症例 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科 - Part 3

症例case

すべての症例

実際に当院で治療を受けた方の症例をご紹介します。

症例一覧

【たれ目+目尻切開】吊り目を柔らかな印象の目元にしたい20代女性【症例No.29Y0000271】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと綺麗な瞳をお持ちの方ですが、吊り目の印象を和らげたいとのご要望で相談に来られました。外側の白目もしっかり大きくしたい希望も有り、たれ 目形成だけでは外眼角部の位置が変らないため、目尻切開+垂れ目形成をご提案させていただきました。いずれの手術も術後の後戻りがあるため過矯正気味で手術を終えています。術後1週間で大きな腫れは治まり、3-4週程で形態がおちつき傷跡も分りにくくなってきます。術後3ヶ月の状態では目は外側および下方向にしっかりと拡大し、印象的にのこる目元になられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 比較的大きな瞳の方ですが、吊り目が気になる方
通常必要とされる治療内容 たれ目形成 (目尻切開も同時に行っています)
治療方法 【たれ目形成】睫毛直下の皮膚を切除し縫合します。次に結膜切開(下まぶたの裏側)を行い、CPFを縫縮します。短縮することで余った結膜のみ切除します。【目尻切開】目尻の円蓋部分を可能な限り切開し目尻側を拡大させ、角張りを落としつつ目尻の形を整えます。
料金 473,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(軽度)・内出血(約2週で改善)・薄ピンクの涙(数日で改善)・傷の赤み(1-3か月ほどで改善)・創部周囲の硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)・ドライアイ・流涙・眼脂・異物感やツッパリ感 ●希に起こる事 結膜充血や結膜出血および結膜浮腫・感染・創離開・創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)・左右差・過剰下制による三白眼・下眼瞼の外反 、睫毛乱生、涙漏れ(異所性分泌)、●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む)、薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)・眼球および周囲の損傷・その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと綺麗な瞳をお持ちの方ですが、吊り目の印象を和らげたいとのご要望で相談に来られました。外側の白目もしっかり大きくしたい希望も有り、たれ 目形成だけでは外眼角部の位置が変らないため、目尻切開+垂れ目形成をご提案させていただきました。いずれの手術も術後の後戻りがあるため過矯正気味で手術を終えています。術後1週間で大きな腫れは治まり、3-4週程で形態がおちつき傷跡も分りにくくなってきます。術後3ヶ月の状態では目は外側および下方向にしっかりと拡大し、印象的にのこる目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重切開+垂れ目形成】奥二重と吊り目を改善し、優しい目元になりたい20代女性【症例No.29Y0000268】

担当医師及び施術者からのコメント
もとは奥二重なのですがほぼ一重に見え、吊り目とも合わさり、つぶらで眠そうに見える間素の方でした。 「吊り目の印象を和らげ、二重になって目を大きく見せたい」とのご要望があり、 垂れ目形成および二重形成をご提案させて頂きました。 垂れ目は自然な垂れ具合、二重はやや広めの末広型なるように手術しております。 垂れ目形成自体の腫れはそれほど大きいものでは無く、傷跡も早期に分らなくなっていきます。 一方二重切開の腫れは、術後2-3週で大きな腫れは落ち着き、1ヶ月の頃には腫れは概ね引いてきます。 傷跡は3-6ヶ月くらいで赤みは引き目立ちにくくなっていきます。 術後、まつ毛の根元がしっかり見えるようになり、眉と目の距離も縮まることで目力がアップしました。 適度な垂れ目も優しい雰囲気を出しており、とても魅力的で人柄とマッチした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 吊り目と奥二重のためつぶらな目元に見える方
通常必要とされる治療内容 垂れ目形成術 二重切開術
治療方法 垂れ目は内側法と外側法の双方を行う術式で、通常の睫毛下切開でアプローチし、下眼瞼の外側の皮膚を切除し縫合します。加えて結膜切開でアプローチし下眼瞼のCPFを縫縮します。余った結膜を一部切除します。 二重形成は術前シミュレーションで決めた広めの末広型で切開しました。眼窩隔膜を反転し二重の固定源としました。
料金 495,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(軽度)・内出血(約2週で改善)・薄ピンクの涙(数日で改善)・傷の赤み(1-3か月ほどで改善)・創部周囲の硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)・ドライアイ・流涙・眼脂・異物感やツッパリ感 ●希に起こる事 結膜充血や結膜出血および結膜浮腫・感染・創離開・創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)・左右差・過剰下制による三白眼・下眼瞼の外反 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む)、薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)・眼球および周囲の損傷・その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もとは奥二重なのですがほぼ一重に見え、吊り目とも合わさり、つぶらで眠そうに見える間素の方でした。 「吊り目の印象を和らげ、二重になって目を大きく見せたい」とのご要望があり、 垂れ目形成および二重形成をご提案させて頂きました。 垂れ目は自然な垂れ具合、二重はやや広めの末広型なるように手術しております。 垂れ目形成自体の腫れはそれほど大きいものでは無く、傷跡も早期に分らなくなっていきます。 一方二重切開の腫れは、術後2-3週で大きな腫れは落ち着き、1ヶ月の頃には腫れは概ね引いてきます。 傷跡は3-6ヶ月くらいで赤みは引き目立ちにくくなっていきます。 術後、まつ毛の根元がしっかり見えるようになり、眉と目の距離も縮まることで目力がアップしました。 適度な垂れ目も優しい雰囲気を出しており、とても魅力的で人柄とマッチした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】目立つ大きなシミをなくしたい 60代女性【症例No.29H0000270】

