あごを出す(ヒアルロン酸・プロテーゼ・おとがい骨切り術)|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

あごを出す(ヒアルロン酸・プロテーゼ・おとがい骨切り術)

・小さく、引っ込んだ顎を治したい
・シャープな輪郭になりたい
・小顔になりたい
・綺麗な横顔になりたい

樹のひかりでは、このようなお悩みを解決するため、患者様のご希望やライフスタイルに合わせ、3つの治療法をご用意しています。

【はじめに】

小さく・低いあごは、幼くかわいらしい印象を与えますが、逆に頼りない印象も与えてしまいます。小さいあごの治療をする事で、大人っぽい頼りがいのある印象の顔になるだけでなく、“丸顔”に“シャープさ”がでるので「小顔効果」も生み出します。
 治療の目安は、顔を横から見た時の鼻・唇・顎のバランス(Eライン)を理想の位置に近づけます。手軽なヒアルロン酸注射による治療から、本格的な治療に至るまで様々な方法があります。



Eラインとは?

Eラインとは鼻先と顎先を結んだ線で、唇がラインに触れるくらいが、美しい理想の横顔のバランスと言われているラインです。顎は目などと違って整形したことが人知られる事は殆どありません。そのため人知れず綺麗になりたい人には絶対に押さえておきたいのがEラインと言えます。

Eラインとは

Eラインとは

Eラインとは

こんな人に適応 小さく、引っ込んだ顎の人
シャープな輪郭になりたい人
小顔になりたい人
横顔美人になりたい人

ご希望やライフスタイルに合う、3つの施術法を用意!

治療法は、患者さまのご希望やライフスタイルに合わせ3つをご用意しています。

ヒアルロン酸注射・・・手軽なプチ整形
シリコンプロテーゼ挿入術・・・永久的な美しい横顔を
オトガイ骨切り術・・・永久的、かつ自分の骨から美しい横顔を

  ヒアルロン酸注射 シリコンプロテーゼ挿入 オトガイ骨切り術
施術時間 約5-10分 約60-90分 約120分
料金(税別) 1.0㏄:¥35,000+注入料(¥6,000)
長期持続型:¥50,000
¥180,000 ¥550,000
※麻酔料(別途¥100,000)
効果の実感 半年~1年 半永久的 半永久的
麻酔 なし
(希望者には笑気麻酔・麻酔クリームなど。※別途料金)
局所麻酔
(希望者には笑気麻酔・麻酔クリームなど。※別途料金)
全身麻酔
腫れ・内出血 殆どなし、あっても軽度のみ 腫れは5日程度(個人差あり)
内出血は目立ちません。メイクはテープ固定がとれた時点で可能です。
腫れは10-14日程度(個人差あり)
内出血は場合がありますが2週間程で無くなります。メイクはテープ固定がとれた時点で可能です。
術後の圧迫 なし あり
3-5日間、顎にテープが付きます。
あり
3-5日間、顎にテープが付きます。
手術の安静 なし 1週間 硬い食べ物は控えて下さい。
術後は頬杖を付いたり、うつぶせ寝などは控えて下さい。それ以外は通常通り生活できます。
1週間 硬い食べ物は控えて下さい。
術後は頬杖を付いたり、うつぶせ寝などは控えて下さい。それ以外は通常通り生活できます。
なし 口の中のみ 口の中のみ
術後の通院 なし 1週間、1・3か月 1週間、1・3か月
入院の必要性 なし なし なし(場合によって必要)

ヒアルロン酸注射による小さい・低いあごの治療

ヒアルロン酸を顎に注入する事で手軽に理想のE-lineを手にする事が出来ます。

ヒアルロン酸による小さい・低いあごの治療

施術時間 5-10分
効果実感・持続効果 半年~1年(効果の実感には個人差があります)
術後の通院 なし (希望者はいつでも診察OKです)
術後の腫れ・ダウンタイム 腫れや・内出血は殆どありません。
術後の痛み 術後の痛みはほとんどありません
カウンセリング当日の治療 可能
麻酔 なし
(希望者には笑気麻酔・麻酔クリームなど。※別途料金)
シャワー・洗顔・洗髪 当日より可能
メイク 直後より可能

当院が取り扱っているヒアルロン酸製剤についてはこちら

注意点・アドバイス

注意点①:ヒアルロン酸でのアゴ整形はしっかりとした量を注入しないと変化が乏しくなる可能性のある部位です。

0.1cc単位での注入を行っているクリニックもあるようですが、少量の注入では効果の実感が乏しく、「すぐになくなってしまった。」という患者様も少なくありません。
当院では、「1本買取り(1cc)」と「打ち放題」を選ぶことが出来ますので、ある程度量が必要な方は打ち放題を選ばれると、大変お得です。患者様がより納得していただけるよう、お得な料金設定にさせて頂いております。

注意点②:ヒアルロン酸の注入量にも注意が必要です。

注入し過ぎることにより顎が大きくなり逆にシャープ感が出なくなったり、出し過ぎる事によってしゃくれたイメージになることもあります。
当院では顔を専門とする形成外科専門医が対応させて頂きますので、ちょうど良い理想の「形」に仕上げさせて頂きます。又、患者様も毎日鏡で見ていると見慣れてくるため、「もっともっと」となる方もおられます。

追加の際には状態を拝見させて頂き、時には注入をお勧めしない場合もございます。常に患者様にとって最善と思われるご提案をさせて頂きますので、安心してお任せ下さい。

注意点③:顎を出す方向が大切です。

「顔が長く見えるのではないか」とのご質問も時に頂きますが、その心配はありません。ヒアルロン酸で顎をシャープにする場合には、顎を下方向に伸ばすのではなく斜め前に出し、理想的なEラインを作ります。
ただし、もともと顎下が長い患者さまの場合はお勧めしない場合もございます。

ヒアルロン酸による小さい・低いあごの治療注意点1

注意点④:非吸収性の製剤にご注意! 

「非吸収性の素材なので長持ちする」という謳い文句で、非吸収性の製剤でボリューム形成を行うクリニックもあります。ですが、実際外来をしていると「高価な非吸収性のものを入れたのに、あっという間に馴染んでしまった!期待外れ!」というお声をよく耳にします。

「どうして?」という疑問を持たれると思います。なぜなら、いずれも非吸収性の物質を基剤と混ぜてペースト状にして注入するので、馴染むのはヒアルロン酸と同じだからです。非吸収性物質の一粒一粒は、長持ちしますが、馴染んで高さを失う事に変わりはありません。これが、非吸収性という名のトリックです。

ヒアルロン酸による小さい・低いあごの治療注意点2

さらに問題もあります。非吸収性の素材は元に戻したくなった場合、ヒアルロン酸と違って分解酵素がありません。
そのため、手術で取り出すしかなく、そして、確実に取り出せるという保証もないため安全性は担保されていません。稀ですがアレルギーなどが起こった場合も同様です。お値段が高い割に、効果が短く、安全面でも疑問点があります。

一方で、ヒアルロン酸は、非吸収性の素材と比べ安価であり、かつ元に戻したくなった時やアレルギーなどの問題が起こった場合も、速やかに解かすことが出来ます(ヒアルロン酸分解酵素を使用します)。つまり、「後戻りが出来る安全な注射」ということになります。
当院は、医療は安全性が何よりも大切と考え、非吸収性の素材は使用せず、ヒアルロン酸注射でのボリューム形成をお勧めしています。

シリコンプロテーゼ挿入術による小さい・低いあごの治療

医療用高級プロテーゼを挿入する事で、半永久的な理想のE-ラインを手に入れることが出来ます。傷口は口の中なので、人に知られる事はありません。

手術の方法
下唇の裏を切りアゴの骨の前にプロテーゼを挿入します。

シリコンプロテーゼによる小さい・低いあごの治療

シリコンプロテーゼによる小さい・低いあごの治療2

施術時間 60-90分
効果実感・持続効果 持続的
カウンセリング当日の治療 不可
麻酔 局所麻酔
(希望者には笑気麻酔・麻酔クリームなど。※別途料金)

アゴのシリコンプロテーゼ挿入の処置期間・アフターケア

手術当日 患部の状態 シリコンプロテーゼを固定するため、また腫れや後出血の予防のため、テープでアゴを圧迫します。
テープが外れないように気をつけてください。口の中(下唇のウラ側)には糸が付きます。
清潔 洗髪やシャワー浴は当日から可能です。(アゴのテープは付けたまま)
注意点 ・口の中(下唇のウラ)には傷口を縫った糸が付いています(吸収糸)。硬いものを食べると、傷の中に食物が入る事があるため、食事は柔らかいものにして下さい。
また口腔内特に傷の近くに食物残渣が残るのは衛生的に良くありません。軽くうがいをして口腔内の衛星を保って下さい。(強いうがいはかえって傷口に負担がかかるのでお控えください)

・プロテーゼがズレそうな姿勢などは避けてください(頬杖・うつぶせ寝など)。
処方箋 ・抗生剤 ・痛み止め
アフターケア 痛みに対しては、痛み止めでコントロール可能です。
3-5日目 患部の状態 顎のテープ圧迫が解除となります。腫れもかなり落ち着いてきます。口の中の糸はまだ残っています。
無理に触らないようにしてください。
清潔 小さめのお口を開けての歯磨きをするようにしてください。下の前歯のブラッシングは避けてください。洗顔は顎をやさしく洗う程度にして下さい。
7日目
(通院)
患部の状態 傷の痛みはかなり改善する頃です。
清潔 控えめの口の開きで、下の前歯のブラッシングを開始してください。傷口には注意してください。
日常生活 プロテーゼがズレそうな姿勢などは避けてください(頬杖・うつぶせ寝など)。
14-20日 患部の状態 傷口を縫った糸が溶けて取れてくるころです。
1ヶ月 検診 ご来院頂きます。
3ヶ月 検診 ご来院頂きます。
患部の状態 かなり落ちつきますが、頬杖などはお控えするようにしてください。

オトガイ骨切り術による小さい・低いあごの治療

ご自身の骨を移動させて骨格から顎を出す方法。ご自身の組織での半永久的な理想の顎を形成します。

手術の方法
口の中(下唇の裏)を切開し、アゴの骨切りを行い伸ばしたい方向に移動し医療用プレートで固定します。

オトガイ骨切り術による小さい・低いあごの治療

オトガイ骨切り術による小さい・低いあごの治療2

オトガイ骨切り術による小さい・低いあごの治療2

施術時間 120分
効果実感・持続効果 持続的
カウンセリング当日の治療 不可
麻酔 全身麻酔

オトガイ骨切り術の処置期間・アフターケア

手術当日 患部の状態 口の中(下唇のウラ側)には糸が付きます。
清潔 洗髪やシャワー浴は翌日から可能です。
注意点 ・口の中(下唇のウラ)には傷口を縫った糸が付いています(吸収糸)。硬いものを食べると、傷の中に食物が入る事があるため、食事は柔らかいものにして下さい。
また口腔内特に傷の近くに食物残渣が残るのは衛生的に良くありません。軽くうがいをして口腔内の衛星を保って下さい。(強いうがいはかえって傷口に負担がかかるのでお控えください)

・移動した骨に負担をかける姿勢は避けてください(頬杖・うつぶせ寝など)。
処方箋 ・抗生剤 ・痛み止め
アフターケア 痛みに対しては、痛み止めでコントロール可能です。
7日目
(通院)
患部の状態 腫れ・内出血は徐々におちつきます。口の中の糸はまだ残っています。無理に触らないようにしてください。
清潔 小さめのお口を開けての歯磨きをするようにしてください。下の前歯の強いブラッシングは避けてください。洗顔は顎をやさしく洗う程度にして下さい。
14-20日目 患部の状態 傷の痛みはかなり改善する頃です。腫れ・内出血も中り改善します。
日常生活 ・移動した骨に負担をかける姿勢は避けてください(頬杖・うつぶせ寝など)。
1ヶ月 検診 ご来院頂きます。
患部の状態 傷口を縫った糸が溶けて取れてくるころです。
3ヶ月 検診 ご来院頂きます。

症例写真、術後の経過について

  • 顎のヒアルロン酸注入

    • 術前
    • 術直後
    ヒアルロン酸注入(顎) 症例①
    術前評価
    顎が小さく幼い雰囲気の方
    通常必要とされる治療内容
    ヒアルロン酸注入
    治療方法
    ベッドに横になり、顎を前に出す様に0.8ccの注入をお行いました。直後からメイクをして帰っていただけます。
    料金
    41,000円(税別)※ヒアルロン酸1本35,000円+注入料6,000円
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・腫脹(1週間ほどでほぼ改善)
    ●時に起こる事
    内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ
    ●希に起こる事
    デコボコになる(浅い層への注入時)、注入不足(効果が乏しい)
    過剰注入(何度も繰り返し入れると起こり得ます)、顎の曲がり
    ●極めて稀起こり得る事
    アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚など)
    塞栓症(口唇・眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など)
    その他予想外の合併症の可能性もあります。
    ●合併症の対処法
     経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。
    ●注意を要する方
     ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。   

    院長および施術者からのコメント
    顎を前に出しEラインを整えることで、顔全体の奥行きが現れ見違えるように大人っぽい雰囲気に変わります。前から見ても顎先がシャープになるため小顔効果も現れます。顎は人が注目してみる場所ではありません。そのため、どこが変わったのか分からないけど、お顔の雰囲気を変えることが出来る大変お勧めの施術です。
    • 術前
    • 術後2週間
    ヒアルロン酸注入(顎) 症例②
    術前評価
    顎が小さく丸顔を気にされている方
    通常必要とされる治療内容
    ヒアルロン酸注入
    治療方法
    ベッドに横になり、顎を前に出す様に1.0ccの注入をお行いました。直後からメイクをして帰っていただけます。
    料金
    41,000円(税別)※ヒアルロン酸1本35,000円+注入料6,000円
    治療のリスク
    症例①に同じ
    院長および施術者からのコメント
    Eラインを整えるように、顎を前方向に注入を行いました。直後から顔全体の奥行きが現れ見違えるように大人っぽい雰囲気に変わります。顎は人が注目してみる場所ではありません。そのため、どこが変わったのか分からないけど、お顔の雰囲気を変えることが出来る大変お勧めの施術です。
  • 顎シリコン挿入

    • 術前
    • 術後3か月
    顎 シリコンプロテーゼ挿入術
    術前評価
    顎を少し前に出して大人な雰囲気になりたい方
    通常必要とされる治療内容
    シリコンプロテーゼ挿入術
    治療方法
    ベッドに横になり、お口の中に2.5㎝程の切開を行い顎先に加工したシリコンプロテーゼを挿入します。術後はすぐに帰宅してもらえます。顎下にズレ予防のための固定のテープを3日程する必要があります。
    料金
    180,000円(税別)
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・腫脹(数日でほぼ改善)
    ●時に起こる事
    注入部分の硬さや凸凹感、内出血(1-2週で改善)
    ●希に起こる事
    プロテーゼの位置異常、口唇の組織損傷、骨吸収、口唇の知覚障害
    ●極めて稀起こり得る事
    薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。
    その他予想外の合併症の可能性もあります。
    院長および施術者からのコメント
    顎先を前方に少し出す他だけでお顔の奥行きが現れて一気に大人っぽい雰囲気に変わられました。ヒアルロン酸と異なりシリコンプロテーゼは吸収されることはありませんので長きにわたりその形態を維持することが出来ます。
  • オトガイ骨切り術

    • 術前
    • 術直後
    オトガイ骨切り術
    術前評価
    口唇の膨らみが乏しいと悩まれていた方
    通常必要とされる治療内容
    オトガイ骨切り術(全身麻酔下手術)
    治療方法
    口腔内(下口唇の裏側)よりアプローチして、顎先の骨切りを行い前方にずらして固定します。
    料金
    550,000円(税別)※別途全身麻酔代100,000円(税別)
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・腫脹(2-3週間ほどでほぼ改善)
    ●時に起こる事
    内出血(1-3週で改善)、口唇知覚障害、骨移動させた段差の触知(見た目には分からない)
    ●希に起こる事
    口唇組など他部位の織損傷
    ●極めて稀起こり得る事
    感染(遅発性も含む)・肉芽腫・骨壊死
    薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。その他予想外の合併症の可能性もあります。
    ●その他、全身麻酔の必要性とリスク
    手術中の意識、血圧、呼吸、体液量など、様々な全身管理や、手術中や手術後の痛みを軽減し、手術を安全かつ円滑に行うために全身麻酔を行う必要があります。
     〇全身麻酔に関連し、起こりうる合併症:歯・口唇・舌・鼻の組織損傷、のどの痛み、声のかすれ、悪心・嘔吐、点滴部分の内出血・感染、点滴の漏れ(腫脹・浮腫)、術後鼻出血 
    〇非常にまれに起こりうる合併症について
    薬剤アレルギー、悪性高熱症、肺塞栓症、点滴ルート確保や体位による神経損傷
    点滴カニューレの残存、脳血管障害、虚血性心疾患、心停止、誤嚥性肺炎、肺水腫、他
    院長および施術者からのコメント
    オトガイ骨切り術をすることで舌骨周辺の組織全体が前方向に移動します。その結果、顎先が前に移動するだけでなく顎下の弛んだ組織も前方向に移動させる効果があるため、顎下にもすっきりとした小顔効果が現れます。

あごを出す(ヒアルロン酸・プロテーゼ・おとがい骨切り術)の料金

  料金(税別)
ヒアルロン酸注射 1本買い取り ¥35,000+注入料(¥6,000)
入れ放題 ¥50,000
プロテーゼ挿入術 (医療用シリコン) ¥180,000
おとがい骨切り術(前方移動術) ¥550,000+全身麻酔料¥100,000
お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー

輪郭・あご・ほほ・おでこ