鼻を高くする手術(隆鼻術)|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

鼻を高くする手術(隆鼻術)

鼻を高くする手術(隆鼻術)について

「鼻」は顔の中心にある大切なパーツ。「鼻」が中心にある事で、顔のバランスが一気に取れてきます。「鼻」は顔の見た目を決めるうえで、非常に大切な存在です。
しかし、「存在感があり過ぎる」というのも問題です。例えば、低すぎる、高すぎる、太すぎる、細すぎる、曲がっている、そして小鼻が大きすぎる・・・など。「鼻」自体が自己主張をすると良くありません。
「鼻」とは、“顔の中心にあるけども、存在感は示さない”、“目立たず、そっといてくれる”、そんな鼻が理想的なお鼻ではないでしょうか。

そんな中、男女問わず日本人の多くが悩みをかかえているのが“低い鼻”です。女性であれば化粧でシャドウをつけることで、ある程度は鼻筋を通すことが出来ます。ただし、自然なシャドウやコントラストはお化粧では得難いものです。
“隆鼻術”で少し鼻筋を通すだけで、グッと顔全体のバランスが自然と良くなり、顔の印象が変化します。また、化粧で演出する必要がなくなるので、化粧の状態を常に意識するという、無意識レベルのストレスからも解放されます。

隆鼻術


ライフスタイルやご希望に合う、3つの施術をご用意!

“隆鼻術”には、手軽な方法からこだわりの自家組織に至るまで多くの方法があります。当院では、特に優れた3つの方法をご用意しています。

こんな方には、こんな施術!

 

・とにかく手軽に安く鼻を高くしたい方・・・・ヒアルロン酸注射による隆鼻術
・お手頃価格で半永久的に鼻を高くしたい・・・プロテーゼ挿入による隆鼻術
・自家組織で半永久的に鼻を高くしたい・・・・自家軟骨移植(肋軟骨)による隆鼻術

 

其々に、長所・短所があります。当院では皆様のご要望に合わせて、またダウンアイムを配慮した上で適切な方法をご提案させて頂きます。

  ヒアルロン酸注射 プロテーゼ挿入
(医療用シリコン)
自家軟骨移植
(肋軟骨)
特徴 手軽でリーズナブル。ダウンタイムもほぼ感じません。少しずつ変化させることで、周囲に知られることなく鼻筋を通すこともできます。 安心の医療用シリコンのプロテーゼによる隆鼻術です。手軽な手術で半永久的な鼻筋が、リーズナブルに手に入ります。 自分の肋軟骨を細工して、鼻に移植します。自分のものと言う安心感が最大の特徴です。触った感じはシリコンより少し硬め。(細断加工すると硬さは感じません。)
肋軟骨採取には全身麻酔が必要です。外傷性低鼻(鞍鼻)の場合は健康保険適応となる事があります。
施術時間 5分 30分 180-240分
効果の持続 3か月~1年 半永久的 半永久的

ヒアルロン酸注射による隆鼻術(注射で鼻を高くする)

注射器でヒアルロン酸を補うことで、あっという間に憧れの高い鼻に!
メスを一切使用せず、施術時間はたったの5分!かつリーズナブル!
手軽に憧れの高い鼻が手に入ります!
少しずつ変化させることで、殆ど周囲に分からないように鼻筋を通せます。

施術の方法

仰向けに寝てもらいデザインをして、ヒアルロン酸を注入します。 

ヒアルロン酸注射による隆鼻術

こんな方に適応 鼻が低い人。わし鼻(ハンプ)がある人の微調整。
施術時間 5分
効果実感・持続効果 3か月~1年(使用する製剤により異なります)
注意深く繰り返し注入することで高さを維持できます。
術後の通院 無し。希望者はいつでも無料検診に来て頂けます。
術後の腫れ・ダウンタイム 腫れは殆どありません。腫れた場合は、軽めのクーリングで対処します。
稀ですが点状の内出血起こる場合があります。その場合7-10日ほどで自然になくなりますし、十分にメイクで隠せます。
術後の痛み 1-2日少し感じる程度です。
カウンセリング当日の治療 可能
麻酔 笑気麻酔など
シャワー 当日より可能
洗髪 当日より可能
メイク 当日より可能
洗顔 当日より可能
その他の注意点 注入後はお鼻を触り過ぎないようにしましょう。

当院が取り扱っているヒアルロン酸製剤についてはこちら

注意点・アドバイス

太すぎる鼻にご注意を!

