症例case

すべての症例

実際に当院で治療を受けた方の症例をご紹介します。

症例一覧

【二重埋没法】眉の雰囲気に合わせて柔らかい目に 20代女性【症例No.29030993】

担当医師及び施術者からのコメント
優しい雰囲気の眉をお持ちですが、一重まぶたのため暗い印象の目元の方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され手術しております。 術後は、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになり、余剰皮膚で覆われていた瞳はしっかり露出し、眉の雰囲気に合った優しい目元になられたと思います。術後2週間で腫れはほぼ落ちつき、傷跡も殆ど分からない状態にあると思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
優しい雰囲気の眉をお持ちですが、一重まぶたのため暗い印象の目元の方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され手術しております。 術後は、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになり、余剰皮膚で覆われていた瞳はしっかり露出し、眉の雰囲気に合った優しい目元になられたと思います。術後2週間で腫れはほぼ落ちつき、傷跡も殆ど分からない状態にあると思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】厚ぼったい瞼を二重に 10代女性【症例No.29Y022492】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと、右が完全な一重、左が奥二重の方です。非常に厚ぼったいまぶたの方で、埋没法では取れるリスク高い事を説明した上で、まだお若いという理由もあり、埋没式の二重形成をオススメさせていただきました。好みの幅が広めということもあり、術直後は腫れが強く感じますが、それも2週ほどでほぼ落ち着きます。お写真のように、厚めのまぶたの方は目尻側の二重の食い込みが浅くなる傾向があります。将来的に切開式二重形成術を検討されるようでしたらROOF切除などが最も適した術式と思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと、右が完全な一重、左が奥二重の方です。非常に厚ぼったいまぶたの方で、埋没法では取れるリスク高い事を説明した上で、まだお若いという理由もあり、埋没式の二重形成をオススメさせていただきました。好みの幅が広めということもあり、術直後は腫れが強く感じますが、それも2週ほどでほぼ落ち着きます。お写真のように、厚めのまぶたの方は目尻側の二重の食い込みが浅くなる傾向があります。将来的に切開式二重形成術を検討されるようでしたらROOF切除などが最も適した術式と思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】まつ毛の生え際がみえるように 10代女性【症例No.29Y022291】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、埋没法での二重形成を希望され来院されました。一重の時は余剰な皮膚がまつ毛の根元を覆っていましたが、二重になることでまつ毛の生え際までしっかりと露出し、黒目も十分に見えるようになりました。術後2週間で腫れはほぼ落ち着きます。やや広めに作った二重は1年ほどすると、徐々に狭くなり好みの幅に落ち着いてくれます。-

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、埋没法での二重形成を希望され来院されました。一重の時は余剰な皮膚がまつ毛の根元を覆っていましたが、二重になることでまつ毛の生え際までしっかりと露出し、黒目も十分に見えるようになりました。術後2週間で腫れはほぼ落ち着きます。やや広めに作った二重は1年ほどすると、徐々に狭くなり好みの幅に落ち着いてくれます。-

この症例の詳細について

【乳頭再建】乳がん手術後の乳頭再建手術とアートメイク 30代女性【症例No.29Y000090】

担当医師及び施術者からのコメント
近隣の総合病院にてシリコンインプラントによる乳房再建を受けられ方です。日帰りでの乳頭形成およびアートメイクで乳輪乳頭のカラー再建をご希望され紹介をお受け致しました。乳頭形成を皮弁法で形成し、落ち着いた段階で色合いをアートメイクで作成しました。術後1年になりますが乳頭の高さも維持されており、アートメイクのカラーマッチも良く、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

