症例case

すべての症例

実際に当院で治療を受けた方の症例をご紹介します。

症例一覧

【二重埋没法】まつ毛もパッチリの二重に 20代女性【症例No.29Y032436】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重で瞼が腫れぼったく、睫毛の生え際がハッキリしない暗い印象の目元の方でした。埋没式での重瞼形成術を行ったのですが直後の腫れも少なく、パッチリとした印象の目になる事が出来ました。2週間目には腫れは完全に消失し、睫毛の生え際も見えるようになり、大きな目元になりました。もともとの厚ぼったさには変わりありませんが、二重になり瞳が大きくなることで、厚ぼったい印象は少し和らいだと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重で瞼が腫れぼったく、睫毛の生え際がハッキリしない暗い印象の目元の方でした。埋没式での重瞼形成術を行ったのですが直後の腫れも少なく、パッチリとした印象の目になる事が出来ました。2週間目には腫れは完全に消失し、睫毛の生え際も見えるようになり、大きな目元になりました。もともとの厚ぼったさには変わりありませんが、二重になり瞳が大きくなることで、厚ぼったい印象は少し和らいだと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】目つきを柔らかく 30代男性【症例No.29Y040935】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で目つきが悪いことを気にされ来院されました。男性ですのでメイクが出来ないため「ダウンタイムを極力少なくしたい」との要望があり、埋没式重瞼形成術をご提案させて頂きました。あまり派手は幅を好まないため末広型で作成しております。術後は明るい目元になり、優しい印象になられたと思います。傷跡も殆どわからず大変満足していただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で目つきが悪いことを気にされ来院されました。男性ですのでメイクが出来ないため「ダウンタイムを極力少なくしたい」との要望があり、埋没式重瞼形成術をご提案させて頂きました。あまり派手は幅を好まないため末広型で作成しております。術後は明るい目元になり、優しい印象になられたと思います。傷跡も殆どわからず大変満足していただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】二重メイク卒業 10代女性【症例No.29Y030434】

担当医師及び施術者からのコメント
従来一重で毎日メイクで二重を作成されていた方です。術前の写真でもお分かりの通りメイクを取るとすぐに一重に戻ってしまう事から二重形成を希望され来院されました。術前の目元は余剰な皮膚のため目頭側の睫毛の生え際が隠れてしまって、本来の大きな瞳が台無しになっていました。  術後ですが直後から睫毛の生え際の皮膚が二重の食い込みの中に引き込まれ、本来お持ちの綺麗な瞳が現れパッチリとした目元になられました! 埋没法ですのでもともと腫れは少ない施術で、3日でおよその腫れは引きます。完全に腫れが収まるのは2週ほどになります。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
従来一重で毎日メイクで二重を作成されていた方です。術前の写真でもお分かりの通りメイクを取るとすぐに一重に戻ってしまう事から二重形成を希望され来院されました。術前の目元は余剰な皮膚のため目頭側の睫毛の生え際が隠れてしまって、本来の大きな瞳が台無しになっていました。  術後ですが直後から睫毛の生え際の皮膚が二重の食い込みの中に引き込まれ、本来お持ちの綺麗な瞳が現れパッチリとした目元になられました! 埋没法ですのでもともと腫れは少ない施術で、3日でおよその腫れは引きます。完全に腫れが収まるのは2週ほどになります。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右差のある奥二重を揃える 10代女性【症例No.29Y042933】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重ではありますが瞼が腫れぼったく、左右差もあることから何とかしたいとのことで来院されました。来院時、左が奥二重で睫毛の生え際が隠れハッキリせず左右差の印象を強くさせてしまっている状態でした。腫れの少ない埋没式重瞼形成術をご希望され施行しております。施術後の2週間目には腫れはほぼ消失し、睫毛の生え際もはっきりしパッチリと明るい印象の綺麗な目元になりました。傷跡もほとんど目立たず良好な経過と思われます。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重ではありますが瞼が腫れぼったく、左右差もあることから何とかしたいとのことで来院されました。来院時、左が奥二重で睫毛の生え際が隠れハッキリせず左右差の印象を強くさせてしまっている状態でした。腫れの少ない埋没式重瞼形成術をご希望され施行しております。施術後の2週間目には腫れはほぼ消失し、睫毛の生え際もはっきりしパッチリと明るい印象の綺麗な目元になりました。傷跡もほとんど目立たず良好な経過と思われます。

