症例case

【炭酸ガスレーザー】腹部の黒子が気になる 20代女性【症例No.29Y0000457】

  • 【炭酸ガスレーザー】腹部の黒子が気になる 20代女性【症例No.29Y0000457】術前
  • 【炭酸ガスレーザー】腹部の黒子が気になる 20代女性【症例No.29Y0000457】術後9カ月
通常必要とされる治療内容 炭酸ガスレーザー
治療方法 局所麻酔で痛みをコントロールしてから炭酸ガスレーザーを照射します。
料金 1か所7700円~(税込)※個数・大きさによる
治療のリスク ●初期に起こる事:軽度疼痛・軽度腫脹(数日で改善)・希に出血・内出血(1-2週で改善)が起こり得ます。 ●患者様自身の黒子について起こり得る事 肥厚性瘢痕・ケロイド・炎症後色素沈着・皮膚炎(消毒・外用薬・テープなど)・軽いやけど(うぶ毛や頭髪の焼灼)・皮脂の多い方や皮膚の薄い部位などの照射後に軽度の陥没変型を生じる場合があります。 ●稀に起こり得る事:再発 ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、周辺組織の損傷、神経損傷、照射面の感染 1.   光線アレルギー、レーザー機器の不具合、その他予想外の合併症の可能性など ●注意点: ※炎症後色素沈着の原因となるため、施術後は出来る限り紫外線を避け、 外出時にはテープや日焼け止めクリーム等で保護を行ってください。 また、強くこすったり、触ったりしないようにしてください。 ※炭酸ガスレーザーは黒子やできものが1度消失しても再度出現することがあります。 再発は切除術と比べて高率に起こりえます。 大きい病変や深い病変では照射直後の残存や、短時間での再発の可能性があります。 ※炭酸ガスレーザーは病理組織診断ができないため、良性・悪性の確定診断ができません。 ご不安な方は事前の生検による病理組織学検査をお勧めします。
施術担当 山中 佑次院長

担当医師及び担当者からのコメント

お腹にある薄い小さな黒子ですが、シミのように見えるのが気になるとのことで相談をうけました。治療には、切除と炭酸ガスレーザーでの治療がありますが、比較的小さく数が多いことから炭酸ガスレーザーでの治療をオススメさせていただきました。施術後は炎症後紅斑及び炎症後色素沈着が生じる事がありますが、1-2年程かけて消失します。この患者様は、いずれもそれほど強くなく、施術後9ヶ月で殆ど分らないくらいに回復し大変喜んで頂けました。多発している方には炭酸ガスレーザーでの治療がオススメです。

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case