術前評価 乳房再建後の乳輪乳頭を作りたい方
通常必要とされる治療内容 乳頭は乳頭形成術、乳輪乳頭のカラーはアートメイク
治療方法 乳頭形成術は乳房の皮膚を使って膨らみを作成します(皮弁法)。3か月ほどの経過を見てから乳輪乳頭のカラーをアートメイクで形成します。
料金 乳頭形成(保険適応)約20,000円(3割負担) アートメイク(自由診療)77,000円(税込)
治療のリスク 乳頭形成のリスク(皮弁法)・・・疼痛、出血、軽度腫脹、内出血、稀に皮弁の壊死、経時的な形成乳頭委縮など アートメイク・・・軽度の疼痛、軽度の出血、色ムラ、経年的に色が薄くなる、非常に稀にアレルギー・肥厚性瘢痕・炎症後色素沈着
担当医師及び施術者からのコメント
近隣の総合病院にてシリコンインプラントによる乳房再建を受けられ方です。日帰りでの乳頭形成およびアートメイクで乳輪乳頭のカラー再建をご希望され紹介をお受け致しました。乳頭形成を皮弁法で形成し、落ち着いた段階で色合いをアートメイクで作成しました。術後1年になりますが乳頭の高さも維持されており、アートメイクのカラーマッチも良く、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【アートメイクリップ】唇の血色アップ 30代女性【症例No.29Y122689】

担当医師及び施術者からのコメント
アートメイクのご経験がない方は、色素の定着までに2.3回の施術を要します。 1〜3年程かけて徐々に薄くなりますが、完全に色が消えることはありません。 メイクオフ時でも違和感のないデザインをおすすめいたします。 アートメイク施術後、熱感や腫れ、痛みなどが出る可能性があります。

この症例の詳細について

術前評価 上唇と下唇の色が違い、上唇が白っぽく色がない方
通常必要とされる治療内容 アートメイク フルリップ
治療方法 全体的にくすみもあり、1回目はオレンジでくすみをカモフラージュし、色を統一しました。 2回目は患者様の希望の色に近い色を施術しました。
料金 2回コース 110,000円(税込)
治療のリスク アートメイクのご経験がない方は、色素の定着までに2.3回の施術を要します。 1〜3年程かけて徐々に薄くなりますが、完全に色が消えることはありません。 メイクオフ時でも違和感のないデザインをおすすめいたします。 アートメイク施術後、熱感や腫れ、痛みなどが出る可能性があります。
担当医師及び施術者からのコメント
アートメイクのご経験がない方は、色素の定着までに2.3回の施術を要します。 1〜3年程かけて徐々に薄くなりますが、完全に色が消えることはありません。 メイクオフ時でも違和感のないデザインをおすすめいたします。 アートメイク施術後、熱感や腫れ、痛みなどが出る可能性があります。

この症例の詳細について

【鼻翼縮小】小鼻縮小 内側 20代女性【症例No.29Y010588】

担当医師及び施術者からのコメント
前から見たときの鼻の穴が目立つことを気にされ相談を受けました。 鼻翼の張り出しはそれほど強く無く、鼻尖部とのバランスを考えると外側切除は適応では無く、 鼻翼基部―鼻柱の間を切除する内側切除をオススメさせていただきました。 術後3ヶ月の写真ですが、正面視で鼻の穴の横幅が狭くなっていることが分かり、 下方向からも基部が狭くなり、わずかに鼻翼のくびれが現れている事が見ていただけると思います。 傷跡も綺麗に分かりづらくなっており、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

術前評価 鼻の穴が正面から目立つ方
通常必要とされる治療内容 鼻翼縮小術(内側法)
治療方法 広い鼻孔底の幅を切除し狭くすることで、鼻の穴の存在感を減じます。同時に鼻翼基部を内側に引き込む効果もあるため鼻翼基部が中央に引き寄せられ、横幅も縮小します。局所麻酔の手術で、片側30分程度で終わりますので、すぐに帰宅していただけます。
料金 286,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事 瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、 知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します) ●希に起こる事 感染・創離開・左右差の残存、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
前から見たときの鼻の穴が目立つことを気にされ相談を受けました。 鼻翼の張り出しはそれほど強く無く、鼻尖部とのバランスを考えると外側切除は適応では無く、 鼻翼基部―鼻柱の間を切除する内側切除をオススメさせていただきました。 術後3ヶ月の写真ですが、正面視で鼻の穴の横幅が狭くなっていることが分かり、 下方向からも基部が狭くなり、わずかに鼻翼のくびれが現れている事が見ていただけると思います。 傷跡も綺麗に分かりづらくなっており、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】他院埋没経験有の二重幅の変更 20代女性【症例No.29Y040487】

