症例case

すべての症例

実際に当院で治療を受けた方の症例をご紹介します。

症例一覧

【唇ヒアルロン酸注入】薄さ・ハリのなさを改善したい 50代女性【症例No.29Y0000644】

  • 【唇ヒアルロン酸注入】薄さ・ハリのなさを改善したい 50代女性【症例No.29Y0000644】

  • 【唇ヒアルロン酸注入】薄さ・ハリのなさを改善したい 50代女性【症例No.29Y0000644】

  • 【唇ヒアルロン酸注入】薄さ・ハリのなさを改善したい 50代女性【症例No.29Y0000644】

担当医師及び施術者からのコメント
長年薄い口唇をきにしており、アートメイクをしたこともあったようですが、ハリの無さの改善には至らず相談に来られました。ヒアルロン酸で全体的にふっくらさせる注入方法をご提案させていただきました。施術後2週間の写真では唇全体がふっくらと膨らみ、唇の縦ジワも改善しハリのある唇になっておられ喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 ヒアルロン酸注入(唇)
治療方法 ベッドに横になり、口唇全体をふっくらとさせるように注入を行いました。
料金 ヒアルロン酸1本47,300円+注入料9,900円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどでほぼ改善) ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ ●希に起こる事 デコボコになる(浅い層への注入時)、注入不足(効果が乏しい) 過剰注入(何度も繰り返し入れると起こり得ます) ●極めて稀起こり得る事 アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚など) 塞栓症(口唇・眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。 ●注意を要する方  ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。   
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
長年薄い口唇をきにしており、アートメイクをしたこともあったようですが、ハリの無さの改善には至らず相談に来られました。ヒアルロン酸で全体的にふっくらさせる注入方法をご提案させていただきました。施術後2週間の写真では唇全体がふっくらと膨らみ、唇の縦ジワも改善しハリのある唇になっておられ喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【他院修正・鼻尖縮小・軟骨性斜鼻修正・骨性斜鼻修正(鼻骨骨切り術)】複数回の他院術後+フィラーによる変形を希望した30代女性【症例No.29Y0000643】

  • 【他院修正・鼻尖縮小・軟骨性斜鼻修正・骨性斜鼻修正(鼻骨骨切り術)】複数回の他院術後+フィラーによる変形を希望した30代女性【症例No.29Y0000643】

  • 【他院修正・鼻尖縮小・軟骨性斜鼻修正・骨性斜鼻修正(鼻骨骨切り術)】複数回の他院術後+フィラーによる変形を希望した30代女性【症例No.29Y0000643】

  • 【他院修正・鼻尖縮小・軟骨性斜鼻修正・骨性斜鼻修正(鼻骨骨切り術)】複数回の他院術後+フィラーによる変形を希望した30代女性【症例No.29Y0000643】

担当医師及び施術者からのコメント
他院にて複数回の手術とフィラー?を受けている方です。鼻が曲がりと団子鼻を気にされ来院されました。 修正の手術は過去にどういう手術を受けているのかが患者様も分っていないことが多く、問題点の改善に絞って手術を行うことになります。 この患者様は、ご本人が仰っている「曲がり」と「団子鼻」の改善を主座に置き手術させて頂きました。 オープン法で展開し内部観察したところ、非吸収性の人工物(内容は不明)が大量に鼻尖部分に充填されていました。 これらを愛護的に除去したところ、今度は強い拘縮変形を起こした鼻翼軟骨が現われ、 こちらの拘縮を丁寧にリリースしております。 頭側の曲がりは鼻骨骨切り術と外側鼻軟骨の縫合などで曲がりを矯正しております。 術後、十分とは言えませんが、鼻の曲がりおよび鼻尖部の丸みは、術前より改善されご満足いただけたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 大きな鼻先と曲がりの強い方
通常必要とされる治療内容 鼻尖縮小+軟骨性斜鼻修正+骨性斜鼻修正(鼻骨骨切り術)+他院修正
治療方法 全身麻酔下、オープン法で内部を観察し、鼻翼軟骨および外側上に注入されたフィラー及び瘢痕組織の除去を行いました。骨性斜鼻に関しては骨切り術にて曲がりを修正し、軟骨性斜鼻に関しては外側鼻軟骨および鼻翼軟骨の縫合方法にて修正を行いました。また鼻尖部分は軟骨間縫合および耳介軟骨移植を行いました。
料金 1,100,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事  軽度の疼痛(2-3日)、腫脹(1週間ほどで改善します)、内出血(2週ほどで改善します) ●術後の変化 鼻腔内に瘢痕が残りますが殆ど分らなくなります。鼻尖部分が硬い(経時的に改善します) ●希に起こる事 血腫・感染など、二次的な変形(斜鼻・鼻柱や鼻梁の偏位・鼻孔・鼻孔縁の左右差など)、低矯正・過矯正の可能性・鼻尖頭側移動(アップノーズ)・移植軟骨触知やシルエットの浮き出しの可能性・皮膚厚などによる効果不良、斜鼻の残存 耳介:耳介血腫によるカリフラワー変形、耳介の変形、知覚障害 ●極めて稀起こり得る事  皮膚の壊死や凸凹、極めて稀に重篤なアレルギー(重症薬疹やアナフィラキシーショックなど)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
他院にて複数回の手術とフィラー?を受けている方です。鼻が曲がりと団子鼻を気にされ来院されました。 修正の手術は過去にどういう手術を受けているのかが患者様も分っていないことが多く、問題点の改善に絞って手術を行うことになります。 この患者様は、ご本人が仰っている「曲がり」と「団子鼻」の改善を主座に置き手術させて頂きました。 オープン法で展開し内部観察したところ、非吸収性の人工物(内容は不明)が大量に鼻尖部分に充填されていました。 これらを愛護的に除去したところ、今度は強い拘縮変形を起こした鼻翼軟骨が現われ、 こちらの拘縮を丁寧にリリースしております。 頭側の曲がりは鼻骨骨切り術と外側鼻軟骨の縫合などで曲がりを矯正しております。 術後、十分とは言えませんが、鼻の曲がりおよび鼻尖部の丸みは、術前より改善されご満足いただけたと思います。

この症例の詳細について

【目の下脱脂】若年層でクマのある 20代女性【症例No.29H0000636】

  • 【目の下脱脂】若年層でクマのある 20代女性【症例No.29H0000636】

  • 【目の下脱脂】若年層でクマのある 20代女性【症例No.29H0000636】

  • 【目の下脱脂】若年層でクマのある 20代女性【症例No.29H0000636】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマが気になると来院されました。この方のクマは影クマです。眼窩脂肪の突出があり、その下の部位がやや窪んでいることにより、影ができやすい状態になっておりました。経結膜的脱脂術を行うことで眼窩脂肪を皮膚に傷を付けずに切除し、くぼみは脱脂の術後の経過をみてからヒアルロン酸注入で治療をおこないました。脱脂を行うだけでも影クマが改善しましたが、くぼみも解消させることでより目元が明るい雰囲気になられたと思います。目の下のクマは一人一人問題点が異なっており、その方にあった治療法を行うことで自然に目元の雰囲気を良くすることができます。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の眼窩脂肪の突出があり、その下のくぼみもある方
通常必要とされる治療内容 経結膜的脱脂術、目の下のヒアルロン酸注入
治療方法 まぶたの裏の結膜を切開し、突出した眼窩脂肪を切除しました。凸凹にならないように、ムラなく且つ取り過ぎないように注意深く摘出しております。切開した結膜を元に戻して終了しております。約1ヶ月後に、目の下のくぼみにヒアルロン酸を注入しました。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約9割改善)・軽度のむくみ(約1-3か月)・内出血(ほとんどありませんが、起こる場合もあります) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)、ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 、左右差:従来の左右差は残ります。 ●希に起こる事 過矯正による目の下のクボミ 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり)、小じわ・ちり緬じわの増加 ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマが気になると来院されました。この方のクマは影クマです。眼窩脂肪の突出があり、その下の部位がやや窪んでいることにより、影ができやすい状態になっておりました。経結膜的脱脂術を行うことで眼窩脂肪を皮膚に傷を付けずに切除し、くぼみは脱脂の術後の経過をみてからヒアルロン酸注入で治療をおこないました。脱脂を行うだけでも影クマが改善しましたが、くぼみも解消させることでより目元が明るい雰囲気になられたと思います。目の下のクマは一人一人問題点が異なっており、その方にあった治療法を行うことで自然に目元の雰囲気を良くすることができます。

この症例の詳細について

【わし鼻・他院修正・段鼻変形・鼻背(key stone)の陥凹 】他院術後に鼻背の陥凹変形が生じた 30代男性【症例No.29Y0000642】

  • 【わし鼻・他院修正・段鼻変形・鼻背(key stone)の陥凹 】他院術後に鼻背の陥凹変形が生じた 30代男性【症例No.29Y0000642】

  • 【わし鼻・他院修正・段鼻変形・鼻背(key stone)の陥凹 】他院術後に鼻背の陥凹変形が生じた 30代男性【症例No.29Y0000642】

  • 【わし鼻・他院修正・段鼻変形・鼻背(key stone)の陥凹 】他院術後に鼻背の陥凹変形が生じた 30代男性【症例No.29Y0000642】

担当医師及び施術者からのコメント
他院術後に鼻背分の陥凹が目立つようになったとの事で相談に来られました。 おそらく鼻骨と鼻中隔軟骨部分の接合部分(key stone area)の離断・崩壊にともなう変形だと思われました。 本来全身麻酔下のオープン法で患部を確認して詳細に再建するのが良いことをお伝えしましたが、 大きな変化や侵襲性の高い手術を望まれませんでした。 効果が劣るかもしれないことを前提の代替案として、もともとあるハンプ(わし鼻)を局所麻酔下で削り、陥凹部分に耳介軟骨を移植する方法をご提案させていただきました。 患者様は代替案の方を選択され手術をさせて頂きました。 術後3か月の写真ですが、鼻背の突出部分と陥凹部分がそれぞれ改善したことで、 術前に見られた特徴的な変形は改善しました。欲を言うと、もう少しストレートに見えるようコントロールしたかったのですが、 ご本人は注目されない程度の状態になったとのことでご納得いただけたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 他院術後に鼻背の陥凹変形が現れ、わし鼻・段鼻が強調された方。
通常必要とされる治療内容 ハンプ切除+耳介軟骨移植
治療方法 局所麻酔下、クローズ法にて、わし鼻にあたる鼻骨をヤスリで削ります。さらに陥凹が目立った部位に、採取した耳介軟骨を加工し移植します。
料金 770,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事  軽度の疼痛(2-3日)、腫脹(1週間ほどで改善します4)、内出血(2週ほどで改善します) テープ固定を1週間行います。 ●術後の変化 鼻腔内に瘢痕が残ります(クローズ法の傷)。鼻尖部分が固い ●希に起こる事、血腫・感染など、2次的な変形(斜鼻・鼻柱や鼻梁の偏位・鼻孔の左右差など)、稀に鼻孔縁の変形、移植軟骨触知・浮き出し・ずれの可能性、ハンプの残存などの低矯正 ●極めて稀起こり得る事  皮膚の壊死や凸凹
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
他院術後に鼻背分の陥凹が目立つようになったとの事で相談に来られました。 おそらく鼻骨と鼻中隔軟骨部分の接合部分(key stone area)の離断・崩壊にともなう変形だと思われました。 本来全身麻酔下のオープン法で患部を確認して詳細に再建するのが良いことをお伝えしましたが、 大きな変化や侵襲性の高い手術を望まれませんでした。 効果が劣るかもしれないことを前提の代替案として、もともとあるハンプ(わし鼻)を局所麻酔下で削り、陥凹部分に耳介軟骨を移植する方法をご提案させていただきました。 患者様は代替案の方を選択され手術をさせて頂きました。 術後3か月の写真ですが、鼻背の突出部分と陥凹部分がそれぞれ改善したことで、 術前に見られた特徴的な変形は改善しました。欲を言うと、もう少しストレートに見えるようコントロールしたかったのですが、 ご本人は注目されない程度の状態になったとのことでご納得いただけたと思います。

この症例の詳細について

【鼻孔縁挙上術T字型】鼻下1/3の締まりのなさを改善したい 20代女性【症例No.29Y0000641】

  • 【鼻孔縁挙上術T字型】鼻下1/3の締まりのなさを改善したい 20代女性【症例No.29Y0000641】

  • 【鼻孔縁挙上術T字型】鼻下1/3の締まりのなさを改善したい 20代女性【症例No.29Y0000641】

  • 【鼻孔縁挙上術T字型】鼻下1/3の締まりのなさを改善したい 20代女性【症例No.29Y0000641】

担当医師及び施術者からのコメント
この患者様は、締まりのない鼻下1/3を気にされ相談に来られました。ご本人は小鼻縮小を想像されておられましたが、単純な鼻翼縮小外側法ではさらに個性的な形状になりかねないことをお伝えし、全体バランスをとるためには鼻孔縁挙上術T型が必要であることをお話しさせていただきました。 術後5か月の写真ですが、小鼻の基部が頭側移動することで小鼻-鼻柱のバランスが整いました。また小鼻縮小の効果も得られていることから、引き締まった印象のお鼻に変化し、かつお顔の雰囲気ともマッチしており、大変喜んでいただけたと思います。 整った鼻下1/3は、鼻柱が小鼻よりも下方に長く小鼻の巻き込みが少ない状態です。小鼻の基部が鼻柱と同じか下垂気味の方は、鼻孔縁挙上のI型ではなく、T型を受けることをお勧めします。

この症例の詳細について

術前評価 小鼻と鼻柱が横並びで、かつ小鼻の根元が末広がりと、鼻下1/3に締まりのないお鼻をされている方
通常必要とされる治療内容 鼻孔縁挙上術T型
治療方法 鼻柱・鼻翼バランスを整えるため、下垂した鼻孔縁をT字に切除し挙上させます。
料金 440,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事 瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します) ●希に起こる事 感染・創離開・左右差の残存、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存、効果不良、皮膚壊死 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。その他予想外の合併症の可能性もあります。 ※治療効果には限界があり客観的・主観的効果や副作用の感じ方にも個人差があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
この患者様は、締まりのない鼻下1/3を気にされ相談に来られました。ご本人は小鼻縮小を想像されておられましたが、単純な鼻翼縮小外側法ではさらに個性的な形状になりかねないことをお伝えし、全体バランスをとるためには鼻孔縁挙上術T型が必要であることをお話しさせていただきました。 術後5か月の写真ですが、小鼻の基部が頭側移動することで小鼻-鼻柱のバランスが整いました。また小鼻縮小の効果も得られていることから、引き締まった印象のお鼻に変化し、かつお顔の雰囲気ともマッチしており、大変喜んでいただけたと思います。 整った鼻下1/3は、鼻柱が小鼻よりも下方に長く小鼻の巻き込みが少ない状態です。小鼻の基部が鼻柱と同じか下垂気味の方は、鼻孔縁挙上のI型ではなく、T型を受けることをお勧めします。

この症例の詳細について

【鼻尖・耳介・シリコンインプラントによる隆鼻術】だんご鼻と低鼻をシュッとしたお鼻にしたい 20代女性【症例No.29Y0000640】

  • 【鼻尖・耳介・シリコンインプラントによる隆鼻術】だんご鼻と低鼻をシュッとしたお鼻にしたい 20代女性【症例No.29Y0000640】

  • 【鼻尖・耳介・シリコンインプラントによる隆鼻術】だんご鼻と低鼻をシュッとしたお鼻にしたい 20代女性【症例No.29Y0000640】

  • 【鼻尖・耳介・シリコンインプラントによる隆鼻術】だんご鼻と低鼻をシュッとしたお鼻にしたい 20代女性【症例No.29Y0000640】

担当医師及び施術者からのコメント
この患者様は、団子鼻と低い鼻を気にされて相談に来られました。団子鼻の程度はそれほど強いものではなく、鼻が低いため鼻の長さが不足し、 横幅のバランス不良が生じており、結果として鼻下1/3が目立っている状態でした。 バランスの改善目的に、鼻尖縮小はクローズ法で行い同時にシリコンインプラントによる隆鼻をする事で全体バランスを取る術式をご提案させていただきました。 術後1週間で24時間ギプスが外れその頃には大きな腫れも改善しました。術後3ヶ月の状態では、鼻先の細さや形状が整い、お鼻が高くなることで大人っぽい印象になられました。 また、鼻下1/3の全体に占める割合は縮小することで、全体バランスが取れているのが分っていただけると思います。患者様も変化にご満足いただき、大変喜んでいただけたものと思っています。 団子鼻でお悩みの方は鼻尖縮小だけでなく隆鼻術も視野に入れて手術を検討されることをオススメします。

この症例の詳細について

術前評価 軽めの団子鼻と低鼻のため、鼻下1/3が目立っている方
通常必要とされる治療内容 鼻尖縮小(close法)+耳介軟骨移植+隆鼻術(シリコンプロテーゼ)
治療方法 局所麻酔下に両側鼻腔内を切開しシリコンインプラントを挿入し鼻尖縮小術を行います。さらに鼻尖形態を整える目的に自身の耳介軟骨を採取し移植しました。
料金 649,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事  軽度の疼痛(2-3日)、腫脹(1週間ほどで改善します)、内出血(2週ほどで改善します) ギプスを装着(1週目はずっと、2週目は夜間のみ) ●術後の変化 鼻腔内および鼻柱に瘢痕が残りますが殆ど分らなくなります。鼻尖部分が硬い(経時的に改善します) ●希に起こる事 血腫・感染など、二次的な変形(斜鼻・鼻柱や鼻梁の偏位・鼻孔・鼻孔縁の左右差など)、低矯正・過矯正の可能性・polly beak変形・鼻尖頭側移動(アップノーズ)・移植軟骨触知やシルエットの浮き出しの可能性・皮膚厚による効果不良 耳介:耳介血腫によるカリフラワー変形、耳介の変形、知覚障害 ●極めて稀起こり得る事  皮膚の壊死や凸凹、・極めて稀に重篤なアレルギー(重症薬疹やアナフィラキシーショックなど) *隆鼻術(シリコンプロテーゼ挿入)については隆鼻術参照
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
この患者様は、団子鼻と低い鼻を気にされて相談に来られました。団子鼻の程度はそれほど強いものではなく、鼻が低いため鼻の長さが不足し、 横幅のバランス不良が生じており、結果として鼻下1/3が目立っている状態でした。 バランスの改善目的に、鼻尖縮小はクローズ法で行い同時にシリコンインプラントによる隆鼻をする事で全体バランスを取る術式をご提案させていただきました。 術後1週間で24時間ギプスが外れその頃には大きな腫れも改善しました。術後3ヶ月の状態では、鼻先の細さや形状が整い、お鼻が高くなることで大人っぽい印象になられました。 また、鼻下1/3の全体に占める割合は縮小することで、全体バランスが取れているのが分っていただけると思います。患者様も変化にご満足いただき、大変喜んでいただけたものと思っています。 団子鼻でお悩みの方は鼻尖縮小だけでなく隆鼻術も視野に入れて手術を検討されることをオススメします。

