症例 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科 - Part 3

症例case

すべての症例

実際に当院で治療を受けた方の症例をご紹介します。

症例一覧

【ライムライト】顔全体のそばかす改善 30代女性【症例No.29Y0000226】

担当医師及び施術者からのコメント
昔からあるソバカスが年々濃くなってきたため相談に来られました。両頬に1-5mmほどの表在性の茶褐色斑を認め、ダウンタイムの少ないライムライトでのシミ治療をお勧めさせていただきました。5回照射後の写真ですが、施術前に両頬全体にあったシミはかなり目立たなくなっているのが分ります。ライムライトは顔全体の照射で、施術後に軟膏やテープなどでのケアが不要で、施術直後からメイクをして帰宅していただけるため、ソバカスなどの表在性のシミの方にはオススメの治療です。

この症例の詳細について

術前評価 顔全体のそばかすが気になる方
通常必要とされる治療内容 ライムライト
治療方法 仰向けに寝てもらい、目にゴーグルを使用してお顔全体に照射します。顔全体での施術時間は約20-30分で終了します。
料金 88,000円(税込)※5回コース料金
治療のリスク ●施術時に起こる事 軽度の疼痛 ●稀に起こる事 炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。治療数年後に色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
担当医師及び施術者からのコメント
昔からあるソバカスが年々濃くなってきたため相談に来られました。両頬に1-5mmほどの表在性の茶褐色斑を認め、ダウンタイムの少ないライムライトでのシミ治療をお勧めさせていただきました。5回照射後の写真ですが、施術前に両頬全体にあったシミはかなり目立たなくなっているのが分ります。ライムライトは顔全体の照射で、施術後に軟膏やテープなどでのケアが不要で、施術直後からメイクをして帰宅していただけるため、ソバカスなどの表在性のシミの方にはオススメの治療です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】二重幅を広げて左右を揃えたい 10代女性【症例No.29Y0000225】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重の方ですが、左が狭く左右差がある点、もう少し広くしたいという点が改善できるかどうかを相談に来られました。ダウンタイムも気にされており埋没法での二重形成をご提案させていただきました。術後は腫れも内出血もそれほど目立たず経過は良いと思います。二重幅はご要望通り術前より広がり左右差も殆ど気にならなくなったと喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重の方ですが、左が狭く左右差がある点、もう少し広くしたいという点が改善できるかどうかを相談に来られました。ダウンタイムも気にされており埋没法での二重形成をご提案させていただきました。術後は腫れも内出血もそれほど目立たず経過は良いと思います。二重幅はご要望通り術前より広がり左右差も殆ど気にならなくなったと喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】直後から腫れを少なく 10代女性【症例No.29Y0000224】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でメイクで二重を作っておられましたが日々の手間がかかるとのことで相談に来られました。一重であるため余った皮膚がまつ毛の生え際にかぶさり重たい目元の方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され作成しております。末広型で作成したので直後もそれほど腫れは目立たず、2週後にはほぼ腫れは治まり、まつ毛の生え際がしっかり見えパッチリとした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でメイクで二重を作っておられましたが日々の手間がかかるとのことで相談に来られました。一重であるため余った皮膚がまつ毛の生え際にかぶさり重たい目元の方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され作成しております。末広型で作成したので直後もそれほど腫れは目立たず、2週後にはほぼ腫れは治まり、まつ毛の生え際がしっかり見えパッチリとした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】眉と目の距離を近く 20代女性【症例No.29Y0000223】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で余剰な皮膚が睫毛を覆い隠し、眉と目の距離が長く見え、かつ非常に目が細く見えている方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され受診されました。元々一重であまり広い幅を希望されず少し控え目な末広型で作成しました。術後2週目の写真ですが腫れは完全に落ち着き、睫毛の生え際がキレイに露出することで切れ長のキレイな瞳が見えるようになり、眉と目の距離も縮まることで若々しい印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で余剰な皮膚が睫毛を覆い隠し、眉と目の距離が長く見え、かつ非常に目が細く見えている方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され受診されました。元々一重であまり広い幅を希望されず少し控え目な末広型で作成しました。術後2週目の写真ですが腫れは完全に落ち着き、睫毛の生え際がキレイに露出することで切れ長のキレイな瞳が見えるようになり、眉と目の距離も縮まることで若々しい印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】優し気な末広二重に 30代男性【症例No.29Y0000222】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと控え目な末広型の二重をお持ちの方ですが年齢と共に二重の幅が狭くなり、今では右目は一重のように見えるようになったため修正を希望し相談に来られました。ダウンタイムが取れないとのことで埋没法での二重形成をご提案させていただきました。末広型の二重を希望されたため直後の腫れも控え目で、2週間でほぼ落ち着きます。埋没法で作成しておりますので、しばらくするともう少し二重幅が狭くなってさらに自然な目元になって行きます。タウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと控え目な末広型の二重をお持ちの方ですが年齢と共に二重の幅が狭くなり、今では右目は一重のように見えるようになったため修正を希望し相談に来られました。ダウンタイムが取れないとのことで埋没法での二重形成をご提案させていただきました。末広型の二重を希望されたため直後の腫れも控え目で、2週間でほぼ落ち着きます。埋没法で作成しておりますので、しばらくするともう少し二重幅が狭くなってさらに自然な目元になって行きます。タウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】広めの平行二重に 20代女性【症例No.29Y0000221】