ネット上では、「ヒアルロン酸の入れ過ぎで鼻が太くなった!」などのコメントを目にすします。それはなぜでしょうか?
ヒアルロン酸での隆鼻術は、注入したヒアルロン酸が徐々に吸収されて高さを失っていきます。でも繰り返し注入できるので、手軽に高さを維持する事ができるのも、嬉しい特徴の一つです。

一方で、この“繰り返し注射が出来る”というのが、「太くなる」原因になります。
一つの理由は、ヒアルロン酸は吸収される過程で少しだけ横に広がります。この広くなった上に追加のヒアルロン酸を注入するので、吸収される時にさらに広がります。これを繰り返していると、見た目にも太さが出てくるのです。
もう一つは、横に広がるスピードがゆっくり過ぎて毎日鏡で見ている本人も、その変化に気付かないためです。

そこで太くなってしまった時に、最も重要になるが、「太くなってきてるよ」「これ以上入れない方がいいよ」と適切なアドバイスをしてくれる、信頼のおける医師になります。
ヒアルロン酸での隆鼻術は、そのようなアドバイスをしてくれる医師の元でお受けされることをお勧めします。
(なお、入れ過ぎた場合、ヒアルロン酸を溶かす注射があるのでご安心ください。)


プロテーゼ挿入(医療用シリコン)による隆鼻術

安心の医療用シリコンを使用した高級プロテーゼでの隆鼻術です。
傷は鼻の穴の内側なので、人に気付かれることはありません。
手術時間も短い上に、効果は半永久的に続きます。
術中に、鏡で見てもらいながら高さの調節ができるので、理想の高さになることができます。

施術の方法

安心の医療用シリコンの高級プロテーゼを使用し、患者さま一人一人に合わせたカスタムメイドでの施術です。
鼻に麻酔をして、右の鼻孔の内側を切開して(両方の時もあります)、プロテーゼを挿入します。

プロテーゼ挿入(医療用シリコン)による隆鼻術

隆鼻術

こんな方に適応 鼻が低い人、わし鼻(ハンプ)がある人の微調整
施術時間 30分(お鼻を触っているのは10分程度)
効果実感・持続効果 半永久的
術後の通院 7日目に抜糸
1,3か月検診(任意)
術後の腫れ・ダウンタイム 2日間のテープ固定を行います。その後の腫れは殆どありません。
腫れた場合は、軽めのクーリングで対処します。 内出血は出ることは稀です。仮に出た場合は10日前後で改善します。その間はメイクで隠して頂けます。
術後の痛み 2-3日痛むことがありますが、鎮痛薬で治まる程度です。
カウンセリング当日の治療 要相談
麻酔 局所麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔など
シャワー 翌日より可能
洗髪 翌日より可能
メイク 翌日より可能
洗顔 翌日より可能
その他の注意点 術後1か月間は鼻を強く触る事を避けましょう。
注意点・アドバイス

①骨膜下の挿入をお願いしましょう。

プロテーゼを皮下に挿入すると安定性が悪く、触るとグラグラと動いたり、将来的にズレたりすることがあります。骨膜下に挿入することでそういったリスクを減らすことが出来るため、骨膜下挿入が確実にできる医師の元で手術を受けることをお勧めします。

プロテーゼ挿入(医療用シリコン)による隆鼻術2

②プロテーゼだけで”鼻先”を高くするのは避けましょう。

プロテーゼには大きく分けて、I型とL型の2種類があります。使用の目的は
I型・・・鼻筋を高くする目的に使用
L型・・・鼻筋だけでなく鼻先も同時に高くし、鼻先の細さも出す目的に使用です。

プロテーゼ挿入(医療用シリコン)による隆鼻術4

しかし、L型のプロテーゼには大きな問題があります。それは、長期的に見るとL字の角の部分、つまり鼻先への負担がかかるため、徐々に皮膚が薄くなります。そして最悪の場合、皮膚を突き破ってプロテーゼが露出する可能性があります。

これからシリコンプロテーゼでの隆鼻術を考えている方は、L型プロテーゼの使用は避けるのが良いでしょう。プロテーゼはI型にして下さい。
どうしても「鼻先を高くしたい」「鼻先をシャープにしたい」などをご希望の方は、“鼻尖縮小術”“鼻尖形成術(耳介軟骨移植術)”もしくは“鼻中隔延長術”などを検討される方が良いでしょう。

すでにL型プロテーゼが使用されている場合は、今後露出のリスクもあるため、入れ替えをご検討下さい。その際、鼻先の高さ・細さを維持するために、“鼻尖縮小術”“鼻尖形成術(耳介軟骨移植術)”を追加することで、鼻先の高さや細さを維持する事が出来ます。自分の軟骨(自家軟骨)であれば、将来的にも露出の可能性が殆どなく安心です。

鼻筋を通しかつ、鼻先も高くしたいときは鼻先部分の形成は、鼻尖縮小術+鼻尖形成術(耳介軟骨移植)や鼻中隔延長術を行うようにしましょう。

③プロテーゼを入れたいけども将来が不安な人へ

プロテーゼでの隆鼻術の場合、将来的なリスクとして、露出や感染の問題は否定できません。しかし、適切な手術を受ければ可能性は非常に稀なものです。仮に、どうしても抜去したいとなった際は、当院では「人知れず低くしていく方法」などの提案があります。ご安心頂ければと思います。

自家軟骨移植(肋軟骨)

自分の肋軟骨を採取し、繊細に加工して鼻に移植します。自分のものと言う安心感が最大の特徴です。肋軟骨採取にはお胸に5cmほどの傷(女性の方は乳房下溝線に沿った傷)がつきますが非常に綺麗に治るので安心です。

※外傷性による明らかな低鼻(鞍鼻)は健康保険適応となる事があります。

施術の方法

麻酔は全身麻酔で行います。肋軟骨(約4-5㎝)を採取し、一人一人の患者さまに合った形に加工します。
右の鼻(両方の時もあります)の中に切開を行い、加工した肋軟骨を挿入します。

自家軟骨移植(肋軟骨)

自家軟骨移植(肋軟骨)

自家軟骨移植(肋軟骨)

こんな方に適応 鼻が低い人、わし鼻(ハンプ)がある人の微調整
施術時間 180-240分(全身麻酔での手術です)
効果実感・持続効果 半永久的
術後の通院 1-2日後に処置
7日後の抜糸(鼻・胸)
1、3、6か月に検診(任意)
術後の腫れ・ダウンタイム 2日間のテープ固定を行います。その後の腫れは殆どありません。腫れた場合は、軽めのクーリングで対処します。
内出血は出ることは稀です。仮に出た場合は10日前後で改善します。その間はメイクで隠して頂けます。
術後の痛み 鼻に関しては2-3日痛むことがあります。肋軟骨の採取部に関しては、4-5日の間は体動時の痛みを感じます。いずれも鎮痛薬で治まる程度です。
カウンセリング当日の治療 要予約
麻酔 全身麻酔
シャワー 翌日より可能(お胸には防水処置を施します)
洗髪 翌日より可能
メイク 翌日より可能
洗顔 翌日より可能
その他の注意点 術後1か月間は鼻を強く触る事を避けましょう。
注意点・アドバイス

・肋軟骨の採取・加工について。

肋軟骨の採取・加工には技術が必要です。安易に移植軟骨を傷つけたり、不適切な加工をした場合、将来的に湾曲変形を来すことがあります。
肋軟骨の性質を理解し洗練した技術と経験を持つ医師の元で手術を受けることをお勧めします。なお、肋軟骨は採取しても胸郭に変形を起こすことは無く、御心配には及びません。

・外傷や疾患による明らかな鞍鼻・低鼻には健康保険が適用となる事があります。

特殊な疾患や、骨折などの外傷に伴う鞍鼻・低鼻には、画像検査や病歴をお調べさせて頂いたうえで健康保険が適用される場合があります。
そのため、上記に当たる患者さまは、健康保険取扱い医療機関で一度ご相談される事をお勧めします。

症例写真、術後の経過について

  • 隆鼻術

    • 術前
    • 術直後
    隆鼻術(ヒアルロン酸注入)
    術前評価
    鼻根部が低く幼い印象の方
    通常必要とされる治療内容
    ヒアルロン酸注入
    治療方法
    ベットに横になり、上瞼の位置から鼻尖部にかけての自然なラインを作るようにデザインを行い、鼻根部から0.5ccのヒアルロン酸を注入しました。
    料金
    40,000円(税別)※ヒアルロン酸1本35,000円+注入料5,000円
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・軽度の腫脹(1週間ほどでほぼ改善)
    ●時に起こる事
    内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ、
    ●希に起こる事
    デコボコになる(浅い層への注入時)、注入不足(効果が乏しい)、曲がって見える
    過剰注入(何度も繰り返し入れると起こり得ます)
    ●極めて稀起こり得る事
    アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚など)
    塞栓症(眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など)
    その他予想外の合併症の可能性もあります。
    ●合併症の対処法
     経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。
    ●注意を要する方
     ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。   


