症例case

二重埋没法の症例の症例写真・術後の経過について

二重埋没法の症例の症例一覧

【二重埋没法】3点どめでタルミ取り 60代女性【症例No.29Y0000253】

担当医師及び施術者からのコメント
昔は二重だったのに気が付くとタルミが出てきて左目が一重に見えるくらいに皮膚が被さり左右差も気になるとのことで相談に来られました。ダウンタイムの少ない埋没法でのタルミ取りを希望され施術しております。術後二重になる事で、余剰な皮膚が食い込みの中に収納され、タルミを解消してくれました。幅は広めですが皮膚の厚みがそれほど無い方ですので自然な仕上がりになっていると思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(3点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。片側3か所に行う事で二重を作成します。
料金 99,000~143,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
昔は二重だったのに気が付くとタルミが出てきて左目が一重に見えるくらいに皮膚が被さり左右差も気になるとのことで相談に来られました。ダウンタイムの少ない埋没法でのタルミ取りを希望され施術しております。術後二重になる事で、余剰な皮膚が食い込みの中に収納され、タルミを解消してくれました。幅は広めですが皮膚の厚みがそれほど無い方ですので自然な仕上がりになっていると思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】負担のない二重に 20代女性【症例No.29Y0000252】

担当医師及び施術者からのコメント
もとは一重の方で普段はメイクで二重を作っておられましたが、上眼瞼の皮膚にストレスがかかっていることもあり手術を希望されご来院されました。手軽な手術を希望され埋没法での二重形成を施行しております。埋没法はダウンタイムが少なく3日で大きな腫れは改善し、2週間で殆どの腫れはなくなります。術後12日目の写真ですが、若干の内出血は残りますが、腫れの少ない末広型で作成していることもあり、腫れをそれほど感じず過ごせたのではないかと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もとは一重の方で普段はメイクで二重を作っておられましたが、上眼瞼の皮膚にストレスがかかっていることもあり手術を希望されご来院されました。手軽な手術を希望され埋没法での二重形成を施行しております。埋没法はダウンタイムが少なく3日で大きな腫れは改善し、2週間で殆どの腫れはなくなります。術後12日目の写真ですが、若干の内出血は残りますが、腫れの少ない末広型で作成していることもあり、腫れをそれほど感じず過ごせたのではないかと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右差のない末広二重に 10代女性【症例No.29H0000251】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと右眼が奥二重で、左眼が控え目な末広型の二重をお持ちの方でしたが、左右揃えて、もう少し広い幅のパッチリした二重を作りたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな末広型で二重を作成しました。埋没法は術直後でも腫れはそれほど目立たず2週間で腫れは殆ど気にならなくなります。術後2週間の検診の際の写真では、瞳が大きくパッチリ見えるようになり、明るい活き活きとした雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと右眼が奥二重で、左眼が控え目な末広型の二重をお持ちの方でしたが、左右揃えて、もう少し広い幅のパッチリした二重を作りたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな末広型で二重を作成しました。埋没法は術直後でも腫れはそれほど目立たず2週間で腫れは殆ど気にならなくなります。術後2週間の検診の際の写真では、瞳が大きくパッチリ見えるようになり、明るい活き活きとした雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】重め一重を二重に 20代女性【症例No.29Y0000250】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆っておりました。手軽な埋没法でのパッチリした二重を作りたいとのことでご相談に来られました。ナチュラルな末広型で二重を作成しております。術直後も軽度の腫れのみで、内出血もなくダウンタイムをあまり感じることなく生活できたとのことです。末広型での二重形成は術後の腫れが目立ちにくいというメリットもあります。術後2週間の検診の際の写真では、腫れは改善し、綺麗な二重で魅力的な雰囲気になられたとおもいます。睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、やや重たそうだった目元は見違えるように軽くなりました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆っておりました。手軽な埋没法でのパッチリした二重を作りたいとのことでご相談に来られました。ナチュラルな末広型で二重を作成しております。術直後も軽度の腫れのみで、内出血もなくダウンタイムをあまり感じることなく生活できたとのことです。末広型での二重形成は術後の腫れが目立ちにくいというメリットもあります。術後2週間の検診の際の写真では、腫れは改善し、綺麗な二重で魅力的な雰囲気になられたとおもいます。睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、やや重たそうだった目元は見違えるように軽くなりました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】たれ目を活かして大人っぽく 10代女性【症例No.29Y0000249】

