症例 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科 - Part 10

症例case

すべての症例

実際に当院で治療を受けた方の症例をご紹介します。

症例一覧

【二重埋没法】厚ぼったさを改善したスッキリ二重に 10代女性【症例No.29Y012282】

担当医師及び施術者からのコメント
元々奥二重ですが、見た目はほぼ一重の厚ぼったいまぶたの方です。メイクなどで二重を作っても上手できないことから、二重手術を希望され相談に来られました。ダウンタイムを気にされておられ、腫れの少ない埋没式での二重手術をご提案させていただきました。術後2週間ほどで腫れはほぼ無くなり、目を閉じた時の傷跡も殆どわかりません。目元の印象も術前と比べると、睫の根元を覆っていた過剰な皮膚は二重の食い込みの中に引き込まれパッチリとした大きな瞳が現ました。とても魅力的な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々奥二重ですが、見た目はほぼ一重の厚ぼったいまぶたの方です。メイクなどで二重を作っても上手できないことから、二重手術を希望され相談に来られました。ダウンタイムを気にされておられ、腫れの少ない埋没式での二重手術をご提案させていただきました。術後2週間ほどで腫れはほぼ無くなり、目を閉じた時の傷跡も殆どわかりません。目元の印象も術前と比べると、睫の根元を覆っていた過剰な皮膚は二重の食い込みの中に引き込まれパッチリとした大きな瞳が現ました。とても魅力的な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】埋没法で安定した二重に 20代女性【症例No.29Y121181】

担当医師及び施術者からのコメント
普段はアイプチでの二重を楽しんでおられましたが、上手にできないこともあり、埋没式での二重形成を希望され来院されました。もともと、厚みのあるまぶたの方ですので、広い二重は不自然さが出ることから、控えめの末広型をご提案させていただきました。控えめの幅は、術直後の腫れもそれほど強くなく、埋没法の手軽さを最大限実感していただきやすいと思います。術後2週間でほぼ腫れは落ち着き、術前よりすっきりとした、明るい印象の目元になられたと思います。この患者様は、まぶた外側の厚みが強く、目頭側の蒙古襞も強いことから、今後、埋没で作った二重がとれてしまった場合、切開を検討されるようなら、ROOF切除や目頭切開などを併用すると、よりすっきりとした魅力的な目元になれると思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
普段はアイプチでの二重を楽しんでおられましたが、上手にできないこともあり、埋没式での二重形成を希望され来院されました。もともと、厚みのあるまぶたの方ですので、広い二重は不自然さが出ることから、控えめの末広型をご提案させていただきました。控えめの幅は、術直後の腫れもそれほど強くなく、埋没法の手軽さを最大限実感していただきやすいと思います。術後2週間でほぼ腫れは落ち着き、術前よりすっきりとした、明るい印象の目元になられたと思います。この患者様は、まぶた外側の厚みが強く、目頭側の蒙古襞も強いことから、今後、埋没で作った二重がとれてしまった場合、切開を検討されるようなら、ROOF切除や目頭切開などを併用すると、よりすっきりとした魅力的な目元になれると思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】重たい瞼をぱっちり二重に 30代女性【症例No.29Y040780】

担当医師及び施術者からのコメント
元々二重の方ですが年齢とともに、タルミが出現し奥二重になってしまったことに悩まれ相談に来られました。手軽な方法でタルミを取りたいとの希望があり埋没法でのタルミ取りをご提案させていただきました。やや皮膚の厚みがある方で、あまり広い幅でタルミ取りをすると不自然さが出るため、ギリギリ末広~平行型くらいでのタルミ取りをご提案しております。術後2週間の写真では腫れは殆ど気にならないくらいに改善し、タルミは解消され睫毛の生え際が見えるようになっております。目頭側の形態は左が末広型、右目が平行型となっており左右差を感じますが、埋没法で作成した二重は徐々に狭くなるため、経過とともに右目も末広型となっていくため最終的には左右差が無くなります。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々二重の方ですが年齢とともに、タルミが出現し奥二重になってしまったことに悩まれ相談に来られました。手軽な方法でタルミを取りたいとの希望があり埋没法でのタルミ取りをご提案させていただきました。やや皮膚の厚みがある方で、あまり広い幅でタルミ取りをすると不自然さが出るため、ギリギリ末広~平行型くらいでのタルミ取りをご提案しております。術後2週間の写真では腫れは殆ど気にならないくらいに改善し、タルミは解消され睫毛の生え際が見えるようになっております。目頭側の形態は左が末広型、右目が平行型となっており左右差を感じますが、埋没法で作成した二重は徐々に狭くなるため、経過とともに右目も末広型となっていくため最終的には左右差が無くなります。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右揃った末広二重に 10代女性【症例No.29Y060579】

担当医師及び施術者からのコメント
右が一重、左が奥二重であり、両側とももう少ししっかりした二重になりパッチリした目になりたいとの相談に来られました。大きな瞳の方でしたが、余剰皮膚がまつ毛の生え際を覆っているため、パッチリさが損なわれていました。ダウンタイムの少ない埋没法を希望され施術させていただいております。術後2週間で右目に少し内出血が残っていますが、腫れや傷跡はほぼ分らないくらいになっています。内出血はメイクでカモフラージュしていただけたらと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
右が一重、左が奥二重であり、両側とももう少ししっかりした二重になりパッチリした目になりたいとの相談に来られました。大きな瞳の方でしたが、余剰皮膚がまつ毛の生え際を覆っているため、パッチリさが損なわれていました。ダウンタイムの少ない埋没法を希望され施術させていただいております。術後2週間で右目に少し内出血が残っていますが、腫れや傷跡はほぼ分らないくらいになっています。内出血はメイクでカモフラージュしていただけたらと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】一重からぱっちり二重に【症例No.29Y011878】

担当医師及び施術者からのコメント
一重の目を、綺麗なパッチリした二重にしたいと、相談に来られました。腫れや内出血が気になるため、ダウンタイムの少ない埋没式での二重形成をご提案させていただきました。埋没法の腫れは、手術直後が写真の程度で、3日ほどで7割くらい、14日で殆どの腫れが引いていきます。術後、睫毛の根元を覆っていた皮膚が、二重の食い込みの中に引き込まれ、ぱっちりとした二重になられたと思います。この患者様は蒙古襞(もうこひだ:目頭側の余剰皮膚)が強いため、今後目頭切開などを検討されると、さらにパッチリとした魅力的な目元になると思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
一重の目を、綺麗なパッチリした二重にしたいと、相談に来られました。腫れや内出血が気になるため、ダウンタイムの少ない埋没式での二重形成をご提案させていただきました。埋没法の腫れは、手術直後が写真の程度で、3日ほどで7割くらい、14日で殆どの腫れが引いていきます。術後、睫毛の根元を覆っていた皮膚が、二重の食い込みの中に引き込まれ、ぱっちりとした二重になられたと思います。この患者様は蒙古襞(もうこひだ:目頭側の余剰皮膚)が強いため、今後目頭切開などを検討されると、さらにパッチリとした魅力的な目元になると思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】末広に近い平行二重に 10代女性【症例No.29Y050277】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと右が完全な一重で、左が奥二重の状態の方で、左右差を揃えたいとのことで相談に来られました。手軽な方法での作成を希望され埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。埋没法での二重は将来やや幅が狭くなるため希望の幅より少し広めに作成する必要があるのですが、この患者様のように上瞼に厚みがある方の場合、広い幅が逆に不自然さに繋がることになるため、末広と平行型の境界あたりでの作成をしております。2週間後の写真では少しムクミが残っていますが、もう少し落ち着いてきます。経過とともに幅も徐々に狭くなり左右とも末広型になって行くと思われます。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと右が完全な一重で、左が奥二重の状態の方で、左右差を揃えたいとのことで相談に来られました。手軽な方法での作成を希望され埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。埋没法での二重は将来やや幅が狭くなるため希望の幅より少し広めに作成する必要があるのですが、この患者様のように上瞼に厚みがある方の場合、広い幅が逆に不自然さに繋がることになるため、末広と平行型の境界あたりでの作成をしております。2週間後の写真では少しムクミが残っていますが、もう少し落ち着いてきます。経過とともに幅も徐々に狭くなり左右とも末広型になって行くと思われます。

