美肌の症例 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科

症例case

美肌の症例の症例写真・術後の経過について

美肌の症例の症例一覧

【5分間シミ取り放題】両頬と鼻のシミ 40代女性【症例No.29H0000367】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬や鼻背などにパラパラと増えてきたシミを改善したいとのことで相談に来られました。光治療を何度かする選択もありますが、一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後1-2日程で、照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどでカサブタが剝がれて淡いピンクの肌が出現します。赤みは半年ほどかけて消退します。3週間後の検診では、パラパラとあったシミが目立たなくなりました。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
両頬や鼻背などにパラパラと増えてきたシミを改善したいとのことで相談に来られました。光治療を何度かする選択もありますが、一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後1-2日程で、照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどでカサブタが剝がれて淡いピンクの肌が出現します。赤みは半年ほどかけて消退します。3週間後の検診では、パラパラとあったシミが目立たなくなりました。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】短時間でシミを改善したい 30代女性【症例NO.29H0000366】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬にパラパラとあるシミが増えてきており、改善したいとのことで相談に来られました。光治療でも効果は期待できますが、1度の照射でしっかり効果を出したい、施術後のテーピングもマスクで隠れるので大丈夫とのことで、Qスイッチルビーレーザーで治療させていただきました。施術後1-2日で照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどで淡いピンクの肌が出現します。その後、一定の確率で炎症後色素沈着が出現することがあります。この方は、3週間後の検診に来られた際に、照射部位の赤みと炎症後色素沈着をみとめました。炎症後色素沈着の改善のためにハイドロキノンという美白クリームもご使用いただき、3ヵ月後に来られた際には、赤みは減って、炎症後色素沈着も改善し薄くなっておりました。Qスイッチルビーレーザー照射前と比較すると、しみが目立たなくなっております。炎症後色素沈着は徐々にではありますがこの後も薄くなっていくと思われます。Qスイッチルビーレーザーは、一度でシミを落としたい方にはオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
両頬にパラパラとあるシミが増えてきており、改善したいとのことで相談に来られました。光治療でも効果は期待できますが、1度の照射でしっかり効果を出したい、施術後のテーピングもマスクで隠れるので大丈夫とのことで、Qスイッチルビーレーザーで治療させていただきました。施術後1-2日で照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどで淡いピンクの肌が出現します。その後、一定の確率で炎症後色素沈着が出現することがあります。この方は、3週間後の検診に来られた際に、照射部位の赤みと炎症後色素沈着をみとめました。炎症後色素沈着の改善のためにハイドロキノンという美白クリームもご使用いただき、3ヵ月後に来られた際には、赤みは減って、炎症後色素沈着も改善し薄くなっておりました。Qスイッチルビーレーザー照射前と比較すると、しみが目立たなくなっております。炎症後色素沈着は徐々にではありますがこの後も薄くなっていくと思われます。Qスイッチルビーレーザーは、一度でシミを落としたい方にはオススメの施術です。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】肝斑のある方のシミ取り 40代女性【症例No.29H0000348】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミが大きくなりメイクで隠しきれなくなったとのことで相談に来られました。 しっかりした表在性の色素斑とベースに肝斑をお持ちの方でした。ベースの肝斑にQスイッチルビーレーザーを照射すると一時的に悪化するリスクを伴いますが、表在性色素斑が患者様の最も深刻な悩みであり照射を行う方針となりました。術後一時的に肝斑部分は増悪しましたが7ヶ月後に色素沈着は改善し、施術前と比較すると目立つシミは消失しメイクで十分に隠せるものになったと喜んで頂けました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミが大きくなりメイクで隠しきれなくなったとのことで相談に来られました。 しっかりした表在性の色素斑とベースに肝斑をお持ちの方でした。ベースの肝斑にQスイッチルビーレーザーを照射すると一時的に悪化するリスクを伴いますが、表在性色素斑が患者様の最も深刻な悩みであり照射を行う方針となりました。術後一時的に肝斑部分は増悪しましたが7ヶ月後に色素沈着は改善し、施術前と比較すると目立つシミは消失しメイクで十分に隠せるものになったと喜んで頂けました。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】一度でシミをしっかりと落としたい 40代女性【症例No.29H0000347】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬や眉付近にシミが増えてきており、改善したいとのことで相談に来られました。一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。3週間後の検診では、多くのシミは改善しメイクで十分に隠せる状態となり喜んで頂けました。Qスイッチルビーレーザーは、一定の確率で炎症後色素沈着が出現することもありますが、一度でしっかりシミを落としたい方にはオススメです。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
両頬や眉付近にシミが増えてきており、改善したいとのことで相談に来られました。一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。3週間後の検診では、多くのシミは改善しメイクで十分に隠せる状態となり喜んで頂けました。Qスイッチルビーレーザーは、一定の確率で炎症後色素沈着が出現することもありますが、一度でしっかりシミを落としたい方にはオススメです。

この症例の詳細について

【ライムライト】シミとそばかすの混在 40代女性【症例NO.29Y0000344】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬全体的に分布するシミが濃くなってきたため相談に来られました。雀斑(そばかす)と老人性色素斑の混合病変でしたが、ダウンタイムが気になるとのことで、殆ど感じないライムライトで治療をおすすめさせて頂きました。5回の施術で顔全体のトーンは上昇しシミは全体的に薄くなっています。さらに回数を重ねることで徐々に薄くなっていくでしょう。右頬の老人性色素斑は薄くなっているものの、そちらだけ気になる場合はピンポイントでQスイッチルビーレーザーでの治療をすることも検討しても良いかも知れません。

この症例の詳細について

術前評価 顔中のそばかすが気になる方
通常必要とされる治療内容 ライムライト
治療方法 仰向けに寝てもらい、目にゴーグルを使用してお顔全体に照射します。顔全体での施術時間は約20-30分で終了します。
料金 88,000円(税込)※5回コース料金
治療のリスク ●施術時に起こる事 軽度の疼痛 ●稀に起こる事 炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。治療数年後に色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
担当医師及び施術者からのコメント
両頬全体的に分布するシミが濃くなってきたため相談に来られました。雀斑(そばかす)と老人性色素斑の混合病変でしたが、ダウンタイムが気になるとのことで、殆ど感じないライムライトで治療をおすすめさせて頂きました。5回の施術で顔全体のトーンは上昇しシミは全体的に薄くなっています。さらに回数を重ねることで徐々に薄くなっていくでしょう。右頬の老人性色素斑は薄くなっているものの、そちらだけ気になる場合はピンポイントでQスイッチルビーレーザーでの治療をすることも検討しても良いかも知れません。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】両頬、顔全体の薄いシミ 20代女性【症例No.29H0000333】

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生

【5分間シミ取り放題】顔のパラパラとしたシミに 30代女性【症例No.29H0000332】

担当医師及び施術者からのコメント
お顔全体にパラパラとあるシミが増えてきており、改善したいとのことで相談に来られました。光治療でも効果は期待できますが、マスクをしている時期なので施術後のテーピングが気にならないとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどで淡いピンクの肌が出現します。一定の確率で炎症後色素沈着が出現しますが、一度でシミを落としたい方にはオススメです。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
お顔全体にパラパラとあるシミが増えてきており、改善したいとのことで相談に来られました。光治療でも効果は期待できますが、マスクをしている時期なので施術後のテーピングが気にならないとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどで淡いピンクの肌が出現します。一定の確率で炎症後色素沈着が出現しますが、一度でシミを落としたい方にはオススメです。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】薄いしみやそばかす 30代女性【症例No.29Y0000331】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミが気になってきたため来院されました。そばかすと老人性色素斑などの表在性のシミであったためQSRレーザーでの治療をオススメさせていただきました。術後3週間で目立ったシミは概ね取れていると思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミが気になってきたため来院されました。そばかすと老人性色素斑などの表在性のシミであったためQSRレーザーでの治療をオススメさせていただきました。術後3週間で目立ったシミは概ね取れていると思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】顔全体のシミ・そばかす 20代女性【症例No.29H0000313】

担当医師及び施術者からのコメント
年齢とともに顔面全体にパラパラとしたシミ増えてきたため相談に来られました。光治療を何度かする選択もありますが、一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。3週間後の検診では、シミがかなり目立たなくなりました。照射部位の淡いピンクの赤みが残っておりますが、この色は徐々に薄くなるため、さらに改善します。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
年齢とともに顔面全体にパラパラとしたシミ増えてきたため相談に来られました。光治療を何度かする選択もありますが、一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。3週間後の検診では、シミがかなり目立たなくなりました。照射部位の淡いピンクの赤みが残っておりますが、この色は徐々に薄くなるため、さらに改善します。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】両こめかみのシミ 60代女性【症例No.29Y0000300】

担当医師及び施術者からのコメント
両側コメカミにある大きなシミが徐々に濃くなり化粧でも隠せなくなってきたと相談に来られました。左こめかみ部分のシミは、部分的に厚みが見られる部位もありました。その他多くは通常の色素斑であり、Qスイッチルビーレーザーでの治療をオススメさせていただきました。先に述べた左こめかみの厚い部分は残存していますが、その他多くのシミは改善しメイクで十分に隠せる状態となり大変喜んで頂けました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
両側コメカミにある大きなシミが徐々に濃くなり化粧でも隠せなくなってきたと相談に来られました。左こめかみ部分のシミは、部分的に厚みが見られる部位もありました。その他多くは通常の色素斑であり、Qスイッチルビーレーザーでの治療をオススメさせていただきました。先に述べた左こめかみの厚い部分は残存していますが、その他多くのシミは改善しメイクで十分に隠せる状態となり大変喜んで頂けました。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】両頬のハッキリとしたシミに 50代女性【症例No.29H0000298】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミを気にされ相談に来られました。両頬に複数、スポットとしてある程度はっきりしたシミがありました。一度のレーザー治療でシミを改善したいとのご希望があり、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。2-3週経過した頃にはカサブタが自然に剥がれ、照射部位が薄いピンクになります。その後、一定の確率で炎症後色素沈着が出現することがあります。炎症後色素沈着は、紫外線対策を行い刺激を与えなければ徐々に薄くなっていきます。炎症後色素沈着を早く改善するためにハイドロキノンも外用していただいております。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミを気にされ相談に来られました。両頬に複数、スポットとしてある程度はっきりしたシミがありました。一度のレーザー治療でシミを改善したいとのご希望があり、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。2-3週経過した頃にはカサブタが自然に剥がれ、照射部位が薄いピンクになります。その後、一定の確率で炎症後色素沈着が出現することがあります。炎症後色素沈着は、紫外線対策を行い刺激を与えなければ徐々に薄くなっていきます。炎症後色素沈着を早く改善するためにハイドロキノンも外用していただいております。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】濃く目立つシミに 40代女性【症例No.29H0000297】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミを気にされ相談に来られました。両頬に数か所、スポットとしてある程度はっきりした大小様々なシミがありました。一度のレーザー治療でシミを改善したいとのご希望があり、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。術後3週で軽度の赤みと炎症後色素沈着を認めましたが、シミはしっかり消えており大変喜んでいただけました。炎症後色素沈着は、紫外線対策を行い、こするなどの刺激を与えなければ徐々に薄くなっていきます。炎症後色素沈着を早く改善するためにハイドロキノンも外用していただいております。メイクもかなり楽になったと喜んでいただけました。一定の確率で炎症後色素沈着が出現しますが、一度にしっかりシミを落としたい方にはオススメです。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミを気にされ相談に来られました。両頬に数か所、スポットとしてある程度はっきりした大小様々なシミがありました。一度のレーザー治療でシミを改善したいとのご希望があり、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。術後3週で軽度の赤みと炎症後色素沈着を認めましたが、シミはしっかり消えており大変喜んでいただけました。炎症後色素沈着は、紫外線対策を行い、こするなどの刺激を与えなければ徐々に薄くなっていきます。炎症後色素沈着を早く改善するためにハイドロキノンも外用していただいております。メイクもかなり楽になったと喜んでいただけました。一定の確率で炎症後色素沈着が出現しますが、一度にしっかりシミを落としたい方にはオススメです。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】左頬・上眼瞼横の目立つシミに 30代女性【症例No.29H0000296】

担当医師及び施術者からのコメント
左頬と左上眼瞼にある比較的大きなシミと、その他パラパラと散在している薄めの小さなシミを改善したいとのことで相談に来られました。施術後のテーピングは気にならないとのことでしたので、Qスイッチルビーレーザーでの治療を勧めさせていただきました。3週間後の検診では、一部わずかにカサブタの残存は認めましたが、その後自然に剝がれました。カサブタが剥がれた部位は薄いピンクになっていますが、この色は徐々に薄くなり、この方は3か月後には肌色に近づいておりました。一部、軽度の炎症後色素沈着が生じて淡い褐色の部位も認めましたが、ゆっくり改善していきます。元のシミがどこにあったか分らないくらいにキレイに取れており、ご満足いただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
左頬と左上眼瞼にある比較的大きなシミと、その他パラパラと散在している薄めの小さなシミを改善したいとのことで相談に来られました。施術後のテーピングは気にならないとのことでしたので、Qスイッチルビーレーザーでの治療を勧めさせていただきました。3週間後の検診では、一部わずかにカサブタの残存は認めましたが、その後自然に剝がれました。カサブタが剥がれた部位は薄いピンクになっていますが、この色は徐々に薄くなり、この方は3か月後には肌色に近づいておりました。一部、軽度の炎症後色素沈着が生じて淡い褐色の部位も認めましたが、ゆっくり改善していきます。元のシミがどこにあったか分らないくらいにキレイに取れており、ご満足いただけました。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】一番手早い方法で 30代女性【症例No.29H0000295】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬にパラパラと薄めのシミが増えてきており、改善したいとのことで相談に来られました。光治療を何度かする選択もありますが、一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後3週間の写真では、照射部位の淡い赤みが残っておりますが、この色は徐々に薄くなっていきます。気になっていたシミはかなり目立たなくなり、ご満足いただけました。より綺麗なお肌になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
両頬にパラパラと薄めのシミが増えてきており、改善したいとのことで相談に来られました。光治療を何度かする選択もありますが、一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後3週間の写真では、照射部位の淡い赤みが残っておりますが、この色は徐々に薄くなっていきます。気になっていたシミはかなり目立たなくなり、ご満足いただけました。より綺麗なお肌になられたと思います。

この症例の詳細について

【ライムライト】肝斑のある方の照射 20代女性【症例No.29Y0000292】

担当医師及び施術者からのコメント
20代の女性で、そばかすを気にされ相談に来られました。非常に細かいそばかすですが、ベースに肝斑もあったためライムライトで注意深く5回の照射を行いました。回数はかかりますがダウンタイムを殆ど感じる事無く、ソバカスが薄くなり肌が均一になりました。肝斑の増悪も無く良い結果であると思います。

この症例の詳細について

術前評価 肝斑のある方のライムライト
通常必要とされる治療内容 ライムライト
治療方法 仰向けに寝てもらい、目にゴーグルを使用してお顔全体に照射します。顔全体での施術時間は約20-30分で終了します。
料金 88,000円(税込)※5回コース料金
治療のリスク ●施術時に起こる事 軽度の疼痛 ●稀に起こる事 炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。治療数年後に色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
担当医師及び施術者からのコメント
20代の女性で、そばかすを気にされ相談に来られました。非常に細かいそばかすですが、ベースに肝斑もあったためライムライトで注意深く5回の照射を行いました。回数はかかりますがダウンタイムを殆ど感じる事無く、ソバカスが薄くなり肌が均一になりました。肝斑の増悪も無く良い結果であると思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】両頬のシミ 60代女性【症例No.29H0000290】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミが年々濃くなってきたため相談に来られました。比較的表在性のシミであったためQスイッチルビーレーザーでの治療を施行しました。照射後3週間で痂皮はほとんど取れた状態になります。治療部位に軽度の炎症後色素沈着を認めますが、はじめのシミと比べると薄いものであり、これは時間と共に消失していきます。紫外線対策を行いつつ様子を見て頂けたらと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミが年々濃くなってきたため相談に来られました。比較的表在性のシミであったためQスイッチルビーレーザーでの治療を施行しました。照射後3週間で痂皮はほとんど取れた状態になります。治療部位に軽度の炎症後色素沈着を認めますが、はじめのシミと比べると薄いものであり、これは時間と共に消失していきます。紫外線対策を行いつつ様子を見て頂けたらと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】パラパラと広がる顔全体のしみ 40代女性【症例No.29H0000293】

担当医師及び施術者からのコメント
お顔全体にパラパラとあるシミが増えてきており、改善したいとのことで相談に来られました。光治療を何度かする選択もありますが、一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどで淡いピンクの肌が出現します。一定の確率で炎症後色素沈着が出現しますが、一度にしっかりシミを落としたい方にはオススメです。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
お顔全体にパラパラとあるシミが増えてきており、改善したいとのことで相談に来られました。光治療を何度かする選択もありますが、一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどで淡いピンクの肌が出現します。一定の確率で炎症後色素沈着が出現しますが、一度にしっかりシミを落としたい方にはオススメです。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】目立つ大きなシミをなくしたい 60代女性【症例No.29H0000270】

担当医師及び施術者からのコメント
年々シミが濃くなり、特に左のこめかみや両頬の目立った大きなシミがメイクで隠しきれないこともあり来院されました。一つ一つのシミがしっかりと濃く大きいためQスイッチルビーレーザーでの治療をお勧めさせていただきました。照射後1-2日で黒いカサブタが出現し、1-2週程で剥がれます。施術後の写真では照射後のかさぶたが取れたあとの赤みが残っていますが、この色は徐々に薄くなっていきます。濃いシミは目立たなくなりメイクも楽になったと喜んでいただけました。一定の確率で炎症後色素沈着が出現することがありますが、一度のレーザー治療で効果を実感出来るのがQスイッチルビーレーザーの特徴です。

この症例の詳細について

術前評価 顔全体の老人性色素班
通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレーザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(5分間)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
年々シミが濃くなり、特に左のこめかみや両頬の目立った大きなシミがメイクで隠しきれないこともあり来院されました。一つ一つのシミがしっかりと濃く大きいためQスイッチルビーレーザーでの治療をお勧めさせていただきました。照射後1-2日で黒いカサブタが出現し、1-2週程で剥がれます。施術後の写真では照射後のかさぶたが取れたあとの赤みが残っていますが、この色は徐々に薄くなっていきます。濃いシミは目立たなくなりメイクも楽になったと喜んでいただけました。一定の確率で炎症後色素沈着が出現することがありますが、一度のレーザー治療で効果を実感出来るのがQスイッチルビーレーザーの特徴です。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】濃いシミをなくしたい 50代女性【症例No.29Y0000269】

担当医師及び施術者からのコメント
コンシーラーで厚塗りしても隠しきれない両頬のシミを気にされ相談に来られました。比較的表在性の老人性色素斑であり、Qスイッチルビーレーザーでの治療をオススメさせていただきました。施術後は軟膏とテープでの保護が必要ですが、3週後には写真の様にかなりの改善を認めます。軽度の炎症後紅斑と炎症後色素沈着を認めますが経過と共に改善していきます。ダウンタイムはありますが、前後で明らかな変化が目に見えて感じる事ができるため満足度の高い治療法の一つです。

この症例の詳細について

術前評価 顔全体の老人性色素班
通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレーザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(5分間)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
コンシーラーで厚塗りしても隠しきれない両頬のシミを気にされ相談に来られました。比較的表在性の老人性色素斑であり、Qスイッチルビーレーザーでの治療をオススメさせていただきました。施術後は軟膏とテープでの保護が必要ですが、3週後には写真の様にかなりの改善を認めます。軽度の炎症後紅斑と炎症後色素沈着を認めますが経過と共に改善していきます。ダウンタイムはありますが、前後で明らかな変化が目に見えて感じる事ができるため満足度の高い治療法の一つです。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】茶褐色斑の改善 30代女性【症例No.29Y0000260】

担当医師及び施術者からのコメント
もともとソバカスがあり年齢と共に濃く大きくなって来たとのことで悩まれていました。以前、光治療を5回ほどされており(目元は未治療)、頬部・鼻背部のソバカスは改善していますが更なる改善を希望し、Qスイッチルビーレーザーでの治療を施行しております。術後3週間ほど軟膏処置を行い、かさぶたが取れたあとの臨床写真です。目の周囲は未治療ですが、頬や鼻背部にあった茶褐色斑は見違えるように改善し、大変喜んで頂けました。Qスイッチルビーレーザーは炎症後色素沈着のリスクはありますが、シミの治療の中でも最も効果的な治療法の一つでありオススメの方法です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともとソバカスがあり年齢と共に濃く大きくなって来たとのことで悩まれていました。以前、光治療を5回ほどされており(目元は未治療)、頬部・鼻背部のソバカスは改善していますが更なる改善を希望し、Qスイッチルビーレーザーでの治療を施行しております。術後3週間ほど軟膏処置を行い、かさぶたが取れたあとの臨床写真です。目の周囲は未治療ですが、頬や鼻背部にあった茶褐色斑は見違えるように改善し、大変喜んで頂けました。Qスイッチルビーレーザーは炎症後色素沈着のリスクはありますが、シミの治療の中でも最も効果的な治療法の一つでありオススメの方法です。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case