担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で、メイクで二重を作っておられる方でした。日々のメイクが大変であり手軽な手術で二重を作りたいとのこと、埋没法での二重形成をご提案させていただきました。術後、糸を通す針が血管にあたり内出血を起こし腫れは強く出ましたが、2週間後には腫れ、内出血もほぼ落ち着きました。腫れ・内出血に関して、最大限軽減措置を行いますが、一定の確率で起こり得ます。そのため術後2-3週程は予定を絞るなど、ある程度ゆとりを持って手術を計画されることをオススメします。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000~121,000円(保証による・税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で、メイクで二重を作っておられる方でした。日々のメイクが大変であり手軽な手術で二重を作りたいとのこと、埋没法での二重形成をご提案させていただきました。術後、糸を通す針が血管にあたり内出血を起こし腫れは強く出ましたが、2週間後には腫れ、内出血もほぼ落ち着きました。腫れ・内出血に関して、最大限軽減措置を行いますが、一定の確率で起こり得ます。そのため術後2-3週程は予定を絞るなど、ある程度ゆとりを持って手術を計画されることをオススメします。

この症例の詳細について

【二重埋没法】2点どめでタルミ改善 40代女性【症例No.29Y0000248】

担当医師及び施術者からのコメント
一重の方ですが年齢と共にまぶたが弛み、たるんだ皮膚がまつ毛の上にのしかかるようになってきたため相談に来られました。タウンタイムがあまり取れないとのことで埋没法でのタルミ取りをご提案させて頂きました。右のタルミがやや強いため左右で幅の調整が必要でしたが、術直後からタルミおよび幅の左右差も無くなりました。2週間後には腫れは完全に落ち着き、まつげの生え際の見えた自然な末広型の目元になられました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
一重の方ですが年齢と共にまぶたが弛み、たるんだ皮膚がまつ毛の上にのしかかるようになってきたため相談に来られました。タウンタイムがあまり取れないとのことで埋没法でのタルミ取りをご提案させて頂きました。右のタルミがやや強いため左右で幅の調整が必要でしたが、術直後からタルミおよび幅の左右差も無くなりました。2週間後には腫れは完全に落ち着き、まつげの生え際の見えた自然な末広型の目元になられました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】ダウンタイムを掛けずに左右差を改善 40代女性【症例No.29Y0000247】

担当医師及び施術者からのコメント
右目が一重、左目が二重の方で、左右そろった二重にしたいとのことでご相談に来られました。ダウンタイムが長いのは駄目だと言うことで埋没法での二重形成をオススメさせて頂きました。術後2週で腫れは概ね落ち着きますが、しばらくは朝にわずかな浮腫が残ります。幅はしばらくすると徐々に狭くなり落ち着いていきます。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
右目が一重、左目が二重の方で、左右そろった二重にしたいとのことでご相談に来られました。ダウンタイムが長いのは駄目だと言うことで埋没法での二重形成をオススメさせて頂きました。術後2週で腫れは概ね落ち着きますが、しばらくは朝にわずかな浮腫が残ります。幅はしばらくすると徐々に狭くなり落ち着いていきます。

この症例の詳細について

【二重埋没法】細く見える目を平行二重に 10代女性【症例No.29H0000233】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆ってしまっているため、やや細目の印象でした。埋没法での二重形成をご希望され相談に来られました。術直後も軽度の腫れのみで、内出血もなくダウンタイムをあまり感じることなく生活できたとのことです。術後2週間の検診の際の写真では、腫れは改善し、綺麗な二重になられたとおもいます。二重になることで、まつ毛の根元に乗っていた皮膚が持ち上がって、瞳が大きくパッチリ見えるようになりました。明るく大人っぽい雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆ってしまっている方
通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆ってしまっているため、やや細目の印象でした。埋没法での二重形成をご希望され相談に来られました。術直後も軽度の腫れのみで、内出血もなくダウンタイムをあまり感じることなく生活できたとのことです。術後2週間の検診の際の写真では、腫れは改善し、綺麗な二重になられたとおもいます。二重になることで、まつ毛の根元に乗っていた皮膚が持ち上がって、瞳が大きくパッチリ見えるようになりました。明るく大人っぽい雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】安定しない二重をしっかり平行二重に 30代女性【症例No.29Y0000231】

担当医師及び施術者からのコメント
もとは一重でメイクで二重形成をしておられましたが、二重が安定しない点や日々の手間がかかる点を苦慮され受診されました。メイク無しでは何となく癖はついていますがメイクをしないと左右差を感じてしまう目元でした。ダウンタイムの少ない方法を希望され埋没法での重瞼形成術をご提案させて頂きました。埋没法は作成後少し狭くなるため希望の幅より僅かに広めで固定しております。術後2週間で腫れはほとんど落ち着き左右差の無い二重になり喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もとは一重でメイクで二重形成をしておられましたが、二重が安定しない点や日々の手間がかかる点を苦慮され受診されました。メイク無しでは何となく癖はついていますがメイクをしないと左右差を感じてしまう目元でした。ダウンタイムの少ない方法を希望され埋没法での重瞼形成術をご提案させて頂きました。埋没法は作成後少し狭くなるため希望の幅より僅かに広めで固定しております。術後2週間で腫れはほとんど落ち着き左右差の無い二重になり喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】二重幅を広げて左右を揃えたい 10代女性【症例No.29Y0000225】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重の方ですが、左が狭く左右差がある点、もう少し広くしたいという点が改善できるかどうかを相談に来られました。ダウンタイムも気にされており埋没法での二重形成をご提案させていただきました。術後は腫れも内出血もそれほど目立たず経過は良いと思います。二重幅はご要望通り術前より広がり左右差も殆ど気にならなくなったと喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重の方ですが、左が狭く左右差がある点、もう少し広くしたいという点が改善できるかどうかを相談に来られました。ダウンタイムも気にされており埋没法での二重形成をご提案させていただきました。術後は腫れも内出血もそれほど目立たず経過は良いと思います。二重幅はご要望通り術前より広がり左右差も殆ど気にならなくなったと喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】直後から腫れを少なく 10代女性【症例No.29Y0000224】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でメイクで二重を作っておられましたが日々の手間がかかるとのことで相談に来られました。一重であるため余った皮膚がまつ毛の生え際にかぶさり重たい目元の方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され作成しております。末広型で作成したので直後もそれほど腫れは目立たず、2週後にはほぼ腫れは治まり、まつ毛の生え際がしっかり見えパッチリとした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でメイクで二重を作っておられましたが日々の手間がかかるとのことで相談に来られました。一重であるため余った皮膚がまつ毛の生え際にかぶさり重たい目元の方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され作成しております。末広型で作成したので直後もそれほど腫れは目立たず、2週後にはほぼ腫れは治まり、まつ毛の生え際がしっかり見えパッチリとした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】眉と目の距離を近く 20代女性【症例No.29Y0000223】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で余剰な皮膚が睫毛を覆い隠し、眉と目の距離が長く見え、かつ非常に目が細く見えている方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され受診されました。元々一重であまり広い幅を希望されず少し控え目な末広型で作成しました。術後2週目の写真ですが腫れは完全に落ち着き、睫毛の生え際がキレイに露出することで切れ長のキレイな瞳が見えるようになり、眉と目の距離も縮まることで若々しい印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で余剰な皮膚が睫毛を覆い隠し、眉と目の距離が長く見え、かつ非常に目が細く見えている方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され受診されました。元々一重であまり広い幅を希望されず少し控え目な末広型で作成しました。術後2週目の写真ですが腫れは完全に落ち着き、睫毛の生え際がキレイに露出することで切れ長のキレイな瞳が見えるようになり、眉と目の距離も縮まることで若々しい印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】優し気な末広二重に 30代男性【症例No.29Y0000222】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと控え目な末広型の二重をお持ちの方ですが年齢と共に二重の幅が狭くなり、今では右目は一重のように見えるようになったため修正を希望し相談に来られました。ダウンタイムが取れないとのことで埋没法での二重形成をご提案させていただきました。末広型の二重を希望されたため直後の腫れも控え目で、2週間でほぼ落ち着きます。埋没法で作成しておりますので、しばらくするともう少し二重幅が狭くなってさらに自然な目元になって行きます。タウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと控え目な末広型の二重をお持ちの方ですが年齢と共に二重の幅が狭くなり、今では右目は一重のように見えるようになったため修正を希望し相談に来られました。ダウンタイムが取れないとのことで埋没法での二重形成をご提案させていただきました。末広型の二重を希望されたため直後の腫れも控え目で、2週間でほぼ落ち着きます。埋没法で作成しておりますので、しばらくするともう少し二重幅が狭くなってさらに自然な目元になって行きます。タウンタイムも短く希望の幅になれたということで喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】広めの平行二重に 20代女性【症例No.29Y0000221】

