症例 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科 - Part 13

症例case

すべての症例

実際に当院で治療を受けた方の症例をご紹介します。

症例一覧

【二重埋没法】ぱっちり二重で可愛く 10代女性【症例No.29Y031823】

担当医師及び施術者からのコメント
もともとの方です。上瞼の皮膚が睫毛の上に覆いかぶさり、黒目の上方を隠しているため、見た目が眼瞼下垂のように見える目元の方でした。瞼の開瞼機能自体は十分にあることから通常の二重形成で十分瞳が大きくなると判断し、手軽な埋没法を提案させて頂きました。  術後2週間の写真です。瞳を覆っていた余剰な皮膚は、二重の食い込みの中に収納され、睫毛は露出し見違えるようにパッチリとした目元になり大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともとの方です。上瞼の皮膚が睫毛の上に覆いかぶさり、黒目の上方を隠しているため、見た目が眼瞼下垂のように見える目元の方でした。瞼の開瞼機能自体は十分にあることから通常の二重形成で十分瞳が大きくなると判断し、手軽な埋没法を提案させて頂きました。  術後2週間の写真です。瞳を覆っていた余剰な皮膚は、二重の食い込みの中に収納され、睫毛は露出し見違えるようにパッチリとした目元になり大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】埋没法で目力UP 10代女性【症例No.29Y031822】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと完全な一重の患者様です。普段からメイクで二重を楽しまれていましたが、メイクを外した時も二重になりたいため来院されました。初めてという事で埋没法での二重形成をご提案させて頂きました。埋没法は作成後しばらくして少し幅が狭くなることを御説明し、希望のラインより少し広めに作成しております。術前は目を開けるのに眉毛を使って瞼を持ち上げる癖がありましたが、術後はその癖も解消され、眉と目の間が狭くなり目力がぐんとアップし、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと完全な一重の患者様です。普段からメイクで二重を楽しまれていましたが、メイクを外した時も二重になりたいため来院されました。初めてという事で埋没法での二重形成をご提案させて頂きました。埋没法は作成後しばらくして少し幅が狭くなることを御説明し、希望のラインより少し広めに作成しております。術前は目を開けるのに眉毛を使って瞼を持ち上げる癖がありましたが、術後はその癖も解消され、眉と目の間が狭くなり目力がぐんとアップし、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【ハムラ法+脂肪注入】疲れた印象を改善 40代女性【症例No.29Y111621】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下の脂肪の膨らみと、クボミ、目元の小じわ、中顔面の痩せなどで、疲れた印象の顔を治したいとの希望で来院された50代女性です。眼窩脂肪の突出中央から内側にかけて軽度認め、外側は骨縁に沿ってクボミもあり、中顔面の痩せも強いことから、単純なハムラ法だけでは改善が限定的と判断し、繊細な注入が可能であるナノファットインジェクションをご提案させていただきました。 術後3か月ですが目元の突出や陥没はほぼ平坦となり、中顔面のボリュームが出たため、目元から頬にかけてのスムーズ曲線が再建され、疲れた印象は一気に解消されました。傷跡も若干赤みは残る部位もありますがほとんど目立ちません。 また、注目頂きたいのは、皮下へのナノファットインジェクションを行っているため肌のハリやツヤが現れている点です。従来の手術では解消できなかった目元の青クマなどにも唯一有効な治療法で、最近のお勧めの術式です。

この症例の詳細について

術前評価 下眼瞼の眼窩脂肪のタルミとくぼみのため、老けた印象に見える方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的眼窩脂肪移動術)+ナノファットインジェクション
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、余剰な眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。この症例の場合眼窩脂肪の切除を少し行い、余剰となった皮膚も切除し閉創しました。 腹部より脂肪を採取し、専用のフィルターを通して超微細な脂肪の粒子(ナノファット)を作成し、眼瞼周囲の皮下に注入し肌にハリを持たせました。また中顔面領域にも脂肪注入を行っております。
料金 605,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。 青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり) 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。 脂肪吸引部分に起こる事 一般的な手術としてのリスク 腫れ、疼痛、内出血、血腫、創離開(創延の壊死)、創部の肥厚性瘢痕やケロイド(赤み・硬さ・痛み) 感染症:抗生剤や場合によっては外科的な処置(切開など)を行います。 薬疹・アナフィラキシーショック 採取部 硬さ、ムラ(凸凹の残存)、皮下の瘢痕(しこり)やツッパリ、 非常に稀に皮膚潰瘍(褥瘡や皮膚壊死)、左右差、神経障害(知覚鈍麻など) 血腫による貧血(出血性ショック)、肺塞栓症(動静脈塞栓なども含む) 注入部位 腫れ、疼痛、内出血、血腫、硬さ、ムラ(凸凹の残存)、注入不足や過剰 非常に稀に、強いシコリや肉芽腫などが生じた場合は切開術を必要とする可能性もあり、動静脈塞栓症(皮膚潰瘍や失明など)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下の脂肪の膨らみと、クボミ、目元の小じわ、中顔面の痩せなどで、疲れた印象の顔を治したいとの希望で来院された50代女性です。眼窩脂肪の突出中央から内側にかけて軽度認め、外側は骨縁に沿ってクボミもあり、中顔面の痩せも強いことから、単純なハムラ法だけでは改善が限定的と判断し、繊細な注入が可能であるナノファットインジェクションをご提案させていただきました。 術後3か月ですが目元の突出や陥没はほぼ平坦となり、中顔面のボリュームが出たため、目元から頬にかけてのスムーズ曲線が再建され、疲れた印象は一気に解消されました。傷跡も若干赤みは残る部位もありますがほとんど目立ちません。 また、注目頂きたいのは、皮下へのナノファットインジェクションを行っているため肌のハリやツヤが現れている点です。従来の手術では解消できなかった目元の青クマなどにも唯一有効な治療法で、最近のお勧めの術式です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】安定しない二重を改善 20代女性【症例No.29Y022320】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、右目が安定せず、広くなったり狭くなったり時に三重のようになるため治療希望で来院されました。左目も少し広くしたいとの要望があり、2mmほど広く作成しております。術直後の状態も強い腫れはそれほど強くありません。2週後の状態も右目の三重は解消されキレイな末広方の目元になったと喜んでいただけました。  余談ですが、蒙古ヒダの強い目元ですので、目頭切開などで目頭側を広げると、大人っぽいさらにきれいな目元になるかもしれません。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、右目が安定せず、広くなったり狭くなったり時に三重のようになるため治療希望で来院されました。左目も少し広くしたいとの要望があり、2mmほど広く作成しております。術直後の状態も強い腫れはそれほど強くありません。2週後の状態も右目の三重は解消されキレイな末広方の目元になったと喜んでいただけました。  余談ですが、蒙古ヒダの強い目元ですので、目頭切開などで目頭側を広げると、大人っぽいさらにきれいな目元になるかもしれません。

この症例の詳細について

【二重埋没法】物足りない目元を改善 20代女性【症例No.29Y011418】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方ですが、余剰な皮膚が睫毛の上に被さり黒目が小さく見え、それらを代償しようとして自然と眉毛挙上が起こっている患者様です。優しい雰囲気の目なのですが、せっかくの綺麗な瞳がしっかりと見えておらず、何となく物足りなさを感じてしまい、埋没法での二重形成を提案し施術を行いました。二重になる事で、余剰皮膚で覆われていた睫毛の生え際や黒目がしっかりと見えるようになり、はっきりとした目元になられました。そればかりか眉毛の挙上も改善し、しっかりとした大人の女性の目元になられたと思います。2週間後のお写真ですが傷跡も殆どわからなくなって大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方ですが、余剰な皮膚が睫毛の上に被さり黒目が小さく見え、それらを代償しようとして自然と眉毛挙上が起こっている患者様です。優しい雰囲気の目なのですが、せっかくの綺麗な瞳がしっかりと見えておらず、何となく物足りなさを感じてしまい、埋没法での二重形成を提案し施術を行いました。二重になる事で、余剰皮膚で覆われていた睫毛の生え際や黒目がしっかりと見えるようになり、はっきりとした目元になられました。そればかりか眉毛の挙上も改善し、しっかりとした大人の女性の目元になられたと思います。2週間後のお写真ですが傷跡も殆どわからなくなって大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【脂肪吸引】5600cc吸引・太ももを部分痩せ 20代女性【症例No.29Y090118】

担当医師及び施術者からのコメント
大きい太ももがコンプレックスとのことで脂肪吸引の相談に来られました。安全性を第一に麻酔科医師管理下での脂肪吸引を行いました。総量5600ccの脂肪を吸引しました。術後は圧迫をしっかりとして頂き、外周で約10cmも細くなられました。術後は大変ですが非常に効果的な部分痩せの施術です。

この症例の詳細について

術前評価 太ももを細くしたい方
通常必要とされる治療内容 脂肪吸引(大腿全周、臀部含む)
治療方法 大腿に5mmほどの切開を8か所に施し、吸引カテーテルを挿入して丁寧に脂肪を吸引します。
料金 654,500円(税込)
治療のリスク 初期(1-3か月)に起こる事 強い腫れ(1-2週)・疼痛(1-2週)・内出血(2-3週)・浮腫み(3-4週間)・嘔気嘔吐(1-2日)・ふらつきや脱力(1-2日)・施術部位の硬さ・凸凹感・知覚鈍麻・乾燥・掻痒・クスミ ●希に起こる事 漿液腫(定期的な抜水処置が必要)・血腫・感染(場合によっては外科的処置が必要な事もあり)・創離開・創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)・脱水・皮膚潰瘍(褥瘡や皮膚壊死)、左右差、圧迫ムラ(凸凹の残存)、貧血、皮膚のタルミ、過剰吸引(全体のバランスのミスマッチ)、脂肪の残存 創部の肥厚性瘢痕やケロイド・皮下の瘢痕やツッパリ・疼痛の残存・神経障害(知覚鈍麻など)・体重増加に伴う再発 ●極めて稀起こり得る事: 出血性ショック・静脈塞栓・肺塞栓症・脂肪塞栓症・薬疹(重症なものも含む)、薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
大きい太ももがコンプレックスとのことで脂肪吸引の相談に来られました。安全性を第一に麻酔科医師管理下での脂肪吸引を行いました。総量5600ccの脂肪を吸引しました。術後は圧迫をしっかりとして頂き、外周で約10cmも細くなられました。術後は大変ですが非常に効果的な部分痩せの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】瞳を大きく見せる 10代男性【症例No.29Y010417】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、余剰な皮膚が睫毛の上に被さって瞳が小さく眠そうな印象の目元でした。男性ということですのでメイクでごまかすことが出来ないため、ダウンタイムの少ない埋没法での二重形成を提案しました。 術後は、余剰皮膚で覆われていた睫毛の生え際が露出すると同時に、隠れていた黒目の上半分がと見えるようになり、瞳が大きく見えるようになりました。2週間後のお写真ですが傷跡も殆どわからず自然な雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、余剰な皮膚が睫毛の上に被さって瞳が小さく眠そうな印象の目元でした。男性ということですのでメイクでごまかすことが出来ないため、ダウンタイムの少ない埋没法での二重形成を提案しました。 術後は、余剰皮膚で覆われていた睫毛の生え際が露出すると同時に、隠れていた黒目の上半分がと見えるようになり、瞳が大きく見えるようになりました。2週間後のお写真ですが傷跡も殆どわからず自然な雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】奥二重から印象深い目元へ 10代女性【症例No.29Y122716】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重ではありますが瞼が腫れぼったく、睫毛がハッキリせず暗い印象の目元の方でした。術後の2週間目には腫れはほぼ消失し、睫毛の生え際もはっきりしパッチリと明るい印象の綺麗な目元になりました。傷跡もほとんど目立たず良好な経過と思われます。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重ではありますが瞼が腫れぼったく、睫毛がハッキリせず暗い印象の目元の方でした。術後の2週間目には腫れはほぼ消失し、睫毛の生え際もはっきりしパッチリと明るい印象の綺麗な目元になりました。傷跡もほとんど目立たず良好な経過と思われます。

この症例の詳細について

【目頭切開】控えめに目頭切開 10代女性【症例No.29Y022015】

担当医師及び施術者からのコメント
目の間が広いことを気にされ来院されました。大きな変化を好まないとのことで控え目な切開を行う方針になりました。蒙古ヒダが僅かに変化することで目の内側の面積が広くなり、パッチリとした明るい印象の目元になったと思います。1-3か月は赤みが残る傷跡も殆ど分からなくなります。

この症例の詳細について

術前評価 目頭をほんの少しだけ広げたい方
通常必要とされる治療内容 目頭切開(Z形成術)
治療方法 局所麻酔下に蒙古襞部分の皮膚を入れ替えます。
料金 176,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善)、腫れ、傷跡は3か月くらいまでは赤みが出ますが徐々に改善していきます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、左右差、過剰切除、効果不良 ●極めて稀起こり得る事:重症薬疹・薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の間が広いことを気にされ来院されました。大きな変化を好まないとのことで控え目な切開を行う方針になりました。蒙古ヒダが僅かに変化することで目の内側の面積が広くなり、パッチリとした明るい印象の目元になったと思います。1-3か月は赤みが残る傷跡も殆ど分からなくなります。

この症例の詳細について

【ハムラ法】色素沈着のあるクマを改善 50代女性【症例No.29Y123014】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下のたるみと下眼瞼縁の色素沈着の改善を求めて来院されました50代の女性です。経皮的ハムラ法にて眼窩脂肪の移動し、余剰となる皮膚を切除することで眼瞼縁の色素沈着を同時に改善させる計画で手術を行いました。術後、下眼瞼のデコボコしたタルミは改善し、眼瞼縁の色素沈着の量も改善できたと思います。傷口も睫毛の生え際に沿っているためほとんど目立ちません。

この症例の詳細について

術前評価 下眼瞼のタルミと下眼瞼縁の色素沈着の強い方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的眼窩脂肪移動術)
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より2cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。この症例の場合眼窩脂肪の切除は行っていません。余剰となった皮膚は切除し閉創しました。
料金 385,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。  青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり) 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下のたるみと下眼瞼縁の色素沈着の改善を求めて来院されました50代の女性です。経皮的ハムラ法にて眼窩脂肪の移動し、余剰となる皮膚を切除することで眼瞼縁の色素沈着を同時に改善させる計画で手術を行いました。術後、下眼瞼のデコボコしたタルミは改善し、眼瞼縁の色素沈着の量も改善できたと思います。傷口も睫毛の生え際に沿っているためほとんど目立ちません。

この症例の詳細について

【ヒアルロン酸注入】鼻唇溝の深いしわを改善 50代女性【症例No.29Y021813】

担当医師及び施術者からのコメント
特に左側に強いほうれい線のシワが気になり、老けた印象を少しでも改善したいとのことで来院されました。ほうれい線は非常に深く刻み込まれており、しっかりとしたボリュームが必要でしたので、両側で合計3.0ccのヒアルロン酸注入を行っております。施術後はフラッシュ無しの写真でも、疲れた老けた印象は自然な状態で改善し、大変喜んでいただきました。

この症例の詳細について

術前評価 深いほうれい線と痩せた頬が年齢を感じさせる方
通常必要とされる治療内容 法令線・中顔面へのヒアルロン酸注射
治療方法 法令線へのヒアルロン酸注射・・・両側 合計3.0cc
料金 ヒアルロン酸(鼻唇溝・2層注入)112,200円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹(1週間ほどでほぼ改善) ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ 青く透けて見える(皮膚の薄い部位への注入時)、注入不足(効果が乏しい) ●希に起こる事 デコボコになる(浅い層への注入時)、過剰注入 ●極めて稀起こり得る事 アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚・神経・唾液漏など) 塞栓症(眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。 ●注意を要する方  ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。   
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
特に左側に強いほうれい線のシワが気になり、老けた印象を少しでも改善したいとのことで来院されました。ほうれい線は非常に深く刻み込まれており、しっかりとしたボリュームが必要でしたので、両側で合計3.0ccのヒアルロン酸注入を行っております。施術後はフラッシュ無しの写真でも、疲れた老けた印象は自然な状態で改善し、大変喜んでいただきました。

この症例の詳細について

【乳頭縮小】授乳歴のない若い方の乳頭縮小 20代女性【症例No.29Y012112】

担当医師及び施術者からのコメント
20代前半女性。授乳歴がないにもかかわらず、乳頭下垂があることに悩まれ、相談を受けに来院されました。今後出産授乳などもあることから乳管を温存する形で縮小術を行いました。乳輪部にも乳頭基部の広がりがあるタイプであったため、乳輪の一部にも切開を入れて調整を行いました。術後は乳輪の大きさに合ったサイズの乳頭になり喜んでいただけました。

この症例の詳細について

術前評価 授乳歴がないにもかかわらず乳頭下垂のある方
通常必要とされる治療内容 乳頭縮小(高さ・大きさ)
治療方法 長さだけでなく、乳頭基部の太さも問題であったため、基部の大きさも小さくするためのデザインを行いました。局所麻酔の手術で片側40分程度で終了し、すぐに帰宅していただけます。
料金 275,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善)、かぶれ(乳頭保護装具のためのテープによる) ●経過中に起こる事  知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します)  瘢痕の残存(白く抜けた傷が残りますが、殆ど気にならない程度です) ●希に起こる事 感染・創離開・縫合糸の残存、左右差の残存(強いもの修正します) 肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり) ●極めて稀起こり得る事 乳頭壊死(血流障害による壊死のリスク)、授乳機能障害(授乳の可能性がある年齢の方の場合、可能な限り乳管を温存しますが、感染や出血などの影響で瘢痕形成を起こした場合起こり得ます)、薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●手術をお受けになれない方  妊娠中の方、授乳中の方、半年以内に妊娠の予定のある方
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
20代前半女性。授乳歴がないにもかかわらず、乳頭下垂があることに悩まれ、相談を受けに来院されました。今後出産授乳などもあることから乳管を温存する形で縮小術を行いました。乳輪部にも乳頭基部の広がりがあるタイプであったため、乳輪の一部にも切開を入れて調整を行いました。術後は乳輪の大きさに合ったサイズの乳頭になり喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【乳頭縮小】授乳後の乳頭の改善 30代女性【症例No.29Y032511】

担当医師及び施術者からのコメント
30代後半女性。授乳後に顕著な乳頭肥大・下垂があることに悩まれ、相談に来院されました。乳輪部にも乳頭基部の広がりがあるタイプであったため、乳輪の一部にも切開を入れて調整を行いました。同時に目立ったモントゴメリー腺の除去も行いました。術後、垂れ下がった乳頭は劇的に改善し、乳輪の大きさにマッチした乳頭になりました。モントゴメリー腺もなくなりスッキリとした若々しいお胸へと変わられたと思います。傷跡もほとんど目立たず、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