この症例の詳細について

【二重埋没法】末広型から平行二重に 20代女性【症例No.29Y041476】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重の方ですが、平行型の二重になりたいとのことで相談を受けました。腫れの少ない埋没法での二重形成を希望され施行しております。術後2週ほどの腫れが落ち着く時点の写真です。元々綺麗な目の方ですが、華やかな印象のメイク映えする平行型の目元になられたと思います。閉瞼時、新たに作成したラインの若干の陥没は残っていますが、時間とともに馴染んで行くと思われます。なお、従来の二重ラインは残るため、開瞼時・閉瞼時ともに少し見えるのですが、それほど気にならないと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重の方ですが、平行型の二重になりたいとのことで相談を受けました。腫れの少ない埋没法での二重形成を希望され施行しております。術後2週ほどの腫れが落ち着く時点の写真です。元々綺麗な目の方ですが、華やかな印象のメイク映えする平行型の目元になられたと思います。閉瞼時、新たに作成したラインの若干の陥没は残っていますが、時間とともに馴染んで行くと思われます。なお、従来の二重ラインは残るため、開瞼時・閉瞼時ともに少し見えるのですが、それほど気にならないと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】厚ぼったい目をぱっちり二重に 10代女性【症例No.29Y123075】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと厚ぼったい一重で、パッチリした二重になりたいとのことで来院されました。ダウンタイムが気になるとのことで、埋没式での二重作成をご提案させて頂きました。術後2週間目で腫れはほぼ消失し、睫毛の生え際もはっきりしたことでパッチリと明るい印象の綺麗な目元になりました。下方視でも傷跡はほとんど目立たず良好な経過と思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと厚ぼったい一重で、パッチリした二重になりたいとのことで来院されました。ダウンタイムが気になるとのことで、埋没式での二重作成をご提案させて頂きました。術後2週間目で腫れはほぼ消失し、睫毛の生え際もはっきりしたことでパッチリと明るい印象の綺麗な目元になりました。下方視でも傷跡はほとんど目立たず良好な経過と思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】埋没法で生活を快適に 20代女性【症例No.29Y122874】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で、瞼が睫毛に被さり視野が狭くなり、眉毛を挙上して瞼を持ち上げておられる方でした。埋没式での二重作成を行った2週間後の写真ですが、睫毛を覆った余剰皮膚が、二重形成で折りたたまれスッキリとした目元になりました。その結果、隠されていた綺麗な瞳が現れ、とても明るい印象になられました。眉を持ち上げる必要がなくなったため、眉の位置が下がり、オデコの緊張も緩和され、その結果シワも浅くなり、全体としてもお顔の印象が和らいだと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で、瞼が睫毛に被さり視野が狭くなり、眉毛を挙上して瞼を持ち上げておられる方でした。埋没式での二重作成を行った2週間後の写真ですが、睫毛を覆った余剰皮膚が、二重形成で折りたたまれスッキリとした目元になりました。その結果、隠されていた綺麗な瞳が現れ、とても明るい印象になられました。眉を持ち上げる必要がなくなったため、眉の位置が下がり、オデコの緊張も緩和され、その結果シワも浅くなり、全体としてもお顔の印象が和らいだと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右差を整えて二重に 20代女性【症例No.29Y120673】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、左は奥二重で左右差が目立つ印象の方でした。ダウンタイムが気になるため埋没式での二重形成術をご提案させて頂きました。埋没法は経過と共に二重幅が少し狭くなることからやや広めに作成しています。術後2週間で腫れは落ち着き、気になる左右差が無くなったと思います。もともと二重をお持ちであることから従来のラインがうっすら確認できますが幅が狭くなる過程で目立ちにくくなると思います。外側の厚みが気になるところですが、埋没法ではこちらの修正は不可能です。二重が取れたりした際に、切開式の二重形成を検討されるようでしたらROOF切除を同時に行う事で、よりスッキリとした軽やかな印象になると思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、左は奥二重で左右差が目立つ印象の方でした。ダウンタイムが気になるため埋没式での二重形成術をご提案させて頂きました。埋没法は経過と共に二重幅が少し狭くなることからやや広めに作成しています。術後2週間で腫れは落ち着き、気になる左右差が無くなったと思います。もともと二重をお持ちであることから従来のラインがうっすら確認できますが幅が狭くなる過程で目立ちにくくなると思います。外側の厚みが気になるところですが、埋没法ではこちらの修正は不可能です。二重が取れたりした際に、切開式の二重形成を検討されるようでしたらROOF切除を同時に行う事で、よりスッキリとした軽やかな印象になると思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】控えめな変化で美しく 20代女性【症例No.29Y122073】