担当医師及び施術者からのコメント
過去に埋没法をして二重になっておられますが、物足りなくなり少し広げたいとのご要望があり来院されました。広げる目的の施術であり以前の糸は取らずに、その上から埋没法を行うことをご提案させていただきました。埋没法は時間がたつと狭くなるため、希望の幅より少し広めに作成させていただきました。術後2週間の写真ですが綺麗な平行型の二重となっており、傷跡もほとんど分からない状態になっていると思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
過去に埋没法をして二重になっておられますが、物足りなくなり少し広げたいとのご要望があり来院されました。広げる目的の施術であり以前の糸は取らずに、その上から埋没法を行うことをご提案させていただきました。埋没法は時間がたつと狭くなるため、希望の幅より少し広めに作成させていただきました。術後2週間の写真ですが綺麗な平行型の二重となっており、傷跡もほとんど分からない状態になっていると思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】一重から二重に 20代女性【症例No.29Y042186】

担当医師及び施術者からのコメント
完全な一重で毎日、アイメイクで二重作成を行っておられましたが、日々のメイクが大変とのことで埋没法での二重形成を希望され来院されました。埋没法で作成した二重は時間とともに少し狭くなるためやや広めに作成しました。広めの作成ですので術直後は腫れている印象はありますが、2週ほどで完全に落ち着きます。これから少し狭くなって最終的に落ち着いていきます。それまではメイクなどでごまかして貰えたらと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
完全な一重で毎日、アイメイクで二重作成を行っておられましたが、日々のメイクが大変とのことで埋没法での二重形成を希望され来院されました。埋没法で作成した二重は時間とともに少し狭くなるためやや広めに作成しました。広めの作成ですので術直後は腫れている印象はありますが、2週ほどで完全に落ち着きます。これから少し狭くなって最終的に落ち着いていきます。それまではメイクなどでごまかして貰えたらと思います。

この症例の詳細について

【炭酸ガスレーザー】レーザーでホクロ取り 40代女性【症例No.29Y041485】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下の黒子が気になるとのことで相談を受けました。 比較的小さい黒子でしたので手軽に行えるレーザー照射での治療を進めさせていただきました。 術後3週間ほどで完全に上皮化しピンク色の肌に置き換わり、 さらに時間とともに白く抜けていきます。 小さな黒子除去には、炭酸ガスレーザーでの治療が非常に手軽ですのでオススメの方法です。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の黒子
通常必要とされる治療内容 レーザーによる黒子除去
治療方法 局所麻酔で痛みをコントロールしてから炭酸ガスレーザーを照射します。
料金 7,700円~(大きさによる)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:軽度疼痛・軽度腫脹(数日で改善)・希に出血・内出血(1-2週で改善)が起こり得ます。 ●患者様自身の黒子について起こり得る事 肥厚性瘢痕・ケロイド・炎症後色素沈着・皮膚炎(消毒・外用薬・テープなど)・軽いやけど(うぶ毛や頭髪の焼灼)・皮脂の多い方や皮膚の薄い部位などの照射後に軽度の陥没変型を生じる場合があります。 ●稀に起こり得る事:再発 ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、周辺組織の損傷、神経損傷、照射面の感染 1.   光線アレルギー、レーザー機器の不具合、その他予想外の合併症の可能性など ●注意点: ※炎症後色素沈着の原因となるため、施術後は出来る限り紫外線を避け、 外出時にはテープや日焼け止めクリーム等で保護を行ってください。 また、強くこすったり、触ったりしないようにしてください。 ※炭酸ガスレーザーは黒子やできものが1度消失しても再度出現することがあります。 再発は切除術と比べて高率に起こりえます。 大きい病変や深い病変では照射直後の残存や、短時間での再発の可能性があります。 ※炭酸ガスレーザーは病理組織診断ができないため、良性・悪性の確定診断ができません。 ご不安な方は事前の生検による病理組織学検査をお勧めします。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下の黒子が気になるとのことで相談を受けました。 比較的小さい黒子でしたので手軽に行えるレーザー照射での治療を進めさせていただきました。 術後3週間ほどで完全に上皮化しピンク色の肌に置き換わり、 さらに時間とともに白く抜けていきます。 小さな黒子除去には、炭酸ガスレーザーでの治療が非常に手軽ですのでオススメの方法です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】食い込みの浅い二重の改善 10代女性【症例No.29Y113084】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重なのですが写真のように左右差が強く、二重の食い込みが浅いことから睫毛の上に瞼が被さり、従来の大きな瞳が隠れてしまっていました。アイプチなどで二重を作っておられましたが、左右揃えるのに苦労し、かつ時間も要することから、何とかしたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムそれほど取れないとのことで埋没式での二重形成術をご提案させて頂きました。術後2週間で腫れは落ち着き、しっかりと深い二重となり、睫毛の根元が見えるようになりました。その結果、従来の綺麗な瞳が現れ、若者らしい活き活きした雰囲気の目元になられたと思います。朝の支度の時間も、随分と短縮できたと大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重なのですが写真のように左右差が強く、二重の食い込みが浅いことから睫毛の上に瞼が被さり、従来の大きな瞳が隠れてしまっていました。アイプチなどで二重を作っておられましたが、左右揃えるのに苦労し、かつ時間も要することから、何とかしたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムそれほど取れないとのことで埋没式での二重形成術をご提案させて頂きました。術後2週間で腫れは落ち着き、しっかりと深い二重となり、睫毛の根元が見えるようになりました。その結果、従来の綺麗な瞳が現れ、若者らしい活き活きした雰囲気の目元になられたと思います。朝の支度の時間も、随分と短縮できたと大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】3点どめで切らないタルミ取り 70代女性【症例No.29Y031583】

担当医師及び施術者からのコメント
年を追うごとにタルミが強くなり三角目になってきたため相談を受けました。眉下皮膚切除および上眼瞼皮膚切除でのタルミ取りをはじめはご提案したのですが、メスを入れない方法での改善を望まれたため、埋没式重瞼形成でのタルミ取りのご提案となりました。以前に入れたアイラインのアートメイクが見えるくらいの幅を希望され、少し広めに作成しました。この患者様はタルミが強く、2点留めでは二重ラインが台形状に角張る可能性があったため、3点留めでの重瞼形成を施行いたしました。  術後2週間ではまだムクミは残りますが、一番問題のあった三角目は改善し、アイラインも十分に見える二重幅となっています。ややご高齢の方は、術後のムクミが少し長引く傾向があるため、もう少し経過観察が必要であることをご説明しましたが、術前と比べると格段にタルミが解消されたため、ご本人には大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(3点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 99,000円~143,000円(保証による・税別)(3点どめ)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
年を追うごとにタルミが強くなり三角目になってきたため相談を受けました。眉下皮膚切除および上眼瞼皮膚切除でのタルミ取りをはじめはご提案したのですが、メスを入れない方法での改善を望まれたため、埋没式重瞼形成でのタルミ取りのご提案となりました。以前に入れたアイラインのアートメイクが見えるくらいの幅を希望され、少し広めに作成しました。この患者様はタルミが強く、2点留めでは二重ラインが台形状に角張る可能性があったため、3点留めでの重瞼形成を施行いたしました。  術後2週間ではまだムクミは残りますが、一番問題のあった三角目は改善し、アイラインも十分に見える二重幅となっています。ややご高齢の方は、術後のムクミが少し長引く傾向があるため、もう少し経過観察が必要であることをご説明しましたが、術前と比べると格段にタルミが解消されたため、ご本人には大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】厚ぼったさを改善したスッキリ二重に 10代女性【症例No.29Y012282】

担当医師及び施術者からのコメント
元々奥二重ですが、見た目はほぼ一重の厚ぼったいまぶたの方です。メイクなどで二重を作っても上手できないことから、二重手術を希望され相談に来られました。ダウンタイムを気にされておられ、腫れの少ない埋没式での二重手術をご提案させていただきました。術後2週間ほどで腫れはほぼ無くなり、目を閉じた時の傷跡も殆どわかりません。目元の印象も術前と比べると、睫の根元を覆っていた過剰な皮膚は二重の食い込みの中に引き込まれパッチリとした大きな瞳が現ました。とても魅力的な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々奥二重ですが、見た目はほぼ一重の厚ぼったいまぶたの方です。メイクなどで二重を作っても上手できないことから、二重手術を希望され相談に来られました。ダウンタイムを気にされておられ、腫れの少ない埋没式での二重手術をご提案させていただきました。術後2週間ほどで腫れはほぼ無くなり、目を閉じた時の傷跡も殆どわかりません。目元の印象も術前と比べると、睫の根元を覆っていた過剰な皮膚は二重の食い込みの中に引き込まれパッチリとした大きな瞳が現ました。とても魅力的な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】埋没法で安定した二重に 20代女性【症例No.29Y121181】

担当医師及び施術者からのコメント
普段はアイプチでの二重を楽しんでおられましたが、上手にできないこともあり、埋没式での二重形成を希望され来院されました。もともと、厚みのあるまぶたの方ですので、広い二重は不自然さが出ることから、控えめの末広型をご提案させていただきました。控えめの幅は、術直後の腫れもそれほど強くなく、埋没法の手軽さを最大限実感していただきやすいと思います。術後2週間でほぼ腫れは落ち着き、術前よりすっきりとした、明るい印象の目元になられたと思います。この患者様は、まぶた外側の厚みが強く、目頭側の蒙古襞も強いことから、今後、埋没で作った二重がとれてしまった場合、切開を検討されるようなら、ROOF切除や目頭切開などを併用すると、よりすっきりとした魅力的な目元になれると思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
普段はアイプチでの二重を楽しんでおられましたが、上手にできないこともあり、埋没式での二重形成を希望され来院されました。もともと、厚みのあるまぶたの方ですので、広い二重は不自然さが出ることから、控えめの末広型をご提案させていただきました。控えめの幅は、術直後の腫れもそれほど強くなく、埋没法の手軽さを最大限実感していただきやすいと思います。術後2週間でほぼ腫れは落ち着き、術前よりすっきりとした、明るい印象の目元になられたと思います。この患者様は、まぶた外側の厚みが強く、目頭側の蒙古襞も強いことから、今後、埋没で作った二重がとれてしまった場合、切開を検討されるようなら、ROOF切除や目頭切開などを併用すると、よりすっきりとした魅力的な目元になれると思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】重たい瞼をぱっちり二重に 30代女性【症例No.29Y040780】

担当医師及び施術者からのコメント
元々二重の方ですが年齢とともに、タルミが出現し奥二重になってしまったことに悩まれ相談に来られました。手軽な方法でタルミを取りたいとの希望があり埋没法でのタルミ取りをご提案させていただきました。やや皮膚の厚みがある方で、あまり広い幅でタルミ取りをすると不自然さが出るため、ギリギリ末広~平行型くらいでのタルミ取りをご提案しております。術後2週間の写真では腫れは殆ど気にならないくらいに改善し、タルミは解消され睫毛の生え際が見えるようになっております。目頭側の形態は左が末広型、右目が平行型となっており左右差を感じますが、埋没法で作成した二重は徐々に狭くなるため、経過とともに右目も末広型となっていくため最終的には左右差が無くなります。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々二重の方ですが年齢とともに、タルミが出現し奥二重になってしまったことに悩まれ相談に来られました。手軽な方法でタルミを取りたいとの希望があり埋没法でのタルミ取りをご提案させていただきました。やや皮膚の厚みがある方で、あまり広い幅でタルミ取りをすると不自然さが出るため、ギリギリ末広~平行型くらいでのタルミ取りをご提案しております。術後2週間の写真では腫れは殆ど気にならないくらいに改善し、タルミは解消され睫毛の生え際が見えるようになっております。目頭側の形態は左が末広型、右目が平行型となっており左右差を感じますが、埋没法で作成した二重は徐々に狭くなるため、経過とともに右目も末広型となっていくため最終的には左右差が無くなります。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右揃った末広二重に 10代女性【症例No.29Y060579】

担当医師及び施術者からのコメント
右が一重、左が奥二重であり、両側とももう少ししっかりした二重になりパッチリした目になりたいとの相談に来られました。大きな瞳の方でしたが、余剰皮膚がまつ毛の生え際を覆っているため、パッチリさが損なわれていました。ダウンタイムの少ない埋没法を希望され施術させていただいております。術後2週間で右目に少し内出血が残っていますが、腫れや傷跡はほぼ分らないくらいになっています。内出血はメイクでカモフラージュしていただけたらと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
右が一重、左が奥二重であり、両側とももう少ししっかりした二重になりパッチリした目になりたいとの相談に来られました。大きな瞳の方でしたが、余剰皮膚がまつ毛の生え際を覆っているため、パッチリさが損なわれていました。ダウンタイムの少ない埋没法を希望され施術させていただいております。術後2週間で右目に少し内出血が残っていますが、腫れや傷跡はほぼ分らないくらいになっています。内出血はメイクでカモフラージュしていただけたらと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】一重からぱっちり二重に【症例No.29Y011878】

担当医師及び施術者からのコメント
一重の目を、綺麗なパッチリした二重にしたいと、相談に来られました。腫れや内出血が気になるため、ダウンタイムの少ない埋没式での二重形成をご提案させていただきました。埋没法の腫れは、手術直後が写真の程度で、3日ほどで7割くらい、14日で殆どの腫れが引いていきます。術後、睫毛の根元を覆っていた皮膚が、二重の食い込みの中に引き込まれ、ぱっちりとした二重になられたと思います。この患者様は蒙古襞(もうこひだ:目頭側の余剰皮膚)が強いため、今後目頭切開などを検討されると、さらにパッチリとした魅力的な目元になると思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
一重の目を、綺麗なパッチリした二重にしたいと、相談に来られました。腫れや内出血が気になるため、ダウンタイムの少ない埋没式での二重形成をご提案させていただきました。埋没法の腫れは、手術直後が写真の程度で、3日ほどで7割くらい、14日で殆どの腫れが引いていきます。術後、睫毛の根元を覆っていた皮膚が、二重の食い込みの中に引き込まれ、ぱっちりとした二重になられたと思います。この患者様は蒙古襞(もうこひだ:目頭側の余剰皮膚)が強いため、今後目頭切開などを検討されると、さらにパッチリとした魅力的な目元になると思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】末広に近い平行二重に 10代女性【症例No.29Y050277】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと右が完全な一重で、左が奥二重の状態の方で、左右差を揃えたいとのことで相談に来られました。手軽な方法での作成を希望され埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。埋没法での二重は将来やや幅が狭くなるため希望の幅より少し広めに作成する必要があるのですが、この患者様のように上瞼に厚みがある方の場合、広い幅が逆に不自然さに繋がることになるため、末広と平行型の境界あたりでの作成をしております。2週間後の写真では少しムクミが残っていますが、もう少し落ち着いてきます。経過とともに幅も徐々に狭くなり左右とも末広型になって行くと思われます。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと右が完全な一重で、左が奥二重の状態の方で、左右差を揃えたいとのことで相談に来られました。手軽な方法での作成を希望され埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。埋没法での二重は将来やや幅が狭くなるため希望の幅より少し広めに作成する必要があるのですが、この患者様のように上瞼に厚みがある方の場合、広い幅が逆に不自然さに繋がることになるため、末広と平行型の境界あたりでの作成をしております。2週間後の写真では少しムクミが残っていますが、もう少し落ち着いてきます。経過とともに幅も徐々に狭くなり左右とも末広型になって行くと思われます。