この症例の詳細について

【鼻中隔延長・わし鼻修正・骨切り】自己主張の少ない鼻に 30代女性【症例No.29Y0000638】

  • 【鼻中隔延長・わし鼻修正・骨切り】自己主張の少ない鼻に 30代女性【症例No.29Y0000638】

  • 【鼻中隔延長・わし鼻修正・骨切り】自己主張の少ない鼻に 30代女性【症例No.29Y0000638】

  • 【鼻中隔延長・わし鼻修正・骨切り】自己主張の少ない鼻に 30代女性【症例No.29Y0000638】

担当医師及び施術者からのコメント
自己主張の強い大きなわし鼻に長年悩まれてきた女性です。思い切って手術することを決心し、ご来院いただきました。ハンプが非常に大きく切除により鼻背部の平坦化が際立つ可能性が高いと判断し、鼻骨骨切り術を併用しました(鼻背部の傷も殆どわかりません)。同時に鼻尖の太さおよび軟骨性斜鼻の修正も行いました。術後、インパクトの大きかったわし鼻は修正され鼻背はストレートになり、鼻先の曲がりや太さも解消され、自己主張の少ない女性的なスッキリとした綺麗なお鼻になったと思います。

この症例の詳細について

術前評価 強いわし鼻と、斜鼻、団子鼻と多くの問題がある状態の方
通常必要とされる治療内容 ハンプ切除+鼻骨骨切り術+鼻尖縮小術+斜鼻修正+耳介軟骨移植
治療方法 全身麻酔下、オープン法で術野を展開し、鷲鼻部分(ハンプ部分)の軟骨成分と鼻成分を、各々分けて丁寧に切除を行いました。それだけでは鼻背の平坦化が起こるため、鼻骨骨切りにて鼻骨の幅寄せを行いました。また鼻尖縮小と同時に軟骨縫合にて軟骨性斜鼻の修正を行いました。
料金 1,265,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事  軽度の疼痛(2-3日)、腫脹(骨切りによる鼻根部の腫れ)、内出血(2週ほどで改善します) ギプスを装着(1週目はずっと、2週目は夜間のみ) ●希に起こる事 ハンプの残存、過剰切除、鼻背の角張りの残存、血腫 ●術後の変化 オープン法の場合、鼻腔内と鼻柱に瘢痕が残ります。稀に鼻孔縁の変形・鼻柱の段差  鼻骨骨切りを行った際、鼻背側面の傷(極わずか) 骨切り部分の段差の触知(見た目には分かりません) ●極めて稀起こり得る事  感染、斜鼻 ※鼻尖縮小、鼻骨骨切り、斜鼻修正については各ページ参照
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
自己主張の強い大きなわし鼻に長年悩まれてきた女性です。思い切って手術することを決心し、ご来院いただきました。ハンプが非常に大きく切除により鼻背部の平坦化が際立つ可能性が高いと判断し、鼻骨骨切り術を併用しました(鼻背部の傷も殆どわかりません)。同時に鼻尖の太さおよび軟骨性斜鼻の修正も行いました。術後、インパクトの大きかったわし鼻は修正され鼻背はストレートになり、鼻先の曲がりや太さも解消され、自己主張の少ない女性的なスッキリとした綺麗なお鼻になったと思います。

この症例の詳細について

【鼻孔縁挙上術】他院鼻翼縮小術の後修正を希望 30代女性【症例No.29Y0000634】

  • 【鼻孔縁挙上術】他院鼻翼縮小術の後修正を希望 30代女性【症例No.29Y0000634】

  • 【鼻孔縁挙上術】他院鼻翼縮小術の後修正を希望 30代女性【症例No.29Y0000634】

  • 【鼻孔縁挙上術】他院鼻翼縮小術の後修正を希望 30代女性【症例No.29Y0000634】

担当医師及び施術者からのコメント
他院にて鼻翼縮小術をお受けになられたそうですが、形が好ましくないとのことで相談に来られました。傷跡から鼻翼縮小術の外側法を受けられたと思われましたが、鼻翼-鼻柱バランスの悪化と鼻孔縁の湾曲増強が起こっており、無計画な鼻翼縮小術((外側法)の典型的な特徴のお鼻になっておられました。この修正には鼻孔縁挙上術が最適と思われましたが、鼻孔縁の左右差が強く、正面視の鼻孔縁のピークの左右差は残ることを説明の上、手術を施行しております。 術後3ヶ月の時点から傷跡のレーザー処置(無料)を2度ほど施行させていただき、最終的な術後5ヶ月の臨床写真です。正面視、斜位、側面のいずれでも、鼻翼と鼻柱のバランスが整い、まるで鼻中隔延長をしたかのような十分な効果が得られていると思います。正面視でも鼻孔の見え方に左右差がありますが、この改善には鼻孔縁下降術を行うことで改善が見込まれます。患者様はこれだけでもご満足していただいたようで、これ以上の手術を望まれず一旦終了とさせていただきました。

この症例の詳細について

術前評価 他院で鼻翼縮小(おそらく外側法)受けたのち、小鼻-鼻柱バランスが崩れ、鼻孔が目立つようになっている方
通常必要とされる治療内容 鼻孔縁挙上術T型
治療方法 鼻柱・鼻翼バランスを整えるため、下垂した鼻孔縁をT字に切除し挙上させます。
料金 440,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事 瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します) ●希に起こる事 感染・創離開・左右差の残存、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存、効果不良、皮膚壊死 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。その他予想外の合併症の可能性もあります。 ※治療効果には限界があり客観的・主観的効果や副作用の感じ方にも個人差があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
他院にて鼻翼縮小術をお受けになられたそうですが、形が好ましくないとのことで相談に来られました。傷跡から鼻翼縮小術の外側法を受けられたと思われましたが、鼻翼-鼻柱バランスの悪化と鼻孔縁の湾曲増強が起こっており、無計画な鼻翼縮小術((外側法)の典型的な特徴のお鼻になっておられました。この修正には鼻孔縁挙上術が最適と思われましたが、鼻孔縁の左右差が強く、正面視の鼻孔縁のピークの左右差は残ることを説明の上、手術を施行しております。 術後3ヶ月の時点から傷跡のレーザー処置(無料)を2度ほど施行させていただき、最終的な術後5ヶ月の臨床写真です。正面視、斜位、側面のいずれでも、鼻翼と鼻柱のバランスが整い、まるで鼻中隔延長をしたかのような十分な効果が得られていると思います。正面視でも鼻孔の見え方に左右差がありますが、この改善には鼻孔縁下降術を行うことで改善が見込まれます。患者様はこれだけでもご満足していただいたようで、これ以上の手術を望まれず一旦終了とさせていただきました。

この症例の詳細について

【鼻孔縁挙上術T字】鼻下1/3の重々しさを改善したい 20代女性【症例No.29Y0000633】

  • 【鼻孔縁挙上術T字】鼻下1/3の重々しさを改善したい 20代女性【症例No.29Y0000633】

  • 【鼻孔縁挙上術T字】鼻下1/3の重々しさを改善したい 20代女性【症例No.29Y0000633】

  • 【鼻孔縁挙上術T字】鼻下1/3の重々しさを改善したい 20代女性【症例No.29Y0000633】

担当医師及び施術者からのコメント
存在感の強い鼻を何とかしたいとのことで相談に来られました。診察したところ小鼻が分厚く大きい上に、下垂しているため、正面視で鼻の穴が丸見えの状態の方でした。鼻尖の太さも問題でしたが、どちらか一方を選ぶとなると小鼻の改善が優先と判断し、鼻孔縁挙上術T型をご提案させていただき手術を施行しております。 傷跡が少々目立っていたため術後3ヶ月目の時点でレーザーでの傷跡修正(2回まで無料)をさせていただきました。 術後5ヶ月目の臨床写真ですが、正面視で明らかに鼻下1/3の重々しさは改善しているのが分ります。斜位及び側位でも小鼻の重々しさは著明に改善し、鼻柱と小鼻のバランスが整うことで、鼻中隔延長をしたような効果を実感して貰えたと思います。患者様も満足いただけたと思いますが、私自身も納得の結果になったと思います。

この症例の詳細について

術前評価 大きくぶ厚い小鼻が下垂していることで鼻孔が強調され、鼻下1/3の存在感が強い方
通常必要とされる治療内容 鼻孔縁挙上術T型
治療方法 鼻柱・鼻翼バランスを整えるため、下垂した鼻孔縁をT字に切除し挙上させます。
料金 鼻孔縁挙上術(T字)440,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事 瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します) ●希に起こる事 感染・創離開・左右差の残存、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存、効果不良、皮膚壊死 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。その他予想外の合併症の可能性もあります。 ※治療効果には限界があり客観的・主観的効果や副作用の感じ方にも個人差があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
存在感の強い鼻を何とかしたいとのことで相談に来られました。診察したところ小鼻が分厚く大きい上に、下垂しているため、正面視で鼻の穴が丸見えの状態の方でした。鼻尖の太さも問題でしたが、どちらか一方を選ぶとなると小鼻の改善が優先と判断し、鼻孔縁挙上術T型をご提案させていただき手術を施行しております。 傷跡が少々目立っていたため術後3ヶ月目の時点でレーザーでの傷跡修正(2回まで無料)をさせていただきました。 術後5ヶ月目の臨床写真ですが、正面視で明らかに鼻下1/3の重々しさは改善しているのが分ります。斜位及び側位でも小鼻の重々しさは著明に改善し、鼻柱と小鼻のバランスが整うことで、鼻中隔延長をしたような効果を実感して貰えたと思います。患者様も満足いただけたと思いますが、私自身も納得の結果になったと思います。

この症例の詳細について

【眼瞼下垂+目頭切開+たれ目+目尻切開】目を大きくしたい 20代女性【症例No.29Y0000635】

  • 【眼瞼下垂+目頭切開+たれ目+目尻切開】目を大きくしたい 20代女性【症例No.29Y0000635】

  • 【眼瞼下垂+目頭切開+たれ目+目尻切開】目を大きくしたい 20代女性【症例No.29Y0000635】

  • 【眼瞼下垂+目頭切開+たれ目+目尻切開】目を大きくしたい 20代女性【症例No.29Y0000635】

担当医師及び施術者からのコメント
目を大きくして印象的な目元にしたいとのご要望があり相談に来られました。 目を大きくする方法には、眼瞼下垂(上方向)、目頭切開(内方向)、目尻切開(外方向)、垂れ目形成(下方向)の四つの手術方法があります。 十分に術前カウンセリングをした結果、全ての手術をご希望され施行させていただきました。 手術は長時間になるため眼瞼下垂+目頭切開を先に施行し、1週間後の腫れが少し落ち着いた段階で、たれ目形成+目尻切開を施行しました。 腫れやむくみは完全におちついた4ヶ月後の写真では、しっかりとした目の開きが確保され、たれ目および目尻切開の効果で外側下方向へしっかりと拡大しているのが分ります。全方向の拡大をする事で華やかな雰囲気かつ印象に残る目元になられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 目を大きくしたい方
通常必要とされる治療内容 眼瞼下垂、目頭切開、目尻切開、たれ目形成
治療方法 【目尻+たれ目】目尻を水平方向に全層で切開を行います。角を取るように眼瞼縁のトリミングを行い、同時に垂れ目の内側法と外側法を行います。通常の睫毛下切開でアプローチし、下眼瞼の皮膚を切除、同時に下眼瞼結膜切開を行いCPFを縫縮します。下眼瞼の瞼板外側部分を外側下方向に縫合し、外側の結膜と皮膚を縫合します。 眼瞼下垂 術前にシミュレーションで決めた幅で切開し、挙筋前転を施行しております。前転した健膜を皮下に縫合し二重を作っております。 目頭切開 目頭切開はZ法で張り出した蒙古ヒダを適度に入れ替えました。
料金 882,200円(税込)
治療のリスク ●一般的な手術のリスク・・・腫脹や内出血・疼痛・術野の感染・創離開・創縁の損傷や眼球損傷の可能性、傷の赤み(3か月ほどで改善)、浮腫の持続、縫合糸の露出および残存、消毒液などによるかぶれ、稀に創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)、瞼縁のしびれ、非常に稀に肥厚性瘢痕やケロイド 極めて稀に重症薬疹・アナフィラキシーショック(麻酔薬・抗生剤・鎮痛剤など)・麻酔中毒など予測外の合併症 ※治療効果の持続・維持には限界があり客観的・主観的効果や副作用の感じ方にも個人差があることをご了承ください。 【眼瞼下垂手術のリスク】 高齢の方の場合、眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。加齢による再発は起こり得ます。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事:眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。 【目頭切開のリスク】 ●稀に起こり得る事:創離開、左右差、過剰切除、効果不良 ●極めて稀起こり得る事:眼球損傷 ●注意点:狭くすることや、元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です) 【たれ目形成のリスク】  薄ピンクの涙(数日で改善)・傷の赤み(1-3か月ほどで改善)・創部周囲の硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)、閉瞼不良によるドライアイ・流涙・眼脂、異物感やツッパリ感、左右差のリスク、結膜充血や結膜出血および結膜浮腫・左右差・過剰下制による三白眼・下眼瞼の外反や結膜露出 【目尻切開のリスク】 ●時に起こる事:創部周囲の硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)・流涙・眼脂・異物感やツッパリ感、白目外側が露出するため赤みのある結膜が見えるようになります。拡大部分の睫毛欠如。 ●希に起こる事 結膜充血や結膜出血および結膜浮腫・感染・創離開・創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)・左右差、睫毛乱生、涙漏れ(異所性分泌)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目を大きくして印象的な目元にしたいとのご要望があり相談に来られました。 目を大きくする方法には、眼瞼下垂(上方向)、目頭切開(内方向)、目尻切開(外方向)、垂れ目形成(下方向)の四つの手術方法があります。 十分に術前カウンセリングをした結果、全ての手術をご希望され施行させていただきました。 手術は長時間になるため眼瞼下垂+目頭切開を先に施行し、1週間後の腫れが少し落ち着いた段階で、たれ目形成+目尻切開を施行しました。 腫れやむくみは完全におちついた4ヶ月後の写真では、しっかりとした目の開きが確保され、たれ目および目尻切開の効果で外側下方向へしっかりと拡大しているのが分ります。全方向の拡大をする事で華やかな雰囲気かつ印象に残る目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【目頭+二重埋没法】目の距離がやや近い 20代女性【症例No.29H0000632】