担当医師及び施術者からのコメント
年々シミが濃くなり、特に左のこめかみや両頬の目立った大きなシミがメイクで隠しきれないこともあり来院されました。一つ一つのシミがしっかりと濃く大きいためQスイッチルビーレーザーでの治療をお勧めさせていただきました。照射後1-2日で黒いカサブタが出現し、1-2週程で剥がれます。施術後の写真では照射後のかさぶたが取れたあとの赤みが残っていますが、この色は徐々に薄くなっていきます。濃いシミは目立たなくなりメイクも楽になったと喜んでいただけました。一定の確率で炎症後色素沈着が出現することがありますが、一度のレーザー治療で効果を実感出来るのがQスイッチルビーレーザーの特徴です。

この症例の詳細について

術前評価 顔全体の老人性色素班
通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレーザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(5分間)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
年々シミが濃くなり、特に左のこめかみや両頬の目立った大きなシミがメイクで隠しきれないこともあり来院されました。一つ一つのシミがしっかりと濃く大きいためQスイッチルビーレーザーでの治療をお勧めさせていただきました。照射後1-2日で黒いカサブタが出現し、1-2週程で剥がれます。施術後の写真では照射後のかさぶたが取れたあとの赤みが残っていますが、この色は徐々に薄くなっていきます。濃いシミは目立たなくなりメイクも楽になったと喜んでいただけました。一定の確率で炎症後色素沈着が出現することがありますが、一度のレーザー治療で効果を実感出来るのがQスイッチルビーレーザーの特徴です。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】濃いシミをなくしたい 50代女性【症例No.29Y0000269】

担当医師及び施術者からのコメント
コンシーラーで厚塗りしても隠しきれない両頬のシミを気にされ相談に来られました。比較的表在性の老人性色素斑であり、Qスイッチルビーレーザーでの治療をオススメさせていただきました。施術後は軟膏とテープでの保護が必要ですが、3週後には写真の様にかなりの改善を認めます。軽度の炎症後紅斑と炎症後色素沈着を認めますが経過と共に改善していきます。ダウンタイムはありますが、前後で明らかな変化が目に見えて感じる事ができるため満足度の高い治療法の一つです。

この症例の詳細について

術前評価 顔全体の老人性色素班
通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレーザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(5分間)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
コンシーラーで厚塗りしても隠しきれない両頬のシミを気にされ相談に来られました。比較的表在性の老人性色素斑であり、Qスイッチルビーレーザーでの治療をオススメさせていただきました。施術後は軟膏とテープでの保護が必要ですが、3週後には写真の様にかなりの改善を認めます。軽度の炎症後紅斑と炎症後色素沈着を認めますが経過と共に改善していきます。ダウンタイムはありますが、前後で明らかな変化が目に見えて感じる事ができるため満足度の高い治療法の一つです。

この症例の詳細について

【二重埋没法】厚ぼったさをなくして二重に 20代女性【症例No.29Y0000267】

担当医師及び施術者からのコメント
厚ぼったいまぶたをスッキリしたいとのことで相談に来られました。厚みが強く本来二重切開やROOF切除の適応がある方ですが、ダウンタイムが取れないとのことで埋没法での二重形成を施行させて頂きました。術後2週間で腫れは改善していますが、傷跡の食い込み感は少々残っています。こちらは1-2ヶ月ほどで改善していきます。手術前後を比べると、まつげの根元を覆った余剰皮膚が解消されることで黒目が大きく見え、まぶたの厚ぼったく重々しい印象は改善されたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
厚ぼったいまぶたをスッキリしたいとのことで相談に来られました。厚みが強く本来二重切開やROOF切除の適応がある方ですが、ダウンタイムが取れないとのことで埋没法での二重形成を施行させて頂きました。術後2週間で腫れは改善していますが、傷跡の食い込み感は少々残っています。こちらは1-2ヶ月ほどで改善していきます。手術前後を比べると、まつげの根元を覆った余剰皮膚が解消されることで黒目が大きく見え、まぶたの厚ぼったく重々しい印象は改善されたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】癖付かない二重ラインの改善 10代女性【症例No.29Y0000266】

担当医師及び施術者からのコメント
普段メイクで二重を作っており何となくのクセが付いていますが、メイクなしでは浅い二重の状態で、まつ毛の根元を覆う皮膚を完全に持ち上げる効果が乏しく、ぼやけた印象の目元の方でした。術後の腫れが気になるとのことで、埋没法での二重形成を希望されました。術後2週間で腫れは落ち着き綺麗な平行型の二重になりました。若干の傷跡は残っていますが経過と共にもう少し分りにくくなっていきます。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
普段メイクで二重を作っており何となくのクセが付いていますが、メイクなしでは浅い二重の状態で、まつ毛の根元を覆う皮膚を完全に持ち上げる効果が乏しく、ぼやけた印象の目元の方でした。術後の腫れが気になるとのことで、埋没法での二重形成を希望されました。術後2週間で腫れは落ち着き綺麗な平行型の二重になりました。若干の傷跡は残っていますが経過と共にもう少し分りにくくなっていきます。

この症例の詳細について

【二重埋没法】毎日安定した二重幅に 10代女性【症例No.29Y0000265】

担当医師及び施術者からのコメント
普段は一重なのですがメイクで二重を作っておられる方で、二重幅が安定せず時間がかかることを悩まれ相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望され施行しております。術後2週間で腫れは落ち着き、まつげの根元を覆った余剰皮膚が二重の中に織りこまれ、パッチリとした目元になられたと思います。閉瞼時にすこし食い込みが残っていますが時間と共に改善されていくと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
普段は一重なのですがメイクで二重を作っておられる方で、二重幅が安定せず時間がかかることを悩まれ相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望され施行しております。術後2週間で腫れは落ち着き、まつげの根元を覆った余剰皮膚が二重の中に織りこまれ、パッチリとした目元になられたと思います。閉瞼時にすこし食い込みが残っていますが時間と共に改善されていくと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】大きな瞳を活かした二重に 20代女性【症例No.29H0000264】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと大きくキレイな瞳をお持ちの方ですが、一重のため、まぶたの余剰皮膚がまつ毛の生え際を覆って、せっかくの綺麗な睫毛が隠れていました。手軽な埋没法での二重形成を希望され施行させて頂きました。術後2週間の写真では、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになり、本来の大きく綺麗な瞳がしっかりと見える、魅力的な目元になられたと思います。 閉眼時の創部の陥凹は少し残っておりますが、術後1ヶ月が経過するころには消退します。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと大きくキレイな瞳をお持ちの方ですが、一重のため、まぶたの余剰皮膚がまつ毛の生え際を覆って、せっかくの綺麗な睫毛が隠れていました。手軽な埋没法での二重形成を希望され施行させて頂きました。術後2週間の写真では、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになり、本来の大きく綺麗な瞳がしっかりと見える、魅力的な目元になられたと思います。 閉眼時の創部の陥凹は少し残っておりますが、術後1ヶ月が経過するころには消退します。

この症例の詳細について

【二重埋没法】自然に見える平行型に 10代女性【症例No.29H0000263】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、余剰皮膚がまつ毛の根元をおおい、せっかくの瞳が隠れやや細目に見える方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され、平行型の中でも自然な幅での二重を作成しました。術後の内出血はなく、2週間で腫れは殆どなくなっております。まつ毛の根元をおおった余剰皮膚は二重の中にたたみ込まれ、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。大人っぽいイキイキとした雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、余剰皮膚がまつ毛の根元をおおい、せっかくの瞳が隠れやや細目に見える方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され、平行型の中でも自然な幅での二重を作成しました。術後の内出血はなく、2週間で腫れは殆どなくなっております。まつ毛の根元をおおった余剰皮膚は二重の中にたたみ込まれ、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。大人っぽいイキイキとした雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】平行二重に 10代女性【症例No.29Y0000262】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、普段はメイクで二重を作っておられましたが、手間もかかるため二重形成を希望され相談に来られました。はじめてと言うこともありダウンタイムの少ない埋没法での二重形成をご提案させていただきました。術後2週の写真ですが、綺麗な平行型の二重が作成されています。埋没法は徐々に狭くなるため将来は末広型になっていく幅になります。やや厚めのまぶたの方ですので、埋没法では取れるリスクはありますが、未成年の方や、初めての方には好まれる術式です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、普段はメイクで二重を作っておられましたが、手間もかかるため二重形成を希望され相談に来られました。はじめてと言うこともありダウンタイムの少ない埋没法での二重形成をご提案させていただきました。術後2週の写真ですが、綺麗な平行型の二重が作成されています。埋没法は徐々に狭くなるため将来は末広型になっていく幅になります。やや厚めのまぶたの方ですので、埋没法では取れるリスクはありますが、未成年の方や、初めての方には好まれる術式です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】たれ目の一重から二重に 20代女性【症例No.29Y0000261】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと垂れ目で、かつ一重のため眠そうな印象をお持ちの方でした。また余剰皮膚の左右差により目の大きさも違って見えているため、そちらも含めて埋没法で修正を希望されました。術後2週間で腫れは落ち着き左右差の無い目元になられました。術前の眠そうな雰囲気は解消され優しい印象の目元になられました。傷跡も殆ど分らず喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと垂れ目で、かつ一重のため眠そうな印象をお持ちの方でした。また余剰皮膚の左右差により目の大きさも違って見えているため、そちらも含めて埋没法で修正を希望されました。術後2週間で腫れは落ち着き左右差の無い目元になられました。術前の眠そうな雰囲気は解消され優しい印象の目元になられました。傷跡も殆ど分らず喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】茶褐色斑の改善 30代女性【症例No.29Y0000260】

担当医師及び施術者からのコメント
もともとソバカスがあり年齢と共に濃く大きくなって来たとのことで悩まれていました。以前、光治療を5回ほどされており(目元は未治療)、頬部・鼻背部のソバカスは改善していますが更なる改善を希望し、Qスイッチルビーレーザーでの治療を施行しております。術後3週間ほど軟膏処置を行い、かさぶたが取れたあとの臨床写真です。目の周囲は未治療ですが、頬や鼻背部にあった茶褐色斑は見違えるように改善し、大変喜んで頂けました。Qスイッチルビーレーザーは炎症後色素沈着のリスクはありますが、シミの治療の中でも最も効果的な治療法の一つでありオススメの方法です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともとソバカスがあり年齢と共に濃く大きくなって来たとのことで悩まれていました。以前、光治療を5回ほどされており(目元は未治療)、頬部・鼻背部のソバカスは改善していますが更なる改善を希望し、Qスイッチルビーレーザーでの治療を施行しております。術後3週間ほど軟膏処置を行い、かさぶたが取れたあとの臨床写真です。目の周囲は未治療ですが、頬や鼻背部にあった茶褐色斑は見違えるように改善し、大変喜んで頂けました。Qスイッチルビーレーザーは炎症後色素沈着のリスクはありますが、シミの治療の中でも最も効果的な治療法の一つでありオススメの方法です。

この症例の詳細について

【たれ目形成】吊り目の緩和 10代女性【症例No.29Y0000262】

担当医師及び施術者からのコメント
強い吊り目が気になり少し緩和したいとのことで相談に来られました。目尻の位置が目頭より明らかに高いため、垂れ目形成+目尻切開の適応と思われましたが、少しの変化で良いとのことで垂れ目形成単独手術を施行させていただきました。若干の後戻りがあることを想定して少しオーバー気味にしましたが、想定より後戻りが強く若干の左右差を生じてしまいました。無料修正を提案させていいただきましたが、改善が得られているため大丈夫とのことで終了しています。垂れ目形成単独では目尻の位置が下がらないため、強い吊り目の方には目尻の位置を少し下げることが出来る目尻切開を併用することをオススメします。

この症例の詳細について

術前評価 強い吊り目が気になる方
通常必要とされる治療内容 垂れ目形成
治療方法 睫毛直下の皮膚を切開し縫合します。次に結膜切開(下まぶたの裏側)を行い、CPFを縫縮します。短縮することで余ってしまった結膜を一部切除します。
料金 297,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(軽度)・内出血(約2週で改善)・薄ピンクの涙(数日で改善)・傷の赤み(1-3か月ほどで改善)・創部周囲の硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)・ドライアイ・流涙・眼脂・異物感やツッパリ感 ●希に起こる事 結膜充血や結膜出血および結膜浮腫・感染・創離開・創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)・左右差・過剰下制による三白眼・下眼瞼の外反 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む)、薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)・眼球および周囲の損傷・その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
強い吊り目が気になり少し緩和したいとのことで相談に来られました。目尻の位置が目頭より明らかに高いため、垂れ目形成+目尻切開の適応と思われましたが、少しの変化で良いとのことで垂れ目形成単独手術を施行させていただきました。若干の後戻りがあることを想定して少しオーバー気味にしましたが、想定より後戻りが強く若干の左右差を生じてしまいました。無料修正を提案させていいただきましたが、改善が得られているため大丈夫とのことで終了しています。垂れ目形成単独では目尻の位置が下がらないため、強い吊り目の方には目尻の位置を少し下げることが出来る目尻切開を併用することをオススメします。

この症例の詳細について

【スレッドリフト】輪郭をシャープに 20代女性【症例No.29H0000261】

担当医師及び施術者からのコメント
20代の方ですが、フェイスラインにわずかなモタつきがあり、もう少しシャープさが欲しい方でした。糸による引き上げを希望され、アゴ下と口角からフェイスライン、ほうれい線外側に1本ずつ、左右で合計6本の3Dメッシュの吸収糸を挿入しました。術直後の腫れは若干ありますがそれほど強いものではなく、1週間ほどで殆ど治まります。術後2週間の写真では輪郭のモタつきが改善しシャープさがでており、頬~中顔面の面積が狭くなることで小顔効果が現われていると思います。糸リフトはタルミのリフトアップ効果だけで無く、小顔効果も併せ持つ施術であり、若い方にも小顔になりたい方にはオススメの施術です。

この症例の詳細について

術前評価 タルミは強く無いですがフェイスラインの丸みが気になる方
通常必要とされる治療内容 スレッドリフト3対(6本)
治療方法 局所麻酔下に、アゴ下とフェイスライン・ほうれい線部分に合計6本の3Dメッシュの吸収糸を挿入しました。
料金 356,400円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 軽度の腫れ、内出血が時に起こります(1-2週で消失)・挿入部の疼痛(約1週)、つっぱり感 ●稀に起こり得る事:血腫、感染(初期および遅発性)、挿入部位の一過性皮膚陥凹、目の周りのむくみや結膜浮腫、一過性開口障害、左右差(従来の差は残ります)、感染およびそれに伴う埋没糸の露出、肉芽腫形成、糸のレリーフが浮く(皮膚が薄い方)、一時的な糸の触知(皮膚および口腔内) ●極めて稀起こり得る事: アレルギー(薬疹・アナフィラキシーショックなど)(麻酔薬・抗生剤・鎮痛剤などの薬剤による) 、神経損傷(顔面神経麻痺、感覚障害)や唾液漏などの他部位損傷、その他不測の合併症の可能性 
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
20代の方ですが、フェイスラインにわずかなモタつきがあり、もう少しシャープさが欲しい方でした。糸による引き上げを希望され、アゴ下と口角からフェイスライン、ほうれい線外側に1本ずつ、左右で合計6本の3Dメッシュの吸収糸を挿入しました。術直後の腫れは若干ありますがそれほど強いものではなく、1週間ほどで殆ど治まります。術後2週間の写真では輪郭のモタつきが改善しシャープさがでており、頬~中顔面の面積が狭くなることで小顔効果が現われていると思います。糸リフトはタルミのリフトアップ効果だけで無く、小顔効果も併せ持つ施術であり、若い方にも小顔になりたい方にはオススメの施術です。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】両頬のシミ取り 40代女性【症例No.29H0000262】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミを気にされ相談に来られました。両頬に直径数ミリ~1cm程のシミが散在しておりました。盛り上がりの無い老人性色素斑であり、複数あるシミの治療法および経過についてお話しました。施術後のテーピングはマスクをするので気にならないとのことでしたので、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後3週間の写真ですが、気になっていたシミはかなり減少して目立たなくなり、ご満足いただけました。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミを気にされ相談に来られました。両頬に直径数ミリ~1cm程のシミが散在しておりました。盛り上がりの無い老人性色素斑であり、複数あるシミの治療法および経過についてお話しました。施術後のテーピングはマスクをするので気にならないとのことでしたので、Qスイッチルビーレーザーでの治療を行いました。施術後3週間の写真ですが、気になっていたシミはかなり減少して目立たなくなり、ご満足いただけました。Qスイッチルビーレーザーでの治療は一度の治療で大きな効果を得ることが出来るためオススメの施術です。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】色白の方のシミ取り 40代女性【症例No.29Y0000261】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと色白の方ですが、年齢とともにシミが徐々に増えてきたことに悩まれ相談に来られました。比較的深いしみで光治療では少し物足りない結果になることもありQスイッチルビーレーザーでの治療をオススメしました。照射後カサブタができ1週ほどでめくれましたが、1か月後に炎症後色素沈着が出現し、遮光及びハイドロキノンで約半年経過を見ました。Qスイッチルビーレーザーは光治療では落ちにくい、比較的深いシミなどにも効果を発揮しますが炎症後色素沈着が一時的に起こることがあります。炎症後色素沈着は1年くらいで改善していくためご安心いただけたらと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと色白の方ですが、年齢とともにシミが徐々に増えてきたことに悩まれ相談に来られました。比較的深いしみで光治療では少し物足りない結果になることもありQスイッチルビーレーザーでの治療をオススメしました。照射後カサブタができ1週ほどでめくれましたが、1か月後に炎症後色素沈着が出現し、遮光及びハイドロキノンで約半年経過を見ました。Qスイッチルビーレーザーは光治療では落ちにくい、比較的深いシミなどにも効果を発揮しますが炎症後色素沈着が一時的に起こることがあります。炎症後色素沈着は1年くらいで改善していくためご安心いただけたらと思います。

この症例の詳細について

【スレッドリフト】フェイスラインをシャープに 20代女性【症例No.29H0000260】

担当医師及び施術者からのコメント
若い方でまだタルミははっきりしませんが、フェイスラインのモタつきのため輪郭にシャープさがもう少し欲しい方でした。糸による引き上げを希望され、アゴ下とフェイスライン、ほうれい線外側に1本ずつ、左右で合計6本の3Dメッシュの吸収糸を挿入しました。術後つっぱり感はありますが腫れは数日ほどで治まります。術後2週間の写真では輪郭部分にシャープさがでてフェイスラインから中顔面にかけてのお顔の面積が小さくなっているのが分ります。糸リフトはタルミだけで無く小顔効果が期待できる施術であり、若い方にも小顔になりたい方にはオススメの施術です。

この症例の詳細について

術前評価 タルミは強く無いですが輪郭部分のモタつきが気になります
通常必要とされる治療内容 スレッドリフト3対(6本)
治療方法 局所麻酔下に、アゴ下とフェイスライン・ほうれい線外側に合計6本の3Dメッシュの吸収糸を挿入しました。
料金 356,400円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 軽度の腫れ、内出血が時に起こります(1-2週で消失)・挿入部の疼痛(約1週)、つっぱり感 ●稀に起こり得る事:血腫、感染(初期および遅発性)、挿入部位の一過性皮膚陥凹、目の周りのむくみや結膜浮腫、一過性開口障害、左右差(従来の差は残ります)、感染およびそれに伴う埋没糸の露出、肉芽腫形成、糸のレリーフが浮く(皮膚が薄い方)、一時的な糸の触知(皮膚および口腔内) ●極めて稀起こり得る事: アレルギー(薬疹・アナフィラキシーショックなど)(麻酔薬・抗生剤・鎮痛剤などの薬剤による) 、神経損傷(顔面神経麻痺、感覚障害)や唾液漏などの他部位損傷、その他不測の合併症の可能性 
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
若い方でまだタルミははっきりしませんが、フェイスラインのモタつきのため輪郭にシャープさがもう少し欲しい方でした。糸による引き上げを希望され、アゴ下とフェイスライン、ほうれい線外側に1本ずつ、左右で合計6本の3Dメッシュの吸収糸を挿入しました。術後つっぱり感はありますが腫れは数日ほどで治まります。術後2週間の写真では輪郭部分にシャープさがでてフェイスラインから中顔面にかけてのお顔の面積が小さくなっているのが分ります。糸リフトはタルミだけで無く小顔効果が期待できる施術であり、若い方にも小顔になりたい方にはオススメの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】自然な末広型 10代女性【症例No.29Y0000260】

担当医師及び施術者からのコメント
まつ毛が長く、横幅の長い一重の方ですが、蒙古ヒダが発達しており外側ピークの吊り目の印象を拭えない方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され施行しております。派手な目元はお好みではなかったため末広型の自然な雰囲気で作成しました。術後2週間の写真ではまつ毛の生え際が露出し、目頭側を強く覆った余剰皮膚が二重の折り目に収納されることで吊り目の印象は和らぎ、キレイな大人っぽい雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
まつ毛が長く、横幅の長い一重の方ですが、蒙古ヒダが発達しており外側ピークの吊り目の印象を拭えない方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され施行しております。派手な目元はお好みではなかったため末広型の自然な雰囲気で作成しました。術後2週間の写真ではまつ毛の生え際が露出し、目頭側を強く覆った余剰皮膚が二重の折り目に収納されることで吊り目の印象は和らぎ、キレイな大人っぽい雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】つり目を緩和させる二重に 20代女性【症例No.29Y0000259】

担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で、目頭から上まぶたの内側にかけての蒙古ヒダが発達しており、外側ピークの形状のため吊り目の印象を持ってしまう目元の方でした。ダウンタイムの少ない方法での二重形成を希望され埋没法での二重形成を勧めさせていただきました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き、吊り目に見えていた目元は緩和されパッチリとした綺麗な目元になられました。術後の傷跡も殆ど気にならないくらいになるためダウンタイムや傷跡が気になる方には埋没法はオススメの方法です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で、目頭から上まぶたの内側にかけての蒙古ヒダが発達しており、外側ピークの形状のため吊り目の印象を持ってしまう目元の方でした。ダウンタイムの少ない方法での二重形成を希望され埋没法での二重形成を勧めさせていただきました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き、吊り目に見えていた目元は緩和されパッチリとした綺麗な目元になられました。術後の傷跡も殆ど気にならないくらいになるためダウンタイムや傷跡が気になる方には埋没法はオススメの方法です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】アーモンド形のアーチに 10代女性【症例No.29Y0000309】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で、かつ目頭側の蒙古ヒダが張っているため外側ピークのややキツイ印象の目元の方でした。ダウンタイムが取れないとのことで埋没法をオススメさせていただきました。埋没法といえども術直後は腫れていますが術後2週間で腫れは治まります。術後、二重の中に余剰皮膚が折りたたまれるため、蒙古ヒダからつながる外側ピークのアーチは改善されました。その結果くりっとしたアーモンド型のアーチになり、キツイ印象は解消され凜々しいはっきりとした印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で、かつ目頭側の蒙古ヒダが張っているため外側ピークのややキツイ印象の目元の方でした。ダウンタイムが取れないとのことで埋没法をオススメさせていただきました。埋没法といえども術直後は腫れていますが術後2週間で腫れは治まります。術後、二重の中に余剰皮膚が折りたたまれるため、蒙古ヒダからつながる外側ピークのアーチは改善されました。その結果くりっとしたアーモンド型のアーチになり、キツイ印象は解消され凜々しいはっきりとした印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case