症例 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科 - Part 5

症例case

すべての症例

実際に当院で治療を受けた方の症例をご紹介します。

症例一覧

【他院修正】二重の修正と目頭切開でバランスを整える 20代女性【症例No.29Y0000186】

担当医師及び施術者からのコメント
他院にて瞳を大きくする眼瞼下垂の手術をお受けになられたのですが、思っているほどパッチリせず、左右差もあることに悩まれ修正の相談に来られました。来院時、まぶたの内側の上りが悪く、かつ目頭の余剰皮膚(蒙古ヒダ)の影響もあり外側ピークの意地悪な印象の目元でした。当院では眼瞼下垂の修正術および目頭切開を行いました。術後は内側にかぶった蒙古ヒダは解消され、睫毛の生え際が露出し、従来お持ちの綺麗な瞳がしっかりと現れ、左右差され大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

術前評価 他院の眼瞼下垂の術後の左右差を改善させたい、目頭のかぶりを修正したい方
通常必要とされる治療内容 眼瞼下垂修正 + 目頭切開(W形成)
治療方法 眼瞼下垂症の修正術を行い、同時に目頭の皮膚のかぶりを修正し内側の睫毛の生え際を露出させました。
料金 536,800円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 瞼縁のしびれ、傷の赤み(3か月~数か月で改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。  見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(瘢痕化が激しく挙筋機能が乏しい時は別の術式を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
他院にて瞳を大きくする眼瞼下垂の手術をお受けになられたのですが、思っているほどパッチリせず、左右差もあることに悩まれ修正の相談に来られました。来院時、まぶたの内側の上りが悪く、かつ目頭の余剰皮膚(蒙古ヒダ)の影響もあり外側ピークの意地悪な印象の目元でした。当院では眼瞼下垂の修正術および目頭切開を行いました。術後は内側にかぶった蒙古ヒダは解消され、睫毛の生え際が露出し、従来お持ちの綺麗な瞳がしっかりと現れ、左右差され大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【目の上のくぼみ】ヒアルロン酸で手軽に 40代女性【症例No.29Y0000185】

担当医師及び施術者からのコメント
40代の女性で、最近目の上のくぼみが進行し、気になるため来院されました。 目の上のくぼみが原因で皮膚が引き込まれ、二重の幅が広くなっておられます。 目の上は皮膚が非常に薄く、非常に繊細に注意深く注入する必要があります。 効果は直後から実感していただくことができ、1-2カ所の針穴も直後からメイクで隠して頂けるためオススメです。

この症例の詳細について

術前評価 目の上のくぼみが強い方
通常必要とされる治療内容 目の上のくぼみへのヒアルロン酸注射
治療方法 ヒアルロン酸注射・・・両側 合計0.4cc
料金 ヒアルロン酸注入1本買い取り制46,200円+注入料11,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹(1週間ほどでほぼ改善) ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ 青く透けて見える(皮膚の薄い部位への注入時)、注入不足(効果が乏しい) ●希に起こる事 デコボコになる(浅い層への注入時)、過剰注入 ●極めて稀起こり得る事 アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚・神経・唾液漏など) 塞栓症(眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。 ●注意を要する方  ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。   
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
40代の女性で、最近目の上のくぼみが進行し、気になるため来院されました。 目の上のくぼみが原因で皮膚が引き込まれ、二重の幅が広くなっておられます。 目の上は皮膚が非常に薄く、非常に繊細に注意深く注入する必要があります。 効果は直後から実感していただくことができ、1-2カ所の針穴も直後からメイクで隠して頂けるためオススメです。

この症例の詳細について

【鼻尖縮小+耳介軟骨移植】クローズ法でだんご鼻改善 20代女性【症例No.29Y0000184】

  • 【鼻尖縮小+耳介軟骨移植】クローズ法でだんご鼻改善 20代女性【症例No.29Y0000184】

  • 【鼻尖縮小+耳介軟骨移植】クローズ法でだんご鼻改善 20代女性【症例No.29Y0000184】

  • 【鼻尖縮小+耳介軟骨移植】クローズ法でだんご鼻改善 20代女性【症例No.29Y0000184】

担当医師及び施術者からのコメント
この患者様は、鼻先の丸い団子鼻を気にされて相談に来られました。 鼻翼軟骨はある程度しっかりしておりますが、皮膚がやや厚く丸みを強調してしまっている存在感のあるお鼻でした。 鼻柱の傷が気になるとのことでclosed法で手術を施行しております。 鼻翼軟骨切除+軟骨間縫合+脂肪除去+耳介軟骨移植を組み合わせ、鼻尖の細さを作成しました。 Closed法では鼻尖頭側・外側鼻軟骨上の厚みを減じることは困難ですが、正面視および見下ろしで鼻尖の見た目は細くなり、あおりおよび側面視の写真でも鼻先がツンとした形態となり、自然な印象になられたと思います。 鼻および耳介の傷跡も殆ど気にならないくらいに仕上がるためオススメの方法です。

この症例の詳細について

術前評価 団子鼻を治したい方
通常必要とされる治療内容 鼻尖縮小(closed)+耳介軟骨移植
治療方法 局所麻酔下に両側鼻腔内を切開し鼻尖縮小術を行います。さらに鼻尖形態を整える目的に自身の耳介軟骨を採取し移植しました。
料金 550,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事  軽度の疼痛(2-3日)、腫脹(1週間ほどで改善します)、内出血(2週ほどで改善します) ギプスを装着(1週目はずっと、2週目は夜間のみ) ●術後の変化 鼻腔内に瘢痕が残ります。鼻尖部分が硬い(経時的に改善します) ●希に起こる事、血腫・感染など、2次的な変形(斜鼻・鼻柱や鼻梁の偏位・鼻孔の左右差など)、鼻孔縁の変形、低矯正・過矯正の可能性。polly beak変形や移植軟骨触知・浮き出しの可能性、 ●極めて稀起こり得る事  ピンチノーズ・皮膚の壊死や凸凹
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
この患者様は、鼻先の丸い団子鼻を気にされて相談に来られました。 鼻翼軟骨はある程度しっかりしておりますが、皮膚がやや厚く丸みを強調してしまっている存在感のあるお鼻でした。 鼻柱の傷が気になるとのことでclosed法で手術を施行しております。 鼻翼軟骨切除+軟骨間縫合+脂肪除去+耳介軟骨移植を組み合わせ、鼻尖の細さを作成しました。 Closed法では鼻尖頭側・外側鼻軟骨上の厚みを減じることは困難ですが、正面視および見下ろしで鼻尖の見た目は細くなり、あおりおよび側面視の写真でも鼻先がツンとした形態となり、自然な印象になられたと思います。 鼻および耳介の傷跡も殆ど気にならないくらいに仕上がるためオススメの方法です。

この症例の詳細について

【鼻孔縁挙上術】垂れ下がった鼻の穴の改善 20代女性【症例No.29Y0000182】

担当医師及び施術者からのコメント
この患者様は、他院にて鼻翼縮小を受けた結果、 鼻翼は縮小しましたが鼻翼下垂が生じ、修正目的に来院されました。 鼻翼縮小の外側および内側法はデザインを工夫しないと鼻翼下垂が起こり、 鼻翼鼻中バランスが崩れ、鼻翼が乗っかっているような不自然な形態になってしまいます。 これを修正するのが鼻孔縁挙上のT字切開法になります。 手術は局所麻酔下に行い約60分で終了します。 術後正面視および側面視で鼻翼鼻中バランスは改善し、 鼻翼が乗りかかった様な不自然な形態は改善され喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 他院にて鼻翼縮小を行ったあとに鼻翼下垂が起こってしまった人の修正術
通常必要とされる治療内容 鼻孔縁挙上術
治療方法 鼻中鼻翼バランスを整えるため、下垂した鼻孔縁をT字に切除し挙上させます。
料金 275,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事 瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します) ●希に起こる事 感染・創離開・左右差の残存、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存、効果不良 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
この患者様は、他院にて鼻翼縮小を受けた結果、 鼻翼は縮小しましたが鼻翼下垂が生じ、修正目的に来院されました。 鼻翼縮小の外側および内側法はデザインを工夫しないと鼻翼下垂が起こり、 鼻翼鼻中バランスが崩れ、鼻翼が乗っかっているような不自然な形態になってしまいます。 これを修正するのが鼻孔縁挙上のT字切開法になります。 手術は局所麻酔下に行い約60分で終了します。 術後正面視および側面視で鼻翼鼻中バランスは改善し、 鼻翼が乗りかかった様な不自然な形態は改善され喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】余剰皮膚を持ち上げてスッキリと 10代女性【症例No.29Y0000181】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重をお持ちなのですが、ほぼ一重に見えてしまっている方でした。手軽な施術で二重幅を広げたいとの希望があり、埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。術後2週間の写真ですが、軽度のムクミは残っていますが、睫毛の生え際を覆っていた余剰皮膚は二重になることでスッキリと持ち上がり、キレイな瞳がしっかりと見えるようになりました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重をお持ちなのですが、ほぼ一重に見えてしまっている方でした。手軽な施術で二重幅を広げたいとの希望があり、埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。術後2週間の写真ですが、軽度のムクミは残っていますが、睫毛の生え際を覆っていた余剰皮膚は二重になることでスッキリと持ち上がり、キレイな瞳がしっかりと見えるようになりました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】華やかな目元へ 10代女性【症例No.29Y0000180】

担当医師及び施術者からのコメント
奥二重があるもののほとんど一重に見える方です。蒙古襞も強く張り出しており吊り目に見え、また睫毛も余剰皮膚で隠れておりせっかくの綺麗な睫毛が台無しになっていました。 手軽な埋没法での二重形成を希望され施行させて頂きました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き綺麗な末広型の二重となり、睫毛もキレイに根元から見えるようになったことで、メイクなしでも華やかな印象の目元になれられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
奥二重があるもののほとんど一重に見える方です。蒙古襞も強く張り出しており吊り目に見え、また睫毛も余剰皮膚で隠れておりせっかくの綺麗な睫毛が台無しになっていました。 手軽な埋没法での二重形成を希望され施行させて頂きました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き綺麗な末広型の二重となり、睫毛もキレイに根元から見えるようになったことで、メイクなしでも華やかな印象の目元になれられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】目を大きくイキイキと 10代女性【症例No.29Y0000179】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で余剰皮膚がまつ毛の根元をおおい、せっかくの瞳が隠れ、細目に見える方でした。手軽な埋没法で二重を作りたいとのことでご相談に来られました。それほど広い二重を望まず末広型で作成しました。術後、まつ毛の根元をおおった余剰皮膚は二重の中にたたみ込まれ、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。同時に、綺麗な瞳が目頭側からもしっかりと見えるようになり、大人っぽいイキイキとした雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で余剰皮膚がまつ毛の根元をおおい、せっかくの瞳が隠れ、細目に見える方でした。手軽な埋没法で二重を作りたいとのことでご相談に来られました。それほど広い二重を望まず末広型で作成しました。術後、まつ毛の根元をおおった余剰皮膚は二重の中にたたみ込まれ、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。同時に、綺麗な瞳が目頭側からもしっかりと見えるようになり、大人っぽいイキイキとした雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】食い込みの浅さを改善 10代女性【症例No.29Y0000178】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重ですが、右目の食い込みが浅くいことによる左右差を気にされ相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望されました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き、お悩みの二重の食い込みも左右共にしっかり入っています。少し広めに作った二重ですが、大きな瞳にマッチしており、大変お似合いだと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重ですが、右目の食い込みが浅くいことによる左右差を気にされ相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望されました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き、お悩みの二重の食い込みも左右共にしっかり入っています。少し広めに作った二重ですが、大きな瞳にマッチしており、大変お似合いだと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】加齢による瞼のたるみを改善 40代女性【症例No.29Y0000177】

