が改善されています。
    瞼が重く、眠そうだった印象も改善されています。
    • 術前
    • 術後3か月
    • 術後3か月 閉眼時
    眼瞼下垂症手術(右目のみ) 症例③
    術前評価
    右眼の先天性眼瞼下垂症
    通常必要とされる治療内容
    挙筋前転術(右のみ手術)
    治療方法
    従来の二重ラインで切開を行い、挙筋腱膜を前転し瞼板頭側に固定しております。腱膜断端と切開線瞼縁側の眼輪筋を縫合し二重を作成しました。
    料金
    約35,000円(保険適応・3割負担の方の場合)
    治療のリスク
    症例①に同じ
    院長および施術者からのコメント
    幼少期からの右目の瞼の重さを自覚されておりましたが最近になりそれが顕著になってきたため来院されています。軽度の先天性眼瞼下垂症がベースにあり、挙筋機能がやや悪かったのですが侵襲を考え挙筋前転術で修正を行いました。術後左右差が気にならないくらいまで改善したため、しばらくこのまま様子を見ることになりました。
  • 眼瞼下垂症手術(自由診療)

    • 術前
    • 術後3か月
    • 術後3か月 閉眼時
    眼瞼下垂症手術 症例④
    術前評価
    他院術後修正
    通常必要とされる治療内容
    挙筋前転術(自由診療)
    治療方法
    前回の二重切開のラインで瘢痕切除を含めて切開を行っています。前回の手術で内部処理の際に修復処理されなかった挙筋腱膜を瘢痕組織の中から同定し、前転処理を行いました。挙筋腱膜断端と切開ライン瞼縁側の眼輪筋を縫合固定し二重を作成して閉創しました。余剰皮膚切除などは行っていません。
    料金
    265,000円(税別)
    治療のリスク
    症例①に同じ
    院長および施術者からのコメント
    他院で二重切開術を受けられた後、目の開きが悪くなったため来院されました。通常の眼瞼下垂症の手術を行う事で、従来の印象的なきれいな瞳が現れて目力がアップされました。

当院が選ばれる理由

理由01
整容面も重視
審美性を追求する美容外科手術にも精通した形成外科専門医による手術です。「まぶたを開ける」という機能障害を治すだけでなく、その形や傷にも繊細な注意を払って「見た目のキレイ」にも徹底的にこだわります。
理由02
専門の医師による分かりやすい説明
「眼瞼治療」の専門分野を得意とする形成外科専門医が、的確な診断を行います。そして、目の構造から眼瞼下垂の仕組みに至るまで、分かりやすいカウンセリングを行い、納得の上で手術を行います。
理由03
術後も安心のフォローアップ体制
「眼瞼下垂症手術」の術後の不安には、「傷跡が思っていた以上に目立つ」「若干の左右差がある」などがあることでしょう。当院ではこうした術後の不安も責任をもって対処します。(再手術は当院既定の範囲内で行います。手術で改善できないわずかな左右差や傷もございます。あらかじめご了解ください。)
理由04
患者さまの利益を最優先。
当院では、患者さまの利益を最優先にしております。例えば、最も安全な施術方法、リラックスできる環境作り、痛みを可能な限り抑えるなど。そして、その上での納得の良心価格を実現。「安全、安心、信頼、満足、納得」これが、私たちのモチベーションです。

施術の流れ

  • 01
    ご予約
    フリーダイヤルでの お電話もしくはメールで、カウンセリングのご予約をお願いします。
  • 02
    診察・カウンセリング

    医師による診察をお受けいただきます。眼瞼形成専門の医師が、患者さまのまぶたの状態を診察し、術前のシミュレーションでまぶたの開き具合を確認します。術後の経過、アフターケアについても、あわせて説明いたします。
    ※一度、カウンセリングをお受け頂いた方であれば、電話での手術予約が可能です。

  • 03
    手術の予約と術前検査

    患者様のご都合の良い日を選んでいただき、手術の日程を組みます。また、術前の採血を行い体調の確認を行います。

  • 04
    手術日
    リラックスできるBGMの流れた手術室へ移動して頂き、医師によるデザインを行います。

    Step1:座りながらデザインを行います。
    Step2:臥位(寝た状態)となり、局所麻酔を行います。麻酔が十分に効いたことを確認し手術を開始します。
    Step3:皮膚を切開し眼瞼を挙上します。座位で左右差を確認します。
    Step4:二重を作成します。
    Step5:皮膚を縫合します。

  • 05
    手術終了後
    直後の二重幅を確認いただき、納得の上で終了します。手術室からパウダールームに移動して頂き、身支度を整えて帰宅して頂きます。
    腫れが気になる方は、サングラスや眼鏡などをお持ちいただけると良いでしょう。洗顔は翌日から可能です。
  • 06
    施術後の安心サポート
    施術後、5日目で抜糸を行い、アイメイクは7日目からして頂けます。その後、1か月目、3か月目に検診に来て頂きます。それ以降であっても、気になる事があれば、どのような事でもご来院して頂けます。

眼瞼下垂症手術の料金

  3割負担 1割負担 健康保険適用外
(自由診療)
眼瞼挙筋前転法 約¥50,000 約¥20,000 ¥265,000(税別)
筋膜移植法 約¥120,000 約¥50,000 -
切らない眼瞼下垂(埋没式) - - ¥265,000(税別)
モニター価格(部分モニター):¥225,250(税抜)

※重症の視野障害(瞳孔がまぶたでかぶさっている状態)などの機能障害がある場合は、健康保険が適用されます。

※「パッチリとした目になりたい」などの美容目的の手術は、健康保険が適用されませんのでご注意ください。

※健康保険適用の場合、初診料、再診料、検査料、処置料などは別途ご負担となります。

安心の保障制度

どのような手術であっても、「傷痕の問題」や「気になる左右差」などの問題が起こり得ます。当院ではこうした術後の不安を、当院規定の可能な範囲で責任をもって修正させて頂きます。(手術で改善できないわずかな左右差や傷もございます。あらかじめご了解ください。)

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー