乳房への脂肪注入(脂肪注入による豊胸)|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

乳房への脂肪注入(脂肪注入による豊胸)

乳房への脂肪注入(脂肪注入による豊胸)の特徴

シリコンバッグ豊胸までは抵抗があるし、ヒアルロン酸豊胸は吸収されてなくなってしまうのも勿体ない。そんな人には、自分の脂肪を注入することで一生ものの豊胸を行う事ができます。自身の余分な脂肪を採取して、気になるお胸に注入すてお胸を大きくする方法です。安心・安全な自分の脂肪ですから生着した後は、柔らかく自然で何の違和感もなく生活する事ができます。

このような方におすすめです

最も安心な自分の脂肪を使って豊胸したい人。
世の中で最も安心・安全な注入素材は自分体の組織です。そんな安心の自分の脂肪でお胸を大きくしたい人には最適の治療です。
脂肪吸引をしたいけど、その脂肪を捨てるならお胸に入れて豊胸したい
当院で脂肪吸引をすれば、「納得の部分痩せ」と「安全な豊胸」の2つをリーズナブルな価格で叶えることが出来ます。当院の脂肪吸引は、全国的にも脂肪吸引で有名なクリニックで技術を磨き、現在も実臨床で乳房再建に生かしている形成外科専門医の院長自ら行っています。そのため、専門的な脂肪吸引と、専門的な脂肪注入を共にお受けいただけるメリットがあります。
ダイエットでお胸が痩せるのが嫌な人
ダイエットをすると、腹部や大腿、二の腕など、本当にやせたい部分はあまり細くならず、逆に胸が小さくなってしまい悩むことがよくあります。自分の体の気になる部分から脂肪を吸引し、その脂肪を利用する。そんな夢のような治療です。
人知れずゆっくりお胸を大きくしたい!
脂肪注入を何度か繰り返していく事で人知れずお胸を大きくしていく事が出来ます。勿論、脂肪吸引するのでそのたびに、太もも・お腹・二の腕など気になる部分痩せも果たせる一石二鳥の治療です。

脂肪注入による豊胸術の手術方法

当院では、素早く丁寧に脂肪吸引を行うと同時に、吸引した脂肪を、移植理論に基づいた精密機械よって素早く処理(採取脂肪の濃縮工程)を行います。この処理した脂肪には最近注目の脂肪幹細胞が多く含まれており生着率の向上に役立てています。
また、ただ単に、大量に注入すればよいといったものではなく、大胸筋肉下・内、筋膜上・下、乳腺下・皮下組織など、それぞれの層に適した量の脂肪を注入しています。

脂肪注入による豊胸1

ワキの下やお胸の周りなど数か所からから約1-2mmのカニューレ(針)を挿入し、適切に加工処理された安全な自家脂肪を素早く注入します。

脂肪注入による豊胸2

濃縮脂肪注入について

通常脂肪吸引をした脂肪は、脂肪吸引と一緒に注入した麻酔液や血液など、脂肪以外にも多くの不純物を含んでいます。それらを単純に注入するだけでは脂肪注入の効率が悪くなります。
当院では不純物を取り除く工程を経ることで生着率を向上させる工夫をしています。当院では全ての脂肪注入に濃縮工程を行っています。

脂肪注入により豊胸を選択される患者様に

脂肪注入の生着率について

脂肪注入による豊胸のメリットは、脂肪吸引による痩せ身と、豊胸を同時に叶える夢のような治療であります。
しかし、注入した脂肪は100%生着するわけではありません。脂肪の質・鮮度・加工方法・注入方法・注入量・注入部位・術前・術後のケアなど多く面で生着率が変わってきます。

単純注入(通常の脂肪注入)の場合は20-30%の生着率、工夫を凝らした場合(マイクロリポインジェクションなど)50-60%の生着率となります。
サイズで言うと1回の注入で半カップ~1カップくらい大きくなります。(※個人差があり、人によっては1~2カップ大きくなる人もいます。) 

ただし、無理に多くの脂肪を入れ過ぎると生着しないばかりか、感染やシコリの原因にもなるため、注入料の見極めが肝心です。そのため、組織移植の経験が豊富な形成外科専門医による施術をお受けすることをお勧めします。

マイクロリポインジェクションについて

移植した脂肪が生着するには、周りの組織からの酸素や栄養を少しずつもらって生着するまでの期間を凌ぐ必要があります。そのためには移植脂肪の塊が大きければ内部に酸素が行き渡らず壊死してしまい生着率の低下につながります。
マイクロリポインジェクションとは、注入する脂肪をごく少量ずつ小分けにして注入する事で内部に酸素が行き渡り、生着率が向上させる技術です。注入部位も通常の脂肪注入よりも多く、より細いカニューレを使用して注入します。

脂肪注入による豊胸3

脂肪注入による豊胸3

脂肪注入による豊胸術のダウンタイムについて

脂肪注入による豊胸術のダウンタイムについて手術部位が2つである事を忘れてはいけません。一つは、「注入する胸」、もう一つは「脂肪吸引する部位」です。

「注入する胸」のダウンタイム(痛みや日常生活制限)は、日常生活に大きな支障が出るわけではありません。一方で、「脂肪吸引する部位」については痛みや術後の圧迫などのケアが非常に大切です。
つまり、「豊胸する胸」よりも「脂肪を採取する部位」のダウンタイムの方が大きいという事を認識した上で、お受けになる事をお勧めします。逆に、「脂肪吸引による部分痩せをメンイに考えている人」にとって、「どうせ脂肪を捨てるなら豊胸も一緒におしよう」と思う人にはぴったりの術式と言えます。

脂肪注入を選ぶ際には注意が必要です

「バッグ挿入までは抵抗があるし、ヒアルロン酸は吸収されてなくなってしまう。自分の脂肪での豊胸なら安全・安心だろう。」そういう心境から、脂肪注入による豊胸術を選択する患者様が多くおられます。
その為、各クリニックが集客のため「幹細胞注入」とか「コンデンスリッチ」など聞こえの良い脂肪注入の宣伝を強くする傾向があるのですが、問題になるのが各手術における脂肪の生着率の問題です。この聞こえの良い単語を鵜呑みにするのは良くありません。

学術的には高い生着率の報告がありますが、生着率に影響する要因は他にも、脂肪の質・鮮度・加工方法・注入方法・注入量・注入部位・術前・術後のケア・年齢など多くの因子があるのです。
これらをないがしろにして、聞こえの良い言葉を前面に出し集客を試みているクリニックが数多くあります。理論をしっかり理解し忠実に実践していなければ、生着率が向上しないばかりか、患者さまにとっては治療費が吊り上がるだけにしかなりません。

ただ、患者さま自身が、きちんとした技術を持っている医師かどうかを推し量るのは困難だと思われます。一つの参考にしてほしいのが、形成外科専門医の資格を持っているかどうかです。
形成外科は体表の組織の専門家で、組織の状態を見ながら適量の移植を行う事に長けています。その中でも、一定以上の経験と技術・知識の水準を満たした者が形成外科専門医の資格を得ることが出来ます。担当医を選ぶための一つの基準にされると良いでしょう。

他院と迷われている方へ

当院の脂肪吸引は、全国的にも脂肪吸引で有名なクリニックで技術を磨き、実臨床でも乳房再建に生かしている形成外科専門医の院長自ら行っています。そのため、専門的な脂肪吸引と、専門的な脂肪注入を共にお受けいただけるメリットがあります。

乳房への脂肪注入(脂肪注入による豊胸)の術後経過について

施術時間 通常の脂肪注入 30分
マイクロリポインジェクション 60-90分
(上記に脂肪吸引の時間がかかります)
効果実感・持続効果 永久的
カウンセリング当日の治療 不可
麻酔 静脈麻酔

脂肪注入による豊胸術の処置期間・アフターケア

手術当日
(ご来院)
【患部の状態】
胸に注入した脂肪が安静を保てるようフィルムテープで形を維持します。お胸の上部には包帯が付きます。
注入部位は極細の糸で縫合しテープで保護しています。
(万が一胸の傷口のテープが剥がれてしまった場合はご自宅にあるカットバンで保護してください。)
【処方箋】
・抗生剤 ・鎮痛薬
【アフターケア】
痛みに対しては、痛み止めでコントロール可能です。
【日常生活】
・ワイヤーなしのブラジャーは術後2週間目からつけて頂けます。
・ワイヤー入りのブラジャーは術後1か月目からご使用頂けます。
・1か月間はうつぶせ寝を控えて頂きます。
1日目
(手術翌日)
【患部の状態】
翌日処置にご来院頂ける方は、当院で包帯を外します。
翌日ご来院が出来ない方は、ご自身で包帯を外して頂きます。
【清潔】
固定が外れたら全身シャワー浴が可能です。(フィルムテープはそのままです。)
ただし、石鹸が傷口につかないよう気を付けてください。湯船につかるのは抜糸後になります。
【注意点】
お胸の痛みや内出血は1週間程度で落ち着きますのでご安心ください。
1週間目
(ご来院)
抜糸
【患部の状態】
フィルムテープを剥がします。
この頃はまだ胸が張っている感覚がある時期です。
【清潔】
抜糸後翌日より湯船への入浴が可能となります。
抜糸後より傷口に石鹸を使用して頂いて構いません。
2週間目 【患部の状態】
胸の張り感が徐々に落ち着き、脂肪の吸収があるためボリュームが小さくなっていきます。
【日常生活】
ワイヤーなしのブラジャーを着用して頂けます。
1ヶ月(ご来院)
検診
【患部の状態】
脂肪が生着し、ほぼ完成となります。

乳房への脂肪注入(脂肪注入による豊胸)の料金

  料金(税別)
乳房(通常の注入) 脂肪吸引 有り¥120,000
脂肪吸引 無し¥240,000
(濃縮脂肪注入+マイクロリポインジェクション) 脂肪吸引 有り¥240,000
脂肪吸引 無し¥480,000
乳房再建を脂肪注入での乳房再建
(濃縮脂肪注入+マイクロリポインジェクション)
¥200,000
お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー