症例case

目・二重の整形の症例の症例写真・術後の経過について

目・二重の整形の症例の症例一覧

【たれ目+目尻切開】吊り目を解消+薄いまぶたの二重になりたい20代女性【症例No.29Y000464】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと綺麗な瞳をお持ちの方ですが、吊り目の一重のため“つぶら”な印象の目元の方でした。たれ目と同時に、二重と厚み取りを一緒にしたいとのご要望が有り、たれ目形成+ROOF切除術を施行しました。術前後の写真を比較すると、下眼瞼は目尻を中心に十分に下制されているのが分かります。たれ目の傷跡は、睫毛ギリギリに位置するためほとんど傷跡はわからなくなっていきますのでご安心ください。この方は、ROOF切除も同時に行ったため変化が大きく、術前とは異なる魅力的な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 吊り目と、少し厚めのまぶたの状態
通常必要とされる治療内容 たれ目形成+ROOF切除
治療方法 睫毛直下の皮膚を切除し縫合します。次に結膜切開(下まぶたの裏側)を行い、CPFを縫縮します。短縮することで余った結膜のみ切除します。
料金 655,600円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(軽度)・内出血(約2週で改善)・薄ピンクの涙(数日で改善)・傷の赤み(1-3か月ほどで改善)・創部周囲の硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)・ドライアイ・流涙・眼脂・異物感やツッパリ感 ●希に起こる事 結膜充血や結膜出血および結膜浮腫・感染・創離開・創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)・左右差・過剰下制による三白眼・下眼瞼の外反 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む)、薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)・眼球および周囲の損傷・その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと綺麗な瞳をお持ちの方ですが、吊り目の一重のため“つぶら”な印象の目元の方でした。たれ目と同時に、二重と厚み取りを一緒にしたいとのご要望が有り、たれ目形成+ROOF切除術を施行しました。術前後の写真を比較すると、下眼瞼は目尻を中心に十分に下制されているのが分かります。たれ目の傷跡は、睫毛ギリギリに位置するためほとんど傷跡はわからなくなっていきますのでご安心ください。この方は、ROOF切除も同時に行ったため変化が大きく、術前とは異なる魅力的な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【ROOF切除+たれ目】薄いまぶたの二重と垂れ目になりたい20代女性【症例No.29Y0000463】

担当医師及び施術者からのコメント
元々一重の方ですが目尻側のまぶたの厚みが気になる方でした。二重になるだけでなく、厚みを取って目尻までしっかりとラインを食い込ませたいというご要望があり、ROOF切除をご提案させて頂きました。術後の腫れの程度は、術野が広いぶん通常の二重切開より少し腫れますが、1-2週ほどで許容範囲になることがほとんどです。また、眼窩を越えて骨上までアプローチするため通常の切開より長目の傷になるものの写真のように特段目立つモノではありません。術後、フラッシュ無しでの厚みの評価でも、しっかりと厚みは解消され、自然な薄いまぶたになられたと思います。この方は、垂れ目形成も同時に行ったため、術前とは異なる魅力的な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 目尻側のまぶたの厚みがある一重で、かつ軽い吊り目の方
通常必要とされる治療内容 ROOF切除+たれ目形成
治療方法 術前に相談して決めた二重ラインで切開をしました。反転した眼窩隔膜を皮下直下の眼輪筋に縫合することで二重を作成しております。ROOFに関しては眼窩隔膜上および眼輪筋下を剥離し、内側は眼窩上神経、頭側及び外側の眼窩縁から眉毛下縁に至る広い範囲のROOFを切除しました。(※垂れ目は垂れ目参照)
料金 655,600円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:血腫、感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます、腫れぼったさの左右差、眼下縁の骨突出の左右差)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、創縁損傷、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正術はありますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々一重の方ですが目尻側のまぶたの厚みが気になる方でした。二重になるだけでなく、厚みを取って目尻までしっかりとラインを食い込ませたいというご要望があり、ROOF切除をご提案させて頂きました。術後の腫れの程度は、術野が広いぶん通常の二重切開より少し腫れますが、1-2週ほどで許容範囲になることがほとんどです。また、眼窩を越えて骨上までアプローチするため通常の切開より長目の傷になるものの写真のように特段目立つモノではありません。術後、フラッシュ無しでの厚みの評価でも、しっかりと厚みは解消され、自然な薄いまぶたになられたと思います。この方は、垂れ目形成も同時に行ったため、術前とは異なる魅力的な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【経皮的ハムラ】目の下のクマ・タルミを改善したい 40代の方【症例No.29Y0000456】

担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共に目の下のタルミとクマが気になるようになったため相談に来られました。 眼窩脂肪の突出、皮膚のタルミ、骨萎縮などの問題が多数揃っており、手術的なアプローチが最適と考え、 ハムラ法をオススメさせて頂きました。 丁寧な手術を行うと、術後1週間で写真のような経過となります。 3ヶ月後には傷跡はほとんど分からないレベルになっています。 目の下のクマ治療は、ヒアルロン酸などの注入治療や、レーザー機器治療、その他手術治療など多岐にわたります。 それぞれに治療効果が異なるため、あらゆる選択肢を視野に入れ、リスクとベネフィットを考慮しつつ、自分に合った治療法を選ばなければいけません。 この患者様も選択肢はいくつかありましたが、ハムラ法を選択されました。 その結果、術前と比較すると大いに改善が得られており、大変喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 目の下のクマ、タルミが年々目立ってきた方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 睫毛下切開で丁寧にアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させます。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し、余剰な眼窩脂肪の移動を行っております。その後、余った皮膚を切除し閉創しました。
料金 407,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。   青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり) 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共に目の下のタルミとクマが気になるようになったため相談に来られました。 眼窩脂肪の突出、皮膚のタルミ、骨萎縮などの問題が多数揃っており、手術的なアプローチが最適と考え、 ハムラ法をオススメさせて頂きました。 丁寧な手術を行うと、術後1週間で写真のような経過となります。 3ヶ月後には傷跡はほとんど分からないレベルになっています。 目の下のクマ治療は、ヒアルロン酸などの注入治療や、レーザー機器治療、その他手術治療など多岐にわたります。 それぞれに治療効果が異なるため、あらゆる選択肢を視野に入れ、リスクとベネフィットを考慮しつつ、自分に合った治療法を選ばなければいけません。 この患者様も選択肢はいくつかありましたが、ハムラ法を選択されました。 その結果、術前と比較すると大いに改善が得られており、大変喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【眼瞼下垂】左右差をなくして、瞳を大きくしたい 20代女性【症例No.29Y0000454】

担当医師及び施術者からのコメント
メイクでクセ付いた二重をお持ちでしたが、二重幅や瞳の大きさの左右差が気になる患者様でした。ご本人の希望は、黒目の左右差を無くし、かつ瞳も大きくしたい、二重幅を揃えたいとので、眼瞼下垂の手術をご提案させて頂きました。はっきりとした末広型での重瞼形成を希望され手術を施行しております。切開での手術は2週間で8割程の腫れが治まり、術後1ヶ月でムクミが少し残る状態となります。3ヶ月でそれらは治まり完成となります。術前と比べ、簡単な力で目がしっかりと開くようになり、パッチリとした印象的な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 眼瞼下垂症手術
治療方法 術前にシミュレーションで決めた幅で切開し、挙筋前転を施行しております。前転した健膜を皮下に縫合し二重を作っております。
料金 319,000円(税込)※自由診療
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。  見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 加齢による再発は起こり得ます。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
メイクでクセ付いた二重をお持ちでしたが、二重幅や瞳の大きさの左右差が気になる患者様でした。ご本人の希望は、黒目の左右差を無くし、かつ瞳も大きくしたい、二重幅を揃えたいとので、眼瞼下垂の手術をご提案させて頂きました。はっきりとした末広型での重瞼形成を希望され手術を施行しております。切開での手術は2週間で8割程の腫れが治まり、術後1ヶ月でムクミが少し残る状態となります。3ヶ月でそれらは治まり完成となります。術前と比べ、簡単な力で目がしっかりと開くようになり、パッチリとした印象的な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重切開修正】幅を広げずに幅をはっきりとさせたい 20代男性【症例No.0000453】

担当医師及び施術者からのコメント
元々切開法での二重形成を受けておられ、余剰皮膚切除もされている方でした。もう少し瞳が大きく見えるように、かつはっきりとした二重が欲しいけど、眉と黒目の距離が近いため幅はそれほど広げたくないというご要望でした。以前の切開ラインで再切開し二重形成を行い、睫毛の角度調整と余剰皮膚切除にて調整を行いました。 術後、本来の瞳の大きさの差は残ってはいますが、二重幅の左右差や睫毛の見え方の左右差は修正され、眉と黒目の距離の違和感を感じることがない、自然な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 もう少し瞳が大きく見えるように、かつはっきりとした二重が欲しいけど、眉と黒目の距離が近いため幅はそれほど広げたくないというご要望
通常必要とされる治療内容 二重切開他院修正
治療方法 以前の切開ラインで再切開し二重形成を行い、睫毛の角度調整と余剰皮膚切除にて調整を行いました。
料金 374,000円(税込)※片側187,000円×両目分
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹、内出血(1-3週で改善)、瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善)●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 瘢痕が目立つ、再発 ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・残存糸の遅発性感染や露出 自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々切開法での二重形成を受けておられ、余剰皮膚切除もされている方でした。もう少し瞳が大きく見えるように、かつはっきりとした二重が欲しいけど、眉と黒目の距離が近いため幅はそれほど広げたくないというご要望でした。以前の切開ラインで再切開し二重形成を行い、睫毛の角度調整と余剰皮膚切除にて調整を行いました。 術後、本来の瞳の大きさの差は残ってはいますが、二重幅の左右差や睫毛の見え方の左右差は修正され、眉と黒目の距離の違和感を感じることがない、自然な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【眉下リフト】上まぶたのタルミと厚みが気になる 40代女性【症例No.29Y0000452】

担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共にまぶたの外側に強いタルミが現われた40代の方です。 非常に厚いまぶたである事から、二重形成によるタルミとりでは間違いなく不自然さがでるため、 眉下皮膚切除でのタルミとりをご提案させていただきました。 術後、タルミは解消され、若い頃の自然な雰囲気の目元となり、大変喜んでいただけました。 ただ、切除量が非常に多かったため眉毛下垂が生じてしまい眉位置を変更してメイクするようになったため、 傷跡が眉下に一致しなくなってしまいました。 ただ本人様はしっかりとタルミが取れたため、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

術前評価 加齢によるタルミがあるが、まぶたがぶ厚い方
通常必要とされる治療内容 眉下皮膚切除術
治療方法 眉毛の外側は毛流が下向きになっているため、傷口が眉で隠され目立ちにくいのですが、内側に切開線を伸びると毛流では隠れないためやや目立つ傷になります。場合によっては眉毛内の毛包斜切開を行う事で出来るだけ目立たない傷にすることが必要になる場合があります。また多量の皮膚切除後の傷を単純に縫合すると内側の強い引き連れや、目尻の皮膚の膨らみが(dog ear)がしばらく残ることがあるため、縫合方法にも工夫を要します。
料金 247,500円(税込)
治療のリスク ●メリット・・・従来の目元の雰囲気を残して、タルミを改善させることができます。患者様とのイメージの相違が出にくい、ダウンタイムが上眼瞼皮膚切除より少ない術式です。まぶたの分厚い方には最適の方法です。手術は複数回に渡り受けることができます。埋没法・切開法・眼瞼下垂症手術と組み合わせることで、様々なアレンジを加えて理想に近づけることが出来ます。眉毛挙上の改善・おでこのしわの改善・目の眉のバランスの改善が期待できます。 ●デメリット・・・眉内側の傷が目立つ(初期の赤み・瘢痕・脱毛))、強いたるみを処理する場合は傷が長くなり目立ちやすくなります。 ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。術後創部に糸が付きますが7日で抜糸を行います。目の内側の線状の引き連れが出現することがあります。縫合部の凸凹やdog ear変形(経時的に改善されます) ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(腱膜性眼瞼下垂はそのまま残ります・従来の目頭の形状差)は残ります。内側のタルミの矯正が困難。眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れる可能性(眉毛下垂の顕在化)。外側の眉が短い場合傷が眉を超えてしまう。二重の幅が広くなる。多量切除で著明な眉毛下垂が生じ、新規の眉が傷から離れてしまう可能性。 ●稀に起こり得る事:埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、 ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共にまぶたの外側に強いタルミが現われた40代の方です。 非常に厚いまぶたである事から、二重形成によるタルミとりでは間違いなく不自然さがでるため、 眉下皮膚切除でのタルミとりをご提案させていただきました。 術後、タルミは解消され、若い頃の自然な雰囲気の目元となり、大変喜んでいただけました。 ただ、切除量が非常に多かったため眉毛下垂が生じてしまい眉位置を変更してメイクするようになったため、 傷跡が眉下に一致しなくなってしまいました。 ただ本人様はしっかりとタルミが取れたため、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】ダウンタイムを最小限にしたい 20代女性【症例No.29Y0000451】

担当医師及び施術者からのコメント
元々一重で、ダウンタイムの少ない埋没法での二重形成を希望されご来院されました。一重まぶたのため睫毛の生え際が隠れており、せっかくの大きな瞳が隠されてしまっている状態の方でした。埋没法を施行した術後2週間の写真では、睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり大きな瞳があらわれ、大人っぽい雰囲気の目元になられたと思います。直後の写真でも腫れはそれほど目立たず、ダウンタイムも少なく過ごせたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々一重で、ダウンタイムの少ない埋没法での二重形成を希望されご来院されました。一重まぶたのため睫毛の生え際が隠れており、せっかくの大きな瞳が隠されてしまっている状態の方でした。埋没法を施行した術後2週間の写真では、睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり大きな瞳があらわれ、大人っぽい雰囲気の目元になられたと思います。直後の写真でも腫れはそれほど目立たず、ダウンタイムも少なく過ごせたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】末広型の自然な二重に 10代女性【症例No.29H0000440】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと左眼に奥二重があり、右眼は安定しない二重がありました。少しだけ幅も広げて左右揃ったパッチリした二重にしたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな末広型で二重を作成しました。術直後も内出血は認めず腫れも軽度で、術後2週間の検診では腫れがほとんど落ち着いておりました。左右差もなくなり、目力のあるパッチリした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと左眼に奥二重があり、右眼は安定しない二重がありました。少しだけ幅も広げて左右揃ったパッチリした二重にしたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな末広型で二重を作成しました。術直後も内出血は認めず腫れも軽度で、術後2週間の検診では腫れがほとんど落ち着いておりました。左右差もなくなり、目力のあるパッチリした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【目の上のくぼみ】目の上の凹みに左右差のある方 50代女性【症例No.29H0000433】

担当医師及び施術者からのコメント
50代の女性で、目の上のくぼみが気になるとのことで来院されました。 軽度のくぼみではありましたが、目の上のくぼみは、疲れた印象や暗い印象にみられることが多いです。 くぼみを改善することで若々しさや元気さを自然に出すことができるため、目の上HA注入はオススメの施術です。 左右2カ所ずつ小さな針穴をあけて、自然な範囲でヒアルロン酸を注入しました。 メイクで隠せる程度の針穴を認めますが、2-3日で改善します。 目の上は皮膚が非常に薄いため、繊細に注意深く注入させていただいております。 効果は直後から実感していただけます。 年齢を感じさせる目元をスッキリ自然に解決したい方にはオススメです。

この症例の詳細について

術前評価 目の上の凹みに左右差がある方
通常必要とされる治療内容 ヒアルロン酸(目の上)
治療方法 ヒアルロン酸注射・・・両側 合計0.5cc
料金 ヒアルロン酸注入1本買い取り制46,200円+注入料11,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹(1週間ほどでほぼ改善) ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ 青く透けて見える(皮膚の薄い部位への注入時)、注入不足(効果が乏しい) ●希に起こる事 デコボコになる(浅い層への注入時)、過剰注入 ●極めて稀起こり得る事 アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚・神経・唾液漏など) 塞栓症(眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。 ●注意を要する方  ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。 
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
50代の女性で、目の上のくぼみが気になるとのことで来院されました。 軽度のくぼみではありましたが、目の上のくぼみは、疲れた印象や暗い印象にみられることが多いです。 くぼみを改善することで若々しさや元気さを自然に出すことができるため、目の上HA注入はオススメの施術です。 左右2カ所ずつ小さな針穴をあけて、自然な範囲でヒアルロン酸を注入しました。 メイクで隠せる程度の針穴を認めますが、2-3日で改善します。 目の上は皮膚が非常に薄いため、繊細に注意深く注入させていただいております。 効果は直後から実感していただけます。 年齢を感じさせる目元をスッキリ自然に解決したい方にはオススメです。

この症例の詳細について

【眉下リフト】加齢とともにたるみが気になる 40代女性【症例No.29Y0000431】

担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共にまぶたの外側に強いタルミが現われた40代の方です。 非常に厚いまぶたである事から、二重形成によるタルミとりでは間違いなく不自然さがでるため、 眉下皮膚切除でのタルミとりをご提案させていただきました。 術後、タルミは解消され、若い頃の自然な雰囲気の目元となり、大変喜んでいただけました。 ただ、切除量が非常に多かったため眉毛下垂が生じてしまい眉位置を変更してメイクするようになったため、 傷跡が眉下に一致しなくなってしまいました。 ただ本人様はしっかりとタルミが取れたため、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

術前評価 加齢によるタルミがあるが、まぶたがぶ厚い方
通常必要とされる治療内容 眉下皮膚切除術
治療方法 眉毛の外側は毛流が下向きになっているため、傷口が眉で隠され目立ちにくいのですが、内側に切開線を伸びると毛流では隠れないためやや目立つ傷になります。場合によっては眉毛内の毛包斜切開を行う事で出来るだけ目立たない傷にすることが必要になる場合があります。また多量の皮膚切除後の傷を単純に縫合すると内側の強い引き連れや、目尻の皮膚の膨らみが(dog ear)がしばらく残ることがあるため、縫合方法にも工夫を要します。
料金 247,500円(税込)
治療のリスク ●メリット・・・従来の目元の雰囲気を残して、タルミを改善させることができます。患者様とのイメージの相違が出にくい、ダウンタイムが上眼瞼皮膚切除より少ない術式です。まぶたの分厚い方には最適の方法です。手術は複数回に渡り受けることができます。埋没法・切開法・眼瞼下垂症手術と組み合わせることで、様々なアレンジを加えて理想に近づけることが出来ます。眉毛挙上の改善・おでこのしわの改善・目の眉のバランスの改善が期待できます。 ●デメリット・・・眉内側の傷が目立つ(初期の赤み・瘢痕・脱毛))、強いたるみを処理する場合は傷が長くなり目立ちやすくなります。 ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。術後創部に糸が付きますが7日で抜糸を行います。目の内側の線状の引き連れが出現することがあります。縫合部の凸凹やdog ear変形(経時的に改善されます) ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(腱膜性眼瞼下垂はそのまま残ります・従来の目頭の形状差)は残ります。内側のタルミの矯正が困難。眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れる可能性(眉毛下垂の顕在化)。外側の眉が短い場合傷が眉を超えてしまう。二重の幅が広くなる。多量切除で著明な眉毛下垂が生じ、新規の眉が傷から離れてしまう可能性。 ●稀に起こり得る事:埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、 ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共にまぶたの外側に強いタルミが現われた40代の方です。 非常に厚いまぶたである事から、二重形成によるタルミとりでは間違いなく不自然さがでるため、 眉下皮膚切除でのタルミとりをご提案させていただきました。 術後、タルミは解消され、若い頃の自然な雰囲気の目元となり、大変喜んでいただけました。 ただ、切除量が非常に多かったため眉毛下垂が生じてしまい眉位置を変更してメイクするようになったため、 傷跡が眉下に一致しなくなってしまいました。 ただ本人様はしっかりとタルミが取れたため、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【眼瞼下垂】二重幅に左右差があり、瞳の大きさもそろえたい 20代女性【症例No.29Y0000430】

担当医師及び施術者からのコメント
左右の目の開きが気になるため相談に来られました。患者様のご希望は右目の眼瞼下垂手術と左目の二重切開をご希望でした。確かに、左目より右目の方が下垂傾向にありますが、左も開きが悪く、右目にだけ眼瞼下垂手術を付加するとHering現象(シーソーのように非手術側が下がってしまう現象)が出現する可能性が高く、両側の眼瞼下垂手術をオススメさせていただきました。術直後から十分な開瞼が得られ、目力のある目元になられました。腫れは2週間ほどで7-8割程落ち着き、1ヶ月で9割、3ヶ月ほどで浮腫が改善し完成となります。術前に眠そうであった目元は、力強い開瞼を得ることで、イキイキとした印象的な目元となり、大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 瞳の大きさに左右差が見られる方
通常必要とされる治療内容 眼瞼下垂手術
治療方法 術前にシミュレーションで決めた幅で切開し、挙筋前転を施行しております。前転した健膜を皮下に縫合し二重を作っております。
料金 319,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 加齢による再発は起こり得ます。 ご高齢の方は、眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。  ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
左右の目の開きが気になるため相談に来られました。患者様のご希望は右目の眼瞼下垂手術と左目の二重切開をご希望でした。確かに、左目より右目の方が下垂傾向にありますが、左も開きが悪く、右目にだけ眼瞼下垂手術を付加するとHering現象(シーソーのように非手術側が下がってしまう現象)が出現する可能性が高く、両側の眼瞼下垂手術をオススメさせていただきました。術直後から十分な開瞼が得られ、目力のある目元になられました。腫れは2週間ほどで7-8割程落ち着き、1ヶ月で9割、3ヶ月ほどで浮腫が改善し完成となります。術前に眠そうであった目元は、力強い開瞼を得ることで、イキイキとした印象的な目元となり、大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【二重切開】目を大きく二重に 20代女性【症例No.29H0000429】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重はありましたが、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆ってしまっているため、重たい目元に見えてしまう方でした。切開法での二重形成をご希望されました。自然な二重幅をご希望されており、末広型で二重を作成しております。一部眼窩脂肪も切除しております。術直後は軽度の内出血もございましたが、1週間後の抜糸の際には内出血も消退しておりました。3か月後の検診では腫れはなくなり理想の幅になったと喜んでいただけました。しっかりと食い込みのある二重で、睫毛の角度もやや上向きになり、華やかでとても綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 二重切開法
治療方法 シミュレーションで決めた二重ラインを切開しました。挙筋腱膜を少し前転して瞼板に固定し、腱膜断端を皮下直下の眼輪筋に縫合することで二重を作成しております。
料金 247,500円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重はありましたが、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆ってしまっているため、重たい目元に見えてしまう方でした。切開法での二重形成をご希望されました。自然な二重幅をご希望されており、末広型で二重を作成しております。一部眼窩脂肪も切除しております。術直後は軽度の内出血もございましたが、1週間後の抜糸の際には内出血も消退しておりました。3か月後の検診では腫れはなくなり理想の幅になったと喜んでいただけました。しっかりと食い込みのある二重で、睫毛の角度もやや上向きになり、華やかでとても綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】瞳の大きさに合う二重に 20代女性【症例No.29H0000428】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でしたが、パッチリした平行型の二重を作りたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望されました。術直後は、やや広い幅の二重を作っていることもあり腫れはございますが、2週間の検診では腫れがほとんど落ち着いておりました。二重の食い込みも左右共にしっかり入っています。少し広めに作った二重ですが、大きな瞳にマッチしており、華やかさも出て大変お似合いだと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でしたが、パッチリした平行型の二重を作りたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望されました。術直後は、やや広い幅の二重を作っていることもあり腫れはございますが、2週間の検診では腫れがほとんど落ち着いておりました。二重の食い込みも左右共にしっかり入っています。少し広めに作った二重ですが、大きな瞳にマッチしており、華やかさも出て大変お似合いだと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】柔らかい印象の平行二重に 20代女性【症例No.29Y0000424】

担当医師及び施術者からのコメント
普段は一重でメイクで二重を作っておられましたが、手間がかかることや綺麗に決まらないことがあるため相談に来られました。手軽な方法での二重形成を希望されたため埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。術後まつげの根元を覆っていた余剰皮膚は二重の折り込みの中に折りたたまれ、パッチリとした綺麗な瞳が見えるようになりました。また蒙古ヒダが原因で吊り目になっていた雰囲気も和らぎ優しい印象の目元になられたと思います。術後2週間目の傷跡はまだ少し気になりますが時間と共に殆ど分らなくなっていきます。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
普段は一重でメイクで二重を作っておられましたが、手間がかかることや綺麗に決まらないことがあるため相談に来られました。手軽な方法での二重形成を希望されたため埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。術後まつげの根元を覆っていた余剰皮膚は二重の折り込みの中に折りたたまれ、パッチリとした綺麗な瞳が見えるようになりました。また蒙古ヒダが原因で吊り目になっていた雰囲気も和らぎ優しい印象の目元になられたと思います。術後2週間目の傷跡はまだ少し気になりますが時間と共に殆ど分らなくなっていきます。

この症例の詳細について

【二重埋没法】自然な範囲で二重に 20代女性【症例No.29Y0000412】

担当医師及び施術者からのコメント
普段はアイメイクで二重形成をされている方ですが、日々の手間を考え二重手術を希望され来院されました。腫れが気になるとのことでダウンタイムの短い埋没法での二重形成術をオススメさせていただきました。希望の幅は広めの末広型でしたので、平行型と末広型のギリギリのラインで作成しました。直後は腫れのため平行型に見えますが、腫れが完全に落ち着く2週後の状態では末広型の綺麗な目元になっています。術前にまつげの根元を覆っていた余剰皮膚は解消され、パッチリとした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
普段はアイメイクで二重形成をされている方ですが、日々の手間を考え二重手術を希望され来院されました。腫れが気になるとのことでダウンタイムの短い埋没法での二重形成術をオススメさせていただきました。希望の幅は広めの末広型でしたので、平行型と末広型のギリギリのラインで作成しました。直後は腫れのため平行型に見えますが、腫れが完全に落ち着く2週後の状態では末広型の綺麗な目元になっています。術前にまつげの根元を覆っていた余剰皮膚は解消され、パッチリとした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】ナチュラル末広型二重に 20代女性【症例No.29Y0000411】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重ですが一重に見えてしまうくらいで、メイク映えがしない目元の方でした。派手なのは嫌だけどもう少し幅を持たしたいとのことで末広型での二重形成をオススメさせて頂きました。術後2週間で腫れは落ち着き、メイク映えのする末広型の二重となりました。傷跡も目立ちにくくなっており大変喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重ですが一重に見えてしまうくらいで、メイク映えがしない目元の方でした。派手なのは嫌だけどもう少し幅を持たしたいとのことで末広型での二重形成をオススメさせて頂きました。術後2週間で腫れは落ち着き、メイク映えのする末広型の二重となりました。傷跡も目立ちにくくなっており大変喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右差のない平行二重に 30代女性【症例No.29H0000410】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと左目のみ二重をお持ちでしたが、左右差をなくしてもう少し幅の広い二重にしたいとご相談に来られました。平行型の二重をご希望されました。まつ毛の根元をおおった余剰皮膚は二重の中にたたみ込まれることでスッキリして綺麗な瞳が大きく見え、平行型の二重になることで大人っぽいより綺麗な雰囲気になられたと思います。ダウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと左目のみ二重をお持ちでしたが、左右差をなくしてもう少し幅の広い二重にしたいとご相談に来られました。平行型の二重をご希望されました。まつ毛の根元をおおった余剰皮膚は二重の中にたたみ込まれることでスッキリして綺麗な瞳が大きく見え、平行型の二重になることで大人っぽいより綺麗な雰囲気になられたと思います。ダウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けました。