この症例の詳細について

【二重埋没法】末広型から平行二重に 20代女性【症例No.29Y041476】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重の方ですが、平行型の二重になりたいとのことで相談を受けました。腫れの少ない埋没法での二重形成を希望され施行しております。術後2週ほどの腫れが落ち着く時点の写真です。元々綺麗な目の方ですが、華やかな印象のメイク映えする平行型の目元になられたと思います。閉瞼時、新たに作成したラインの若干の陥没は残っていますが、時間とともに馴染んで行くと思われます。なお、従来の二重ラインは残るため、開瞼時・閉瞼時ともに少し見えるのですが、それほど気にならないと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重の方ですが、平行型の二重になりたいとのことで相談を受けました。腫れの少ない埋没法での二重形成を希望され施行しております。術後2週ほどの腫れが落ち着く時点の写真です。元々綺麗な目の方ですが、華やかな印象のメイク映えする平行型の目元になられたと思います。閉瞼時、新たに作成したラインの若干の陥没は残っていますが、時間とともに馴染んで行くと思われます。なお、従来の二重ラインは残るため、開瞼時・閉瞼時ともに少し見えるのですが、それほど気にならないと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】厚ぼったい目をぱっちり二重に 10代女性【症例No.29Y123075】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと厚ぼったい一重で、パッチリした二重になりたいとのことで来院されました。ダウンタイムが気になるとのことで、埋没式での二重作成をご提案させて頂きました。術後2週間目で腫れはほぼ消失し、睫毛の生え際もはっきりしたことでパッチリと明るい印象の綺麗な目元になりました。下方視でも傷跡はほとんど目立たず良好な経過と思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと厚ぼったい一重で、パッチリした二重になりたいとのことで来院されました。ダウンタイムが気になるとのことで、埋没式での二重作成をご提案させて頂きました。術後2週間目で腫れはほぼ消失し、睫毛の生え際もはっきりしたことでパッチリと明るい印象の綺麗な目元になりました。下方視でも傷跡はほとんど目立たず良好な経過と思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】埋没法で生活を快適に 20代女性【症例No.29Y122874】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で、瞼が睫毛に被さり視野が狭くなり、眉毛を挙上して瞼を持ち上げておられる方でした。埋没式での二重作成を行った2週間後の写真ですが、睫毛を覆った余剰皮膚が、二重形成で折りたたまれスッキリとした目元になりました。その結果、隠されていた綺麗な瞳が現れ、とても明るい印象になられました。眉を持ち上げる必要がなくなったため、眉の位置が下がり、オデコの緊張も緩和され、その結果シワも浅くなり、全体としてもお顔の印象が和らいだと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で、瞼が睫毛に被さり視野が狭くなり、眉毛を挙上して瞼を持ち上げておられる方でした。埋没式での二重作成を行った2週間後の写真ですが、睫毛を覆った余剰皮膚が、二重形成で折りたたまれスッキリとした目元になりました。その結果、隠されていた綺麗な瞳が現れ、とても明るい印象になられました。眉を持ち上げる必要がなくなったため、眉の位置が下がり、オデコの緊張も緩和され、その結果シワも浅くなり、全体としてもお顔の印象が和らいだと思います。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。
  • ご予約は”ご来院時間~30分前後”を目安にお呼びさせていただく目安の時間となっております。
    前の方のご状況により前後する可能性がございますことを大変恐縮ながらどうぞ予めご了承くださいませ。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case