担当医師及び施術者からのコメント
もともとは奥二重の方ですが、年とともにタルミが現れ、ほとんど一重に見えている状態を気にされ相談に来られました。ダウンタイムがとれないとのことで、二重切開や眉下切開などを望まれず、手軽な埋没法で控え目の幅で作成を希望されました。控え目の幅での埋没法は直後から腫れは殆ど気にならないレベルであり、2週間後の写真ではごく自然な目元になられていると思います。この幅の場合、埋没法でも取れにくい傾向があるため、おすすめの方法です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともとは奥二重の方ですが、年とともにタルミが現れ、ほとんど一重に見えている状態を気にされ相談に来られました。ダウンタイムがとれないとのことで、二重切開や眉下切開などを望まれず、手軽な埋没法で控え目の幅で作成を希望されました。控え目の幅での埋没法は直後から腫れは殆ど気にならないレベルであり、2週間後の写真ではごく自然な目元になられていると思います。この幅の場合、埋没法でも取れにくい傾向があるため、おすすめの方法です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】奥二重を印象深い平行型へ 10代女性【症例No.29Y0000176】

担当医師及び施術者からのコメント
左右ともに奥二重の方で、ほとんど一重に見える目元の方でした。はっきりとした平行型の二重になりたいとのことでしたが、時間的な余裕がないため腫れにくい埋没法での二重形成をオススメさせて頂きました。術後2週間で腫れは落ち着き、パッチリとした目力のある平行型の二重になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
左右ともに奥二重の方で、ほとんど一重に見える目元の方でした。はっきりとした平行型の二重になりたいとのことでしたが、時間的な余裕がないため腫れにくい埋没法での二重形成をオススメさせて頂きました。術後2週間で腫れは落ち着き、パッチリとした目力のある平行型の二重になられたと思います。

この症例の詳細について

【鼻骨骨切り】鼻筋を細く 20代女性【症例No.29Y0000175】

担当医師及び施術者からのコメント
鼻筋の太さを気にされご相談に来られました。 鼻尖部も比較的丸く一般的に言う団子鼻でしたが、それ以上に鼻尖部から鼻根部にかけての鼻梁の太さが目を引く、 いわゆる「目立つ鼻」の方でした。 とにかく鼻梁の太さが気になるとのことで、鼻骨骨切りをご提案させていただきました。 手術は全身麻酔下で行う手術で、鼻腔内および経皮的アプローチにより骨切りを行いました。 腫れは1-2週ほどでほぼ落ち着き通常の日常生活に戻ることが出来ます。 術後、鼻梁の太さは解消され、スッキリとした鼻筋になられました。 傷跡も殆ど分らなくなるため、鼻梁の太さが気になる方にはオススメの手術といえます。 この患者様も、骨切りの効果に非常に満足いただき、 今後は鼻先を細くする手術(鼻尖縮小か鼻中隔延長)を検討されておられました。

この症例の詳細について

術前評価 鼻筋が太く目立つ方
通常必要とされる治療内容 鼻骨骨切り術
治療方法 全身麻酔下で、鼻腔内アプローチおよび経皮的アプローチにより鼻骨骨切りを行い、鼻筋を細くします。術後ギプス固定を行い、形を整えます。
料金 660,000円※麻酔科管理料込(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事  軽度の疼痛(2-3日)、腫脹(骨切りによる鼻根部の腫れ)、内出血(出現した場合2週ほどで改善します)、ギプスを装着(1週目はずっと、2週目は夜間のみ) ●希に起こる事 血腫、瘢痕の残存、嗅覚鈍麻(腫脹の軽減とともに改善) ●術後の変化 鼻背側面の傷(極わずか)、骨切り部分の段差の触知(見た目には分かりません)、鼻根部分(前頭骨部分)の太さは改善できません。 ●極めて稀起こり得る事  感染、斜鼻、重篤なアレルギー(重症薬疹やアナフィラキシーショック)など
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
鼻筋の太さを気にされご相談に来られました。 鼻尖部も比較的丸く一般的に言う団子鼻でしたが、それ以上に鼻尖部から鼻根部にかけての鼻梁の太さが目を引く、 いわゆる「目立つ鼻」の方でした。 とにかく鼻梁の太さが気になるとのことで、鼻骨骨切りをご提案させていただきました。 手術は全身麻酔下で行う手術で、鼻腔内および経皮的アプローチにより骨切りを行いました。 腫れは1-2週ほどでほぼ落ち着き通常の日常生活に戻ることが出来ます。 術後、鼻梁の太さは解消され、スッキリとした鼻筋になられました。 傷跡も殆ど分らなくなるため、鼻梁の太さが気になる方にはオススメの手術といえます。 この患者様も、骨切りの効果に非常に満足いただき、 今後は鼻先を細くする手術(鼻尖縮小か鼻中隔延長)を検討されておられました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】厚ぼったい瞼を二重に 10代女性【症例No.29Y0000174】

担当医師及び施術者からのコメント
元々一重でやや厚ぼったいまぶたの方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され相談に来られました。末広型で控え目な幅を希望され手術しています。控え目な末広型の二重は術後すぐでもそれほど腫れは気にならず、ダウンタイムを強く感じない経過となります。術後2週間目の写真ですが、まつ毛の生え際を覆っていた余剰皮膚は二重の折りたたみの中に収納され、従来の綺麗な瞳がしっかりと見えるようになり、大人っぽい雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々一重でやや厚ぼったいまぶたの方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され相談に来られました。末広型で控え目な幅を希望され手術しています。控え目な末広型の二重は術後すぐでもそれほど腫れは気にならず、ダウンタイムを強く感じない経過となります。術後2週間目の写真ですが、まつ毛の生え際を覆っていた余剰皮膚は二重の折りたたみの中に収納され、従来の綺麗な瞳がしっかりと見えるようになり、大人っぽい雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】加齢による二重幅の狭まりを改善 40代女性【症例No.29Y0000173】

担当医師及び施術者からのコメント
もとは奥二重ですが、年齢とともに二重がほとんど見えなくなってきたため相談に来られました。ダウンタイムが嫌とのことでしたので埋没法での二重形成をお勧めさせていただきました。術後2週間で、腫れはほぼ落ち着いていますが軽度の浮腫みが少し残っています。将来的に少し狭くなることを想定して少し広めに作っているため、厚ぼったさは否めませんが、狭くなるとともに改善していく予定です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もとは奥二重ですが、年齢とともに二重がほとんど見えなくなってきたため相談に来られました。ダウンタイムが嫌とのことでしたので埋没法での二重形成をお勧めさせていただきました。術後2週間で、腫れはほぼ落ち着いていますが軽度の浮腫みが少し残っています。将来的に少し狭くなることを想定して少し広めに作っているため、厚ぼったさは否めませんが、狭くなるとともに改善していく予定です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】横長の目を丸く 30代女性【症例No.29Y0000172】

担当医師及び施術者からのコメント
元々一重でメイクで二重を作っておられる方でした。何となくラインがぼんやり癖付いていますが、もう少しはっきりしたところで作成したいとの希望でした。腫れを気にされており埋没法での二重形成を選択されました。術後2週間で腫れはほとんど落ち着いています。幅は概ねそろっていますが、目頭側の形状が平行型と末広型になっています。これは、平行型と末広型の境界あたりの幅で作成すると、蒙古襞の左右差の関係で起こってしまいます。幅を揃えると、目頭の形状に左右差が出るということです。逆に目頭の形状を揃えると幅の左右差に繋がります。外見上、左右差が無いように見えるのは幅がそろっている方であるため、目頭の左右差を容認していただくことになりました。ただ、埋没法での作成ですので将来は少し狭くなり、両方末広型になっていくため、少しお待ちいただけたらと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々一重でメイクで二重を作っておられる方でした。何となくラインがぼんやり癖付いていますが、もう少しはっきりしたところで作成したいとの希望でした。腫れを気にされており埋没法での二重形成を選択されました。術後2週間で腫れはほとんど落ち着いています。幅は概ねそろっていますが、目頭側の形状が平行型と末広型になっています。これは、平行型と末広型の境界あたりの幅で作成すると、蒙古襞の左右差の関係で起こってしまいます。幅を揃えると、目頭の形状に左右差が出るということです。逆に目頭の形状を揃えると幅の左右差に繋がります。外見上、左右差が無いように見えるのは幅がそろっている方であるため、目頭の左右差を容認していただくことになりました。ただ、埋没法での作成ですので将来は少し狭くなり、両方末広型になっていくため、少しお待ちいただけたらと思います。

この症例の詳細について

【ハムラ法】経皮的ハムラでタルミ改善 60代女性【症例No.29Y0000171】

担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共に目の下のクマが気になるとのことで相談に来られました。 この患者様の問題として、眼窩脂肪の突出および中顔面の痩せ、 目の下の強い食い込み(眼窩頬部靭帯の食い込み)などがあげられます。 どれも程度がしっかりとあるため手術的なアプローチ(ハムラ法)が最善の方法となります。 下睫毛の生え際~目尻にかけて切開を行い、内部にある問題を直接処理して適度に改善させます。 術後3ヶ月の写真ですが、目の下の問題は大きく改善し、 年齢を感じさせる原因ではなくなったと思います。 傷跡もほとんど分らないくらいになりますので、程度が強い方にはオススメの治療法です。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の膨らみ、タルミを改善されたい方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。この症例の場合眼窩脂肪の切除を少し行い、余剰となった皮膚も切除し閉創しました。
料金 385,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。  青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり) 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共に目の下のクマが気になるとのことで相談に来られました。 この患者様の問題として、眼窩脂肪の突出および中顔面の痩せ、 目の下の強い食い込み(眼窩頬部靭帯の食い込み)などがあげられます。 どれも程度がしっかりとあるため手術的なアプローチ(ハムラ法)が最善の方法となります。 下睫毛の生え際~目尻にかけて切開を行い、内部にある問題を直接処理して適度に改善させます。 術後3ヶ月の写真ですが、目の下の問題は大きく改善し、 年齢を感じさせる原因ではなくなったと思います。 傷跡もほとんど分らないくらいになりますので、程度が強い方にはオススメの治療法です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】凛々しい目元に 10代男性【症例No.29Y0000170】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で眠そうに見えるとのことで相談に来られました。開瞼自体はあるのですが、まぶたがまつ毛の根元を覆い、目が小さく見える方でした。手軽な埋没法での手術を希望し施行しております。術後2週間で腫れはほぼ解消し、もともとの力強い瞳が現れ、男性らしい凜々しい雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で眠そうに見えるとのことで相談に来られました。開瞼自体はあるのですが、まぶたがまつ毛の根元を覆い、目が小さく見える方でした。手軽な埋没法での手術を希望し施行しております。術後2週間で腫れはほぼ解消し、もともとの力強い瞳が現れ、男性らしい凜々しい雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

【シミ取りレーザー】左頬の大きなシミに 60代女性【症例No.29Y0000169】

担当医師及び施術者からのコメント
左頬の大きなシミを気にされ相談に来られました。盛り上がりの無い表在性の色素斑で、いわゆる老人性色素斑という状態のシミでした。左目尻に限局しており、Qスイッチルビーレーザーでの治療をオススメさせていただきました。施術後、翌日から真っ黒なカサブタができて、1-2週間で剥がれます。その後薄いピンクの肌が出現しますが、徐々に薄くなり、施術後3ヶ月で、以前のシミがどこにあったのか分らないくらい綺麗になり、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。
料金 3㎜の照射3300円~(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
左頬の大きなシミを気にされ相談に来られました。盛り上がりの無い表在性の色素斑で、いわゆる老人性色素斑という状態のシミでした。左目尻に限局しており、Qスイッチルビーレーザーでの治療をオススメさせていただきました。施術後、翌日から真っ黒なカサブタができて、1-2週間で剥がれます。その後薄いピンクの肌が出現しますが、徐々に薄くなり、施術後3ヶ月で、以前のシミがどこにあったのか分らないくらい綺麗になり、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【シミ取りレーザー】盛り上がりのあるシミ 60代女性【症例No.29Y0000168】

担当医師及び施術者からのコメント
右頬の盛り上がったシミが気になるとのことで相談に来られました。老人性疣贅という盛り上がりのあるシミで、Qスイッチルビーレーザーやライムライトなどでの治療は無効で、炭酸ガスレーザーでの治療となります。治療は局所麻酔を行ったのち、表面を炭酸ガスレーザーで削り取ります。施術直後から盛り上がりが無くなり、擦り傷に置き換わります。あとは軟膏とテープで保護しながら治癒を待ちます。1-2週間で上皮化し、術後3ヶ月で赤みも殆ど分らない状態のなり、大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 炭酸ガスレーザー
治療方法 仰向けに寝てもらい局所麻酔で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。
料金 1か所7700円~(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
右頬の盛り上がったシミが気になるとのことで相談に来られました。老人性疣贅という盛り上がりのあるシミで、Qスイッチルビーレーザーやライムライトなどでの治療は無効で、炭酸ガスレーザーでの治療となります。治療は局所麻酔を行ったのち、表面を炭酸ガスレーザーで削り取ります。施術直後から盛り上がりが無くなり、擦り傷に置き換わります。あとは軟膏とテープで保護しながら治癒を待ちます。1-2週間で上皮化し、術後3ヶ月で赤みも殆ど分らない状態のなり、大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】顔全体のしみ 50代女性【症例No.29Y0000167】

担当医師及び施術者からのコメント
お顔のシミが年々濃くなり、化粧で隠すのが大変になってきたため相談に来られました。スポットとしてある程度はっきりしたシミで、比較的浅いタイプであったためQスイッチルビーレーザーでの治療をすすめさせていただきました。術後3週で軽度の紅斑を認めましたがそちらも徐々に改善し、術後3ヶ月で素肌でも殆ど分らないくらいシミは無くなり、大変喜んでいただけました。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
お顔のシミが年々濃くなり、化粧で隠すのが大変になってきたため相談に来られました。スポットとしてある程度はっきりしたシミで、比較的浅いタイプであったためQスイッチルビーレーザーでの治療をすすめさせていただきました。術後3週で軽度の紅斑を認めましたがそちらも徐々に改善し、術後3ヶ月で素肌でも殆ど分らないくらいシミは無くなり、大変喜んでいただけました。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】自然な末広型で目を大きく 10代女性【症例No.29Y0000166】

担当医師及び施術者からのコメント
元々一重で毎日メイクで二重を作っている方でした。毎日の作業に時間がかかり、安定した二重が出来なとのことで、埋没法での治療を希望され相談に来られました。控え目な二重形成は、直後でもそれほど腫れは目立たず、ダウンタイムは非常に少なくてすみます。2週後には腫れもムクミもほとんど無くなり、まぶたを覆った重たい皮膚は解消され、自然で綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々一重で毎日メイクで二重を作っている方でした。毎日の作業に時間がかかり、安定した二重が出来なとのことで、埋没法での治療を希望され相談に来られました。控え目な二重形成は、直後でもそれほど腫れは目立たず、ダウンタイムは非常に少なくてすみます。2週後には腫れもムクミもほとんど無くなり、まぶたを覆った重たい皮膚は解消され、自然で綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case