術前評価 授乳後に乳頭下垂・肥大が生じた方
通常必要とされる治療内容 乳頭縮小術(大きさ・長さ)
治療方法 長さだけでなく、乳頭基部の太さも問題であったため、基部の大きさも小さくするためのデザインを行いました。目立ったモンドゴメリー腺の摘除も左右とも同時に数個行いました。局所麻酔の手術で片側50分程度で終了し、すぐに帰宅していただけます。
料金 275,000円(税込)+モントゴメリー腺除去66,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善)、かぶれ(乳頭保護装具のためのテープによる) ●経過中に起こる事  知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します)  瘢痕の残存(白く抜けた傷が残りますが、殆ど気にならない程度です) ●希に起こる事 感染・創離開・縫合糸の残存、左右差の残存(強いもの修正します) 肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり) ●極めて稀起こり得る事 乳頭壊死(血流障害による壊死のリスク)、授乳機能障害(授乳の可能性がある年齢の方の場合、可能な限り乳管を温存しますが、感染や出血などの影響で瘢痕形成を起こした場合起こり得ます)、薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●手術をお受けになれない方  妊娠中の方、授乳中の方、半年以内に妊娠の予定のある方
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
30代後半女性。授乳後に顕著な乳頭肥大・下垂があることに悩まれ、相談に来院されました。乳輪部にも乳頭基部の広がりがあるタイプであったため、乳輪の一部にも切開を入れて調整を行いました。同時に目立ったモントゴメリー腺の除去も行いました。術後、垂れ下がった乳頭は劇的に改善し、乳輪の大きさにマッチした乳頭になりました。モントゴメリー腺もなくなりスッキリとした若々しいお胸へと変わられたと思います。傷跡もほとんど目立たず、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【ボトックス】眼瞼下垂症による額のしわを改善 50代女性【症例No.29Y120610】

担当医師及び施術者からのコメント
非常に強いオデコの筋緊張をお持ちの方でした。 眉毛挙上による開瞼をされていました(不顕性眼瞼下垂症)ので、まぶたの重さを避けるため打つ場所は通常より工夫を行いました。その結果、重さを自覚することなくオデコの緊張だけを改善させることができましたが、眉毛近くの横じわが少し残っています。だだ、まぶたの重さを感じることなく長年悩んでおられたシワが改善したことに大変喜ばれておりました。さらに改善を求める場合は、オデコのヒアルロン酸注射などでオデコに丸みを持たせることでシワを浅くするのも良いかもしれませんね。

この症例の詳細について

術前評価 おでこを使って目を開いている状態(眼瞼下垂症の方)
通常必要とされる治療内容 おでこのボツリヌストキシン注射(10単位)
治療方法 瞼の開きを阻害しないように前額部上半分に10か所ほどに分けて注入しました。
料金 22,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛(1日程で改善) ●希に起こる事 点状の内出血(1-2週で消失)・軽度のむくみ(2-3日) 眉毛外側の吊り上がり、眉の高さの左右差 ●患者様自身の目について起こり得る事 眼瞼下垂症があり、眉毛挙上による代償を行っている場合、ボトックスで眉毛挙上を抑えることで眼瞼下垂が顕在化する可能性があります。 ●極めて稀起こり得る事: 皮膚症状(湿疹など)・眼症状(羞明・眼脂など)・感染・神経症状(頭痛など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●慎重投与が必要な方 筋弛緩剤や筋弛緩作用のある薬剤を投与中の方は筋弛緩作用が増強されることがあります。慢性呼吸障害、重篤な筋力低下、閉鎖隅角緑内障のある方は症状・病態が悪化する可能性があります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
非常に強いオデコの筋緊張をお持ちの方でした。 眉毛挙上による開瞼をされていました(不顕性眼瞼下垂症)ので、まぶたの重さを避けるため打つ場所は通常より工夫を行いました。その結果、重さを自覚することなくオデコの緊張だけを改善させることができましたが、眉毛近くの横じわが少し残っています。だだ、まぶたの重さを感じることなく長年悩んでおられたシワが改善したことに大変喜ばれておりました。さらに改善を求める場合は、オデコのヒアルロン酸注射などでオデコに丸みを持たせることでシワを浅くするのも良いかもしれませんね。

この症例の詳細について

【二重切開】自然な末広型二重に 20代女性【症例No.29Y0000164】

担当医師及び施術者からのコメント
もとは一重で、余剰な皮膚がまつ毛を覆い隠し、さらに左右差が気になるとのことで相談に来られました。どうせ作るならしっかりとした二重を作りたいとのことで切開式二重形成術を希望され施行しております。術後7日目(抜糸時)の写真ですが、控え目の幅で作成したため、それほど腫れは目立っておらず、ほとんど内出血も無く経過しました。術後3ヶ月で腫れは完全に落ち着き、二重幅だけで無く、目の開きや眉の高さなどの左右差は気にならなくなったと思います。「切開法は腫れる」というのが通説ですが、作成する幅や皮膚の厚みなどによって個人差が大きく、この患者様のようにそれほどダウンタイムを感じず経過することもあるため、切開法を迷われている方は、カウンセリングにお越し頂けたらと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 切開式重瞼形成術
治療方法 シミュレーションで決めた二重ラインを切開しました。瞼板前脂肪織を処理して取れにくい二重を作成しました。同処理を行うと挙筋腱膜が瞼板から外れることになるため修復しております。二重作成は腱膜断端と切開ライン直下の眼輪筋を縫合することで作成しました。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もとは一重で、余剰な皮膚がまつ毛を覆い隠し、さらに左右差が気になるとのことで相談に来られました。どうせ作るならしっかりとした二重を作りたいとのことで切開式二重形成術を希望され施行しております。術後7日目(抜糸時)の写真ですが、控え目の幅で作成したため、それほど腫れは目立っておらず、ほとんど内出血も無く経過しました。術後3ヶ月で腫れは完全に落ち着き、二重幅だけで無く、目の開きや眉の高さなどの左右差は気にならなくなったと思います。「切開法は腫れる」というのが通説ですが、作成する幅や皮膚の厚みなどによって個人差が大きく、この患者様のようにそれほどダウンタイムを感じず経過することもあるため、切開法を迷われている方は、カウンセリングにお越し頂けたらと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】狭まってきた二重の改善 40代女性【症例No.29Y021919】

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長

【二重埋没法】左右差を揃えて可愛らしく 10代女性【症例No.29Y072748】

担当医師及び施術者からのコメント
二重が安定せず左右差がある目元の目の方でした。埋没式重瞼形成術をご提案させて頂きました。術後2週間の状態では綺麗な平行型の二重になり左右差を感じることはなくなりました。下方視の状態も傷跡は気になるものではないと思います。もう少しやわらかい印象の目元をご希望されるときは、控え目な目頭切開なども良いかもしれません。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
二重が安定せず左右差がある目元の目の方でした。埋没式重瞼形成術をご提案させて頂きました。術後2週間の状態では綺麗な平行型の二重になり左右差を感じることはなくなりました。下方視の状態も傷跡は気になるものではないと思います。もう少しやわらかい印象の目元をご希望されるときは、控え目な目頭切開なども良いかもしれません。

この症例の詳細について

【二重切開】左右差を揃えて美しい二重へ 30代女性【症例No.29Y060107】

担当医師及び施術者からのコメント
左目が二重で、右目が一重と左右差があり、取れない二重切開を希望され来院されました。 術後は目力がアップし華やかで印象的な目元になられました。注意点は左目のもとの二重ラインが残ってしまう点です。 ご自身の二重ラインよりも2-3mmほど広く作る場合、元のラインが開瞼時にも見えることがあります。 その点を差し置いても、はるかに美しい二重になるので気にされない方が多い印象です。

この症例の詳細について

術前評価 目の開きの悪さと左右差のある状態
通常必要とされる治療内容 切開式重瞼形成術
治療方法 シミュレーションで決めた二重ラインを切開しました。瞼板前脂肪織を処理して取れにくい二重を作成しました。同処理を行うと挙筋腱膜が瞼板から外れることになるため修復しております。二重作成は腱膜断端と切開ライン直下の眼輪筋を縫合することで作成しました。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
左目が二重で、右目が一重と左右差があり、取れない二重切開を希望され来院されました。 術後は目力がアップし華やかで印象的な目元になられました。注意点は左目のもとの二重ラインが残ってしまう点です。 ご自身の二重ラインよりも2-3mmほど広く作る場合、元のラインが開瞼時にも見えることがあります。 その点を差し置いても、はるかに美しい二重になるので気にされない方が多い印象です。

この症例の詳細について

【二重切開+ROOF切除】厚い一重まぶたから二重へ 20代女性【症例No.29Y111308】

担当医師及び施術者からのコメント
まぶたが重く、メイクをしていてもすぐに二重が取れてしまう事を悩まれ来院されました。 非常に瞼が分厚いため埋没法では長持ちしない可能性があり、通常の切開でも外側の厚ぼったさの改善を得られないためROOF切除をご提案させていただきました。 通常の切開より4mmほど多めの切開を行い外側まで十分にROOFの切除を行いました。 術後は上眼瞼及び外眼角の厚みは無くなり重たい雰囲気の瞼は改善し大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

術前評価 腫れぼったい目で埋没法では二重が長持ちしない方
通常必要とされる治療内容 二重切開+ROOF切除
治療方法 術前に相談して決めた二重ラインで切開をしました。挙筋腱膜を少し前転して瞼板に固定し、腱膜断端を皮下直下の眼輪筋に縫合することで二重を作成しております。ROOFに関しては眼窩隔膜上および眼輪筋下を剥離し、内側は眼窩上神経、頭側及び外側の眼窩縁から眉毛下縁に至る広い範囲のROOFを切除しました。
料金 401,500円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善) 腫れ(目安は1週で60-70% 2週で70-80% 1か月で90% 3か月で100%改善) 流涙・眼脂・瞼や眼球の違和感、傷口の赤み、強い食い込み 瞼の知覚障害(経時的に改善)・つっぱり感、瞼や眼球の違和感 ●患者様自身がお持ちの目の特徴によって起こり得る事 術前の二重ラインの残存、従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際の皮膚のかぶり(特に内側)などが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。 ●稀に起こり得る事:血腫、感染(初期および遅発性)、創離開、糸の露出、食い込みの薄れ・傷の残存(内部の結紮糸の浮き出し・創部の陥没・段差)、左右差(広めの二重を作った時に起こり得ます、腫れぼったさの左右差、眼下縁の骨突出の左右差)、予定外重瞼線、 ●極めて稀起こり得る事:二重の消失、薬剤性アナフィラキシーショック、創縁損傷、眼球損傷 ●注意点:狭くしたり元に戻すことは困難(修正術はありますが確実なコントロールは困難です)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
まぶたが重く、メイクをしていてもすぐに二重が取れてしまう事を悩まれ来院されました。 非常に瞼が分厚いため埋没法では長持ちしない可能性があり、通常の切開でも外側の厚ぼったさの改善を得られないためROOF切除をご提案させていただきました。 通常の切開より4mmほど多めの切開を行い外側まで十分にROOFの切除を行いました。 術後は上眼瞼及び外眼角の厚みは無くなり重たい雰囲気の瞼は改善し大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】ぼんやりとした二重の雰囲気を改善 20代女性【症例No.29Y010106】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが目元の雰囲気を変えずにキリッとしたいとのことで来院されました。二重幅を広げることで眉と目の距離が縮まり目力もアップし大人っぽい雰囲気に変化しています。腫れは3日で7-8割ほど改善し、2週間でほぼ治まる経過になります。

この症例の詳細について

術前評価 二重幅を広げてボヤッとした目の雰囲気を改善したい方
通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが目元の雰囲気を変えずにキリッとしたいとのことで来院されました。二重幅を広げることで眉と目の距離が縮まり目力もアップし大人っぽい雰囲気に変化しています。腫れは3日で7-8割ほど改善し、2週間でほぼ治まる経過になります。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case