    院長からのコメント
    鼻根部が低いためお鼻が短く見えて幼い印象の顔の方でした。鼻根部を中心に他はならす様に注入しました。施術直後ですが、お鼻が高くなりお顔の奥行きがでて大人っぽい雰囲気に変わっているのが分かります。
  • 隆鼻術(鼻プロテーゼ)+ 鼻中隔延長

    • 右斜位
    • 右横
    • 正面
    隆鼻術(鼻プロテーゼ)+ 鼻中隔延長
    術前評価
    鼻が低く、鼻先を斜め下に移動させたい方
    通常必要とされる治療内容
    鼻中隔延長術+耳介軟骨移植+隆鼻術(シリコン)
    治療方法
    全身麻酔下、オープン法で自分の鼻中隔軟骨を用いた鼻中隔延長を行いました。同時に鼻尖縮小術を加えてシリコンインプラントで鼻筋の通ったお鼻を形成しました。
    料金
    850,000円※全身麻酔代込(税別)
    治療のリスク
    ●初期に起こる事 
    軽度の疼痛(2-3日)、腫脹(1週間ほどで改善します4)、内出血(2週ほどで改善します)
    ギプスを装着(1週目はずっと、2週目は夜間のみ)
    ●術後の変化
    鼻腔内と鼻柱に瘢痕が残ります(オープン法の傷)。鼻尖部分が固い・動かない鼻(鼻中隔延長)
    ●希に起こる事、血腫・感染など、2次的な変形(斜鼻・鼻柱や鼻梁の偏位・鼻孔の左右差など)、稀に鼻孔縁の変形・鼻柱の段差が生じることがあります。低矯正・過矯正の可能性。polly beak変形や移植軟骨触知・浮き出しの可能性、
    ●極めて稀起こり得る事
     鼻閉・ピンチノーズ・皮膚の壊死や凸凹
    院長からのコメント
    団子鼻でかつ鼻が低いため、中顔面が平らで間延びした印象を、くっきりさせたいとの要望でした。鼻尖縮小のエッセンスを含めた鼻中隔延長と耳介軟骨移植、シリコンインプラントによる隆鼻術をご提案させていただきました。術後、鼻尖・鼻背が高くなることで、側面像で上口唇とのバランス取れ、正面視でも鼻根部まできれいなハイライトが入りコントラストが付きましたので、術前の平らな印象が一気に解決されたと思います。オトガイ部の後退があるので、今後、顎の調整をすることで、より良いバランスになると思います。

当院が選ばれる理由

理由01
医師の無料カウンセリングにより、「最適な施術」を提案!
施術前に、医師による無料カウンセリングを実施します。鼻の機能まで十分に理解している医師が、あなたのお鼻の分析を行い丁寧に説明。「仕事を長く休めない」「人に知られたくない」といったライフスタイルや患者様の気持ちも十分に配慮した上で、最適な施術をご案内いたします。
理由02
さまざまなニーズに対応!豊富な手術バリエ―ション
手術にはそれぞれ、長所と短所があります。当院の医師は、大学病院や美容外科で得た豊富な経験から、あらゆる鼻形成に対応できる技術があります。あなたのこだわりやニーズに最も合った鼻形成が見つかります。
理由03
術前シミュレーションで不安を解消!術後も安心の手術保証制度!
「隆鼻術」の術前の不安の一つに、「思った高さと違ったらどうしよう」などがあることでしょう。そんな不安がある方は、術前にCGシミュレーションをお受けいただく事もできます(有料)。
また、当院では術後の不安にも責任をもって修正術で対処します。 (再手術は当院既定の範囲内で行います。手術で調整できないわずかな誤差もあります。あらかじめご了解ください。)
理由04
「安全・安心」など、患者様の利益を最優先!
当院では、患者さまの利益を最優先にしております。たとえば、最も安全な施術方法、リラックスできる環境作り、痛みを可能な限り抑えるなど。そして、その上での納得の良心価格を実現。「安全、安心、信頼、納得、満足」これが、私たちのモチベーションです。
理由05
形成外科専門医として、「正しい医療」を提供!
鼻形成をという「治療」の専門分野を得意とするからこそ、多くの問題を熟知しています。形成外科専門医が「すべき事」と「すべきでない事」を判断し、「正しい医療」を提供します。

施術を迷われている方へ 注意点とアドバイス

鼻を高くすると言っても多くの方法があり、患者さまのニーズや希望によって様々な術式があります。あらゆる選択肢を視野に入れたうえで、施術が提供できる医師を選んでください

また、ご希望の高さを担当医師と共有していないと、想像したものと違った場合にトラブルになる事もあります。手術前に医師による十分な説明を受け、場合によっては術前CGシミュレーションなどで担当医師とイメージを共有する事をお勧めします。

他にも、次のようなチェックポイントを意識して、院選びをしてください。

・手術前に、医師による十分な説明があるか?
・正確なシミュレーションを受けられるか?
・トラブル時には適切な修正手術が可能か?
・鼻形成分野の専門的知識と技術があるか?
・対応に誠意が感じられるか?

単に「有名なクリニックだから」という理由で、安易に選択することがないようにしましょう。こうした点をふまえた上で、納得の上で施術を受けることをお勧めします。

施術の流れ

  • 01
    ご予約
    フリーダイヤルでの お電話もしくはメールで、無料カウンセリングのご予約をお願いします。
  • 02
    カウンセリング

    医師による無料カウンセリングをお受けいただきます。専門の医師による的確な診断を受け、場合によってCGシミュレーションを行います(有料)。術後の経過やアフターケアについても、併せて説明いたします。

    ※ヒアルロン酸などによる治療であれば、当日の手術が可能です。その他の手術は基本的に後日行いますが、時間的な余裕があれば、当日も可能です。

    ※一度カウンセリングを行った方であれば、電話での手術予約が可能です。ただし基本的に、手術1週間前にはご入金いただきます。

  • 03
    手術室に移動・デザイン
    リラックスできるBGMの流れた手術室へ移動して頂き、医師により再び手順の説明を受け、納得の上で手術を行います。
  • 04
    手術
    手術中の痛みがないよう、局所麻酔でしっかりと痛みのコントロールを行います。(希望者によっては笑気麻酔・静脈麻酔・全身麻酔を併用して行います。これらは、いずれも有料です。) 
    麻酔が十分に効いたことを確認し手術を開始します。術中お顔にライトが当たっているため、目の前の手術操作が見える事はありません。
    また仮に途中、痛みが起こった場合は、すぐに麻酔を追加しますので安心です。
  • 05
    手術終了後
    直後の状態を鏡で見ていただき、納得の上で終了します。手術室からパウダールームに移動して頂き、身支度を整えて帰宅して頂きます。腫れが気になる方は、サングラスや眼鏡・帽子・マスクなどをお持ちいただけると良いでしょう。
    (全身麻酔後は暫くリカバリー室で休んでいただき、体調が回復したことを確認してからの帰宅になります。)
  • 06
    施術後の安心サポート
    施術後、抜糸などの処置のために受診が必要です。その後、1か月目、3か月目に検診に来て頂きます(任意)。それ以降であっても、気になる事があれば、どのような事でもお問い合わせおよび検診に来て頂けます。

鼻を高くする手術(隆鼻術)の料金

  料金(税別)
ヒアルロン酸注射 (1)通常(1.0㏄)・・・¥35,000+注入料(¥5,000)
(2)入れ放題・・・¥50,000
プロテーゼ挿入術
(医療用シリコン)※1
¥150,000
(入れ替え保証※3か月以内・・・¥50,000) ※2

モニター価格:¥120,000

プロテーゼ入れ替え 当院のもの ¥150,000
他院のもの ¥180,000
プロテーゼ抜去 当院のもの・・・¥80,000
他院のもの・・・¥100,000
自家軟骨移植
(肋軟骨)※3
¥420,000
全身麻酔料¥100,000
術前CGシミュレーション
※4
¥30,000

※1.プロテーゼ挿入での隆鼻術では、「術後の高さが不安」と言う患者さまのお声にお応えして、術後3か月以内で1回に限り入れ替えが出来るプラン(入れ替え保証)をご用意しています。

※2.外傷や疾患などが原因の変形に対する修正術をご希望の場合は、状態によって健康保険適用でご案内する事もあります。

※3.隆鼻術は術後の変化を共有するためご希望の方のみ、術前CGシミュレーションのご案内を行っております。

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー