小鼻を小さくする手術 (鼻翼縮小術・鼻孔縁挙上術) | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科

施術についてdetailed explanation

小鼻を小さくする手術 (鼻翼縮小術・鼻孔縁挙上術)

  • 張り出した小鼻を小さくしたい
  • 大きな鼻の穴を小さく見せたい
  • 笑った時の大きな小鼻が気になる

  • “鼻翼縮小術”でそんな鼻へのコンプレックスを スッキリ解決する事ができます!
  • 小鼻を小さくする手術 (鼻翼縮小術・鼻孔縁挙上術)について

    「鼻」は顔の中心にある大切なパーツ。「鼻」が中心にある事で、顔のバランスが一気に取れてきます。「鼻」は顔の見た目を決めるうえで、非常に大切な存在です。

    しかし、「存在感があり過ぎる」というのも問題です。例えば、低すぎる、高すぎる、太すぎる、細すぎる、曲がっている、そして小鼻が大きすぎる・・・など。「鼻」自体が自己主張をすると良くありません。
    「鼻」とは、“顔の中心にあるけども、存在感は示さない”、“目立たず、そっといてくれる”、そんな鼻が理想的なお鼻だと考えています。

    鼻翼縮小術1

    そんな中、男女問わず少なからず悩みをかかえているのが“張り出した小鼻”です。人と会話するときに「チラチラと目線を感じる」と悩まれている人もいるのではないでしょうか。また、張り出した小鼻は“元気で明るい印象”を持たれる一方で“子供っぽい印象”をもたれる事も。「できる限り隠したい」「大人っぽい落ち着いた小鼻にしたい」と考える人が多いことでしょう。

    女性であれば、鼻筋なんかは化粧でシャドウをつけることである程度はごまかすことが出来ます。しかし、小鼻を小さく見せる効果的な方法はなかなかありません。そもそも男性であれば化粧もできないので、なすすべがありません。

    そんな“張り出した小鼻”には、「鼻翼縮小術・鼻孔縁挙上術」がとても効果的です。
    (“小鼻”の事を医学的には「鼻翼」と呼びます。また“鼻の穴の縁”の事は「鼻孔縁」と呼びます)
    「鼻翼縮小術・鼻孔縁挙上術」で小鼻を治療すれば、グッと鼻のバランスが整います。それに伴って顔全体の印象も良くなるので、自分に自信が持てて、表情も本来の自分らしさを取り戻すことができます。そして、人の目線を気にするといった、無意識レベルのストレスからも解消されます。

    ●鼻翼縮小術・鼻孔縁挙上術はそれぞれ違った効果があります。

      鼻翼縮小術 鼻孔縁挙上術
    特徴 正面から見た時の、小鼻の横幅を縮めます。小鼻の形によって、内側切除か外側切除、両方かを判断します。 横から見た時の鼻孔縁の垂れ下がりを改善します。
    施術時間 60-90分 60-90分

    気にされている部位や小鼻の特徴によって施術を使い分ける必要があります。

    鼻翼縮小術

    小鼻の張り出し具合から、主な原因部位を診断し治療します。

    ・外側切除・・・鼻翼の外側の皮膚を切除します。
    ・内側切除・・・鼻の穴の床の部分で皮膚を切除します。
    ・両側切除・・・外側と内側の両方を切除します。期間を3か月以上あけて、2回の手術を行います。

    ●手術の方法

    鼻翼縮小術2

    鼻翼縮小術3

    こんな方に適応 小鼻の横幅が広い人
    施術時間 60-90分
    効果実感・持続効果 半永久的
    術後の通院 7日目 抜糸
    1,3か月後 検診(任意)
    術後の腫れ・ダウンタイム 腫れは5日程で改善します。
    内出血は出ることは殆どありませんが出た場合は7日前後で改善します。
    1~3か月は創部の赤みが出る事がありますがメイクで十分に隠れます。
    2-3日痛むことがありますが、鎮痛薬で治まる程度です。
    カウンセリング当日の治療 可能
    麻酔 局所麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔など
    シャワー 当日より可能
    洗髪 当日より可能。
    メイク 当日より可能(創部以外)
    洗顔 当日より可能
    その他の注意点 術後1か月間は鼻を強く触る事を避けましょう。
    注意点・アドバイス

    ①「内側切除・外側切除・両側切除」どの術式が効果的なのかの見極めが大切です。
    お鼻の張り出しの程度や鼻の穴の形によって、どの術式が効果的なのかを見極める事が重要です。両側切除を行う場合、可能であれば3か月以上開けてから2回目の手術をお受けするようにする事が良いでしょう。

    ②鼻翼縮小術をやり過ぎると、“だんご鼻が目立つ”可能性があります。
    切除の“量”を見極める事も大切で、過剰切除には特に注意が必要です。代表的な理由の一つに“小鼻が小さくなったけど、だんご鼻が目立つ”などが起こる可能性あります。
    手術によってどのような変化が起こるのか担当医から十分な説明をお受けになる事をお勧めします。

    ③鼻翼縮小術と鼻尖縮小術(だんご鼻の治療)、先にするならどちらが先?
    相談に来られる患者さまで、上記の順序を迷っておられる方がよくおられます。結論は、先に鼻尖縮小術(だんご鼻の治療)をする事をお勧めします。

    なぜなら、“鼻翼縮小術”と“鼻尖縮小術”では微調整をしやすいのは“鼻翼縮小術”だからです。
    つまり“鼻尖縮小術”をしてから“鼻翼縮小術”をすると細くなった鼻先に合わせて小鼻を調節できます。逆に“鼻翼縮小術”をしてから“鼻尖縮小術”をすると、だんご鼻が思いのほか細くならなかった時に、バランスがとれないからです。

    「鼻」というのはバランスがとても重要です。そのため調節がしやすい”鼻翼縮小術”を後からするのが良いでしょう。
    (なお、両方同時にするクリニックもありますが、当院では別々にする事を推奨しています。)

    鼻孔縁挙上術

    横から見た時の鼻孔縁(小鼻の縁)が下に垂れ下がっていると、重々しい小鼻に見えます。その垂れ下がって重たい部分を切除し縫合することで、小鼻をスッキリさせます。※画像イメージはI字法

    鼻孔縁挙上術

    こんな方に適応 小鼻が下方向に張り出している人
    施術時間 60-90分
    効果実感・持続効果 半永久的
    術後の通院 7日目 抜糸
    1,3か月後 検診(任意)
    術後の腫れ・ダウンタイム 腫れは5日程で改善します。
    内出血は出ることは殆どありませんが出た場合は7日前後で改善します。
    1~3か月は創部の赤みが出る事がありますがメイクで十分に隠れます。
    2-3日痛むことがありますが、鎮痛薬で治まる程度です。
    カウンセリング当日の治療 可能
    麻酔 局所麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔など
    シャワー 当日より可能
    洗髪 当日より可能。
    メイク 当日より可能(創部以外) 創部のメイクは抜糸の翌日から
    洗顔 当日より可能
    その他の注意点 術後1か月間は鼻を強く触る事を避けましょう。
    注意点・アドバイス

    鼻孔縁の取り過ぎには注意が必要です。取り過ぎた場合は、鼻孔縁が上がり過ぎてしまいまい元に戻すためには組織移植が必要となります。そのため控え目にしておいた方が良いでしょう。控えめであれば後日に追加切除もすることが出来ます。

    症例写真、術後の経過について

    • 鼻翼縮小(内側)

      • 正面
      • 下から
      鼻翼縮小(内側)
      術前評価
      鼻の穴が正面から目立つ方
      通常必要とされる治療内容
      鼻翼縮小術(内側法)
      治療方法
      広い鼻孔底の幅を切除し狭くすることで、鼻の穴の存在感を減じます。同時に鼻翼基部を内側に引き込む効果もあるため鼻翼基部が中央に引き寄せられ、横幅も縮小します。局所麻酔の手術で、片側30分程度で終わりますので、すぐに帰宅していただけます。
      料金
      286,000円(税込)
      治療のリスク
      ●初期に起こる事
      疼痛・軽度の腫脹
      ●時に起こる事
      出血、内出血(1-3週で改善)
      ●経過中に起こる事
      瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、
      知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します)
      ●希に起こる事
      感染・創離開・左右差の残存、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存
      ●極めて稀起こり得る事
      薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。
      その他予想外の合併症の可能性もあります。
      担当医師及び担当者からのコメント
      前から見たときの鼻の穴が目立つことを気にされ相談を受けました。
      鼻翼の張り出しはそれほど強く無く、鼻尖部とのバランスを考えると外側切除は適応では無く、
      鼻翼基部―鼻柱の間を切除する内側切除をオススメさせていただきました。
      術後3ヶ月の写真ですが、正面視で鼻の穴の横幅が狭くなっていることが分かり、
      下方向からも基部が狭くなり、わずかに鼻翼のくびれが現れている事が見ていただけると思います。
      傷跡も綺麗に分かりづらくなっており、大変喜んでいただけました。


    • 鼻孔縁挙上術

      • 正面
      • 左斜位
      • 右斜位
      鼻孔縁挙上術
      術前評価
      他院にて鼻翼縮小を行ったあとに鼻翼下垂が起こってしまった人の修正術
      通常必要とされる治療内容
      鼻孔縁挙上術(T字法)
      治療方法
      鼻中鼻翼バランスを整えるため、下垂した鼻孔縁をT字に切除し挙上させます。
      料金
      352,000円(税込)
      治療のリスク
      ●初期に起こる事
      疼痛・軽度の腫脹
      ●時に起こる事
      出血、内出血(1-3週で改善)
      ●経過中に起こる事
      瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します)
      ●希に起こる事
      感染・創離開・左右差の残存、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存、効果不良
      ●極めて稀起こり得る事
      薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。
      その他予想外の合併症の可能性もあります。
      担当医師及び担当者からのコメント
      この患者様は、他院にて鼻翼縮小を受けた結果、
      鼻翼は縮小しましたが鼻翼下垂が生じ、修正目的に来院されました。

      鼻翼縮小の外側および内側法はデザインを工夫しないと鼻翼下垂が起こり、
      鼻翼鼻中バランスが崩れ、鼻翼が乗っかっているような不自然な形態になってしまいます。

      これを修正するのが鼻孔縁挙上のT字切開法になります。
      手術は局所麻酔下に行い約60-90分で終了します。

      術後正面視および側面視で鼻翼鼻中バランスは改善し、
      鼻翼が乗りかかった様な不自然な形態は改善され喜んでいただけたと思います。
    • 【鼻翼縮小】小鼻の丸みの自己主張を減らしたい 20代女性【症例No.29Y0000301】 

      • 正面
      • 斜位
      • 下から
      【鼻翼縮小】小鼻の丸みの自己主張を減らしたい 20代女性【症例No.29Y0000301】 
      術前評価
      小鼻の張り出しが目立つ方
      通常必要とされる治療内容
      鼻翼縮小術(外側法)
      治療方法
      鼻翼の丸みが強く、外側切除をすることで、鼻翼の張り出しを軽減します。局所麻酔の手術で、片側30分程度で終わりますので、すぐに帰宅していただけます。
      料金
      242,000円(税込)
      治療のリスク
      ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事  瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます、段差が残存することもあります)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します)、鼻孔縁や鼻翼の見え方が少し変化します、鼻翼-鼻柱バランスの変化、鼻翼基部内側のくびれ ●希に起こる事 感染、創離開、左右差の残存、肥厚性瘢痕(赤さ、硬さ、圧痛など)、炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●手術をお受けになれない方  妊娠中の方、授乳中の方、半年以内に妊娠の予定のある方、極わずかな左右差 や瘢痕が気になる方、使用薬剤に過敏症がある方
      担当医師及び担当者からのコメント
      20代女性。前から見たときの小鼻の張り出しが目立つことを気にされ相談を受けました。
      鼻翼の丸みを無くしコントラストを減じることができる外側法をオススメさせていただきました。
      術後3ヶ月の写真ですが、正面および斜位の写真で鼻翼の自己主張は明らかに無くなり、
      下方向からも鼻翼の張り出しが減じていることが分ります。
      懸念される傷跡も比較的分かりづらくなっており、大変喜んでいただけたと思います。
    • 【鼻翼縮小】小鼻の肉厚感が気になる 20代女性【症例No.29Y0000318】