担当医師及び施術者からのコメント
元々一重の方で弛んできた皮膚がまつ毛の根元をしっかりと隠してしまい、生え際が殆ど見えず重たい目元に見えてしまう方でした。普段から余剰皮膚を解消するためメイクで広めの二重を作っておられましたが、ノンメイクでも二重になっておきたいとの要望で相談に来られました。手軽な埋没法での手術を希望され施行させて頂いています。広めの二重が希望であり術直後の腫れは目立ちますが、腫れは3日で7割、10-14日で殆ど無くなります。術直後から睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、2週後には重たそうな目元は見違えるように軽くなられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々一重の方で弛んできた皮膚がまつ毛の根元をしっかりと隠してしまい、生え際が殆ど見えず重たい目元に見えてしまう方でした。普段から余剰皮膚を解消するためメイクで広めの二重を作っておられましたが、ノンメイクでも二重になっておきたいとの要望で相談に来られました。手軽な埋没法での手術を希望され施行させて頂いています。広めの二重が希望であり術直後の腫れは目立ちますが、腫れは3日で7割、10-14日で殆ど無くなります。術直後から睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、2週後には重たそうな目元は見違えるように軽くなられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】奥二重から末広二重に 20代女性【症例No.29H0000218】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重の方ですが、ややまぶたの余剰皮膚がまつ毛の根元を覆っておりました。手軽な埋没法でのパッチリした二重を作りたいとのことでご相談に来られました。ナチュラルな末広型で二重を作成しました。術直後の腫れも軽度で、術後2週間の検診では腫れが完全に落ち着いておりました。自然な二重でまつ毛の根元が見えるようになったことで、綺麗な瞳が大きくパッチリ見えるようになりました。雰囲気も明るく、華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重の方ですが、ややまぶたの余剰皮膚がまつ毛の根元を覆っておりました。手軽な埋没法でのパッチリした二重を作りたいとのことでご相談に来られました。ナチュラルな末広型で二重を作成しました。術直後の腫れも軽度で、術後2週間の検診では腫れが完全に落ち着いておりました。自然な二重でまつ毛の根元が見えるようになったことで、綺麗な瞳が大きくパッチリ見えるようになりました。雰囲気も明るく、華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】一重から平行二重に 20代女性【症例No.29Y0000217】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと完全な一重の方で二重になりたいとのことで相談に来られました。目は横方向に大きいのですが余剰な皮膚がまつ毛の根元を覆いせっかくの綺麗な瞳を隠している状態でした。手軽な手術を希望され埋没法での二重形成を施行させていただきました。術後2週間で腫れは落ち着き平行型の二重となり、同時にまつ毛の根元を覆っていた皮膚は解消され本来のキレイな瞳がしっかりと見えるようになり、大人っぽい印象の目元になられたと思います。傷跡もメイクをしていると殆ど分らない状態ですダウンタイムが気になる方にはオススメの方法です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと完全な一重の方で二重になりたいとのことで相談に来られました。目は横方向に大きいのですが余剰な皮膚がまつ毛の根元を覆いせっかくの綺麗な瞳を隠している状態でした。手軽な手術を希望され埋没法での二重形成を施行させていただきました。術後2週間で腫れは落ち着き平行型の二重となり、同時にまつ毛の根元を覆っていた皮膚は解消され本来のキレイな瞳がしっかりと見えるようになり、大人っぽい印象の目元になられたと思います。傷跡もメイクをしていると殆ど分らない状態ですダウンタイムが気になる方にはオススメの方法です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】眠そうに見える一重からの変身 10代女性【症例No.29Y0000215】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、メイクで二重を作っておられましたが皮膚炎が起こるようになってきたため、二重形成を希望され相談に来られました。ダウンタイムを気にされていたため埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。埋没法は術直後でも腫れはそれほど目立たず2週間で腫れは殆ど気にならなくなります。術後メイクで二重を作る必要が無くなったため皮膚炎も落ち着き、皮膚に対しても良い経過をたどったのではないでしょうか。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、メイクで二重を作っておられましたが皮膚炎が起こるようになってきたため、二重形成を希望され相談に来られました。ダウンタイムを気にされていたため埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。埋没法は術直後でも腫れはそれほど目立たず2週間で腫れは殆ど気にならなくなります。術後メイクで二重を作る必要が無くなったため皮膚炎も落ち着き、皮膚に対しても良い経過をたどったのではないでしょうか。

この症例の詳細について

【二重埋没法】一重から微平行二重に 20代女性【症例No.29Y0000211】

担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で手軽な埋没法での二重形成を希望され来院されました。埋没法はやや狭くなることから少し広めの幅で作成しております。広い幅での二重手術はやや腫れが強くなりますがそれでも約2週間で腫れは落ち着きます。術前に瞳を覆っていた余剰皮膚が、二重の食い込みに折りたたまれることにより、余剰皮膚が解消されます。その結果、術後はパッチリとしたキレイな瞳が見えるようになり、イキイキした印象の元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で手軽な埋没法での二重形成を希望され来院されました。埋没法はやや狭くなることから少し広めの幅で作成しております。広い幅での二重手術はやや腫れが強くなりますがそれでも約2週間で腫れは落ち着きます。術前に瞳を覆っていた余剰皮膚が、二重の食い込みに折りたたまれることにより、余剰皮膚が解消されます。その結果、術後はパッチリとしたキレイな瞳が見えるようになり、イキイキした印象の元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】腫れの少ないナチュラル二重に 10代女性【症例No.29Y0000210】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でまつ毛の生え際が余剰な皮膚で覆い被さり瞳が小さく見えている方でした。ダウンタイムが短い施術を希望され埋没法での二重形成を施行させて頂きました。希望の幅は控え目であったため術直後でもそれほど腫れは目立ちません。腫れが完全に落ち着いた2週間後の写真ですが、まつ毛の生え際を覆った余剰皮膚は二重の食い込みに収納され、まつ毛の根元がしっかりと見えるようになりました。同時に綺麗な瞳もしっかりと見えるようになり、喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 70,000円~110,000円(保証による・税別)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でまつ毛の生え際が余剰な皮膚で覆い被さり瞳が小さく見えている方でした。ダウンタイムが短い施術を希望され埋没法での二重形成を施行させて頂きました。希望の幅は控え目であったため術直後でもそれほど腫れは目立ちません。腫れが完全に落ち着いた2週間後の写真ですが、まつ毛の生え際を覆った余剰皮膚は二重の食い込みに収納され、まつ毛の根元がしっかりと見えるようになりました。同時に綺麗な瞳もしっかりと見えるようになり、喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】綺麗な瞳が見えるように 20代女性【症例No.29Y0000207】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと大きくキレイな瞳をお持ちの方ですが、一重の余分な皮膚がまつ毛の生え際を覆い厚ぼったい印象の目元に見える方でした。手軽な埋没法での手術を希望され、かつダウンタイムも気にされており控え目な幅での二重をご提案させていただきました。術後きれいな末広型の目元になり、まつ毛の生え際もしっかりと見えるようになったため、本来の大きく綺麗な瞳がしっかりと見える、魅力的な目元になられたと思います。 控え目の二重幅の場合、術直後でも腫れはそれほど目立たず週末手術をしたら週明けには日常生活に戻れるくらいに回復する場合もあります。この患者様もダウンタイムをそれほど感じることなく生活できたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと大きくキレイな瞳をお持ちの方ですが、一重の余分な皮膚がまつ毛の生え際を覆い厚ぼったい印象の目元に見える方でした。手軽な埋没法での手術を希望され、かつダウンタイムも気にされており控え目な幅での二重をご提案させていただきました。術後きれいな末広型の目元になり、まつ毛の生え際もしっかりと見えるようになったため、本来の大きく綺麗な瞳がしっかりと見える、魅力的な目元になられたと思います。 控え目の二重幅の場合、術直後でも腫れはそれほど目立たず週末手術をしたら週明けには日常生活に戻れるくらいに回復する場合もあります。この患者様もダウンタイムをそれほど感じることなく生活できたと思います。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case