症例case

すべての症例

実際に当院で治療を受けた方の症例をご紹介します。

症例一覧

【5分間シミ取り放題】ライムライトで残ったシミに 40代女性【症例No.29H0000603】

  • 【5分間シミ取り放題】ライムライトで残ったシミに 40代女性【症例No.29H0000603】

  • 【5分間シミ取り放題】ライムライトで残ったシミに 40代女性【症例No.29H0000603】

  • 【5分間シミ取り放題】ライムライトで残ったシミに 40代女性【症例No.29H0000603】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬を中心にパラパラとシミが増えてきており、ライムライト(光治療)で改善されておりましたが、改善しきれなかったシミに対して、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後1-2日で照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどでカサブタが自然に剥がれて淡いピンクの肌が出現します。その後、一定の確率で炎症後色素沈着が出現することがあります。この方は、3週間後の検診に来られた際に、大部分のシミはカサブタになって取れましたが、照射部位の赤みと炎症後色素沈着をみとめました。炎症後色素沈着の消退は時間がかかるため、ハイドロキノン(美白クリーム)を使用していただきました。炎症後色素沈着は徐々に薄くなり3ヶ月後に来られた際には、改善して薄くなっておりました。その後もゆっくり色素沈着は消えていきます。Qスイッチルビーレーザーは、一定の確率で炎症後色素沈着が出てしまうこともありますが、一度でシミを落としたい方にはオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレーザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
両頬を中心にパラパラとシミが増えてきており、ライムライト(光治療)で改善されておりましたが、改善しきれなかったシミに対して、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後1-2日で照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどでカサブタが自然に剥がれて淡いピンクの肌が出現します。その後、一定の確率で炎症後色素沈着が出現することがあります。この方は、3週間後の検診に来られた際に、大部分のシミはカサブタになって取れましたが、照射部位の赤みと炎症後色素沈着をみとめました。炎症後色素沈着の消退は時間がかかるため、ハイドロキノン(美白クリーム)を使用していただきました。炎症後色素沈着は徐々に薄くなり3ヶ月後に来られた際には、改善して薄くなっておりました。その後もゆっくり色素沈着は消えていきます。Qスイッチルビーレーザーは、一定の確率で炎症後色素沈着が出てしまうこともありますが、一度でシミを落としたい方にはオススメの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右差のある奥二重からの変化 40代女性【症例No.29H0000602】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと左右差の奥二重があり、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆われていたため、重たい目元に見えてしまう方でした。埋没法で幅を揃えて少し幅を広くしたいとご希望され相談に来られました。術後2週間の検診では、朝のムクミは残っておりましたが、腫れはほとんど落ち着いておりました。左右差がなくなり、睫毛の生え際も見えるようになってパッチリした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 施術担当 山中 佑次院長
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと左右差の奥二重があり、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆われていたため、重たい目元に見えてしまう方でした。埋没法で幅を揃えて少し幅を広くしたいとご希望され相談に来られました。術後2週間の検診では、朝のムクミは残っておりましたが、腫れはほとんど落ち着いておりました。左右差がなくなり、睫毛の生え際も見えるようになってパッチリした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】両頬の小さなシミ・そばかすの改善 30代女性【症例No.29H0000601】

  • 【5分間シミ取り放題】両頬の小さなシミ・そばかすの改善 30代女性【症例No.29H0000601】

  • 【5分間シミ取り放題】両頬の小さなシミ・そばかすの改善 30代女性【症例No.29H0000601】

  • 【5分間シミ取り放題】両頬の小さなシミ・そばかすの改善 30代女性【症例No.29H0000601】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬にパラパラとあるそばかす、小さなシミを改善したいと相談に来られました。一度でしっかりと落としたいとのご希望もあり、まずは両頬のそばかすに対してQスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。2-3週経過した頃にはカサブタが自然に剥がれ、照射部位が薄いピンクになりますが、この淡い赤みは徐々に消えていきます。両頬のパラパラとあったシミが目立たなくなり、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレーザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
両頬にパラパラとあるそばかす、小さなシミを改善したいと相談に来られました。一度でしっかりと落としたいとのご希望もあり、まずは両頬のそばかすに対してQスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。2-3週経過した頃にはカサブタが自然に剥がれ、照射部位が薄いピンクになりますが、この淡い赤みは徐々に消えていきます。両頬のパラパラとあったシミが目立たなくなり、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】雄雌目を揃えたい 10代女性【症例No.29H0000600】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと右眼は二重、左眼は一重の方で、両眼ともはっきりとした二重になりたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。両目とも二重になられて、さらに二重幅が広がったことで華やかな目元になられました。埋没法は、短時間で理想の二重を作ることができて、アイプチやテープによる手間も解消できます

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 施術担当 山中 佑次院長
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと右眼は二重、左眼は一重の方で、両眼ともはっきりとした二重になりたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。両目とも二重になられて、さらに二重幅が広がったことで華やかな目元になられました。埋没法は、短時間で理想の二重を作ることができて、アイプチやテープによる手間も解消できます

この症例の詳細について

【隆鼻術(鼻プロテーゼ)】ナチュラルに鼻を高くしたい 40代女性【症例No.29Y0000599】

  • 【隆鼻術(鼻プロテーゼ)】ナチュラルに鼻を高くしたい 40代女性【症例No.29Y0000599】

  • 【隆鼻術(鼻プロテーゼ)】ナチュラルに鼻を高くしたい 40代女性【症例No.29Y0000599】

  • 【隆鼻術(鼻プロテーゼ)】ナチュラルに鼻を高くしたい 40代女性【症例No.29Y0000599】

担当医師及び施術者からのコメント
もともとそれほど低い鼻ではありませんが、少しだけ高くしたいとのことで相談に来られました。 ヒアルロン酸での隆鼻術のお話も同時にさせて頂きましたが、持続的な効果を希望され、シリコンインプラントによる隆鼻術を施行させていただきました。 手術は、一人一人に合わせて形を整えてI型プロテーゼを作成します。切開部位は鼻の穴の中で、術後も人に気付かれることはありません。 術直後は、ずれないように3日程テーピングで固定を行いますが、この時期はマスクで何とかごまかしてもらいます。 術前術後の写真を比べると、鼻根部分の高さが自然な範囲で変化しており、大変満足して頂けたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 鼻根部を高くしたい方
通常必要とされる治療内容 鼻プロテーゼ挿入(鼻背~鼻根部)
治療方法 医療用シリコンのプロテーゼを使用し、患者さま一人一人に合わせて形を整え、鼻骨の骨膜下に挿入するカスタムメイドの施術です。 鼻に麻酔をして、右の鼻孔の内側を切開して、プロテーゼを挿入します。
料金 198,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事  軽度の疼痛(2-3日)、腫脹(1週間ほどで改善します)、内出血(2週ほどで改善します) テーピングで固定(3日目に外します) ●術後の変化 鼻腔内に瘢痕が残ります。 ●希に起こる事  血腫・感染など、2次的な変形(偏位・鼻孔の左右差など)、稀に鼻孔縁の変形が生じることがあります。低矯正・過矯正の可能性。浮き出しズレや動きの可能性。 ●極めて稀起こり得る事  感染による皮膚の壊死や凸凹
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともとそれほど低い鼻ではありませんが、少しだけ高くしたいとのことで相談に来られました。 ヒアルロン酸での隆鼻術のお話も同時にさせて頂きましたが、持続的な効果を希望され、シリコンインプラントによる隆鼻術を施行させていただきました。 手術は、一人一人に合わせて形を整えてI型プロテーゼを作成します。切開部位は鼻の穴の中で、術後も人に気付かれることはありません。 術直後は、ずれないように3日程テーピングで固定を行いますが、この時期はマスクで何とかごまかしてもらいます。 術前術後の写真を比べると、鼻根部分の高さが自然な範囲で変化しており、大変満足して頂けたと思います。

この症例の詳細について

【二重切開法】自然な二重をご希望 10代女性【症例No.29H00000565】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重であるため余った皮膚がまつ毛の生え際にかぶさり、やや重たい印象の目元で、二重にしたいとのことで相談に来られました。取れない二重が良いとのことで、切開法での二重形成を行いました。二重幅は自然な幅をご希望されており、末広型で二重を作成しております。 1週間後の抜糸の際は、6-7割ほど腫れが引いた状態ではありますが、まだしっかり腫れはのこっておりました。 控え目の二重幅で作成しているため、腫れ自体は比較的目立ちにくい方だったかと思います。 3か月後には完全に腫れは引いた状態で、閉眼時の切開ラインも自然で気付かないくらいに目立たないものになっておりました。 しっかりと食い込みのある二重で、睫毛の角度もやや上向きになり、自然かつ華やかでとても綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 二重切開
治療方法 皮膚切開を行い、眼窩隔膜を反転させ切開睫毛側の皮膚直下の眼輪筋に縫合し重瞼を作成しました。
料金 247,500円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重であるため余った皮膚がまつ毛の生え際にかぶさり、やや重たい印象の目元で、二重にしたいとのことで相談に来られました。取れない二重が良いとのことで、切開法での二重形成を行いました。二重幅は自然な幅をご希望されており、末広型で二重を作成しております。 1週間後の抜糸の際は、6-7割ほど腫れが引いた状態ではありますが、まだしっかり腫れはのこっておりました。 控え目の二重幅で作成しているため、腫れ自体は比較的目立ちにくい方だったかと思います。 3か月後には完全に腫れは引いた状態で、閉眼時の切開ラインも自然で気付かないくらいに目立たないものになっておりました。 しっかりと食い込みのある二重で、睫毛の角度もやや上向きになり、自然かつ華やかでとても綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】あまり目立たない小さなシミ 30代女性【症例No.29Y0000601】

  • 【5分間シミ取り放題】あまり目立たない小さなシミ 30代女性【症例No.29Y0000601】

  • 【5分間シミ取り放題】あまり目立たない小さなシミ 30代女性【症例No.29Y0000601】

  • 【5分間シミ取り放題】あまり目立たない小さなシミ 30代女性【症例No.29Y0000601】

担当医師及び施術者からのコメント
シミが気になるとのことで相談に来られましたが、細かく小さなシミでそれほど目立つものでは無く、ダウンタイムや炎症後色素沈着などのリスクを考え、ライムライトやレーザーフェイシャルなどの、お顔全体のシミをターゲットにマイルドに改善させて行く治療を進めました。しかし、一度で効果を実感できるQスイッチルビーレーザーでの治療をご本人が強く望まれ、施行させていただきました。施術前に鼻背・目の下・頬に細かいシミがありましたが、施術後はキレイに無くなりました。また、炎症後紅斑、炎症後色素沈着なども一切起こらずご本人様は大変喜んでおられました。この患者様はQスイッチルビーレーザーの施術後の副反応が全く起こらずに治癒ましたが、起こる可能性もあるため十分な検討の上施術に望むようにしましょう。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレーザー(アイプロテクター使用)
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
シミが気になるとのことで相談に来られましたが、細かく小さなシミでそれほど目立つものでは無く、ダウンタイムや炎症後色素沈着などのリスクを考え、ライムライトやレーザーフェイシャルなどの、お顔全体のシミをターゲットにマイルドに改善させて行く治療を進めました。しかし、一度で効果を実感できるQスイッチルビーレーザーでの治療をご本人が強く望まれ、施行させていただきました。施術前に鼻背・目の下・頬に細かいシミがありましたが、施術後はキレイに無くなりました。また、炎症後紅斑、炎症後色素沈着なども一切起こらずご本人様は大変喜んでおられました。この患者様はQスイッチルビーレーザーの施術後の副反応が全く起こらずに治癒ましたが、起こる可能性もあるため十分な検討の上施術に望むようにしましょう。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】アイプロテクター使用・目の周りのシミに 30代女性【症例No.29Y0000600】

  • 【5分間シミ取り放題】アイプロテクター使用・目の周りのシミに 30代女性【症例No.29Y0000600】

  • 【5分間シミ取り放題】アイプロテクター使用・目の周りのシミに 30代女性【症例No.29Y0000600】

  • 【5分間シミ取り放題】アイプロテクター使用・目の周りのシミに 30代女性【症例No.29Y0000600】

担当医師及び施術者からのコメント
長年ソバカスで悩まれている方でしたが、光治療を受け全体的にソバカスの改善を得られた方でした。しかし、光治療は目の周りを照射していないクリニックも多く、残っているシミの改善を求めて相談に来られました。来院時、不自然なくらい目の周りだけソバカスが残存しており、保護用コンタクトを使用しての光治療かQスイッチルビーレーザーをオススメさせていただきました。一度の施術で効果の実感が欲しいとのことで、炎症後色素沈着・炎症後紅斑のリスクを重々説明し了承の上でQスイッチを選択され施行しております。眉毛の中や睫毛の近傍への照射は出来ませんが、まぶた周辺のソバカスに照射し、劇的な改善が得られているのがお分かり頂けると思います。目の周りへのレーザー照射は、専用の目の保護用コンタクトを使用して照射しております。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレーザー(アイプロテクター使用)
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円+3,300円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
長年ソバカスで悩まれている方でしたが、光治療を受け全体的にソバカスの改善を得られた方でした。しかし、光治療は目の周りを照射していないクリニックも多く、残っているシミの改善を求めて相談に来られました。来院時、不自然なくらい目の周りだけソバカスが残存しており、保護用コンタクトを使用しての光治療かQスイッチルビーレーザーをオススメさせていただきました。一度の施術で効果の実感が欲しいとのことで、炎症後色素沈着・炎症後紅斑のリスクを重々説明し了承の上でQスイッチを選択され施行しております。眉毛の中や睫毛の近傍への照射は出来ませんが、まぶた周辺のソバカスに照射し、劇的な改善が得られているのがお分かり頂けると思います。目の周りへのレーザー照射は、専用の目の保護用コンタクトを使用して照射しております。