担当医師及び施術者からのコメント
右は一重、左は奥二重の方で、控え目でいいので左右差を無くしたいとのことで埋没式での二重形成術をご提案させて頂きました。術後2週間目ですが腫れはほぼ改善し、気になる左右差も解消されていると思います。この患者様くらい控え目の幅で作成する場合、腫れは殆ど目立たず数日で通常の日常生活を送ることが出来ます。閉瞼時も殆ど傷跡も目立たちません。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
右は一重、左は奥二重の方で、控え目でいいので左右差を無くしたいとのことで埋没式での二重形成術をご提案させて頂きました。術後2週間目ですが腫れはほぼ改善し、気になる左右差も解消されていると思います。この患者様くらい控え目の幅で作成する場合、腫れは殆ど目立たず数日で通常の日常生活を送ることが出来ます。閉瞼時も殆ど傷跡も目立たちません。

この症例の詳細について

【二重埋没法】たるみを改善 50代女性【症例No.29Y112772】

担当医師及び施術者からのコメント
埋没式二重形成術でのタルミ取りの患者様です。 従来一重の患者様ですが、年齢と共にタルミが出現し三角目になってきたことに悩まれ、ご来院されました。瞼の上の皮膚がぶ厚く、眉下皮膚切除もしくはROOF切除などが理想的な手術になるのですが、手軽さを重視され埋没式二重形成術を選択されました。 皮膚の厚みがあるため、タルミ取りだけを優先して幅広く作ることは不自然な二重につながるため、少し控えめな幅での二重作成をご提案させて頂きました。目尻側のタルミは埋没法では完全解消が困難ですが、悩まれていた三角目は改善されたと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
埋没式二重形成術でのタルミ取りの患者様です。 従来一重の患者様ですが、年齢と共にタルミが出現し三角目になってきたことに悩まれ、ご来院されました。瞼の上の皮膚がぶ厚く、眉下皮膚切除もしくはROOF切除などが理想的な手術になるのですが、手軽さを重視され埋没式二重形成術を選択されました。 皮膚の厚みがあるため、タルミ取りだけを優先して幅広く作ることは不自然な二重につながるため、少し控えめな幅での二重作成をご提案させて頂きました。目尻側のタルミは埋没法では完全解消が困難ですが、悩まれていた三角目は改善されたと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】腫れを抑えたナチュラル二重に 20代女性【症例No.29Y112771】

担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方ですが、パッチリとした二重になりたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムが極力少ない方法を希望され、埋没式での二重形成術をご提案させて頂きました。術後2週間の写真ですが腫れはほぼ落ち着きキレイな末広方の二重が作られ、閉瞼時の傷跡も殆ど目立ちません。平行型と比べると末広方での埋没式二重形成は、はるかに腫れが目立ちにくく、ダウンタイムを気にされる方にはピッタリだと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方ですが、パッチリとした二重になりたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムが極力少ない方法を希望され、埋没式での二重形成術をご提案させて頂きました。術後2週間の写真ですが腫れはほぼ落ち着きキレイな末広方の二重が作られ、閉瞼時の傷跡も殆ど目立ちません。平行型と比べると末広方での埋没式二重形成は、はるかに腫れが目立ちにくく、ダウンタイムを気にされる方にはピッタリだと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左眼に合わせて二重に 10代女性【症例No.29Y092170】

担当医師及び施術者からのコメント
左は綺麗な二重なのですが、右が一重でメイクでもなかなかキレイな二重が出来ないとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での重瞼形成術をご希望され手術しております。埋没法は時間とともに少し狭くなりますので、希望より少し広めのラインで作成しました。術後2週間ですが、腫れは完全になくなり左右差を感じないキレイな目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
左は綺麗な二重なのですが、右が一重でメイクでもなかなかキレイな二重が出来ないとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での重瞼形成術をご希望され手術しております。埋没法は時間とともに少し狭くなりますので、希望より少し広めのラインで作成しました。術後2週間ですが、腫れは完全になくなり左右差を感じないキレイな目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【ヒアルロン酸注入】中顔面・鼻唇溝への注入 50代女性【症例No.29Y020369】

  • 【ヒアルロン酸注入】中顔面・鼻唇溝への注入 50代女性【症例No.29Y020369】

  • 【ヒアルロン酸注入】中顔面・鼻唇溝への注入 50代女性【症例No.29Y020369】

  • 【ヒアルロン酸注入】中顔面・鼻唇溝への注入 50代女性【症例No.29Y020369】

担当医師及び施術者からのコメント
50代の女性ですが、中顔面(ゴルゴ線)が痩せ、ほうれい線が目立つようになり年齢を感じるとのことで相談に来られました。いずれもヒアルロン酸での改善をご提案させていただきました。特に中顔面のボリュームロスが大きく、しっかりとした注入量が必要であり、入れ放題をご提案させていただきました。施術後は、疲れた印象は直後から改善し生き生きした雰囲気に変化されました。鼻唇溝はもう少し注入量が必要でしたが、今後追加で入れていく方針となりました。 ヒアルロン酸は施術直後から効果を実感できますし、腫れも軽度で、内出血は出たとしてもメイクで隠せますので、手軽に行える若返りの代表的なオススメ施術といえます。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 ヒアルロン酸注入(鼻唇溝・中顔面)
治療方法 中顔面へのヒアルロン酸注射・・・両側 合計3.0cc 鼻唇溝へのヒアルロン酸注射・・・両側 合計1.0cc
料金 ヒアルロン酸(中顔面)(一部位4.0ccまで入れ放題) 121,000円(税込) ヒアルロン酸(鼻唇溝1層注入) 46,200円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹(1週間ほどでほぼ改善) ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ 青く透けて見える(皮膚の薄い部位への注入時)、注入不足(効果が乏しい) ●希に起こる事 デコボコになる(浅い層への注入時)、過剰注入 ●極めて稀起こり得る事 アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚・神経・唾液漏など) 塞栓症(眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。 ●注意を要する方  ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。   
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
50代の女性ですが、中顔面(ゴルゴ線)が痩せ、ほうれい線が目立つようになり年齢を感じるとのことで相談に来られました。いずれもヒアルロン酸での改善をご提案させていただきました。特に中顔面のボリュームロスが大きく、しっかりとした注入量が必要であり、入れ放題をご提案させていただきました。施術後は、疲れた印象は直後から改善し生き生きした雰囲気に変化されました。鼻唇溝はもう少し注入量が必要でしたが、今後追加で入れていく方針となりました。 ヒアルロン酸は施術直後から効果を実感できますし、腫れも軽度で、内出血は出たとしてもメイクで隠せますので、手軽に行える若返りの代表的なオススメ施術といえます。

この症例の詳細について

【10分間シミ取り放題】お顔のシミ全体を改善 50代女性【症例No.29Y021768】

  • 【10分間シミ取り放題】お顔のシミ全体を改善 50代女性【症例No.29Y021768】

  • 【10分間シミ取り放題】お顔のシミ全体を改善 50代女性【症例No.29Y021768】

  • 【10分間シミ取り放題】お顔のシミ全体を改善 50代女性【症例No.29Y021768】

担当医師及び施術者からのコメント
年齢とともに顔面全体にシミが出てきたため相談に来られました。光治療を何度かする選択もありますが、一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどで淡いピンクの肌が出現します。一定の確率で炎症後色素沈着が出現しますが、一度にしっかりシミを落としたい方にはオススメのレーザー治療です。痛みが苦手な方は麻酔クリーム(別料金)などを行うと痛みはかなり軽減されます。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間10分)
料金 107,800円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
年齢とともに顔面全体にシミが出てきたため相談に来られました。光治療を何度かする選択もありますが、一度にしっかりと落としたいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどで淡いピンクの肌が出現します。一定の確率で炎症後色素沈着が出現しますが、一度にしっかりシミを落としたい方にはオススメのレーザー治療です。痛みが苦手な方は麻酔クリーム(別料金)などを行うと痛みはかなり軽減されます。

この症例の詳細について

【乳頭縮小】医療アートメイクも施行して改善 40代男性【症例No.29Y032567】

  • 【乳頭縮小】医療アートメイクも施行して改善 40代男性【症例No.29Y032567】

  • 【乳頭縮小】医療アートメイクも施行して改善 40代男性【症例No.29Y032567】

担当医師及び施術者からのコメント
30代の男性。筋肉質な方でTシャツを着る際に乳頭の大きさが気になるとのことで、他院様で縮小術を受けた様ですが、さらなる改善を求め当院受診されました。乳頭のサイズも大きく、乳頭周囲のモンゴメリー線が乳頭に隣接していることで乳頭をさらに大きく見せていたためにモントゴメリー線も併せて切除しております。術後瘢痕が気になるとの訴えがありアートメイクでのカモフラージュを行いました。施術に時間を要しましたが術前と比べ明らかな改善が得られたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 両側の乳頭が大きいことが気になる男性
通常必要とされる治療内容 乳頭縮小術(大きさ)、モントゴメリー線切除術 アートメイクでの傷口カモフラージュ
治療方法 以前の手術痕を含めて、減量術を行いました。また乳頭の周囲のモントゴメリー線を右2カ所 左2カ所切除しました。術後に気になる瘢痕をアートメイクでカモフラージュしております。
料金 乳頭(片側)2回コース 77,000円(税込)+乳頭縮小術+モントゴメリー線除去代金
治療のリスク アートメイクのご経験がない方は、色素の定着までに2.3回の施術を要します。 1〜3年程かけて徐々に薄くなりますが、完全に色が消えることはありません。 メイクオフ時でも違和感のないデザインをおすすめいたします。 アートメイク施術後、熱感や腫れ、痛みなどが出る可能性があります。
担当医師及び施術者からのコメント
30代の男性。筋肉質な方でTシャツを着る際に乳頭の大きさが気になるとのことで、他院様で縮小術を受けた様ですが、さらなる改善を求め当院受診されました。乳頭のサイズも大きく、乳頭周囲のモンゴメリー線が乳頭に隣接していることで乳頭をさらに大きく見せていたためにモントゴメリー線も併せて切除しております。術後瘢痕が気になるとの訴えがありアートメイクでのカモフラージュを行いました。施術に時間を要しましたが術前と比べ明らかな改善が得られたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】瞳の綺麗さを活かして二重に 20代女性【症例No.29Y110166】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと大きな瞼裂で瞳が綺麗な方なのですが、一重まぶたが睫毛の根元に被さり、せっかくの瞳を隠してしまっている状態でした。ダウンタイムの少ない埋没式重瞼形成術をご希望され施術を行いました。術後2週間の写真でわかるように、睫毛を覆っていた余剰な皮膚は折りたたまれ食い込み内にスッキリ収納されることになり、生来の綺麗な瞳が見えるようになりました。閉瞼時も傷跡はほとんど分からず自然な仕上がりになっていると思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと大きな瞼裂で瞳が綺麗な方なのですが、一重まぶたが睫毛の根元に被さり、せっかくの瞳を隠してしまっている状態でした。ダウンタイムの少ない埋没式重瞼形成術をご希望され施術を行いました。術後2週間の写真でわかるように、睫毛を覆っていた余剰な皮膚は折りたたまれ食い込み内にスッキリ収納されることになり、生来の綺麗な瞳が見えるようになりました。閉瞼時も傷跡はほとんど分からず自然な仕上がりになっていると思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右揃った末広二重に 10代女性【症例No.29Y000065】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重ですが、右目と左目の大きさが異なることを気にされ来院されました。睫毛の根元を覆う皮膚量が左右で異なり、瞳の左右差に繋がっている状態でした。初めての手術ということもあり埋没法での重瞼形成術をご提案させて頂きました。術後2週間の状態ですが、二重になる事で睫毛の根元を覆う皮膚は解消され、従来の綺麗な瞳が見えるようになり、可愛らしい目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重ですが、右目と左目の大きさが異なることを気にされ来院されました。睫毛の根元を覆う皮膚量が左右で異なり、瞳の左右差に繋がっている状態でした。初めての手術ということもあり埋没法での重瞼形成術をご提案させて頂きました。術後2週間の状態ですが、二重になる事で睫毛の根元を覆う皮膚は解消され、従来の綺麗な瞳が見えるようになり、可愛らしい目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重切開】控えめの幅で自然に 20代女性【症例No.29Y062864】

  • 【二重切開】控えめの幅で自然に 20代女性【症例No.29Y062864】

  • 【二重切開】控えめの幅で自然に 20代女性【症例No.29Y062864】

  • 【二重切開】控えめの幅で自然に 20代女性【症例No.29Y062864】

担当医師及び施術者からのコメント
切開式での二重形成術の患者様です。 従来一重の患者様で、睫毛の根元が余剰な皮膚で隠れてしまい、さらに黒目にも皮膚が被り、瞳の大きさも半減させてしまっている目元の方でした。手術をするからにはしっかりとした取れない二重を作りたいとご希望され切開式二重形成術をご提案させて頂きました。 あまり大きな変化を好まれなかったため、睫毛の存在感アップと瞳を大きく見せる程度の末広型で形成術をご提案し手術しております。 直後は少し腫れていますが、控え目の幅で作っているため5日目の抜糸時にはメイクで何とか隠せるレベルにまで腫れは引いています。1か月でほぼ腫れは消失し、浮腫みが完全にとれるのが3か月となります。 比較的狭い末広型で作る切開式二重形成は、腫れは控え目ですのでオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 切開式重瞼形成術
治療方法 シミュレーションで決めた予定通りの二重ラインを切開しました。瞼板前脂肪組織を処理したのち、外れた挙筋腱膜付着部を瞼板に再度固定しました。二重形成は腱膜断端を切開創足側の皮膚直下の眼輪筋に縫合することで作成しております。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
切開式での二重形成術の患者様です。 従来一重の患者様で、睫毛の根元が余剰な皮膚で隠れてしまい、さらに黒目にも皮膚が被り、瞳の大きさも半減させてしまっている目元の方でした。手術をするからにはしっかりとした取れない二重を作りたいとご希望され切開式二重形成術をご提案させて頂きました。 あまり大きな変化を好まれなかったため、睫毛の存在感アップと瞳を大きく見せる程度の末広型で形成術をご提案し手術しております。 直後は少し腫れていますが、控え目の幅で作っているため5日目の抜糸時にはメイクで何とか隠せるレベルにまで腫れは引いています。1か月でほぼ腫れは消失し、浮腫みが完全にとれるのが3か月となります。 比較的狭い末広型で作る切開式二重形成は、腫れは控え目ですのでオススメの施術です。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case