担当医師及び施術者からのコメント
元々一重の方で弛んできた皮膚がまつ毛の根元をしっかりと隠してしまい、生え際が殆ど見えず重たい目元に見えてしまう方でした。普段から余剰皮膚を解消するためメイクで広めの二重を作っておられましたが、ノンメイクでも二重になっておきたいとの要望で相談に来られました。手軽な埋没法での手術を希望され施行させて頂いています。広めの二重が希望であり術直後の腫れは目立ちますが、腫れは3日で7割、10-14日で殆ど無くなります。術直後から睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、2週後には重たそうな目元は見違えるように軽くなられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々一重の方で弛んできた皮膚がまつ毛の根元をしっかりと隠してしまい、生え際が殆ど見えず重たい目元に見えてしまう方でした。普段から余剰皮膚を解消するためメイクで広めの二重を作っておられましたが、ノンメイクでも二重になっておきたいとの要望で相談に来られました。手軽な埋没法での手術を希望され施行させて頂いています。広めの二重が希望であり術直後の腫れは目立ちますが、腫れは3日で7割、10-14日で殆ど無くなります。術直後から睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、2週後には重たそうな目元は見違えるように軽くなられたと思います。

この症例の詳細について

【目尻ボトックス】笑いジワ・表情ジワの改善 30代女性【症例No.29Y0000220】

担当医師及び施術者からのコメント
笑ったときや目を閉じたときに出来る目尻のシワを気にされ相談を受けました。 患者様の目尻のシワは動いたときだけ出来る「動きシワ」の状態であり、何もしないまま年月を過ごしていると、 皮膚自体に折り目がつき「安静シワ」になる可能性が高く、予防目的にボツリヌストキシン注射での治療をお勧めさせて頂きました。 左右とも数カ所に注射を打つだけで筋肉の動きは約半年ほど止めてくれるため、将来の「安静シワ」の予防に繋がります。 術後1週間で効果の実感を得ることが出来る手軽な方法です。

この症例の詳細について

術前評価 目尻の表情ジワを改善したい方
通常必要とされる治療内容 目尻にボトックス注射
治療方法 目尻にボトックス注射を行います。(10単位)
料金 11,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛(1日程で改善) ●希に起こる事 点状の内出血(1-2週で消失)・軽度のむくみ(2-3日) 眉毛外側の吊り上がり、眉の高さの左右差 ●患者様自身の目について起こり得る事 眼瞼下垂症があり、眉毛挙上による代償を行っている場合、ボトックスで眉毛挙上を抑えることで眼瞼下垂が顕在化する可能性があります。 ●極めて稀起こり得る事: 皮膚症状(湿疹など)・眼症状(羞明・眼脂など)・感染・神経症状(頭痛など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●慎重投与が必要な方 筋弛緩剤や筋弛緩作用のある薬剤を投与中の方は筋弛緩作用が増強されることがあります。慢性呼吸障害、重篤な筋力低下、閉鎖隅角緑内障のある方は症状・病態が悪化する可能性があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
笑ったときや目を閉じたときに出来る目尻のシワを気にされ相談を受けました。 患者様の目尻のシワは動いたときだけ出来る「動きシワ」の状態であり、何もしないまま年月を過ごしていると、 皮膚自体に折り目がつき「安静シワ」になる可能性が高く、予防目的にボツリヌストキシン注射での治療をお勧めさせて頂きました。 左右とも数カ所に注射を打つだけで筋肉の動きは約半年ほど止めてくれるため、将来の「安静シワ」の予防に繋がります。 術後1週間で効果の実感を得ることが出来る手軽な方法です。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】複数の大きなシミを改善 30代女性【症例No.29Y0000219】

