【目の下脱脂】若いのに目の下のクマが目立つ20代女性【症例No.29Y0000273】 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科

症例case

【目の下脱脂】若いのに目の下のクマが目立つ20代女性【症例No.29Y0000273】

  • 【目の下脱脂】若いのに目の下のクマが目立つ20代女性【症例No.29Y0000273】正面 フラッシュ無
  • 【目の下脱脂】若いのに目の下のクマが目立つ20代女性【症例No.29Y0000273】斜位 フラッシュ無
  • 【目の下脱脂】若いのに目の下のクマが目立つ20代女性【症例No.29Y0000273】斜位 フラッシュ無
術前評価 若いのに下瞼のクマがある方
通常必要とされる治療内容 経結膜的脱脂術
治療方法 通常の経結膜的切開(まぶたの裏を切開)でアプローチし、眼窩脂肪を露出させました。目の下の脂肪に凸凹にならないように、ムラなく且つ取り過ぎないように注意深く摘出します。切開した結膜を元に戻して終了しております。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク 疼痛・腫脹・内出血・術野の感染・血腫(2-3週間で消失)・切開部分の段差・創部の硬さ・傷の赤み・痛み・創縁の損傷の可能性・瞼の知覚障害(経時的に改善)の可能性、再発(加齢とともに出現) 結膜浮腫、ドライアイ、流涙、眼脂などの軽度外反症状、異物感やツッパリ感・結膜充血 左右差:従来の左右差は残ります。現れた涙袋の左右差 創部の硬さ・凸凹感の残存・表情に伴う差など 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性もあります。頬の平坦化 下眼瞼の外反、小じわ・ちり緬じわの増加 ●極めて稀に、アレルギー(重症薬疹・アナフィラキシーショックなど)(麻酔薬・抗生剤・鎮痛剤などの薬剤による)、違和感の残存、球後出血による眼圧上昇や失明、眼および周囲組織の損傷、外眼筋損傷による複視
施術担当 山中 佑次院長

担当医師及び担当者からのコメント

目の下のクマを気にされ来院された20代の女性です。20代と若く皮膚のタルミはほとんどないため経結膜的脱脂術をオススメさせていただきました。術後2日間の圧迫は必要ですが、圧迫解除後は目元を含めてのフルメイクも可能ですので、ダウンタイムはほとんど感じなかったと思います。この患者様は中顔面がもともと平坦であり、ふっくらとした頬を希望される場合は、ヒアルロン酸や脂肪注入などを併用することがオススメです。これらの施術は同時にすることも出来ますが、術後気になるようになってからでも出来る施術ですので、検討していただけたらと思います。

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case