【二重切開+垂れ目形成】奥二重と吊り目を改善し、優しい目元になりたい20代女性【症例No.29Y0000268】 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科

症例case

【二重切開+垂れ目形成】奥二重と吊り目を改善し、優しい目元になりたい20代女性【症例No.29Y0000268】

  • 【二重切開+垂れ目形成】奥二重と吊り目を改善し、優しい目元になりたい20代女性【症例No.29Y0000268】術前・術直後・抜糸時
  • 【二重切開+垂れ目形成】奥二重と吊り目を改善し、優しい目元になりたい20代女性【症例No.29Y0000268】術後3週間・6週間・3か月
術前評価 吊り目と奥二重のためつぶらな目元に見える方
通常必要とされる治療内容 垂れ目形成術 二重切開術
治療方法 垂れ目は内側法と外側法の双方を行う術式で、通常の睫毛下切開でアプローチし、下眼瞼の外側の皮膚を切除し縫合します。加えて結膜切開でアプローチし下眼瞼のCPFを縫縮します。余った結膜を一部切除します。 二重形成は術前シミュレーションで決めた広めの末広型で切開しました。眼窩隔膜を反転し二重の固定源としました。
料金 495,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(軽度)・内出血(約2週で改善)・薄ピンクの涙(数日で改善)・傷の赤み(1-3か月ほどで改善)・創部周囲の硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)・ドライアイ・流涙・眼脂・異物感やツッパリ感 ●希に起こる事 結膜充血や結膜出血および結膜浮腫・感染・創離開・創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)・左右差・過剰下制による三白眼・下眼瞼の外反 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む)、薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)・眼球および周囲の損傷・その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長

担当医師及び担当者からのコメント

もとは奥二重なのですがほぼ一重に見え、吊り目とも合わさり、つぶらで眠そうに見える間素の方でした。 「吊り目の印象を和らげ、二重になって目を大きく見せたい」とのご要望があり、 垂れ目形成および二重形成をご提案させて頂きました。 垂れ目は自然な垂れ具合、二重はやや広めの末広型なるように手術しております。 垂れ目形成自体の腫れはそれほど大きいものでは無く、傷跡も早期に分らなくなっていきます。 一方二重切開の腫れは、術後2-3週で大きな腫れは落ち着き、1ヶ月の頃には腫れは概ね引いてきます。 傷跡は3-6ヶ月くらいで赤みは引き目立ちにくくなっていきます。 術後、まつ毛の根元がしっかり見えるようになり、眉と目の距離も縮まることで目力がアップしました。 適度な垂れ目も優しい雰囲気を出しており、とても魅力的で人柄とマッチした目元になられたと思います。

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case