目・二重の整形の症例 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科

症例case

目・二重の整形の症例の症例写真・術後の経過について

目・二重の整形の症例の症例一覧

【たれ目形成】吊り目の緩和 10代女性【症例No.29Y0000262】

担当医師及び施術者からのコメント
強い吊り目が気になり少し緩和したいとのことで相談に来られました。目尻の位置が目頭より明らかに高いため、垂れ目形成+目尻切開の適応と思われましたが、少しの変化で良いとのことで垂れ目形成単独手術を施行させていただきました。若干の後戻りがあることを想定して少しオーバー気味にしましたが、想定より後戻りが強く若干の左右差を生じてしまいました。無料修正を提案させていいただきましたが、改善が得られているため大丈夫とのことで終了しています。垂れ目形成単独では目尻の位置が下がらないため、強い吊り目の方には目尻の位置を少し下げることが出来る目尻切開を併用することをオススメします。

この症例の詳細について

術前評価 強い吊り目が気になる方
通常必要とされる治療内容 垂れ目形成
治療方法 睫毛直下の皮膚を切開し縫合します。次に結膜切開(下まぶたの裏側)を行い、CPFを縫縮します。短縮することで余ってしまった結膜を一部切除します。
料金 297,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(軽度)・内出血(約2週で改善)・薄ピンクの涙(数日で改善)・傷の赤み(1-3か月ほどで改善)・創部周囲の硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)・ドライアイ・流涙・眼脂・異物感やツッパリ感 ●希に起こる事 結膜充血や結膜出血および結膜浮腫・感染・創離開・創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)・左右差・過剰下制による三白眼・下眼瞼の外反 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む)、薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)・眼球および周囲の損傷・その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
強い吊り目が気になり少し緩和したいとのことで相談に来られました。目尻の位置が目頭より明らかに高いため、垂れ目形成+目尻切開の適応と思われましたが、少しの変化で良いとのことで垂れ目形成単独手術を施行させていただきました。若干の後戻りがあることを想定して少しオーバー気味にしましたが、想定より後戻りが強く若干の左右差を生じてしまいました。無料修正を提案させていいただきましたが、改善が得られているため大丈夫とのことで終了しています。垂れ目形成単独では目尻の位置が下がらないため、強い吊り目の方には目尻の位置を少し下げることが出来る目尻切開を併用することをオススメします。

この症例の詳細について

【二重埋没法】自然な末広型 10代女性【症例No.29Y0000260】

担当医師及び施術者からのコメント
まつ毛が長く、横幅の長い一重の方ですが、蒙古ヒダが発達しており外側ピークの吊り目の印象を拭えない方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され施行しております。派手な目元はお好みではなかったため末広型の自然な雰囲気で作成しました。術後2週間の写真ではまつ毛の生え際が露出し、目頭側を強く覆った余剰皮膚が二重の折り目に収納されることで吊り目の印象は和らぎ、キレイな大人っぽい雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
まつ毛が長く、横幅の長い一重の方ですが、蒙古ヒダが発達しており外側ピークの吊り目の印象を拭えない方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され施行しております。派手な目元はお好みではなかったため末広型の自然な雰囲気で作成しました。術後2週間の写真ではまつ毛の生え際が露出し、目頭側を強く覆った余剰皮膚が二重の折り目に収納されることで吊り目の印象は和らぎ、キレイな大人っぽい雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】つり目を緩和させる二重に 20代女性【症例No.29Y0000259】

担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で、目頭から上まぶたの内側にかけての蒙古ヒダが発達しており、外側ピークの形状のため吊り目の印象を持ってしまう目元の方でした。ダウンタイムの少ない方法での二重形成を希望され埋没法での二重形成を勧めさせていただきました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き、吊り目に見えていた目元は緩和されパッチリとした綺麗な目元になられました。術後の傷跡も殆ど気にならないくらいになるためダウンタイムや傷跡が気になる方には埋没法はオススメの方法です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で、目頭から上まぶたの内側にかけての蒙古ヒダが発達しており、外側ピークの形状のため吊り目の印象を持ってしまう目元の方でした。ダウンタイムの少ない方法での二重形成を希望され埋没法での二重形成を勧めさせていただきました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き、吊り目に見えていた目元は緩和されパッチリとした綺麗な目元になられました。術後の傷跡も殆ど気にならないくらいになるためダウンタイムや傷跡が気になる方には埋没法はオススメの方法です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】2点どめでタルミ取り 40代女性【症例No.29Y0000257】

担当医師及び施術者からのコメント
もとは一重で年齢とともに徐々にタルミ・クボミがあらわれた目元を若くしたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムをあまり取れないとのことで、タルミに対して埋没方での処置をご提案させていただきました。普段からメイクで平行型の二重を作成しておられたため比較的広めに作成しております。術後2週間の臨床写真です。強い内出血が出たため右目のまつ毛付近に内出血の痕跡は残りますが腫れは概ね落ち着いています。タルミに関しては食い込みの中に余剰皮膚が引き込まれることでまつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。埋没法でも若干くぼみの改善を得ることが出来ますが効果は完全なものではなく、更なる改善を望まれる場合はヒアルロン酸注射などが良いでしょう。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もとは一重で年齢とともに徐々にタルミ・クボミがあらわれた目元を若くしたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムをあまり取れないとのことで、タルミに対して埋没方での処置をご提案させていただきました。普段からメイクで平行型の二重を作成しておられたため比較的広めに作成しております。術後2週間の臨床写真です。強い内出血が出たため右目のまつ毛付近に内出血の痕跡は残りますが腫れは概ね落ち着いています。タルミに関しては食い込みの中に余剰皮膚が引き込まれることでまつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。埋没法でも若干くぼみの改善を得ることが出来ますが効果は完全なものではなく、更なる改善を望まれる場合はヒアルロン酸注射などが良いでしょう。

この症例の詳細について

【二重埋没法】幅の広い末広二重に 10代女性【症例No.29Y0000258】

担当医師及び施術者からのコメント
典型的な一重の方で、まぶたの余剰な皮膚がまつ毛の根元に被さり、それを持ち上げようと眉毛を持ち上げておられる方でした。手軽な方法で二重になりたいとのご要望があり埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。末広型の一番広い幅で作成したのですが、直後は腫れの影響で右目が平行型のように見えます。これは腫れが落ち着く3日目には末広型になっていきます。術後2週間で腫れは完全に落ち着きキレイな末広型の目元になられました。まつ毛の根元がはっきりと見えるようになることでパッチリとした雰囲気の目元になったと思います。また眉の緊張が取れることで目と眉の距離が狭くなり若々しい印象に変られました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
典型的な一重の方で、まぶたの余剰な皮膚がまつ毛の根元に被さり、それを持ち上げようと眉毛を持ち上げておられる方でした。手軽な方法で二重になりたいとのご要望があり埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。末広型の一番広い幅で作成したのですが、直後は腫れの影響で右目が平行型のように見えます。これは腫れが落ち着く3日目には末広型になっていきます。術後2週間で腫れは完全に落ち着きキレイな末広型の目元になられました。まつ毛の根元がはっきりと見えるようになることでパッチリとした雰囲気の目元になったと思います。また眉の緊張が取れることで目と眉の距離が狭くなり若々しい印象に変られました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】2点どめでタルミ取り 40代女性【症例No.29Y0000257】