  • 【目頭+二重埋没法】目の距離がやや近い 20代女性【症例No.29H0000632】

  • 【目頭+二重埋没法】目の距離がやや近い 20代女性【症例No.29H0000632】

  • 【目頭+二重埋没法】目の距離がやや近い 20代女性【症例No.29H0000632】

担当医師及び施術者からのコメント
左右の目の間隔をもう少し狭くしつつ目を大きく見せたい、とのご希望で目頭切開を目的にご来院されました。控えめのZ形成での目頭切開をご提案させて頂きました。大きな変化は希望されませんでしたが、顔全体のバランスがとても良くなりました。同時に埋没法による二重形成も行うことで、パッチリとした左右差のない二重も出来て、より華やかな目元になられました。目頭切開の術後の傷跡はしばらく赤みや凸凹感がありますが、それほど腫れは強くないため、辛くなかったとのことでした。傷の赤みや盛り上がりは、3か月くらい経つとほとんど気にならないくらいになっていきます。目頭と二重形成(二重切開や埋没法)の同時手術は、一度にしっかり変化を出すことも出来てオススメです。

この症例の詳細について

術前評価 二重の食い込みが浅いため一重のように見える、目と目の間がやや広い
通常必要とされる治療内容 目頭切開、二重形成
治療方法 目頭の縦方向のヒダ部分を含んでZ状に切開し、適度に入れ替えて縫合を行いました。
料金 248,600円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善)、腫れ、流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。目頭切開の傷跡は3か月くらいまでは赤みが出ますが徐々に改善していきます。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、左右差、過剰切除、効果不良 、二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:重症薬疹・薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
左右の目の間隔をもう少し狭くしつつ目を大きく見せたい、とのご希望で目頭切開を目的にご来院されました。控えめのZ形成での目頭切開をご提案させて頂きました。大きな変化は希望されませんでしたが、顔全体のバランスがとても良くなりました。同時に埋没法による二重形成も行うことで、パッチリとした左右差のない二重も出来て、より華やかな目元になられました。目頭切開の術後の傷跡はしばらく赤みや凸凹感がありますが、それほど腫れは強くないため、辛くなかったとのことでした。傷の赤みや盛り上がりは、3か月くらい経つとほとんど気にならないくらいになっていきます。目頭と二重形成(二重切開や埋没法)の同時手術は、一度にしっかり変化を出すことも出来てオススメです。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】顔全体 小さめのシミ 40代女性【症例No.29H0000631】

  • 【5分間シミ取り放題】顔全体 小さめのシミ 40代女性【症例No.29H0000631】

  • 【5分間シミ取り放題】顔全体 小さめのシミ 40代女性【症例No.29H0000631】

  • 【5分間シミ取り放題】顔全体 小さめのシミ 40代女性【症例No.29H0000631】

担当医師及び施術者からのコメント
パラパラと散在している薄めの小さなシミを改善したいとのことで相談に来られました。一度にしっかり効果を出したいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を勧めさせていただきました。施術後1-2日程で、照射部位にカサブタが出現しますが、2-3週ほどでカサブタが剝がれて淡いピンクの肌が出現します。3週間後の検診では、照射部位は淡いピンクの肌になっておりますが、パラパラとあったシミが目立たなくなっておりました。口周りは炎症後の色素沈着が出現しておりましたが、時間とともにゆっくり改善していきます。Qスイッチルビーレーザーは、肌質や部位によっては色素沈着が出現する場合もありますが、一度でしっかり効果を出したい方におすすめのシミ治療です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
パラパラと散在している薄めの小さなシミを改善したいとのことで相談に来られました。一度にしっかり効果を出したいとのことで、Qスイッチルビーレーザーでの治療を勧めさせていただきました。施術後1-2日程で、照射部位にカサブタが出現しますが、2-3週ほどでカサブタが剝がれて淡いピンクの肌が出現します。3週間後の検診では、照射部位は淡いピンクの肌になっておりますが、パラパラとあったシミが目立たなくなっておりました。口周りは炎症後の色素沈着が出現しておりましたが、時間とともにゆっくり改善していきます。Qスイッチルビーレーザーは、肌質や部位によっては色素沈着が出現する場合もありますが、一度でしっかり効果を出したい方におすすめのシミ治療です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右差のある奥二重から微平行二重に 10代女性【症例No.29H0000630】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと左右差のある奥二重はありましたが、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆ってしまっているため、重たい目元に見えてしまう方でした。二重幅を広げてパッチリさせたいと来院され、埋没法で二重を作成しております。重たそうだった目元は軽くなり、パッチリ明るく華やかな目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと左右差のある奥二重はありましたが、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆ってしまっているため、重たい目元に見えてしまう方でした。二重幅を広げてパッチリさせたいと来院され、埋没法で二重を作成しております。重たそうだった目元は軽くなり、パッチリ明るく華やかな目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【目頭+二重切開】蒙古ひだの丸め込みを解消し二重に 10代女性【症例No.29Y0000628】

  • 【目頭+二重切開】蒙古ひだの丸め込みを解消し二重に 10代女性【症例No.29Y0000628】

  • 【目頭+二重切開】蒙古ひだの丸め込みを解消し二重に 10代女性【症例No.29Y0000628】

  • 【目頭+二重切開】蒙古ひだの丸め込みを解消し二重に 10代女性【症例No.29Y0000628】

担当医師及び施術者からのコメント
いつもメイクで二重を作っている従来一重の方で、綺麗な二重になりたいとの事で相談に来られました。蒙古ヒダの巻き込みの改善も希望されており目頭切開+切開式二重形成を施行させていただきました。二重切開は1ヶ月の時点で腫れは9割程改善しますが朝のムクミはまだ感じる時期です。目頭切開の傷はやはり1ヶ月では赤みが強く目立ってしまいますが、経過と共に徐々に改善し3ヶ月にはメイクで十分に隠せるくらいになっていきます。もう少し時間が経つと目頭切開の傷も二重切開の傷跡も赤みと硬さがとれて馴染みます。目の形としては二重は希望の平行型になり、目頭の巻き込みも解消され、良い形になったと喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 目頭切開+二重切開
治療方法 シュミレーションした二重幅で切開、目頭はz法で行っております。
料金 397,100円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)  ※そのほか目頭切開法のリスク参照
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
いつもメイクで二重を作っている従来一重の方で、綺麗な二重になりたいとの事で相談に来られました。蒙古ヒダの巻き込みの改善も希望されており目頭切開+切開式二重形成を施行させていただきました。二重切開は1ヶ月の時点で腫れは9割程改善しますが朝のムクミはまだ感じる時期です。目頭切開の傷はやはり1ヶ月では赤みが強く目立ってしまいますが、経過と共に徐々に改善し3ヶ月にはメイクで十分に隠せるくらいになっていきます。もう少し時間が経つと目頭切開の傷も二重切開の傷跡も赤みと硬さがとれて馴染みます。目の形としては二重は希望の平行型になり、目頭の巻き込みも解消され、良い形になったと喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【眼瞼下垂修正】手術を受けたが目が開かない 60代女性【症例No.29Y0000629】

  • 【眼瞼下垂修正】手術を受けたが目が開かない 60代女性【症例No.29Y0000629】

  • 【眼瞼下垂修正】手術を受けたが目が開かない 60代女性【症例No.29Y0000629】

  • 【眼瞼下垂修正】手術を受けたが目が開かない 60代女性【症例No.29Y0000629】

担当医師及び施術者からのコメント
他院にて眼瞼下垂の手術をしたけど改善が無いとのことで相談に来られました。 開瞼だけでなく目尻のタルミもある事から眼瞼下垂症手術と一緒にタルミの改善を目標に手術を予定させていただきました。 術中所見は、内部構造は比較的保たれており通常通りの前転術を施行できました。 術直後から開瞼の改善を認め、1週後、1ヶ月後と徐々に腫れやムクミは改善していきます。 術後3ヶ月の時点ではムクミもほぼ感じなくなり、しっかりとした開瞼を維持できており、タルミも改善していることから、随分と喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 目を開ける目的に眼瞼下垂の手術を受けられましたが、開瞼が得られていない状態でかつ目尻側のタルミも気になっている方。
通常必要とされる治療内容 眼瞼下垂他院修正
治療方法 以前の切開ラインで再切開し、以前の手術の瘢痕を愛護的に処理し、瞼板と挙筋健膜を同定しました。挙筋健膜を瞼板に前転固定し、隔膜に相当する瘢痕組織を反転し二重形成を行いました。最後に坐位にて余剰皮膚切除にて調整を行いました。
料金 440,000円(税込) ※片側220,000円×両目分
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善)、瞼縁のしびれ、傷の赤み(3か月~数か月で改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。 見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(瘢痕化が激しく挙筋機能が乏しい時は別の術式を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
他院にて眼瞼下垂の手術をしたけど改善が無いとのことで相談に来られました。 開瞼だけでなく目尻のタルミもある事から眼瞼下垂症手術と一緒にタルミの改善を目標に手術を予定させていただきました。 術中所見は、内部構造は比較的保たれており通常通りの前転術を施行できました。 術直後から開瞼の改善を認め、1週後、1ヶ月後と徐々に腫れやムクミは改善していきます。 術後3ヶ月の時点ではムクミもほぼ感じなくなり、しっかりとした開瞼を維持できており、タルミも改善していることから、随分と喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【二重切開】重たい感じのない控えめな二重に 20代男性【症例No.29Y0000627】

  • 【二重切開】重たい感じのない控えめな二重に 20代男性【症例No.29Y0000627】

  • 【二重切開】重たい感じのない控えめな二重に 20代男性【症例No.29Y0000627】

  • 【二重切開】重たい感じのない控えめな二重に 20代男性【症例No.29Y0000627】

担当医師及び施術者からのコメント
元々厚ぼったい瞼で一重の方で、広い二重はいらないけど重たい感じをなくしたいとのことで相談に来られました。ご本人も瞼の厚みがあるため埋没法では二重が無くなる可能性が高いことを懸念されており、切開式二重形成をオススメさせて頂きました。控え目の末広型であり術後はそれほど腫れも目立たず経過され、1ヶ月で腫れはほぼ落ち着き、3ヶ月で朝の浮腫なども解消され術前に予定した幅となっておられました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 二重切開法
治療方法 術前にシミュレーションで決めた幅で切開し、余剰な眼窩脂肪を適度に切除したのち重瞼形成を行いました。
料金 247,500円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々厚ぼったい瞼で一重の方で、広い二重はいらないけど重たい感じをなくしたいとのことで相談に来られました。ご本人も瞼の厚みがあるため埋没法では二重が無くなる可能性が高いことを懸念されており、切開式二重形成をオススメさせて頂きました。控え目の末広型であり術後はそれほど腫れも目立たず経過され、1ヶ月で腫れはほぼ落ち着き、3ヶ月で朝の浮腫なども解消され術前に予定した幅となっておられました。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】ほほ全体に広がる濃いシミ 50代女性【症例No.29Y0000626】

  • 【5分間シミ取り放題】ほほ全体に広がる濃いシミ 50代女性【症例No.29Y0000626】

  • 【5分間シミ取り放題】ほほ全体に広がる濃いシミ 50代女性【症例No.29Y0000626】

  • 【5分間シミ取り放題】ほほ全体に広がる濃いシミ 50代女性【症例No.29Y0000626】

担当医師及び施術者からのコメント
年々シミが濃くなりコンシーラを重ねても隠しきれなくなってきたため相談に来られました。両頬から鼻背にかけてのしっかりとした老人性色素斑であり、深いもの厚みがあるものの混在している状態の方でした。ここまでしっかりとした色素斑はQスイッチルビーレーザーでの治療が良いと判断し、おすすめさせて頂きました。治療後は深い部分や厚みのある部分の残存を認めますが施術前と比べて著明に改善を認め、患者様も大変満足して頂けたと思います。今後、さらなる改善をご希望される場合は、他のレーザーや内服・外用などを組み合わせるとより良い結果が得られると思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレーザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
年々シミが濃くなりコンシーラを重ねても隠しきれなくなってきたため相談に来られました。両頬から鼻背にかけてのしっかりとした老人性色素斑であり、深いもの厚みがあるものの混在している状態の方でした。ここまでしっかりとした色素斑はQスイッチルビーレーザーでの治療が良いと判断し、おすすめさせて頂きました。治療後は深い部分や厚みのある部分の残存を認めますが施術前と比べて著明に改善を認め、患者様も大変満足して頂けたと思います。今後、さらなる改善をご希望される場合は、他のレーザーや内服・外用などを組み合わせるとより良い結果が得られると思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】ムラの少ない明るい肌に 60代女性【症例No.29H0000625】

  • 【5分間シミ取り放題】ムラの少ない明るい肌に 60代女性【症例No.29H0000625】

  • 【5分間シミ取り放題】ムラの少ない明るい肌に 60代女性【症例No.29H0000625】

  • 【5分間シミ取り放題】ムラの少ない明るい肌に 60代女性【症例No.29H0000625】

担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共にシワとシミが気になるとのことで相談に来られました。まずは比較的手軽に出来て効果の実感しやすいシミ取りからチャレンジしたいとのことでしたので、Qスイッチルビーレーザーでの治療をお勧めさせていただきました。施術後3週間でお顔全体的にあったシミは改善し、ムラの少ない明るい肌になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレーザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共にシワとシミが気になるとのことで相談に来られました。まずは比較的手軽に出来て効果の実感しやすいシミ取りからチャレンジしたいとのことでしたので、Qスイッチルビーレーザーでの治療をお勧めさせていただきました。施術後3週間でお顔全体的にあったシミは改善し、ムラの少ない明るい肌になられたと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】所々濃いシミを改善したい 40代女性【症例No.29H0000623】

  • 【5分間シミ取り放題】所々濃いシミを改善したい 40代女性【症例No.29H0000623】

  • 【5分間シミ取り放題】所々濃いシミを改善したい 40代女性【症例No.29H0000623】

  • 【5分間シミ取り放題】所々濃いシミを改善したい 40代女性【症例No.29H0000623】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬や目尻付近にパラパラとシミが増えてきており、改善したいとのことで相談に来られました。1度の照射でしっかり効果を出したい、施術後のテーピングも可能とのことで、Qスイッチルビーレーザーで治療させていただきました。施術後1-2日で照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどで淡いピンクの肌が出現し、徐々に肌色になります。ホクロには照射していないため残存しております。4か月後に受診されましたが、写真を比較するとシミはしっかりと目立たなくなっておりました。Qスイッチルビーレーザーは、一度でシミを落としたい方にはオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレーザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
両頬や目尻付近にパラパラとシミが増えてきており、改善したいとのことで相談に来られました。1度の照射でしっかり効果を出したい、施術後のテーピングも可能とのことで、Qスイッチルビーレーザーで治療させていただきました。施術後1-2日で照射部位にカサブタが出現しますが軟膏と遮光などの保護をしていただきますと、2-3週ほどで淡いピンクの肌が出現し、徐々に肌色になります。ホクロには照射していないため残存しております。4か月後に受診されましたが、写真を比較するとシミはしっかりと目立たなくなっておりました。Qスイッチルビーレーザーは、一度でシミを落としたい方にはオススメの施術です。

この症例の詳細について

【目の下脱脂】目の下のクマを改善したい 20代女性【症例No.29H0000622】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマを気にされ来院された20代の女性です。目立ったクマではありませんが、目の下の膨らみを取って改善したいと希望され、経結膜的脱脂術を行いました。結膜側(まぶたの内側)を切開して、余剰な眼窩脂肪のみを切除しております。皮膚を切らないので、目元に傷が残りません。術後は2日間の圧迫固定が必要になりますが、縫合や抜糸も必要がないためダウンタイムも短めで比較的、手軽な手術です。内出血もほとんどなく、自然に影クマの改善ができたと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 経結膜的脱脂術
治療方法 通常の経結膜的切開(まぶたの裏を切開)でアプローチし、眼窩脂肪を露出させました。目の下の脂肪に凸凹にならないように、ムラなく且つ取り過ぎないように注意深く摘出します。切開した結膜を元に戻して終了しております。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク  疼痛・腫脹・内出血・術野の感染・血腫(2-3週間で消失)・切開部分の段差・創部の硬さ・傷の赤み・痛み・創縁の損傷の可能性・瞼の知覚障害(経時的に改善)の可能性、再発(加齢とともに出現) 結膜浮腫、ドライアイ、流涙、眼脂などの軽度外反症状、異物感やツッパリ感・結膜充血 左右差:従来の左右差は残ります。現れた涙袋の左右差 創部の硬さ・凸凹感の残存・表情に伴う差など 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性もあります。頬の平坦化 下眼瞼の外反、小じわ・ちり緬じわの増加 ●極めて稀に、アレルギー(重症薬疹・アナフィラキシーショックなど)(麻酔薬・抗生剤・鎮痛剤などの薬剤による)、違和感の残存、球後出血による眼圧上昇や失明、眼および周囲組織の損傷、外眼筋損傷による複視
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマを気にされ来院された20代の女性です。目立ったクマではありませんが、目の下の膨らみを取って改善したいと希望され、経結膜的脱脂術を行いました。結膜側(まぶたの内側)を切開して、余剰な眼窩脂肪のみを切除しております。皮膚を切らないので、目元に傷が残りません。術後は2日間の圧迫固定が必要になりますが、縫合や抜糸も必要がないためダウンタイムも短めで比較的、手軽な手術です。内出血もほとんどなく、自然に影クマの改善ができたと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。
  • ご予約は”ご来院時間~30分前後”を目安にお呼びさせていただく目安の時間となっております。
    前の方のご状況により前後する可能性がございますことを大変恐縮ながらどうぞ予めご了承くださいませ。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case