この症例の詳細について

【二重埋没法】もう少し二重幅を広くしたい 10代女性【症例No.29Y0000599】

担当医師及び施術者からのコメント
元々奥二重の方でもう少し二重を広く見せたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムが取れないとのことで手軽な埋没方での二重形成を希望され手術させていただきました。術後2週間で腫れが落ち着いたときの写真ですが、目頭の蒙古ヒダの関係で右が平行型、左は末広型に見えています。しかし埋没方は経過と共に少し狭くなるため将来的に右目は末広型になって行きます。全体的な目の印象は幅が広くなったことで、メイク映えのす華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々奥二重の方でもう少し二重を広く見せたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムが取れないとのことで手軽な埋没方での二重形成を希望され手術させていただきました。術後2週間で腫れが落ち着いたときの写真ですが、目頭の蒙古ヒダの関係で右が平行型、左は末広型に見えています。しかし埋没方は経過と共に少し狭くなるため将来的に右目は末広型になって行きます。全体的な目の印象は幅が広くなったことで、メイク映えのす華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重切開】取れない綺麗な平行型の二重にしたい 20代女性【症例No.29Y0000598】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、メイクで二重にしておられた方です。 一重の余剰皮膚が瞼を覆い吊り目の印象の目元の方でした。 取れることのない永久的な二重を希望され相談に来られたため、切開式での二重形成をオススメさせて頂きました。 術直後の腫れは写真の通りですが、ピークをむかえるのが翌日で、約1週間で直後くらいの腫れに落ち着きます。 この患者様は内出血が少し強めに出てしまいました。腫れは2週間ほどで7-8割ほど改善し日常生活はかなり楽になってきます。 術後1ヶ月で腫れはほとんど落ち着き、3ヶ月で朝の浮腫も感じなくなっていきます。 この患者様は右の内側の二重幅が少し狭く感じたため、3ヶ月後に修正術をさせていただきました。 修正術はそれほど侵襲が無いため腫れは比較的短期間で落ち着きます。 修正後2ヶ月の写真ではほとんど左右差の無い綺麗な目元になられました。 綺麗な取れない二重ができたと言う事で大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 一重の余剰皮膚が睫毛を覆い、吊り目の印象になっている方
通常必要とされる治療内容 二重切開
治療方法 術前にシミュレーションで決めた幅で切開し、眼窩隔膜を反転し二重の固定源としました。
料金 247,500円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、メイクで二重にしておられた方です。 一重の余剰皮膚が瞼を覆い吊り目の印象の目元の方でした。 取れることのない永久的な二重を希望され相談に来られたため、切開式での二重形成をオススメさせて頂きました。 術直後の腫れは写真の通りですが、ピークをむかえるのが翌日で、約1週間で直後くらいの腫れに落ち着きます。 この患者様は内出血が少し強めに出てしまいました。腫れは2週間ほどで7-8割ほど改善し日常生活はかなり楽になってきます。 術後1ヶ月で腫れはほとんど落ち着き、3ヶ月で朝の浮腫も感じなくなっていきます。 この患者様は右の内側の二重幅が少し狭く感じたため、3ヶ月後に修正術をさせていただきました。 修正術はそれほど侵襲が無いため腫れは比較的短期間で落ち着きます。 修正後2ヶ月の写真ではほとんど左右差の無い綺麗な目元になられました。 綺麗な取れない二重ができたと言う事で大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【鼻中隔延長・鼻孔縁挙上術(T字)】鼻柱が極端に短い団子鼻の鼻下1/3を整えたい 20代女性【症例No.29Y0000597】

  • 【鼻中隔延長・鼻孔縁挙上術(T字)】鼻柱が極端に短い団子鼻の鼻下1/3を整えたい 20代女性【症例No.29Y0000597】

  • 【鼻中隔延長・鼻孔縁挙上術(T字)】鼻柱が極端に短い団子鼻の鼻下1/3を整えたい 20代女性【症例No.29Y0000597】

  • 【鼻中隔延長・鼻孔縁挙上術(T字)】鼻柱が極端に短い団子鼻の鼻下1/3を整えたい 20代女性【症例No.29Y0000597】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと鼻柱後退、鼻翼下垂のお鼻の方だったようですが、他院で鼻翼縮小(おそらく外側法)を受け、鼻翼下垂が増強してしまったことに悩まれ相談に来られました。 診察したところ団子鼻で、極端に鼻柱が短く、鼻翼も顕著にある特徴的なお鼻の方でした。 すべての問題を同時に解決することは困難と判断し、団子鼻と鼻柱の改善を目的に、肋軟骨移植による鼻中隔延長をお勧めさせていただきました。 術後、鼻柱は延長し団子鼻の改善も得られ、鼻翼-鼻柱バランスもある程度の改善を得ることができました。 ただ、鼻翼下垂のためもう少し鼻翼が高い位置にあると美しい整った鼻翼-鼻柱バランスになるため、鼻孔縁挙上術T型をご提案させていただきました。 鼻中隔延長術だけでも十分ご満足いただき、その時は少し考えるとのことで一旦終了となっていました。 しかし鼻中隔延長術の3年後に、再度ご来院いただき鼻孔縁挙上術T型をご希望され、手術させていただきました。 術後7か月(途中傷跡に対するレーザー治療を一度行っております)で傷跡が落ち着いた後の状態です。 垂れ下がった鼻翼は著名に挙上し、鼻翼-鼻柱バランスは適切な関係となり、自然で整った印象のお鼻となりました。 延長前と比べると、お鼻の自己主張は著名に改善し、存在感の少ない整ったお鼻になられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 鼻翼縮小(おそらく外側法)を他院で行われたことで、鼻翼下垂が増強し、極端に鼻柱が短く見えてしまっている団子鼻の強い方。
通常必要とされる治療内容 鼻中隔延長術、鼻孔縁挙上術
治療方法 全身麻酔下、オープン法で自分の肋軟骨を用いた鼻中隔延長を行いました。鼻尖形成には耳介軟骨移植を使用しています。3年後に鼻孔縁挙上術T型を行いました。
料金 鼻中隔延長 935,000円※麻酔科管理料込(税込)+鼻孔縁挙上術(T字)440,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事 瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します) ●希に起こる事 感染・創離開・左右差の残存、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存、効果不良、皮膚壊死 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。その他予想外の合併症の可能性もあります。 ※治療効果には限界があり客観的・主観的効果や副作用の感じ方にも個人差があります。 *鼻中隔延長のリスクは鼻中隔延長のページを参考にしてください。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと鼻柱後退、鼻翼下垂のお鼻の方だったようですが、他院で鼻翼縮小(おそらく外側法)を受け、鼻翼下垂が増強してしまったことに悩まれ相談に来られました。 診察したところ団子鼻で、極端に鼻柱が短く、鼻翼も顕著にある特徴的なお鼻の方でした。 すべての問題を同時に解決することは困難と判断し、団子鼻と鼻柱の改善を目的に、肋軟骨移植による鼻中隔延長をお勧めさせていただきました。 術後、鼻柱は延長し団子鼻の改善も得られ、鼻翼-鼻柱バランスもある程度の改善を得ることができました。 ただ、鼻翼下垂のためもう少し鼻翼が高い位置にあると美しい整った鼻翼-鼻柱バランスになるため、鼻孔縁挙上術T型をご提案させていただきました。 鼻中隔延長術だけでも十分ご満足いただき、その時は少し考えるとのことで一旦終了となっていました。 しかし鼻中隔延長術の3年後に、再度ご来院いただき鼻孔縁挙上術T型をご希望され、手術させていただきました。 術後7か月(途中傷跡に対するレーザー治療を一度行っております)で傷跡が落ち着いた後の状態です。 垂れ下がった鼻翼は著名に挙上し、鼻翼-鼻柱バランスは適切な関係となり、自然で整った印象のお鼻となりました。 延長前と比べると、お鼻の自己主張は著名に改善し、存在感の少ない整ったお鼻になられたと思います。

この症例の詳細について

【鼻孔縁下降術】主張の強い鼻の穴の見え方を改善したい 20代女性 【症例No.29Y0000593】

  • 【鼻孔縁下降術】主張の強い鼻の穴の見え方を改善したい 20代女性 【症例No.29Y0000593】

  • 【鼻孔縁下降術】主張の強い鼻の穴の見え方を改善したい 20代女性 【症例No.29Y0000593】

  • 【鼻孔縁下降術】主張の強い鼻の穴の見え方を改善したい 20代女性 【症例No.29Y0000593】

担当医師及び施術者からのコメント
正面・斜位から見たときに、鼻孔縁が上がり(鼻孔縁の尖り)すぎて鼻の穴が大きく見えるとのことで相談に来られました。 確かに特徴的な小鼻で、詳しく診察すると鼻孔縁の上がりだけでなく、鼻翼基部の下垂が目原因であり、鼻孔縁下降術および鼻孔縁挙上術T型を提案させていただきました。この術式の同時手術は困難であり、本人様が最も気にされている鼻孔縁の尖りの改善が得られる、鼻孔縁下降術を先にすることに成りました。 耳介からの皮膚・軟骨複合組織を採取し、鼻腔内に移植し鼻孔縁が下がるように調整を行いました。 術後移植片は概ね生着し、鼻孔縁の尖り部分が効果的に下降しているのが見ていただけると思います。 ただ、この術式では鼻翼基部の下垂は改善しないため、今後は鼻孔縁挙上術T型を検討しています。 鼻の形は色んなパーツが立体的に組み合わさり、微妙なバランスの中で特徴が現われてきます。 一つの手術だけで改善を得に行くと、一方向が改善しても、別の角度でゆがみが出てきたりするため系統立った手術計画が必要です。

この症例の詳細について

術前評価 正面および斜めから見たときの鼻孔縁の上がりのため、鼻孔が大きく見えてしまっている状態
通常必要とされる治療内容 鼻孔縁下降術
治療方法 耳介より皮膚+軟骨の複合組織を採取し、鼻孔縁近くの鼻腔内に移植します。
料金 495,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事 瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します)、移植片の膨らみや萎縮 ●希に起こる事 感染・創離開・左右差、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存、移植組織の壊死、後戻りや効果不良、耳介や鼻孔縁の変形 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など)、薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
正面・斜位から見たときに、鼻孔縁が上がり(鼻孔縁の尖り)すぎて鼻の穴が大きく見えるとのことで相談に来られました。 確かに特徴的な小鼻で、詳しく診察すると鼻孔縁の上がりだけでなく、鼻翼基部の下垂が目原因であり、鼻孔縁下降術および鼻孔縁挙上術T型を提案させていただきました。この術式の同時手術は困難であり、本人様が最も気にされている鼻孔縁の尖りの改善が得られる、鼻孔縁下降術を先にすることに成りました。 耳介からの皮膚・軟骨複合組織を採取し、鼻腔内に移植し鼻孔縁が下がるように調整を行いました。 術後移植片は概ね生着し、鼻孔縁の尖り部分が効果的に下降しているのが見ていただけると思います。 ただ、この術式では鼻翼基部の下垂は改善しないため、今後は鼻孔縁挙上術T型を検討しています。 鼻の形は色んなパーツが立体的に組み合わさり、微妙なバランスの中で特徴が現われてきます。 一つの手術だけで改善を得に行くと、一方向が改善しても、別の角度でゆがみが出てきたりするため系統立った手術計画が必要です。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】頬全体に散らばるシミ 30代女性【症例No.29H0000595】

  • 【5分間シミ取り放題】頬全体に散らばるシミ 30代女性【症例No.29H0000595】

  • 【5分間シミ取り放題】頬全体に散らばるシミ 30代女性【症例No.29H0000595】

  • 【5分間シミ取り放題】頬全体に散らばるシミ 30代女性【症例No.29H0000595】

担当医師及び施術者からのコメント
目の周りや両頬にパラパラとはっきりしたそばかすを消したいと相談に来られました。光治療を複数回行うという選択肢もありますが、一度でしっかりと落としたいとのご希望もあり、まずは両頬のそばかすに対してQスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。術後3週で軽度の赤みを認めましたが、徐々に改善し、以前のシミがどこにあったのか分らないくらい綺麗になっており、大変喜んでいただけました。今回は頬のみでしたが、目の周りやまぶたも、アイプロテクターを装着することでQスイッチルビーレーザーを照射することが可能です。(5分モニターは適応外)

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレーザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の周りや両頬にパラパラとはっきりしたそばかすを消したいと相談に来られました。光治療を複数回行うという選択肢もありますが、一度でしっかりと落としたいとのご希望もあり、まずは両頬のそばかすに対してQスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。術後3週で軽度の赤みを認めましたが、徐々に改善し、以前のシミがどこにあったのか分らないくらい綺麗になっており、大変喜んでいただけました。今回は頬のみでしたが、目の周りやまぶたも、アイプロテクターを装着することでQスイッチルビーレーザーを照射することが可能です。(5分モニターは適応外)

この症例の詳細について

【二重埋没法】ナチュラルな末広型に 10代男性【症例No.29H0000594

担当医師及び施術者からのコメント
10代男性で、もともと一重でやや重たい印象の目元でした。二重にしたいとのことで相談に来られ、自然な末広型で二重を作成しております。 術後2週間で腫れは引いておりました。手術前は、余剰皮膚でまつ毛の生え際が覆われておりましたが、適度な二重を作成することにより二重に皮膚が収納されて、まつ毛の生え際もみえてパッチリとした明るい雰囲気の目元になられました。埋没法は、理想の二重が短時間で手に入り、ダウンタイムも短いのでオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
10代男性で、もともと一重でやや重たい印象の目元でした。二重にしたいとのことで相談に来られ、自然な末広型で二重を作成しております。 術後2週間で腫れは引いておりました。手術前は、余剰皮膚でまつ毛の生え際が覆われておりましたが、適度な二重を作成することにより二重に皮膚が収納されて、まつ毛の生え際もみえてパッチリとした明るい雰囲気の目元になられました。埋没法は、理想の二重が短時間で手に入り、ダウンタイムも短いのでオススメの施術です。

この症例の詳細について

【鼻孔縁挙上術 I字法】他院で鼻翼縮小を行ったがスッキリせず修正を希望された 30代女性【症例No.29Y0000592】

  • 【鼻孔縁挙上術 I字法】他院で鼻翼縮小を行ったがスッキリせず修正を希望された 30代女性【症例No.29Y0000592】

  • 【鼻孔縁挙上術 I字法】他院で鼻翼縮小を行ったがスッキリせず修正を希望された 30代女性【症例No.29Y0000592】

  • 【鼻孔縁挙上術 I字法】他院で鼻翼縮小を行ったがスッキリせず修正を希望された 30代女性【症例No.29Y0000592】

担当医師及び施術者からのコメント
この患者様は鼻翼縮小術(おそらく外側法)を施行されましたが、厚ぼったく重々しい小鼻の解消には至らず相談に来られました。 診察したところ鼻翼部分の面積が鼻尖より大きく、それが下方向に大きい、鼻翼下垂の状態でした。 鼻翼基部と鼻柱基部の位置関係はそれほど悪くないため鼻孔縁挙上術のI型での修正をご提案させていただきました。 比較的大きな切除量を用意したため傷口のゆがみが多少出現しレーザーでの傷跡修正を行っています。 術後、鼻翼と鼻柱のバランスは整い軽い印象の小鼻となり、以前の手術より遙かに効果を実感できたと喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 他院での鼻翼手術後も、鼻翼の垂れ下がりが改善せずバランスが悪い
通常必要とされる治療内容 鼻孔縁挙上術(I型)
治療方法 鼻柱・鼻翼バランスを整えるため、下垂した鼻孔縁をI字に切除し挙上させます。
料金 330,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事 瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します) ●希に起こる事 感染・創離開・左右差の残存、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存、効果不良、皮膚壊死 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
この患者様は鼻翼縮小術(おそらく外側法)を施行されましたが、厚ぼったく重々しい小鼻の解消には至らず相談に来られました。 診察したところ鼻翼部分の面積が鼻尖より大きく、それが下方向に大きい、鼻翼下垂の状態でした。 鼻翼基部と鼻柱基部の位置関係はそれほど悪くないため鼻孔縁挙上術のI型での修正をご提案させていただきました。 比較的大きな切除量を用意したため傷口のゆがみが多少出現しレーザーでの傷跡修正を行っています。 術後、鼻翼と鼻柱のバランスは整い軽い印象の小鼻となり、以前の手術より遙かに効果を実感できたと喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】シミがやたらと気になるようになってきた 40代女性【症例No.29Y000000591】

担当医師及び施術者からのコメント
最近シミがやたらと気になるようになってきたため相談に来られました。診察したところ、雀卵斑(ソバカス)、老人性色素斑、ADMが混在したシミでした。雀卵斑や老人性色素斑はQスイッチルビーレーザーを1回照射することである程度の効果を得ることが出来ますがADMは3-5回ほどの照射が必要です。両頬のややグレーがかったシミがADMで一度の施術では残存することを了承の上で照射を行いました。照射3週間後の写真では、両頬のADMは残っていますが、雀卵斑や老人性色素斑はまずまず落ちており、見た目は大きく改善したため大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
最近シミがやたらと気になるようになってきたため相談に来られました。診察したところ、雀卵斑(ソバカス)、老人性色素斑、ADMが混在したシミでした。雀卵斑や老人性色素斑はQスイッチルビーレーザーを1回照射することである程度の効果を得ることが出来ますがADMは3-5回ほどの照射が必要です。両頬のややグレーがかったシミがADMで一度の施術では残存することを了承の上で照射を行いました。照射3週間後の写真では、両頬のADMは残っていますが、雀卵斑や老人性色素斑はまずまず落ちており、見た目は大きく改善したため大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】薄いシミが気になる方 20代女性【症例No.29Y00000590】

担当医師及び施術者からのコメント
シミが気になるとのことで相談に来られた方です。まだ20代とお若くそれほどシミは目立っていませんでしたが、早いうちから対処したいと強く望まれQスイッチルビーレーザーでの治療をさせていただきました。かなり薄いシミですが出力を上げることでさらに薄くすることが出来ました。今後、遮光は当然ですがVitCやLシステインなどのサプリメント、また定期に光治療などを行うことで、今の良い状態を維持することが出来るため、日々の努力を含めたメンテナンスをすることをオススメします。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
シミが気になるとのことで相談に来られた方です。まだ20代とお若くそれほどシミは目立っていませんでしたが、早いうちから対処したいと強く望まれQスイッチルビーレーザーでの治療をさせていただきました。かなり薄いシミですが出力を上げることでさらに薄くすることが出来ました。今後、遮光は当然ですがVitCやLシステインなどのサプリメント、また定期に光治療などを行うことで、今の良い状態を維持することが出来るため、日々の努力を含めたメンテナンスをすることをオススメします。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右差をなくしたい方 30代女性【症例No.29Y00000589】

担当医師及び施術者からのコメント
右目が一重に見える奥二重、左目が控え目な末広型の方でした。左をもう少し広くして、かつ左右差を無くしたいとのご希望で相談に来られました。ダウンタイムの少ない手軽な方法をご希望され埋没方での二重形成をご提案させていただきました。術後2週間後の写真ですが、糸を埋め込んだあとの軽度の陥凹は残っていますが時間ともに無くなります。開瞼時には両側とも広めの末広型となり、左右差も無くなり整った印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
右目が一重に見える奥二重、左目が控え目な末広型の方でした。左をもう少し広くして、かつ左右差を無くしたいとのご希望で相談に来られました。ダウンタイムの少ない手軽な方法をご希望され埋没方での二重形成をご提案させていただきました。術後2週間後の写真ですが、糸を埋め込んだあとの軽度の陥凹は残っていますが時間ともに無くなります。開瞼時には両側とも広めの末広型となり、左右差も無くなり整った印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】重い瞼を持ち上げるために眉を挙上していた方 10代女性【症例No.29Y00000588】

担当医師及び施術者からのコメント
重たい瞼を持ち上げようと眉を挙上している一重の方でした。普段はメイクで二重を作っておられましたが埋没方で手軽に二重になることを希望し来院されました。希望の平行型で作成させていただきました。術直後は少し腫れていますが、眉の緊張は和らぎ開瞼が楽になっている様子が分ります。術後2週間で腫れは完全に治まり綺麗な平行型の二重となり大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
重たい瞼を持ち上げようと眉を挙上している一重の方でした。普段はメイクで二重を作っておられましたが埋没方で手軽に二重になることを希望し来院されました。希望の平行型で作成させていただきました。術直後は少し腫れていますが、眉の緊張は和らぎ開瞼が楽になっている様子が分ります。術後2週間で腫れは完全に治まり綺麗な平行型の二重となり大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【ROOF切除】分厚いまぶたを解消し末広型の二重になりたい方 20代女性【症例No.29Y00000587】

担当医師及び施術者からのコメント
元々一重の方で非常に厚ぼったい目元の方でした。 厚いまぶたをそのまま二重にすると、構造上まぶたが3重になる部位があるため、厚ぼったさを強調することにつながります。 つまり単純に二重切開をおこなっても、ハム目や重々しい二重になるため、二重切開と同時にまぶたの厚みを解消するROOF切除を同時に行うことをオススメさせていただきました。 通常の切開式重瞼形成術よりやや広範囲の手術となるため腫れもやや広い範囲になりますが、1か月ほどで大きな腫れは治まります。 手術の結果は、明らかにまぶたの厚ぼったさは解消され、特にまぶたの外側の厚みがすっきりしているのが分かっていただけると思います。 厚みを強調するフラッシュ無しの画像ではより顕著に差が出ています。 このように明らかな改善を得られたため患者様には大変よろこんでいただけたと思います。 厚みのある一重の方が二重にする場合、ROOF切除を選択肢に入れた手術プランを検討されると良いでしょう。

この症例の詳細について

術前評価 厚いまぶたのため普通の切開では厚ぼったさが解消できない方。
通常必要とされる治療内容 二重切開+ROOF切除
治療方法 術前に相談して決めた二重ラインで切開をしました。挙筋腱膜を少し前転して瞼板に固定し、腱膜断端を皮下直下の眼輪筋に縫合することで二重を作成しております。ROOFに関しては眼窩隔膜上および眼輪筋下を剥離し、内側は眼窩上神経、頭側及び外側の眼窩縁から眉毛下縁に至る広い範囲のROOFを切除しました。
料金 423,500円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:血腫、感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます、腫れぼったさの左右差、眼下縁の骨突出の左右差)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、創縁損傷、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正術はありますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々一重の方で非常に厚ぼったい目元の方でした。 厚いまぶたをそのまま二重にすると、構造上まぶたが3重になる部位があるため、厚ぼったさを強調することにつながります。 つまり単純に二重切開をおこなっても、ハム目や重々しい二重になるため、二重切開と同時にまぶたの厚みを解消するROOF切除を同時に行うことをオススメさせていただきました。 通常の切開式重瞼形成術よりやや広範囲の手術となるため腫れもやや広い範囲になりますが、1か月ほどで大きな腫れは治まります。 手術の結果は、明らかにまぶたの厚ぼったさは解消され、特にまぶたの外側の厚みがすっきりしているのが分かっていただけると思います。 厚みを強調するフラッシュ無しの画像ではより顕著に差が出ています。 このように明らかな改善を得られたため患者様には大変よろこんでいただけたと思います。 厚みのある一重の方が二重にする場合、ROOF切除を選択肢に入れた手術プランを検討されると良いでしょう。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。
  • ご予約は”ご来院時間~30分前後”を目安にお呼びさせていただく目安の時間となっております。
    前の方のご状況により前後する可能性がございますことを大変恐縮ながらどうぞ予めご了承くださいませ。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case