担当医師及び施術者からのコメント
もとは一重で年齢とともに徐々にタルミ・クボミがあらわれた目元を若くしたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムをあまり取れないとのことで、タルミに対して埋没方での処置をご提案させていただきました。普段からメイクで平行型の二重を作成しておられたため比較的広めに作成しております。術後2週間の臨床写真です。強い内出血が出たため右目のまつ毛付近に内出血の痕跡は残りますが腫れは概ね落ち着いています。タルミに関しては食い込みの中に余剰皮膚が引き込まれることでまつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。埋没法でも若干くぼみの改善を得ることが出来ますが効果は完全なものではなく、更なる改善を望まれる場合はヒアルロン酸注射などが良いでしょう。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(3点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もとは一重で年齢とともに徐々にタルミ・クボミがあらわれた目元を若くしたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムをあまり取れないとのことで、タルミに対して埋没方での処置をご提案させていただきました。普段からメイクで平行型の二重を作成しておられたため比較的広めに作成しております。術後2週間の臨床写真です。強い内出血が出たため右目のまつ毛付近に内出血の痕跡は残りますが腫れは概ね落ち着いています。タルミに関しては食い込みの中に余剰皮膚が引き込まれることでまつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。埋没法でも若干くぼみの改善を得ることが出来ますが効果は完全なものではなく、更なる改善を望まれる場合はヒアルロン酸注射などが良いでしょう。

この症例の詳細について

【二重埋没法】まつ毛の生え際をはっきり 20代女性【症例No.29Y0000256】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重ですが、目の開きはしっかりされている方でした。ただ、まつげの生え際が隠れており、それを見えるようにしてパッチリした目元になりたいとのご要望で相談に来られました。手軽な方法を希望されダウンタイムの少ない埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き傷跡も殆ど分らないくらいになっております。まつげの生え際もしっかりと見えるようになり整った目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重ですが、目の開きはしっかりされている方でした。ただ、まつげの生え際が隠れており、それを見えるようにしてパッチリした目元になりたいとのご要望で相談に来られました。手軽な方法を希望されダウンタイムの少ない埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き傷跡も殆ど分らないくらいになっております。まつげの生え際もしっかりと見えるようになり整った目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】片目だけ二重を改善 20代女性【症例No.29H0000255】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと右眼が一重で、左眼は二重をお持ちの方でしたが、左右揃えて、もう少しだけ広い幅のパッチリした二重を作りたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望され、平行型で二重を作成しました。術直後の腫れも軽度で、術後2週間の検診では腫れが完全に落ち着いておりました。二重の食い込みも左右共にしっかり入っています。自然な二重で、両眼ともしっかりまつ毛の根元が見えるようになり、綺麗な瞳が大きく見えて、華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと右眼が一重で、左眼は二重をお持ちの方でしたが、左右揃えて、もう少しだけ広い幅のパッチリした二重を作りたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望され、平行型で二重を作成しました。術直後の腫れも軽度で、術後2週間の検診では腫れが完全に落ち着いておりました。二重の食い込みも左右共にしっかり入っています。自然な二重で、両眼ともしっかりまつ毛の根元が見えるようになり、綺麗な瞳が大きく見えて、華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】余剰皮膚の被りを改善 20代女性【症例No.29H0000254】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重であるため余った皮膚がまつ毛の生え際にかぶさり、やや重たい目元でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな末広型で二重を作成しております。術直後も軽度の腫れのみで、内出血もなくダウンタイムをあまり感じずに生活できたとのことです。埋没法での二重形成は、術後の腫れは3日で7割程度改善し、10-14日後には殆ど無くなります。2週間後の検診時の写真では、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになり、黒目も大きくパッチリ見えるようになりました。雰囲気も明るくなり、華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重であるため余った皮膚がまつ毛の生え際にかぶさり、やや重たい目元でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな末広型で二重を作成しております。術直後も軽度の腫れのみで、内出血もなくダウンタイムをあまり感じずに生活できたとのことです。埋没法での二重形成は、術後の腫れは3日で7割程度改善し、10-14日後には殆ど無くなります。2週間後の検診時の写真では、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになり、黒目も大きくパッチリ見えるようになりました。雰囲気も明るくなり、華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】3点どめでタルミ取り 60代女性【症例No.29Y0000253】

担当医師及び施術者からのコメント
昔は二重だったのに気が付くとタルミが出てきて左目が一重に見えるくらいに皮膚が被さり左右差も気になるとのことで相談に来られました。ダウンタイムの少ない埋没法でのタルミ取りを希望され施術しております。術後二重になる事で、余剰な皮膚が食い込みの中に収納され、タルミを解消してくれました。幅は広めですが皮膚の厚みがそれほど無い方ですので自然な仕上がりになっていると思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(3点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。片側3か所に行う事で二重を作成します。
料金 99,000~143,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
昔は二重だったのに気が付くとタルミが出てきて左目が一重に見えるくらいに皮膚が被さり左右差も気になるとのことで相談に来られました。ダウンタイムの少ない埋没法でのタルミ取りを希望され施術しております。術後二重になる事で、余剰な皮膚が食い込みの中に収納され、タルミを解消してくれました。幅は広めですが皮膚の厚みがそれほど無い方ですので自然な仕上がりになっていると思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】負担のない二重に 20代女性【症例No.29Y0000252】

担当医師及び施術者からのコメント
もとは一重の方で普段はメイクで二重を作っておられましたが、上眼瞼の皮膚にストレスがかかっていることもあり手術を希望されご来院されました。手軽な手術を希望され埋没法での二重形成を施行しております。埋没法はダウンタイムが少なく3日で大きな腫れは改善し、2週間で殆どの腫れはなくなります。術後12日目の写真ですが、若干の内出血は残りますが、腫れの少ない末広型で作成していることもあり、腫れをそれほど感じず過ごせたのではないかと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もとは一重の方で普段はメイクで二重を作っておられましたが、上眼瞼の皮膚にストレスがかかっていることもあり手術を希望されご来院されました。手軽な手術を希望され埋没法での二重形成を施行しております。埋没法はダウンタイムが少なく3日で大きな腫れは改善し、2週間で殆どの腫れはなくなります。術後12日目の写真ですが、若干の内出血は残りますが、腫れの少ない末広型で作成していることもあり、腫れをそれほど感じず過ごせたのではないかと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右差のない末広二重に 10代女性【症例No.29H0000251】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと右眼が奥二重で、左眼が控え目な末広型の二重をお持ちの方でしたが、左右揃えて、もう少し広い幅のパッチリした二重を作りたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな末広型で二重を作成しました。埋没法は術直後でも腫れはそれほど目立たず2週間で腫れは殆ど気にならなくなります。術後2週間の検診の際の写真では、瞳が大きくパッチリ見えるようになり、明るい活き活きとした雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと右眼が奥二重で、左眼が控え目な末広型の二重をお持ちの方でしたが、左右揃えて、もう少し広い幅のパッチリした二重を作りたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな末広型で二重を作成しました。埋没法は術直後でも腫れはそれほど目立たず2週間で腫れは殆ど気にならなくなります。術後2週間の検診の際の写真では、瞳が大きくパッチリ見えるようになり、明るい活き活きとした雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】重め一重を二重に 20代女性【症例No.29Y0000250】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆っておりました。手軽な埋没法でのパッチリした二重を作りたいとのことでご相談に来られました。ナチュラルな末広型で二重を作成しております。術直後も軽度の腫れのみで、内出血もなくダウンタイムをあまり感じることなく生活できたとのことです。末広型での二重形成は術後の腫れが目立ちにくいというメリットもあります。術後2週間の検診の際の写真では、腫れは改善し、綺麗な二重で魅力的な雰囲気になられたとおもいます。睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、やや重たそうだった目元は見違えるように軽くなりました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆っておりました。手軽な埋没法でのパッチリした二重を作りたいとのことでご相談に来られました。ナチュラルな末広型で二重を作成しております。術直後も軽度の腫れのみで、内出血もなくダウンタイムをあまり感じることなく生活できたとのことです。末広型での二重形成は術後の腫れが目立ちにくいというメリットもあります。術後2週間の検診の際の写真では、腫れは改善し、綺麗な二重で魅力的な雰囲気になられたとおもいます。睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、やや重たそうだった目元は見違えるように軽くなりました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】たれ目を活かして大人っぽく 10代女性【症例No.29Y0000249】

担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で、メイクで二重を作っておられる方でした。日々のメイクが大変であり手軽な手術で二重を作りたいとのこと、埋没法での二重形成をご提案させていただきました。術後、糸を通す針が血管にあたり内出血を起こし腫れは強く出ましたが、2週間後には腫れ、内出血もほぼ落ち着きました。腫れ・内出血に関して、最大限軽減措置を行いますが、一定の確率で起こり得ます。そのため術後2-3週程は予定を絞るなど、ある程度ゆとりを持って手術を計画されることをオススメします。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で、メイクで二重を作っておられる方でした。日々のメイクが大変であり手軽な手術で二重を作りたいとのこと、埋没法での二重形成をご提案させていただきました。術後、糸を通す針が血管にあたり内出血を起こし腫れは強く出ましたが、2週間後には腫れ、内出血もほぼ落ち着きました。腫れ・内出血に関して、最大限軽減措置を行いますが、一定の確率で起こり得ます。そのため術後2-3週程は予定を絞るなど、ある程度ゆとりを持って手術を計画されることをオススメします。

この症例の詳細について

【二重埋没法】2点どめでタルミ改善 40代女性【症例No.29Y0000248】

担当医師及び施術者からのコメント
一重の方ですが年齢と共にまぶたが弛み、たるんだ皮膚がまつ毛の上にのしかかるようになってきたため相談に来られました。タウンタイムがあまり取れないとのことで埋没法でのタルミ取りをご提案させて頂きました。右のタルミがやや強いため左右で幅の調整が必要でしたが、術直後からタルミおよび幅の左右差も無くなりました。2週間後には腫れは完全に落ち着き、まつげの生え際の見えた自然な末広型の目元になられました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
一重の方ですが年齢と共にまぶたが弛み、たるんだ皮膚がまつ毛の上にのしかかるようになってきたため相談に来られました。タウンタイムがあまり取れないとのことで埋没法でのタルミ取りをご提案させて頂きました。右のタルミがやや強いため左右で幅の調整が必要でしたが、術直後からタルミおよび幅の左右差も無くなりました。2週間後には腫れは完全に落ち着き、まつげの生え際の見えた自然な末広型の目元になられました。

この症例の詳細について

【たれ目+目尻切開】吊り目かつ極端に目尻側の目が小さい 40代女性【症例No.29Y0000246】

担当医師及び施術者からのコメント
強い吊り目と、極端に小さい目尻のサイズを気にされ相談に来られました。目尻の加齢性変化として目尻を支える外視靭帯が緩んでしまうことで目の横幅が狭くなってきます。この患者様はもともとの強い吊り目に、目尻の加齢性変化が加わり、極端に外側の白目が小さい状態になっておられました。程度が強く、垂れ目形成だけでは変化が出しにくいため、目尻切開も同時に行うことをオススメさせて頂きました。術後1ヶ月で傷跡も分りにくくなり、3ヶ月目にはさらに落ち着きました。吊り目の強い方には垂れ目形成だけで無く目尻切開も同時に行うことが良いこともあるため担当医師にアドバイスをもらうことをオススメします。

この症例の詳細について

術前評価 強い吊り目で、かつ極端に目尻側の目が小さいのが気になる方
通常必要とされる治療内容 目尻切開 +垂れ目形成
治療方法 【たれ目形成】睫毛直下の皮膚を切開し縫合します。次に結膜切開(下まぶたの裏側)を行い、CPFを縫縮します。短縮することで余ってしまった結膜を一部切除します。【目尻切開】目尻の円蓋部分を可能な限り切開し目尻側を拡大させ、角張りを落としつつ目尻の形を整えます。
料金 473,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(軽度)・内出血(約2週で改善)・薄ピンクの涙(数日で改善)・傷の赤み(1-3か月ほどで改善)・創部周囲の硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)・ドライアイ・流涙・眼脂・異物感やツッパリ感 ●希に起こる事 結膜充血や結膜出血および結膜浮腫・感染・創離開・創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)・左右差・過剰下制による三白眼・下眼瞼の外反 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む)、薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)・眼球および周囲の損傷・その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
強い吊り目と、極端に小さい目尻のサイズを気にされ相談に来られました。目尻の加齢性変化として目尻を支える外視靭帯が緩んでしまうことで目の横幅が狭くなってきます。この患者様はもともとの強い吊り目に、目尻の加齢性変化が加わり、極端に外側の白目が小さい状態になっておられました。程度が強く、垂れ目形成だけでは変化が出しにくいため、目尻切開も同時に行うことをオススメさせて頂きました。術後1ヶ月で傷跡も分りにくくなり、3ヶ月目にはさらに落ち着きました。吊り目の強い方には垂れ目形成だけで無く目尻切開も同時に行うことが良いこともあるため担当医師にアドバイスをもらうことをオススメします。

この症例の詳細について

【二重埋没法】ダウンタイムを掛けずに左右差を改善 40代女性【症例No.29Y0000247】

担当医師及び施術者からのコメント
右目が一重、左目が二重の方で、左右そろった二重にしたいとのことでご相談に来られました。ダウンタイムが長いのは駄目だと言うことで埋没法での二重形成をオススメさせて頂きました。術後2週で腫れは概ね落ち着きますが、しばらくは朝にわずかな浮腫が残ります。幅はしばらくすると徐々に狭くなり落ち着いていきます。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
右目が一重、左目が二重の方で、左右そろった二重にしたいとのことでご相談に来られました。ダウンタイムが長いのは駄目だと言うことで埋没法での二重形成をオススメさせて頂きました。術後2週で腫れは概ね落ち着きますが、しばらくは朝にわずかな浮腫が残ります。幅はしばらくすると徐々に狭くなり落ち着いていきます。

この症例の詳細について

【ROOF切除+目頭切開】蒙古ヒダの張った厚ぼったい目を軽い切れ長の目にしたい 30代女性【症例No.29Y0000244】

担当医師及び施術者からのコメント
元々は一重の方で、普段はメイクで二重を作っておられる方でした。 しかし、いくらメイクをしても厚みの問題は解決できないこともあり、 以前より気になっていた目頭のヒダも同時に改善出来ないかと言うことで相談に来られました。 ご要望は厚みの無いスッキリとした切れ長の目元であり、末広型での二重切開+ROOF切除、 さらに適度な目頭切開をご提案させていただきました。術後7ヶ月の写真ですが、 スッキリとした上まぶたに生まれ変わり、清潔感のある切れ長の目元になられたと思います。 この患者様程の厚みがあると、通常の切開だけでは厚ぼったいまぶたは解消されず、 二重になっても問題の解決に至らない事があります。 同じような厚みのある患者様はROOF切除を検討されるのが良いと思います。

この症例の詳細について

術前評価 厚ぼったい上まぶたと、発達した蒙古ヒダとをお持ちの方
通常必要とされる治療内容 ROOF切除+目頭切開
治療方法 皮膚切開を行い、眼窩隔膜を反転させ切開睫毛側の皮膚直下の眼輪筋に縫合し重瞼を作成しました。同じ術野から眼輪筋下にあるROOFを内側から外側にかけて適量を摘出しております。眼窩脂肪も少量摘除しました。目頭切開はZ法で張り出したヒダを適度に入れ替え改善を図りました。
料金 542,300円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:血腫、感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます、腫れぼったさの左右差、眼下縁の骨突出の左右差)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、創縁損傷、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正術はありますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々は一重の方で、普段はメイクで二重を作っておられる方でした。 しかし、いくらメイクをしても厚みの問題は解決できないこともあり、 以前より気になっていた目頭のヒダも同時に改善出来ないかと言うことで相談に来られました。 ご要望は厚みの無いスッキリとした切れ長の目元であり、末広型での二重切開+ROOF切除、 さらに適度な目頭切開をご提案させていただきました。術後7ヶ月の写真ですが、 スッキリとした上まぶたに生まれ変わり、清潔感のある切れ長の目元になられたと思います。 この患者様程の厚みがあると、通常の切開だけでは厚ぼったいまぶたは解消されず、 二重になっても問題の解決に至らない事があります。 同じような厚みのある患者様はROOF切除を検討されるのが良いと思います。