担当医師及び施術者からのコメント
年々濃くなるシミがいよいよメイクでも隠しきれなくなってきたため相談に来られました。一つ一つのシミがしっかりと濃く大きいためQスイッチルビーレーザーでの治療をお勧めさせていただきました。Qスイッチルビーレーザーでのシミ治療は一度の照射で治療が完了しますが、施術後に軟膏+テープでの保護が必要です。この患者様は照射部位がマスクで覆われる部位であったため何の問題も無く生活が出来たと思います。施術後3週後の写真ですが元のシミがどこにあったか分らないくらいにキレイに取れたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
年々濃くなるシミがいよいよメイクでも隠しきれなくなってきたため相談に来られました。一つ一つのシミがしっかりと濃く大きいためQスイッチルビーレーザーでの治療をお勧めさせていただきました。Qスイッチルビーレーザーでのシミ治療は一度の照射で治療が完了しますが、施術後に軟膏+テープでの保護が必要です。この患者様は照射部位がマスクで覆われる部位であったため何の問題も無く生活が出来たと思います。施術後3週後の写真ですが元のシミがどこにあったか分らないくらいにキレイに取れたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】奥二重から末広二重に 20代女性【症例No.29H0000218】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重の方ですが、ややまぶたの余剰皮膚がまつ毛の根元を覆っておりました。手軽な埋没法でのパッチリした二重を作りたいとのことでご相談に来られました。ナチュラルな末広型で二重を作成しました。術直後の腫れも軽度で、術後2週間の検診では腫れが完全に落ち着いておりました。自然な二重でまつ毛の根元が見えるようになったことで、綺麗な瞳が大きくパッチリ見えるようになりました。雰囲気も明るく、華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重の方ですが、ややまぶたの余剰皮膚がまつ毛の根元を覆っておりました。手軽な埋没法でのパッチリした二重を作りたいとのことでご相談に来られました。ナチュラルな末広型で二重を作成しました。術直後の腫れも軽度で、術後2週間の検診では腫れが完全に落ち着いておりました。自然な二重でまつ毛の根元が見えるようになったことで、綺麗な瞳が大きくパッチリ見えるようになりました。雰囲気も明るく、華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】一重から平行二重に 20代女性【症例No.29Y0000217】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと完全な一重の方で二重になりたいとのことで相談に来られました。目は横方向に大きいのですが余剰な皮膚がまつ毛の根元を覆いせっかくの綺麗な瞳を隠している状態でした。手軽な手術を希望され埋没法での二重形成を施行させていただきました。術後2週間で腫れは落ち着き平行型の二重となり、同時にまつ毛の根元を覆っていた皮膚は解消され本来のキレイな瞳がしっかりと見えるようになり、大人っぽい印象の目元になられたと思います。傷跡もメイクをしていると殆ど分らない状態ですダウンタイムが気になる方にはオススメの方法です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと完全な一重の方で二重になりたいとのことで相談に来られました。目は横方向に大きいのですが余剰な皮膚がまつ毛の根元を覆いせっかくの綺麗な瞳を隠している状態でした。手軽な手術を希望され埋没法での二重形成を施行させていただきました。術後2週間で腫れは落ち着き平行型の二重となり、同時にまつ毛の根元を覆っていた皮膚は解消され本来のキレイな瞳がしっかりと見えるようになり、大人っぽい印象の目元になられたと思います。傷跡もメイクをしていると殆ど分らない状態ですダウンタイムが気になる方にはオススメの方法です。

この症例の詳細について

【隆鼻術】ヒアルロン酸でお手軽に 30代女性【症例No.29Y0000216】

担当医師及び施術者からのコメント
鼻根部の低い鼻を高くしたいとの希望で相談に来られました。ダウンタイムが取れないとのことで手軽なヒアルロン酸注射による隆鼻をオススメさせていただきました。ヒアルロン酸は施術直後から効果の実感をして貰える施術で、メイクもすぐに出来るため非常にオススメの方法です。鼻が低いとお悩みの方には一度お試し頂きたい施術です。

この症例の詳細について

術前評価 鼻根部を高くしたい方
通常必要とされる治療内容 ヒアルロン酸注入(鼻根部)
治療方法 ベットに横になり、上瞼の位置から鼻尖部にかけての自然なラインを作るようにデザインを行い、鼻根部から0.35ccのヒアルロン酸を注入しました。
料金 ヒアルロン酸1本41,800円+注入料5,500円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹(1週間ほどでほぼ改善) ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ、 ●希に起こる事 デコボコになる(浅い層への注入時)、注入不足(効果が乏しい)、曲がって見える 過剰注入(何度も繰り返し入れると起こり得ます) ●極めて稀起こり得る事 アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚など) 塞栓症(眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。 ●注意を要する方  ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。   
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
鼻根部の低い鼻を高くしたいとの希望で相談に来られました。ダウンタイムが取れないとのことで手軽なヒアルロン酸注射による隆鼻をオススメさせていただきました。ヒアルロン酸は施術直後から効果の実感をして貰える施術で、メイクもすぐに出来るため非常にオススメの方法です。鼻が低いとお悩みの方には一度お試し頂きたい施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】眠そうに見える一重からの変身 10代女性【症例No.29Y0000215】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、メイクで二重を作っておられましたが皮膚炎が起こるようになってきたため、二重形成を希望され相談に来られました。ダウンタイムを気にされていたため埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。埋没法は術直後でも腫れはそれほど目立たず2週間で腫れは殆ど気にならなくなります。術後メイクで二重を作る必要が無くなったため皮膚炎も落ち着き、皮膚に対しても良い経過をたどったのではないでしょうか。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、メイクで二重を作っておられましたが皮膚炎が起こるようになってきたため、二重形成を希望され相談に来られました。ダウンタイムを気にされていたため埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。埋没法は術直後でも腫れはそれほど目立たず2週間で腫れは殆ど気にならなくなります。術後メイクで二重を作る必要が無くなったため皮膚炎も落ち着き、皮膚に対しても良い経過をたどったのではないでしょうか。

この症例の詳細について

【目の上のくぼみ】二重切開後のくぼみをヒアルロン酸で改善 20代女性【症例No.29Y0000214】

担当医師及び施術者からのコメント
目の上のくぼみが気になるため相談を受けました。 過去に二重切開を受けておりその切開ラインでの強いくぼみが生じたためどうにか治したいとの希望がありました。 左のくぼみが強いですが右も少し気になるとのことで、右0.1cc 左0.4ccのヒアルロン酸を注入しました。 施術後10日の写真ですが、左上眼瞼内側に以前の切開ラインを少し認めますが、気になる強いくぼみは解消されました。 これ以上入れると閉瞼時の膨らみが気になるようになると思われるため、もう少し待ってから追加の注入を検討していく方針です。

この症例の詳細について

術前評価 他院二重切開後に目の上のくぼみが気になった方
通常必要とされる治療内容 ヒアルロン酸(目の上)
治療方法 ヒアルロン酸注射・・・両側 合計0.5cc
料金 ヒアルロン酸注入1本買い取り制46,200円+注入料11,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹(1週間ほどでほぼ改善) ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ 青く透けて見える(皮膚の薄い部位への注入時)、注入不足(効果が乏しい) ●希に起こる事 デコボコになる(浅い層への注入時)、過剰注入 ●極めて稀起こり得る事 アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚・神経・唾液漏など) 塞栓症(眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。 ●注意を要する方  ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。 
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の上のくぼみが気になるため相談を受けました。 過去に二重切開を受けておりその切開ラインでの強いくぼみが生じたためどうにか治したいとの希望がありました。 左のくぼみが強いですが右も少し気になるとのことで、右0.1cc 左0.4ccのヒアルロン酸を注入しました。 施術後10日の写真ですが、左上眼瞼内側に以前の切開ラインを少し認めますが、気になる強いくぼみは解消されました。 これ以上入れると閉瞼時の膨らみが気になるようになると思われるため、もう少し待ってから追加の注入を検討していく方針です。