この症例の詳細について

【二重埋没法】切らないタルミ取り 40代女性【症例No.29Y021532】

担当医師及び施術者からのコメント
上瞼が年々たるみを増し三角目となっている事を気にされ来院されました。診察の際、目元を診ると昔いれたアートメイクがあるのに全く見えていない状態でした。ダウンタイムが取れないため埋没法での手軽なたるみ取りをご希望されました。ただ将来的に狭くなることを想定して少し広めに作成しないといけないため、気持ち広めに作っております。術後2週間目の写真ですが腫れも落ち着き傷跡もほとんど目立ちません。昔いれたアイラインのアートメイクも見えるようになり、目元が若くなったと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
上瞼が年々たるみを増し三角目となっている事を気にされ来院されました。診察の際、目元を診ると昔いれたアートメイクがあるのに全く見えていない状態でした。ダウンタイムが取れないため埋没法での手軽なたるみ取りをご希望されました。ただ将来的に狭くなることを想定して少し広めに作成しないといけないため、気持ち広めに作っております。術後2週間目の写真ですが腫れも落ち着き傷跡もほとんど目立ちません。昔いれたアイラインのアートメイクも見えるようになり、目元が若くなったと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】タルミの改善 40代女性【症例No.29Y042331】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、年齢と共に右目のタルミが強くなり奥二重のように被さるようになったため、タルミ解消目的にご相談に来られました。腫れる期間を極力短くしたいとのことで、埋没式での重瞼形成術をご提案させて頂きました。手術は左目の幅より少し広めに作成しております。 術後2週間の状態ですが、若干の浮腫みは残っているものの、左右差は解消されキレイな目元になられました。また、二重形成により余剰な皮膚が折りたたまれ、眉を上げてタルミを持ち上げる必要がなくなったため、眉の位置が下がり、きりっとした若々しい目元になったと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、年齢と共に右目のタルミが強くなり奥二重のように被さるようになったため、タルミ解消目的にご相談に来られました。腫れる期間を極力短くしたいとのことで、埋没式での重瞼形成術をご提案させて頂きました。手術は左目の幅より少し広めに作成しております。 術後2週間の状態ですが、若干の浮腫みは残っているものの、左右差は解消されキレイな目元になられました。また、二重形成により余剰な皮膚が折りたたまれ、眉を上げてタルミを持ち上げる必要がなくなったため、眉の位置が下がり、きりっとした若々しい目元になったと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】大きな瞳をより魅力的に 20代女性【症例No.29Y050330】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重ですが大きな瞳が印象的な方です。ただ上瞼の余剰皮膚が睫毛の生え際を覆いパッチリ感に乏しく、余剰皮膚の左右差のため瞳の大きさも異なる状態でした。ご希望される二重はやや広めのもので、やや狭くなることを前提に、ご希望の幅より少し広めに埋没式二重形成術を行いました。広い幅での二重形成ですので直後は腫れている印象はぬぐえませんが、2週間後の腫れが引いた状態では、術前の瞳の左右差は解消され、綺麗な瞳に長い睫毛がより印象的な目元になったと思います。やや広めの幅ですが、大きな瞳、長い睫毛、綺麗な眉などをお持ちですので、全体のバランスは非常に良く、とてもお似合いだと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重ですが大きな瞳が印象的な方です。ただ上瞼の余剰皮膚が睫毛の生え際を覆いパッチリ感に乏しく、余剰皮膚の左右差のため瞳の大きさも異なる状態でした。ご希望される二重はやや広めのもので、やや狭くなることを前提に、ご希望の幅より少し広めに埋没式二重形成術を行いました。広い幅での二重形成ですので直後は腫れている印象はぬぐえませんが、2週間後の腫れが引いた状態では、術前の瞳の左右差は解消され、綺麗な瞳に長い睫毛がより印象的な目元になったと思います。やや広めの幅ですが、大きな瞳、長い睫毛、綺麗な眉などをお持ちですので、全体のバランスは非常に良く、とてもお似合いだと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】埋没法で若々しく 30代女性【症例No.29Y042729】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、「年齢と共にタルミが現れ、奥二重になってしまった」と来院されました。右のタルミが強く右目は一重のように見えることを気にされていました。ダウンタイムが短い術式をご希望されたため埋没式重瞼形成術をご提案させて頂きました。 術直後はやや腫れは目立ちますが術後2週間の状態では腫れは完全に引き、本来のキレイな目元になられたと思います。また瞳と眉との距離が短くなりかつ、目の上のくぼみも改善されたためより従来の若々しさも現れました。 術後2週間の状態ですが、若干の浮腫みは残っているものの、左右差は解消されキレイな目元になられました。また、二重形成により余剰な皮膚が折りたたまれ、眉を挙げてタルミを持ち上げる必要がなくなったため、眉の位置が下がり、きりっとした若々しい目元になったと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、「年齢と共にタルミが現れ、奥二重になってしまった」と来院されました。右のタルミが強く右目は一重のように見えることを気にされていました。ダウンタイムが短い術式をご希望されたため埋没式重瞼形成術をご提案させて頂きました。 術直後はやや腫れは目立ちますが術後2週間の状態では腫れは完全に引き、本来のキレイな目元になられたと思います。また瞳と眉との距離が短くなりかつ、目の上のくぼみも改善されたためより従来の若々しさも現れました。 術後2週間の状態ですが、若干の浮腫みは残っているものの、左右差は解消されキレイな目元になられました。また、二重形成により余剰な皮膚が折りたたまれ、眉を挙げてタルミを持ち上げる必要がなくなったため、眉の位置が下がり、きりっとした若々しい目元になったと思います。

この症例の詳細について

【鼻短縮術+ハンプ切除(ワシ鼻修正)】 40代男性【症例No.29Y010528】

  • 【鼻短縮術+ハンプ切除(ワシ鼻修正)】 40代男性【症例No.29Y010528】

  • 【鼻短縮術+ハンプ切除(ワシ鼻修正)】 40代男性【症例No.29Y010528】

  • 【鼻短縮術+ハンプ切除(ワシ鼻修正)】 40代男性【症例No.29Y010528】

担当医師及び施術者からのコメント
以前より鼻先が下向きに垂れた魔女のようなお鼻を気にされ来院されました。 さらに軽いハンプ(ワシ鼻)が下垂感を強調していることも気にされており、鼻短縮術とハンプ切除術をご提案させて頂きました。 手術はオープン法で行いハンプ切除+鼻翼軟骨の切除及び再構成を行う事で垂れ下がりを解消しております。術前・術後の写真の比較ですが明られてかに垂れた魔女のようなお鼻は、前方にツンとした形態に変化し、ハンプ部分もストレート化されています。 術後3か月のオープン法の傷跡ですが、ほとんど分からない状態となっており術後の傷についてはメイクをしない男性であってもそれほど気になるものではないと思われます。

この症例の詳細について

術前評価 下向きに垂れた長い鼻、いわゆる「魔女鼻」に長年悩まれておられた方
通常必要とされる治療内容 鼻短縮術+ハンプ切除
治療方法 全身麻酔下、オープン法で鼻軟骨およびハンプ部分を露出させ、鼻翼軟骨および外側鼻軟骨+鼻中隔軟骨の処理を行うと同時にハンプ切除も行います。術後1週間ギプス固定を行い、それ以降は2週間夜間ギプスを着用しました。
料金 825,000円※麻酔科管理料込(鼻短縮術+ハンプ切除)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事  軽度の疼痛(2-3日)、腫脹(1週ほどで改善します)、内出血(生じた場合2週ほどで改善します)、瘢痕による硬さ(経過と共に改善) ギプスを装着(1週目はずっと、2週目は夜間のみ) ●希に起こる事 下垂の残存、ハンプの残存、過剰切除、鼻背の角張りの残存、血腫、鼻孔縁および鼻柱の変形や段差、斜鼻、鼻尖の変形や頭側移動、皮膚の凸凹 ●術後の変化 鼻腔内と鼻柱に瘢痕が残ります。稀に鼻孔縁の変形・鼻柱の瘢痕による段差 ●非常に稀起こり得る事  感染、ケロイド、知覚・嗅覚異常、重篤なアレルギー(重症薬疹やアナフィラキシーショック)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
以前より鼻先が下向きに垂れた魔女のようなお鼻を気にされ来院されました。 さらに軽いハンプ(ワシ鼻)が下垂感を強調していることも気にされており、鼻短縮術とハンプ切除術をご提案させて頂きました。 手術はオープン法で行いハンプ切除+鼻翼軟骨の切除及び再構成を行う事で垂れ下がりを解消しております。術前・術後の写真の比較ですが明られてかに垂れた魔女のようなお鼻は、前方にツンとした形態に変化し、ハンプ部分もストレート化されています。 術後3か月のオープン法の傷跡ですが、ほとんど分からない状態となっており術後の傷についてはメイクをしない男性であってもそれほど気になるものではないと思われます。

この症例の詳細について

【刺青除去】文字のタトゥーを単純切除で 40代女性【症例No.29Y111327】

担当医師及び施術者からのコメント
腰に入れたタトゥーが気になり、治療をご希望され来院されました。 早く消したいというご要望があったため切除での治療をご提案させていただきました。 サイズのタトゥーであれば一針一針丁寧に縫合して約60分の手術時間で、術後もすぐに帰宅していただけます。 翌日からシャワーも浴びることが出来ます。 術後3か月の写真ではまだ赤みは残っていますが、将来は白い成熟瘢痕になっていき、分かりにくくなります。

この症例の詳細について

術前評価 腰に入れた細長の横文字のタトゥーを消したい方
通常必要とされる治療内容 単純切除
治療方法 比較的細いタトゥーでしたので横長に紡錘形にデザインし吸収糸を使用して真皮縫合を行い、表皮は細いナイロン糸で縫合します。
料金 187,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、 ●経過中に起こる可能性のある事 肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、ケロイド:経過は肥厚性瘢痕と類似しますが、拡大傾向が10年以上にわたり起こる場合があります。  変形(陥没・引きつれ)・創部両端の盛り上がり(dog ear)の可能性、強いものは残存します。 ●希に起こる事 感染・創離開・縫合糸の残存、部位・大きさにより閉創できない可能性(植皮術や部分離開したまま終了する場合もあります) ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり死亡することもあります。他部位の組織損傷、神経損傷(知覚障害・運動障害)、四肢・指などの切除縫合の場合血流障害を起こす可能性、その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
腰に入れたタトゥーが気になり、治療をご希望され来院されました。 早く消したいというご要望があったため切除での治療をご提案させていただきました。 サイズのタトゥーであれば一針一針丁寧に縫合して約60分の手術時間で、術後もすぐに帰宅していただけます。 翌日からシャワーも浴びることが出来ます。 術後3か月の写真ではまだ赤みは残っていますが、将来は白い成熟瘢痕になっていき、分かりにくくなります。