      • 正面
      • 横向き
      • 下から撮影
      【鼻翼縮小】小鼻の肉厚感が気になる 20代女性【症例No.29Y0000318】
      術前評価
      小鼻の肉厚が少し目立つ方
      通常必要とされる治療内容
      鼻翼縮小術(外側法)
      治療方法
      鼻翼の張り出しが強い部分(下1/3部分)の切除をすることで、肉厚感を軽減します。局所麻酔の手術で、両側60分程度で終わる日帰り手術です。
      料金
      242,000円(税込)
      治療のリスク
      ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹
      ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善)
      ●経過中に起こる事  瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます、段差が残存することもあります)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します)、鼻孔縁や鼻翼の見え方が少し変化します、鼻翼-鼻柱バランスの変化、鼻翼基部内側のくびれ
      ●希に起こる事 感染、創離開、左右差の残存、肥厚性瘢痕(赤さ、硬さ、圧痛など)、炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。
      ●手術をお受けになれない方  妊娠中の方、授乳中の方、半年以内に妊娠の予定のある方、極わずかな左右差 や瘢痕が気になる方、使用薬剤に過敏症がある方
      担当医師及び担当者からのコメント
      20代女性。
      前から見たときの肉厚感が気になるとのことで来院されました。
      おっしゃっている肉厚感は鼻翼が三角形のように末広型に鎮座していることが原因と判断し、
      鼻翼下1/3部分の張り出しを減じる外側法での手術をオススメさせていただきました。
      術後、鼻翼の張り出しが減じられたことで鼻翼自体の肉厚感が無くなり、
      スッキリとした小鼻になられたと思います。頭側に切り込みすぎないことで
      傷跡もそれほど目立たず自然な雰囲気にご満足いただけたのではないでしょうか。

    当院が選ばれる理由

    理由01
    医師の無料カウンセリングにより、「最適な施術」を提案!
    施術前に、医師による無料カウンセリングを実施します。鼻の機能まで十分に理解している医師が、あなたのお鼻の分析を行い丁寧に説明。「仕事を長く休めない」「人に知られたくない」といったライフスタイルや患者様の気持ちも十分に配慮した上で、最適な施術をご案内いたします。
    理由02
    さまざまなニーズに対応!豊富な手術バリエ―ション
    各手術にはそれぞれ、長所と短所があります。当院の医師は、大学病院や美容外科で得た豊富な経験から、あらゆる鼻形成に対応できる技術があります。あなたのこだわりやニーズに最も合った鼻形成が見つかります。
    理由03
    術前シミュレーションで不安を解消!術後も安心の手術保証制度!
    「小鼻を小さくする手術」の術前の不安には、「効果が無かったらどうしよう」「鼻のバランスが崩れたらどうしよう」といったことがあることでしょう。そんな不安がある方は、術前にCGシミュレーションをお受けいただく事もできます(有料)。
    また、当院では術後の不安にも責任をもって修正術で対処します。 (再手術は当院既定の範囲内で行います。手術で調整できないわずかな誤差もあります。あらかじめご了解ください。)
    理由04
    「安全・安心」など、患者様の利益を最優先!
    当院では、患者さまの利益を最優先にしております。たとえば、最も安全な施術方法、リラックスできる環境作り、痛みを可能な限り抑えるなど。そして、その上での納得の良心価格を実現。「安全、安心、信頼、納得、満足」これが、私たちのモチベーションです。
    理由05
    形成外科専門医として、「正しい医療」を提供!
    鼻形成をという「治療」の専門分野を得意とするからこそ、多くの問題を熟知しています。形成外科専門医が「すべき事」と「すべきでない事」を判断し、「正しい医療」を提供します。

    施術を迷われている方へ 注意点とアドバイス

    「小鼻を小さくする手術」といっても、お鼻の状態は人それぞれです。そのため、手術には多くのバリエーションがあり、画一的な手術では効果が乏しい事もしばしばありますし、逆にやり過ぎるとバランスを崩してしまうことも・・・。

    そのため患者さま自身が、自分の鼻について何も知らずに手術を受ける事はお勧めしません。“自分の鼻がどういう鼻なのか”をご自身が理解をする事が必要です。
    他にも、担当医師に「どのような点に気を付けて手術を行うのか?」などの質問をしてみるのも良いでしょう。その時に「患者さま自身が気にしている部分」の対処の仕方、注意点をきっちりと説明してくれる医師を見つけてください。
    丁寧かつ適切に答えてくれる医師は、経験も豊富で手術バリエーションも豊富な事が多いです。

    また、ご希望の“小鼻”を担当医師と共有していないと、想像したものと違った場合にトラブルになる事もあります。手術前に医師による十分な説明を受け、場合によっては術前CGシミュレーションなどで担当医師とイメージを共有する事をお勧めします。

     

    まとめると、次のようなチェックポイントを意識して、よいクリニックを選択してください。

    ・手術前に、医師による十分な説明があるか?
    ・正確なシミュレーションを受けられるか?
    ・トラブル時には適切な修正手術が可能か?
    ・鼻形成分野の専門的知識と技術があるか?
    ・対応に誠意が感じられるか?

      単に「有名なクリニックだから」という理由で、安易に選択することがないようにしましょう。こうした点をふまえた上で、納得の上で施術を受けることをお勧めします。

    施術の流れ

    • 01
      ご予約
      フリーダイヤルでの お電話もしくはメールで、無料カウンセリングのご予約をお願いします。
    • 02
      カウンセリング

      医師による無料カウンセリングをお受けいただきます。専門の医師による的確な診断を受け、場合によってCGシミュレーションを行います(有料)。術後の経過やアフターケアについても、併せて説明いたします。

      ※一度カウンセリングを行った方であれば、電話での手術予約が可能です。ただし基本的に、手術1週間前にはご入金いただきます。

    • 03
      施術日は、手術室へ移動し、デザイン
      リラックスできるBGMの流れた手術室へ移動して頂き、医師により再び手順の説明を受け、納得の上で施術を行います。
    • 04
      手術
      手術中の痛みがないよう、しっかりと局所麻酔を行い、痛みのコントロールをします。
      (ご希望によっては笑気麻酔・静脈麻酔・全身麻酔を併用して行います。これらは、どれも有料です。) 
      麻酔が十分に効いたことを確認し手術を開始します。手術中はお顔にライトが当たっているため、目の前の手術操作が見える事はありません。
      BGMを聞きながらリラックスして施術を受けて頂けます。仮に途中、痛みが起こった場合は、すぐに麻酔を追加しますので安心です。
    • 05
      手術終了後
      直後の状態を鏡で確認いただき、納得の上で終了します。手術室からパウダールームに移動して頂き、身支度を整えて帰宅して頂きます。腫れやギプスが気になる方は、サングラスや眼鏡・帽子・マスクなどをお持ちいただけると良いでしょう。
    • 06
      施術後の安心サポート
      施術後、処置・抜糸のため受診があります。その後、1か月目、3か月目に検診に来て頂きます(任意)。それ以降であっても、気になる事があれば、どのような事でもお問い合わせおよび無料検診に来て頂けます。

    小鼻を小さくする手術 (鼻翼縮小術・鼻孔縁挙上術)の料金

      料金(税込)
    鼻翼縮小術 外側切除¥242,000
    内側切除¥286,000
    鼻孔縁挙上術(I型・両側) ¥275,000
    鼻孔縁挙上術(T型・両側) ¥352,000
    鼻孔縁下降術(片側) ¥330,000
    鼻孔縁下降術(両側) ¥418,000
    術前CGシミュレーション ¥33,000

    ※セットプランは両側をご希望の際のプランです。小鼻縮小の同時にすることは出来ないため、時期をずらしての手術となります。

    ※術後の変化を共有するため、ご希望の方のみ術前CGシミュレーションのご案内を行っております。

    院長から患者さまへの
    6つのお約束

    当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
    当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

    1
    質の高い医療
    2
    良心的な安心価格
    3
    最新技術による治療
    4
    将来をふまえたプラン
    5
    丁寧な診察
    6
    保険診療も案内

    院長紹介

    • モニター募集
    • いいクリニックの選び方
    • 樹のひかりクリニックのいいところ、ダメなところ
    • 院長ってこんな人
    • 院長コラム
    • スタッフブログはこちら
    • Instagramページ
    • Facebookページ
    • 未成年の方へ

    お電話・メールでのご相談、
    カウンセリング予約はこちら

    診療時間・アクセス

    診療時間 AM9:30~PM18:30

    皮膚科・形成外科(保険診療)
    美容皮膚科・美容外科(自由診療)
    日帰り手術(保険診療・自由診療)

    • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
    • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
    • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

    〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
    ※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

    当院までの道順について詳しくはこちら