耳の形成|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

耳の形成

はじめに

耳というと「耳鼻科の治療分野じゃない?」って考える人が大半でしょう。しかし、耳には内耳、中耳、外耳と3つの種類があります。

形成外科分野で取り扱う「耳」とは「外耳」つまり、「目で見える範囲の耳」という事になります。保険診療で行われる、外耳疾患は多くは先天的な形態異常や耳介腫瘍、外傷による変形などになります。

外耳の疾患

埋没耳(耳輪埋没症)

埋没耳(耳輪埋没症)

耳介上部が皮下に埋没した状態になっているものです。発生頻度は1/400人程度です。両側性のものが30-40%あります。見た目の問題だけでなくメガネがかけられない、マスクができないなどの機能的な障害も問題です。

治療は耳の軟骨や皮膚がやわらかい1歳以前は、専用の器具を用いた矯正を行います。これにより手術が回避できる場合があり、また手術が回避できなくても、皮膚の伸びやすくなるため手術が行いやすい状態になります。
手術は、お子様の精神面を配慮して就学前の5~6歳で行う事が多いです。耳の上や後ろの皮膚を用いて、埋没した耳介を引き出します。

本疾患は健康保険の適用があります。(健康保険適用の場合 片側45,000円前後(3割負担)。複雑な軟骨形成・移植・皮弁形成・皮膚移植が必要なものの手術料金はもう少し高くなります)
当院では局所麻酔が出来る年齢の患者様(10歳前後~)は対応しておりますが、全身麻酔が必要な小児の患者様は関連施設にご紹介させて頂きます。

立ち耳

立ち耳

一般に耳介は頭との角度が20~30度となっている事が多いとされています。これを聳立(しょうりつ:立っていること)といいます。それ以上、聳立していても必ずしも異常とは言えませんし、生活上の問題は起こりません。ただし奇異さを感じるほど著しい場合には治療の対象となり得ます。

治療は手術となります。対耳輪形成と耳甲介側頭縫合でバランスをとることによって、形態を改善します。 本疾患は健康保険の適用があります。
(健康保険適用の場合 片側45,000円前後(3割負担)。複雑な軟骨形成・移植・皮弁形成・皮膚移植が必要なものの手術料金はもう少し高くなります)

当院では局所麻酔が出来る年齢の患者様(10歳前後~)は対応しておりますが、全身麻酔が必要な小児の患者様は関連施設にご紹介させて頂きます。

小耳症

小耳症

耳介が部分~全欠損する先天異常です。約1/10000~20000人の発生頻度で男子に多いと言われています。耳の穴(外耳道)が狭窄や閉鎖している場合や、他の先天異常を合併することも稀ではありません。

治療は手術療法です。手術の時期ですが、耳を作る顔面や頭蓋の成長、再建材料の肋軟骨の成長を見て10歳以降に行います。様々な方法での耳介形成術が行われていますが、2回に分けて耳介を作る方法が主流となっています。
本疾患は健康保険の適用疾患です。治療は関連施設にご紹介させて頂きます。

副耳(ふくじ)

副耳(ふくじ)

耳の前にイボのような突起あるものが典型的です。多くの場合、中には軟骨が含まれています。発生学的な問題で生じ耳珠と口角の間にできます。まれに頬部や頸部にできる場合もあります。発生頻度は約1/100~200人です。遺伝性はありませんが他の先天異常の時にできる事もあります。

治療は、1歳以降に手術的に切除します。茎が細いものは生後すぐに糸で縛って脱落させることもあります。
本疾患は健康保険の適用があります。(健康保険適用の場合 1か所7500円前後(3割負担)。非常に大きいもの、複数あるもの、複雑な軟骨形成・移植・皮弁形成が必要なものの手術料金はもう少し高くなります。)

当院では局所麻酔が出来る年齢の患者様(10歳前後~)は対応しておりますが、全身麻酔が必要な小児の患者様は関連施設にご紹介させて頂きます。

耳瘻孔(じろうこう)

先天的に耳介周辺に1㎜程の穴があれば本疾患であることが殆どです。発生学的な先天異常であり、発生頻度は1/20人と比較的多い疾患です。
耳前部に瘻孔の開口部がある事が典型的ですが、他の部位にも開口することもあります。皮下の瘻孔は非常に深かったり、複雑な枝分かれをしたものもあり、治療に難渋することもあります。

生涯問題を起こさず経過することもありますが、時に感染を起こして開口部から排膿したり、皮下の膿瘍が自潰(潰れて排膿すること)して排膿する事もあります。この場合、抗生剤などでの治療を行うと一旦は治癒しますが、再び感染を起こす可能性は高く、感染が落ち着いた時点で摘出術をするほうが良いでしょう。
感染を繰り返すたびに癒着が生じ手術が困難になるため、予防的に切除するという考え方もあります。

根本的な治療は手術しかありません。手術は瘻孔の完全摘出を行います。少しでも瘻孔が残っていれば必ず再発するため慎重に切除する必要があります。
本疾患は健康保険の適用があります。(健康保険適用の場合 1か所12,000円前後(3割負担)。

当院では局所麻酔が出来る年齢の患者様(10歳前後~)は対応しておりますが、全身麻酔が必要な小児の患者様は関連施設にご紹介させて頂きます。

耳垂裂(じすいれつ)

耳垂(耳たぶ)が分裂しているものを耳垂裂と呼びます。縦方向や横方向の分裂、または両方が混在したものがあります。
治療は、手術により分裂した耳たぶを癒合させます。

本疾患は健康保険の適用があります。当院では局所麻酔が出来る年齢のものは対応していますが、全身麻酔が必要な小児の患者様は関連施設にご紹介させて頂きます。
なお、ピアスなどによる耳垂裂は健康保険の適用外であり、自由診療でのご案内となります。

耳介腫瘍

耳介に腫瘍ができる事もあります。多くは皮膚腫瘍で、粉瘤・脂漏性角化症などが多く、稀に有棘細胞がんなどが発生することがあります。

治療は手術療法ですが、皮膚・軟骨でできている立体的な構造をしており単純に切除縫縮するだけでは変形を起こすことが殆どです。変形が起こる場合は、皮弁形成術や軟骨形成術、組織移植などを用いて耳の形態を再建します。

耳介血腫・耳介偽嚢腫(柔道耳・カリフラワー耳)

耳の構造は立体的な飛び出した組織で、形を維持するために耳介軟骨と言う構造が内側に入っています。つまり断面を見ると、皮膚→軟骨→皮膚という軟骨を皮膚でサンドイッチ状に挟んだ薄い構造をしています。

外側に飛び出した薄い構造をしているので、強い衝撃には弱く皮膚と軟骨の間に血腫といって血液が溜まる事があります。 早期(血液が固まる前:出来るだけ早く)であれば血腫を除去して前後から圧迫する事で知慮ができます。
しかし、時間が経ってしまったものは塊になって容易に血腫を除去できません。さらに時間が経ってしまったものは、血腫が吸収されると過程で線維性の瘢痕や不完全な軟骨組織に置き分かり、硬い凸凹の変形を残すことがあります。柔道選手やプロレスラー・レスリング選手の耳が変形しているのはこちらになります。

治療は、変形した軟骨形成や、余分にできている瘢痕や不完全な軟骨組織をするといった複雑な手術が必要になります。
奇異さを感じさせる位の強い変形に関しては健康保険の適用と考えられますが、明確な健康保険の対象疾患としての登録記載が無いのが実際です。地域における保険者(支払い側)の考え方で、支払いが拒否された場合は後日に追加費用が発生する可能性があります。

耳垂ケロイド

体質や金属アレルギー、不適切な処置からの感染などが誘因となりピアス孔の周囲がケロイド(ピンク色の腫瘤)を形成する事があります。ケロイドは手術的に切除をしても再発する事もあるため、それほど目立たない小さいものに関しては手術を勧める事はしません。
しかし、奇異さを感じさせる大きなものに関しては、再発の可能性を了承いただいたうえで手術をする事もあります。

手術は腫瘤の完全摘出が基本になります。そのため大きいものに関しては、耳垂や耳介の一部が欠損し、単純に縫合するだけでは変形を来す場合があります。
その場合、皮弁形成や組織移植などの手術を同時に行います。再発を繰り返す場合は術後の放射線療法なども必要な場合があるため、関連施設へのご紹介させて頂く事もあります。

本疾患は健康保険の適用があります。(腫瘍切除に準じた料金となります。非常に大きいもの、複数あるもの、複雑な軟骨形成・移植・皮弁形成が必要なものの手術料金はもう少し高くなります。)

その他、外傷性外耳欠損・変形

耳の外傷による変形なども治療の対象です。例えば外傷による部分欠損、奇異さを感じる変形などです。欠損に関しては、皮弁形成や軟骨移植などを組み合わせて行います。大きな欠損に関しては小耳症手術に準じた治療が必要な場合もあります。
いずれも健康保険の適用となる事が殆どです。

体験談

    体験談はまだありません。

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー