【ボトックス】眼瞼下垂症による額のしわを改善 50代女性【症例No.29Y120610】 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科

症例case

【ボトックス】眼瞼下垂症による額のしわを改善 50代女性【症例No.29Y120610】

  • 【ボトックス】眼瞼下垂症による額のしわを改善 50代女性【症例No.29Y120610】施術前 フラッシュ無し
  • 【ボトックス】眼瞼下垂症による額のしわを改善 50代女性【症例No.29Y120610】施術後 フラッシュ無し
術前評価 おでこを使って目を開いている状態(眼瞼下垂症の方)
通常必要とされる治療内容 おでこのボツリヌストキシン注射(10単位)
治療方法 瞼の開きを阻害しないように前額部上半分に10か所ほどに分けて注入しました。
料金 22,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛(1日程で改善) ●希に起こる事 点状の内出血(1-2週で消失)・軽度のむくみ(2-3日) 眉毛外側の吊り上がり、眉の高さの左右差 ●患者様自身の目について起こり得る事 眼瞼下垂症があり、眉毛挙上による代償を行っている場合、ボトックスで眉毛挙上を抑えることで眼瞼下垂が顕在化する可能性があります。 ●極めて稀起こり得る事: 皮膚症状(湿疹など)・眼症状(羞明・眼脂など)・感染・神経症状(頭痛など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●慎重投与が必要な方 筋弛緩剤や筋弛緩作用のある薬剤を投与中の方は筋弛緩作用が増強されることがあります。慢性呼吸障害、重篤な筋力低下、閉鎖隅角緑内障のある方は症状・病態が悪化する可能性があります。
施術担当 山中 佑次院長

担当医師及び担当者からのコメント

非常に強いオデコの筋緊張をお持ちの方でした。 眉毛挙上による開瞼をされていました(不顕性眼瞼下垂症)ので、まぶたの重さを避けるため打つ場所は通常より工夫を行いました。その結果、重さを自覚することなくオデコの緊張だけを改善させることができましたが、眉毛近くの横じわが少し残っています。だだ、まぶたの重さを感じることなく長年悩んでおられたシワが改善したことに大変喜ばれておりました。さらに改善を求める場合は、オデコのヒアルロン酸注射などでオデコに丸みを持たせることでシワを浅くするのも良いかもしれませんね。

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case