この症例の詳細について

【ROOF切除】上まぶたが厚く、広く作ると分厚い二重になる10代女性【症例No.29Y0000401】

担当医師及び施術者からのコメント
元々二重の方ですが今より広く作ってスッキリした目元になりたいとのご希望がありました。 まぶたの分厚い方は、広く作るとより分厚い部位で二重の食い込みを作ることになるため、 さらに分厚い二重になり不自然さがでてきます。 この患者様にも当てはまることから、切開式重瞼形成に平行してROOF切除を行うことをご提案させて頂きました。 通常の切開式重瞼形成術よりやや広範囲の手術となるため、普通の切開より広く腫れます。 1か月の時点では大きな腫れは治まっていますが、 浮腫は少し残りそれらは3ヶ月ほどで殆ど気にならないくらいになって行きます。 この患者様は二重幅の左右差が生じたため、3ヶ月の時点で右のみ修正(無料)させて頂きました。 術後の手術の結果は、フラッシュ無しの画像では術前と比較すると目尻側の厚みは明らかに改善しているのが分かり、 スッキリされたのではないかと思います。 「広く作りたい、でも厚ぼったい二重はイヤ」と言う方はROOF切除以外の方法はなく、 まぶたがぶ厚いと自覚されている方はROOF切除をオススメします。

この症例の詳細について

術前評価 単純に広く作るだけでは、まぶたが厚いため二重が不自然になることが予測され、広く作るなら、まぶたの厚みを減じる(ROOF切除)必要がある。
通常必要とされる治療内容 眼瞼下垂+ROOF切除
治療方法 術前に患者様と鏡で見ながら切開ラインを相談し、予定通りのラインで切開しました。二重は眼窩隔膜断端を反転し皮下直下の眼輪筋に縫合することで二重を作成しております。ROOFの切除範囲ですが内側は眼窩上神経、頭側及び外側は眉毛下縁及び眼窩縁に至る範囲のROOFを切除しました。
料金 473,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。厚みを減じる効果が乏しい場合があります。 ●稀に起こり得る事:血腫、感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます、腫れぼったさの左右差、眼下縁の骨突出の左右差)、予定外重瞼線、過剰除去による凹み ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、創縁損傷、眼球損傷・前額部の知覚障害・顔面神経麻痺 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正術はありますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々二重の方ですが今より広く作ってスッキリした目元になりたいとのご希望がありました。 まぶたの分厚い方は、広く作るとより分厚い部位で二重の食い込みを作ることになるため、 さらに分厚い二重になり不自然さがでてきます。 この患者様にも当てはまることから、切開式重瞼形成に平行してROOF切除を行うことをご提案させて頂きました。 通常の切開式重瞼形成術よりやや広範囲の手術となるため、普通の切開より広く腫れます。 1か月の時点では大きな腫れは治まっていますが、 浮腫は少し残りそれらは3ヶ月ほどで殆ど気にならないくらいになって行きます。 この患者様は二重幅の左右差が生じたため、3ヶ月の時点で右のみ修正(無料)させて頂きました。 術後の手術の結果は、フラッシュ無しの画像では術前と比較すると目尻側の厚みは明らかに改善しているのが分かり、 スッキリされたのではないかと思います。 「広く作りたい、でも厚ぼったい二重はイヤ」と言う方はROOF切除以外の方法はなく、 まぶたがぶ厚いと自覚されている方はROOF切除をオススメします。

この症例の詳細について

【ヒアルロン酸注入】クマ・ゴルゴ線解消 40代女性【症例No.29H0000400】

  • 【ヒアルロン酸注入】クマ・ゴルゴ線解消 40代女性【症例No.29H0000400】

  • 【ヒアルロン酸注入】クマ・ゴルゴ線解消 40代女性【症例No.29H0000400】

  • 【ヒアルロン酸注入】クマ・ゴルゴ線解消 40代女性【症例No.29H0000400】

担当医師及び施術者からのコメント
40代の女性ですが、目の下のクマが気になり、中顔面も痩せてたため改善したいとのことで相談に来られました。 目の下の窪みと、中顔面部分が痩せてきたことによる凹みを改善するために、ヒアルロン酸注入による改善をご提案させていただきました。目の下の窪みが浅くなり、中顔面もふっくら膨らませることで、明るい印象になり若々しくなられたのがよく分かります。クマがあると疲れた感じに見られたり、 中顔面部分が痩せて凹みができると、ゴルゴ線と呼ばれ老けた印象になってしまいます。目の下と中顔面は人知れず若返りを狙えるオススメの部位です。当院では、目の下と中顔面で異なるヒアルロン酸の製剤を使用しております。注入する部位によって適した硬さのヒアルロン酸を用いることで、より自然さを出すことが出来ます。ヒアルロン酸は、短時間で施術も終わり、 施術直後から効果を実感できます。腫れも軽度で、内出血はメイクで隠せる程度であり、オススメのアンチエイジング施術です。

この症例の詳細について

術前評価 目の下のクマがあり、中顔面が痩せてきた方
通常必要とされる治療内容 目の下と中顔面へのヒアルロン酸注入
治療方法 目の下と中顔面へのヒアルロン酸注入(目の下1.0㏄、中顔面約1.9㏄)
料金 137,500円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹(1週間ほどでほぼ改善) ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ 青く透けて見える(皮膚の薄い部位への注入時)、注入不足(効果が乏しい) ●希に起こる事 デコボコになる(浅い層への注入時)、過剰注入 ●極めて稀起こり得る事 アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚・神経・唾液漏など) 塞栓症(眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。 ●注意を要する方  ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。 
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
40代の女性ですが、目の下のクマが気になり、中顔面も痩せてたため改善したいとのことで相談に来られました。 目の下の窪みと、中顔面部分が痩せてきたことによる凹みを改善するために、ヒアルロン酸注入による改善をご提案させていただきました。目の下の窪みが浅くなり、中顔面もふっくら膨らませることで、明るい印象になり若々しくなられたのがよく分かります。クマがあると疲れた感じに見られたり、 中顔面部分が痩せて凹みができると、ゴルゴ線と呼ばれ老けた印象になってしまいます。目の下と中顔面は人知れず若返りを狙えるオススメの部位です。当院では、目の下と中顔面で異なるヒアルロン酸の製剤を使用しております。注入する部位によって適した硬さのヒアルロン酸を用いることで、より自然さを出すことが出来ます。ヒアルロン酸は、短時間で施術も終わり、 施術直後から効果を実感できます。腫れも軽度で、内出血はメイクで隠せる程度であり、オススメのアンチエイジング施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】微平行型のミックス二重 10代女性【症例No.29H0000397】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重はある方でしたが、二重幅を広くしてパッチリした目元にしたいとのことで相談に来られました。術直後も内出血はなく腫れも軽度で、術後2週間の検診では腫れが完全に落ち着いておりました。雰囲気も明るく、華やかで大人っぽい印象の目元になられたと思います。埋没法で作成しておりますので、しばらくするともう少しだけ二重幅が狭くなることで、より自然な理想の幅になるように作成しております。埋没法は、短時間で理想の二重を作ることができて、アイプチやテープによる手間を一気に解消できるオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重はある方でしたが、二重幅を広くしてパッチリした目元にしたいとのことで相談に来られました。術直後も内出血はなく腫れも軽度で、術後2週間の検診では腫れが完全に落ち着いておりました。雰囲気も明るく、華やかで大人っぽい印象の目元になられたと思います。埋没法で作成しておりますので、しばらくするともう少しだけ二重幅が狭くなることで、より自然な理想の幅になるように作成しております。埋没法は、短時間で理想の二重を作ることができて、アイプチやテープによる手間を一気に解消できるオススメの施術です。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case