この症例の詳細について

【5分間シミ取り放題】両頬のシミ取り 40代男性【症例No.29Y0000213】

担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミを気にされ相談に来られました。両頬に直径10-15mm程のシミが数カ所認めました。ダーモスコピーにて悪性所見が無いことを確認し、複数あるシミの治療法および経過についてお話しました。比較的浅い老人性色素斑であり、一回の治療で効果を実感できるQスイッチルビーレーザーをオススメさせていただきました。施術後3週間の写真ですが、気になっていたシミはほぼ分らない状態になっており、ご満足いただけたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 両頬のシミが気になる方
通常必要とされる治療内容 Qスイッチルビーレザー
治療方法 仰向けに寝てもらい、クーリング後で痛みを抑えた状態でレーザーを照射します。(照射時間5分)
料金 43,780円(税込)
治療のリスク ●施術時に起こる事 疼痛 ●稀に起こる事 内出血・水疱・びらん(1-2週で改善)、炎症後色素沈着(1-2年で改善)、効果が乏しい可能性、 色素性母斑(ほくろ)が濃くなる可能性 ●極めて稀起こり得る事 光アレルギー、その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  炎症後色素沈着が起こった場合は、紫外線対策・刺激回避・ハイドロキノンなどでの治療を行う事があります。 ●注意を要する方、その他  強い日焼けをする方、皮膚炎がある方、光アレルギーのある方、妊娠されている方は原則として照射は避けた方が良いでしょう。  肝斑に照射すると肝斑が濃くなることがあるため、肝斑の治療後に照射するのが良いでしょう。シミに見える悪性皮膚疾患もあるため診断を的確に行ってから治療するようにしましょう。レーザー照射後、数年で色素班が再燃することがあります。その際は再度治療を受ける必要があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
両頬のシミを気にされ相談に来られました。両頬に直径10-15mm程のシミが数カ所認めました。ダーモスコピーにて悪性所見が無いことを確認し、複数あるシミの治療法および経過についてお話しました。比較的浅い老人性色素斑であり、一回の治療で効果を実感できるQスイッチルビーレーザーをオススメさせていただきました。施術後3週間の写真ですが、気になっていたシミはほぼ分らない状態になっており、ご満足いただけたと思います。

この症例の詳細について

【スレッドリフト】ヒアルロン酸、ボトックスとの併用でタルミしわ改善 50代女性【症例No.29Y0000212】

担当医師及び施術者からのコメント
ほうれい線、口角のシワ、中顔面など顔全体のタルミが気になってきたため相談に来られました。 タルミを気にされておられましたが、フェイスリフトなどの手術までは考えていないとのことで、糸による引き上げと、中顔面のヒアルロン酸をご提案させていただきました。 糸は両頬およびフェイスラインに2対(4本)挿入し、ヒアルロン酸は中顔面に3cc挿入しております。 術直後の腫れはそれほど目立たず、内出血もほとんど認めません。 3週間後の正面写真では、ほうれい線および口角のシワは改善し、モッタリと下ぶくれしているように見えた顔面下1/3(マリオネットラインおよびフェイスライン)は自然に持ち上がっているのが分ります。 また中顔面がヒアルロン酸でふっくらすることで、顔の重心が上方向に移動し、たるんだ印象をさりげなく解消してくれています。スレッドリフトとヒアルロン酸の併用はお互いが相乗効果を生むため、同時施術が非常にオススメといえます。

この症例の詳細について

術前評価 顔全体のタルミや、中顔面のくぼみの気になる方
通常必要とされる治療内容 スレッドリフト4本+BTX目尻+HA中顔面
治療方法 タルミに対し2対(4本)の糸を挿入し、かつボトックス(目尻)と中顔面のヒアルロン酸注入を併用しました。
料金 382,800円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 軽度の腫れ、内出血が時に起こります(1-2週で消失)・挿入部の疼痛(約1週)、つっぱり感 ●稀に起こり得る事:血腫、感染(初期および遅発性)、挿入部位の一過性皮膚陥凹、目の周りのむくみや結膜浮腫、一過性開口障害、左右差(従来の差は残ります)、感染およびそれに伴う埋没糸の露出、肉芽腫形成、糸のレリーフが浮く(皮膚が薄い方)、一時的な糸の触知(皮膚および口腔内) ●極めて稀起こり得る事: アレルギー(薬疹・アナフィラキシーショックなど)(麻酔薬・抗生剤・鎮痛剤などの薬剤による) 、神経損傷(顔面神経麻痺、感覚障害)や唾液漏などの他部位損傷、その他不測の合併症の可能性 ●注意点 吸収性の糸リフトは、マイルドなリフトアップ効果と、吸収過程で生じるコラーゲンによるタイトニング効果(小顔効果)です。ヒアルロン酸及びボトックス、脂肪溶解注射、光治療などとは作用が異なるため、併用することでさらなる相乗効果が期待できます。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
ほうれい線、口角のシワ、中顔面など顔全体のタルミが気になってきたため相談に来られました。 タルミを気にされておられましたが、フェイスリフトなどの手術までは考えていないとのことで、糸による引き上げと、中顔面のヒアルロン酸をご提案させていただきました。 糸は両頬およびフェイスラインに2対(4本)挿入し、ヒアルロン酸は中顔面に3cc挿入しております。 術直後の腫れはそれほど目立たず、内出血もほとんど認めません。 3週間後の正面写真では、ほうれい線および口角のシワは改善し、モッタリと下ぶくれしているように見えた顔面下1/3(マリオネットラインおよびフェイスライン)は自然に持ち上がっているのが分ります。 また中顔面がヒアルロン酸でふっくらすることで、顔の重心が上方向に移動し、たるんだ印象をさりげなく解消してくれています。スレッドリフトとヒアルロン酸の併用はお互いが相乗効果を生むため、同時施術が非常にオススメといえます。

この症例の詳細について

【二重埋没法】一重から微平行二重に 20代女性【症例No.29Y0000211】

担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で手軽な埋没法での二重形成を希望され来院されました。埋没法はやや狭くなることから少し広めの幅で作成しております。広い幅での二重手術はやや腫れが強くなりますがそれでも約2週間で腫れは落ち着きます。術前に瞳を覆っていた余剰皮膚が、二重の食い込みに折りたたまれることにより、余剰皮膚が解消されます。その結果、術後はパッチリとしたキレイな瞳が見えるようになり、イキイキした印象の元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で手軽な埋没法での二重形成を希望され来院されました。埋没法はやや狭くなることから少し広めの幅で作成しております。広い幅での二重手術はやや腫れが強くなりますがそれでも約2週間で腫れは落ち着きます。術前に瞳を覆っていた余剰皮膚が、二重の食い込みに折りたたまれることにより、余剰皮膚が解消されます。その結果、術後はパッチリとしたキレイな瞳が見えるようになり、イキイキした印象の元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】腫れの少ないナチュラル二重に 10代女性【症例No.29Y0000210】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でまつ毛の生え際が余剰な皮膚で覆い被さり瞳が小さく見えている方でした。ダウンタイムが短い施術を希望され埋没法での二重形成を施行させて頂きました。希望の幅は控え目であったため術直後でもそれほど腫れは目立ちません。腫れが完全に落ち着いた2週間後の写真ですが、まつ毛の生え際を覆った余剰皮膚は二重の食い込みに収納され、まつ毛の根元がしっかりと見えるようになりました。同時に綺麗な瞳もしっかりと見えるようになり、喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 70,000円~110,000円(保証による・税別)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でまつ毛の生え際が余剰な皮膚で覆い被さり瞳が小さく見えている方でした。ダウンタイムが短い施術を希望され埋没法での二重形成を施行させて頂きました。希望の幅は控え目であったため術直後でもそれほど腫れは目立ちません。腫れが完全に落ち着いた2週間後の写真ですが、まつ毛の生え際を覆った余剰皮膚は二重の食い込みに収納され、まつ毛の根元がしっかりと見えるようになりました。同時に綺麗な瞳もしっかりと見えるようになり、喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【二重切開+目頭切開+目尻切開】目を大きく 30代女性【症例No.29Y0000209】

担当医師及び施術者からのコメント
目の横幅が小さいことを気にされ、とにかく横方向に大きくして、二重幅も広くしたいとのご希望が有り相談に来られました。横方向に大きくする目頭切開+目尻切開を、もう少し広い末広型での切開をご提案させていただきました。3つの手術を同時に行った術後1週間ですが、少し内出血や腫れは残りますが濃い目のメイクでごまかして頂ければ2週ほどでかなりの改善が期待できます。術後1ヶ月で傷跡も目立ちにくく腫れもそれほど感じないくらいに回復し、3ヶ月目でメイクをすると、傷跡はほとんど分らないようになります。目を横方向にはっきり大きくしたい方には良い組み合わせと思います。

この症例の詳細について

術前評価 目を大きくしたいご希望の方
通常必要とされる治療内容 二重切開、目頭切開、目尻切開
治療方法 シミュレーションで決めた二重ラインを切開しました。目頭切開はZ法で行っております。
料金 547,800円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の横幅が小さいことを気にされ、とにかく横方向に大きくして、二重幅も広くしたいとのご希望が有り相談に来られました。横方向に大きくする目頭切開+目尻切開を、もう少し広い末広型での切開をご提案させていただきました。3つの手術を同時に行った術後1週間ですが、少し内出血や腫れは残りますが濃い目のメイクでごまかして頂ければ2週ほどでかなりの改善が期待できます。術後1ヶ月で傷跡も目立ちにくく腫れもそれほど感じないくらいに回復し、3ヶ月目でメイクをすると、傷跡はほとんど分らないようになります。目を横方向にはっきり大きくしたい方には良い組み合わせと思います。

この症例の詳細について

【二重切開+目頭切開】目の間隔を縮めて大きな目に 40代女性【症例No.29Y0000208】

担当医師及び施術者からのコメント
元々目と目の距離が長い離れ目の状態であり、厚ぼったい一重が年齢と共にたるんできて、さらに目が小さく見えるようになった事を気にされ相談に来られました。目頭切開を考えているとのことで、二重も切開で行うことを希望されました。元々角度のある目頭であるためZ形成をご提案し、やり過ぎない程度にとどめるよう調整させて頂きました。術後1ヶ月では二重切開の腫れはほぼ治まっていますが、目頭側の傷の赤みはまだ残っています。3ヶ月になると、傷跡は殆ど分らない状態となります。二重および目頭切開の効果によって、パッチリとした綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 重たく見える一重を二重にして、目と目の距離も縮めて目を大きく見せたい方
通常必要とされる治療内容 切開式重瞼形成術(二重切開術) + 目頭切開
治療方法 従来の二重より広めの幅(術前にシミュレーションで決めた幅)で切開し、余剰な眼窩脂肪を適度に切除したのち重瞼形成を行いました。同時に目頭の皮膚の被りをZ形成術によりに解消しました。
料金 371,800円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々目と目の距離が長い離れ目の状態であり、厚ぼったい一重が年齢と共にたるんできて、さらに目が小さく見えるようになった事を気にされ相談に来られました。目頭切開を考えているとのことで、二重も切開で行うことを希望されました。元々角度のある目頭であるためZ形成をご提案し、やり過ぎない程度にとどめるよう調整させて頂きました。術後1ヶ月では二重切開の腫れはほぼ治まっていますが、目頭側の傷の赤みはまだ残っています。3ヶ月になると、傷跡は殆ど分らない状態となります。二重および目頭切開の効果によって、パッチリとした綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】綺麗な瞳が見えるように 20代女性【症例No.29Y0000207】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと大きくキレイな瞳をお持ちの方ですが、一重の余分な皮膚がまつ毛の生え際を覆い厚ぼったい印象の目元に見える方でした。手軽な埋没法での手術を希望され、かつダウンタイムも気にされており控え目な幅での二重をご提案させていただきました。術後きれいな末広型の目元になり、まつ毛の生え際もしっかりと見えるようになったため、本来の大きく綺麗な瞳がしっかりと見える、魅力的な目元になられたと思います。 控え目の二重幅の場合、術直後でも腫れはそれほど目立たず週末手術をしたら週明けには日常生活に戻れるくらいに回復する場合もあります。この患者様もダウンタイムをそれほど感じることなく生活できたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと大きくキレイな瞳をお持ちの方ですが、一重の余分な皮膚がまつ毛の生え際を覆い厚ぼったい印象の目元に見える方でした。手軽な埋没法での手術を希望され、かつダウンタイムも気にされており控え目な幅での二重をご提案させていただきました。術後きれいな末広型の目元になり、まつ毛の生え際もしっかりと見えるようになったため、本来の大きく綺麗な瞳がしっかりと見える、魅力的な目元になられたと思います。 控え目の二重幅の場合、術直後でも腫れはそれほど目立たず週末手術をしたら週明けには日常生活に戻れるくらいに回復する場合もあります。この患者様もダウンタイムをそれほど感じることなく生活できたと思います。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case