この症例の詳細について

【鼻中隔延長】上向きの鼻を下向きに 20代女性【症例No.29Y120826】

担当医師及び施術者からのコメント
上向きのお鼻を下向きにしたいとのご要望があり、鼻中隔延長術をご提案させていただきました。 鼻中隔軟骨を使用しての延長でしたが、鼻中隔軟骨自体が非常に小さく、少しも無駄にすることなく使用するよう加工し移植しました。 鼻尖部分に移植する軟骨は耳介から採取しon layで鼻尖形成を行いました。 術前のアップノーズは解消し落ち着いた大人のお鼻になられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 鼻先を下に向けたい方
通常必要とされる治療内容 鼻中隔延長術+耳介軟骨移植
治療方法 全身麻酔下、オープン法で自分の鼻中隔軟骨を用いた鼻中隔延長を行いました。耳介軟骨移植を鼻尖部に行っています。
料金 770,000円※麻酔科管理料込(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事  軽度の疼痛(2-3日)、腫脹(1週間ほどで改善します4)、内出血(2週ほどで改善します) ギプスを装着(1週目はずっと、2週目は夜間のみ) ●術後の変化 鼻腔内と鼻柱に瘢痕が残ります(オープン法の傷)。鼻尖部分が硬い・動きの鈍い鼻(鼻中隔延長) ●希に起こる事、血腫・感染など、2次的な変形(斜鼻・鼻柱や鼻梁の偏位・鼻孔の左右差など)、稀に鼻孔縁の変形・鼻柱の段差が生じることがあります。低矯正・過矯正の可能性、polly beak変形、移植軟骨触知や移植軟骨の浮き出しの可能性 ●極めて稀起こり得る事  鼻閉・ピンチノーズ・皮膚の壊死や凸凹
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
上向きのお鼻を下向きにしたいとのご要望があり、鼻中隔延長術をご提案させていただきました。 鼻中隔軟骨を使用しての延長でしたが、鼻中隔軟骨自体が非常に小さく、少しも無駄にすることなく使用するよう加工し移植しました。 鼻尖部分に移植する軟骨は耳介から採取しon layで鼻尖形成を行いました。 術前のアップノーズは解消し落ち着いた大人のお鼻になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】三角目の改善 50代女性【症例No.29Y030625】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でしたが、年齢によるタルミとともに三角目になり、さらに目が小さくなってきたと長年悩んでおられました。はっきりした目元になるためにエクステなどで努力されていましたが効果が乏しいと、思い切って相談に来られました。ダウンタイムを気にされていたため、切らない埋没式でのたるみ取りをご提案させて頂きました。 腫れが完全に引く2週後の状態ですが、二重によりタルミが折りたたまれ睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、一気に若い印象の目元になられました。傷跡もほとんど目立たず大変満足していただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でしたが、年齢によるタルミとともに三角目になり、さらに目が小さくなってきたと長年悩んでおられました。はっきりした目元になるためにエクステなどで努力されていましたが効果が乏しいと、思い切って相談に来られました。ダウンタイムを気にされていたため、切らない埋没式でのたるみ取りをご提案させて頂きました。 腫れが完全に引く2週後の状態ですが、二重によりタルミが折りたたまれ睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、一気に若い印象の目元になられました。傷跡もほとんど目立たず大変満足していただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】奥二重から末広二重に 10代女性【症例No.29Y031824】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重で、アイテープなどで今のラインを作られていました。何となくの癖はついていますが、毎朝の手間を何とかしたいため埋没法を希望され来院されました。今のライン上に埋没法を行っています。術後2週間です。食い込みがしっかりと入り、睫毛の根本も見えるようになり睫毛の向きも上向きになりパッチリと下印象になりました。朝のメイクの手間も減り大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重で、アイテープなどで今のラインを作られていました。何となくの癖はついていますが、毎朝の手間を何とかしたいため埋没法を希望され来院されました。今のライン上に埋没法を行っています。術後2週間です。食い込みがしっかりと入り、睫毛の根本も見えるようになり睫毛の向きも上向きになりパッチリと下印象になりました。朝のメイクの手間も減り大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】ぱっちり二重で可愛く 10代女性【症例No.29Y031823】

担当医師及び施術者からのコメント
もともとの方です。上瞼の皮膚が睫毛の上に覆いかぶさり、黒目の上方を隠しているため、見た目が眼瞼下垂のように見える目元の方でした。瞼の開瞼機能自体は十分にあることから通常の二重形成で十分瞳が大きくなると判断し、手軽な埋没法を提案させて頂きました。  術後2週間の写真です。瞳を覆っていた余剰な皮膚は、二重の食い込みの中に収納され、睫毛は露出し見違えるようにパッチリとした目元になり大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともとの方です。上瞼の皮膚が睫毛の上に覆いかぶさり、黒目の上方を隠しているため、見た目が眼瞼下垂のように見える目元の方でした。瞼の開瞼機能自体は十分にあることから通常の二重形成で十分瞳が大きくなると判断し、手軽な埋没法を提案させて頂きました。  術後2週間の写真です。瞳を覆っていた余剰な皮膚は、二重の食い込みの中に収納され、睫毛は露出し見違えるようにパッチリとした目元になり大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】埋没法で目力UP 10代女性【症例No.29Y031822】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと完全な一重の患者様です。普段からメイクで二重を楽しまれていましたが、メイクを外した時も二重になりたいため来院されました。初めてという事で埋没法での二重形成をご提案させて頂きました。埋没法は作成後しばらくして少し幅が狭くなることを御説明し、希望のラインより少し広めに作成しております。術前は目を開けるのに眉毛を使って瞼を持ち上げる癖がありましたが、術後はその癖も解消され、眉と目の間が狭くなり目力がぐんとアップし、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと完全な一重の患者様です。普段からメイクで二重を楽しまれていましたが、メイクを外した時も二重になりたいため来院されました。初めてという事で埋没法での二重形成をご提案させて頂きました。埋没法は作成後しばらくして少し幅が狭くなることを御説明し、希望のラインより少し広めに作成しております。術前は目を開けるのに眉毛を使って瞼を持ち上げる癖がありましたが、術後はその癖も解消され、眉と目の間が狭くなり目力がぐんとアップし、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【ハムラ法+脂肪注入】疲れた印象を改善 40代女性【症例No.29Y111621】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下の脂肪の膨らみと、クボミ、目元の小じわ、中顔面の痩せなどで、疲れた印象の顔を治したいとの希望で来院された50代女性です。眼窩脂肪の突出中央から内側にかけて軽度認め、外側は骨縁に沿ってクボミもあり、中顔面の痩せも強いことから、単純なハムラ法だけでは改善が限定的と判断し、繊細な注入が可能であるナノファットインジェクションをご提案させていただきました。 術後3か月ですが目元の突出や陥没はほぼ平坦となり、中顔面のボリュームが出たため、目元から頬にかけてのスムーズ曲線が再建され、疲れた印象は一気に解消されました。傷跡も若干赤みは残る部位もありますがほとんど目立ちません。 また、注目頂きたいのは、皮下へのナノファットインジェクションを行っているため肌のハリやツヤが現れている点です。従来の手術では解消できなかった目元の青クマなどにも唯一有効な治療法で、最近のお勧めの術式です。

この症例の詳細について

術前評価 下眼瞼の眼窩脂肪のタルミとくぼみのため、老けた印象に見える方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的眼窩脂肪移動術)+ナノファットインジェクション
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、余剰な眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。この症例の場合眼窩脂肪の切除を少し行い、余剰となった皮膚も切除し閉創しました。 腹部より脂肪を採取し、専用のフィルターを通して超微細な脂肪の粒子(ナノファット)を作成し、眼瞼周囲の皮下に注入し肌にハリを持たせました。また中顔面領域にも脂肪注入を行っております。
料金 605,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。 青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり) 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。 脂肪吸引部分に起こる事 一般的な手術としてのリスク 腫れ、疼痛、内出血、血腫、創離開(創延の壊死)、創部の肥厚性瘢痕やケロイド(赤み・硬さ・痛み) 感染症:抗生剤や場合によっては外科的な処置(切開など)を行います。 薬疹・アナフィラキシーショック 採取部 硬さ、ムラ(凸凹の残存)、皮下の瘢痕(しこり)やツッパリ、 非常に稀に皮膚潰瘍(褥瘡や皮膚壊死)、左右差、神経障害(知覚鈍麻など) 血腫による貧血(出血性ショック)、肺塞栓症(動静脈塞栓なども含む) 注入部位 腫れ、疼痛、内出血、血腫、硬さ、ムラ(凸凹の残存)、注入不足や過剰 非常に稀に、強いシコリや肉芽腫などが生じた場合は切開術を必要とする可能性もあり、動静脈塞栓症(皮膚潰瘍や失明など)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下の脂肪の膨らみと、クボミ、目元の小じわ、中顔面の痩せなどで、疲れた印象の顔を治したいとの希望で来院された50代女性です。眼窩脂肪の突出中央から内側にかけて軽度認め、外側は骨縁に沿ってクボミもあり、中顔面の痩せも強いことから、単純なハムラ法だけでは改善が限定的と判断し、繊細な注入が可能であるナノファットインジェクションをご提案させていただきました。 術後3か月ですが目元の突出や陥没はほぼ平坦となり、中顔面のボリュームが出たため、目元から頬にかけてのスムーズ曲線が再建され、疲れた印象は一気に解消されました。傷跡も若干赤みは残る部位もありますがほとんど目立ちません。 また、注目頂きたいのは、皮下へのナノファットインジェクションを行っているため肌のハリやツヤが現れている点です。従来の手術では解消できなかった目元の青クマなどにも唯一有効な治療法で、最近のお勧めの術式です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】安定しない二重を改善 20代女性【症例No.29Y022320】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、右目が安定せず、広くなったり狭くなったり時に三重のようになるため治療希望で来院されました。左目も少し広くしたいとの要望があり、2mmほど広く作成しております。術直後の状態も強い腫れはそれほど強くありません。2週後の状態も右目の三重は解消されキレイな末広方の目元になったと喜んでいただけました。  余談ですが、蒙古ヒダの強い目元ですので、目頭切開などで目頭側を広げると、大人っぽいさらにきれいな目元になるかもしれません。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、右目が安定せず、広くなったり狭くなったり時に三重のようになるため治療希望で来院されました。左目も少し広くしたいとの要望があり、2mmほど広く作成しております。術直後の状態も強い腫れはそれほど強くありません。2週後の状態も右目の三重は解消されキレイな末広方の目元になったと喜んでいただけました。  余談ですが、蒙古ヒダの強い目元ですので、目頭切開などで目頭側を広げると、大人っぽいさらにきれいな目元になるかもしれません。

この症例の詳細について

【二重埋没法】物足りない目元を改善 20代女性【症例No.29Y011418】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方ですが、余剰な皮膚が睫毛の上に被さり黒目が小さく見え、それらを代償しようとして自然と眉毛挙上が起こっている患者様です。優しい雰囲気の目なのですが、せっかくの綺麗な瞳がしっかりと見えておらず、何となく物足りなさを感じてしまい、埋没法での二重形成を提案し施術を行いました。二重になる事で、余剰皮膚で覆われていた睫毛の生え際や黒目がしっかりと見えるようになり、はっきりとした目元になられました。そればかりか眉毛の挙上も改善し、しっかりとした大人の女性の目元になられたと思います。2週間後のお写真ですが傷跡も殆どわからなくなって大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方ですが、余剰な皮膚が睫毛の上に被さり黒目が小さく見え、それらを代償しようとして自然と眉毛挙上が起こっている患者様です。優しい雰囲気の目なのですが、せっかくの綺麗な瞳がしっかりと見えておらず、何となく物足りなさを感じてしまい、埋没法での二重形成を提案し施術を行いました。二重になる事で、余剰皮膚で覆われていた睫毛の生え際や黒目がしっかりと見えるようになり、はっきりとした目元になられました。そればかりか眉毛の挙上も改善し、しっかりとした大人の女性の目元になられたと思います。2週間後のお写真ですが傷跡も殆どわからなくなって大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【脂肪吸引】5600cc吸引・太ももを部分痩せ 20代女性【症例No.29Y090118】

担当医師及び施術者からのコメント
大きい太ももがコンプレックスとのことで脂肪吸引の相談に来られました。安全性を第一に麻酔科医師管理下での脂肪吸引を行いました。総量5600ccの脂肪を吸引しました。術後は圧迫をしっかりとして頂き、外周で約10cmも細くなられました。術後は大変ですが非常に効果的な部分痩せの施術です。

この症例の詳細について

術前評価 太ももを細くしたい方
通常必要とされる治療内容 脂肪吸引(大腿全周、臀部含む)
治療方法 大腿に5mmほどの切開を8か所に施し、吸引カテーテルを挿入して丁寧に脂肪を吸引します。
料金 654,500円(税込)
治療のリスク 初期(1-3か月)に起こる事 強い腫れ(1-2週)・疼痛(1-2週)・内出血(2-3週)・浮腫み(3-4週間)・嘔気嘔吐(1-2日)・ふらつきや脱力(1-2日)・施術部位の硬さ・凸凹感・知覚鈍麻・乾燥・掻痒・クスミ ●希に起こる事 漿液腫(定期的な抜水処置が必要)・血腫・感染(場合によっては外科的処置が必要な事もあり)・創離開・創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)・脱水・皮膚潰瘍(褥瘡や皮膚壊死)、左右差、圧迫ムラ(凸凹の残存)、貧血、皮膚のタルミ、過剰吸引(全体のバランスのミスマッチ)、脂肪の残存 創部の肥厚性瘢痕やケロイド・皮下の瘢痕やツッパリ・疼痛の残存・神経障害(知覚鈍麻など)・体重増加に伴う再発 ●極めて稀起こり得る事: 出血性ショック・静脈塞栓・肺塞栓症・脂肪塞栓症・薬疹(重症なものも含む)、薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
大きい太ももがコンプレックスとのことで脂肪吸引の相談に来られました。安全性を第一に麻酔科医師管理下での脂肪吸引を行いました。総量5600ccの脂肪を吸引しました。術後は圧迫をしっかりとして頂き、外周で約10cmも細くなられました。術後は大変ですが非常に効果的な部分痩せの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】瞳を大きく見せる 10代男性【症例No.29Y010417】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、余剰な皮膚が睫毛の上に被さって瞳が小さく眠そうな印象の目元でした。男性ということですのでメイクでごまかすことが出来ないため、ダウンタイムの少ない埋没法での二重形成を提案しました。 術後は、余剰皮膚で覆われていた睫毛の生え際が露出すると同時に、隠れていた黒目の上半分がと見えるようになり、瞳が大きく見えるようになりました。2週間後のお写真ですが傷跡も殆どわからず自然な雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、余剰な皮膚が睫毛の上に被さって瞳が小さく眠そうな印象の目元でした。男性ということですのでメイクでごまかすことが出来ないため、ダウンタイムの少ない埋没法での二重形成を提案しました。 術後は、余剰皮膚で覆われていた睫毛の生え際が露出すると同時に、隠れていた黒目の上半分がと見えるようになり、瞳が大きく見えるようになりました。2週間後のお写真ですが傷跡も殆どわからず自然な雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case