この症例の詳細について

【眼瞼下垂】目力のある平行二重に 20代女性【症例No.29Y0000240】

担当医師及び施術者からのコメント
元々二重なのですが左右差があり、目の開きも悪く眠そうに見えるためパッチリとした目力のある平行型の二重を希望され眼瞼下垂手術をオススメさせて頂きました。切開式の眼瞼下垂手術であるため目立った腫れは1-2週ほど続きますその間はメイクなどでなんとかしのいでいただければと思います。ダウンタイムは糸で行う下垂より大きいですが、二重が取れたり食い込みが薄れることも無いため価値のある手術と思います。

この症例の詳細について

術前評価 平行型の二重で、目力も強くしたい人
通常必要とされる治療内容 眼瞼下垂手術(挙筋前転術)
治療方法 挙筋前転術は通常の二重切開より広めにデザインし切開をします。挙筋腱膜を前転し瞼板頭側に数カ所固定し、腱膜断端と切開線瞼縁側の真皮下眼輪筋を縫合し二重を作成します。
料金 313,500円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。  見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 加齢による再発は起こり得ます。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々二重なのですが左右差があり、目の開きも悪く眠そうに見えるためパッチリとした目力のある平行型の二重を希望され眼瞼下垂手術をオススメさせて頂きました。切開式の眼瞼下垂手術であるため目立った腫れは1-2週ほど続きますその間はメイクなどでなんとかしのいでいただければと思います。ダウンタイムは糸で行う下垂より大きいですが、二重が取れたり食い込みが薄れることも無いため価値のある手術と思います。

この症例の詳細について

【眼瞼下垂】広めの幅でも馴染むように 20代女性【症例No.29Y0000239】

担当医師及び施術者からのコメント
従来二重なのですが瞼の開きが悪く眠そうな印象の方でした。アイメイクなどでカモフラージュするのも限界があるため目を大きくする手術を希望され相談に来られました。中等度眼瞼下垂の状態であり挙筋前転術を施行させて頂きました。希望の幅はかなり広いものでしたが、目の開きがしっかり担保されれば不自然さには繋がりにくいため、やや広めの並行型で施術させていただきました。術後はスッピンの状態では広く感じる幅ですが、メイク映えする目元であり、ご本人のニーズに応えられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 瞼の開きが悪く眠そうに見える方、中等度の眼瞼下垂症
通常必要とされる治療内容 挙筋前転術(自由診療)
治療方法 広い幅を希望されており現在の幅より広い部位での切開を行いました。瞼板前組織の処置を行い挙筋腱膜を瞼板に前転固定しております。二重作成は、睫毛上に余剰皮膚がかぶらないように調整しながら、前転した挙筋腱膜の断端を瞼縁側直下の眼輪筋に縫合固定を行い閉創しました。
料金 313,500円※自由診療(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。  見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 加齢による再発は起こり得ます。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
従来二重なのですが瞼の開きが悪く眠そうな印象の方でした。アイメイクなどでカモフラージュするのも限界があるため目を大きくする手術を希望され相談に来られました。中等度眼瞼下垂の状態であり挙筋前転術を施行させて頂きました。希望の幅はかなり広いものでしたが、目の開きがしっかり担保されれば不自然さには繋がりにくいため、やや広めの並行型で施術させていただきました。術後はスッピンの状態では広く感じる幅ですが、メイク映えする目元であり、ご本人のニーズに応えられたと思います。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case