眼瞼下垂の症例 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科

症例case

眼瞼下垂の症例の症例写真・術後の経過について

眼瞼下垂の症例の症例一覧

【眼瞼下垂+目頭+目尻切開】目を大きくしたい 20代女性【症例No.29Y0000356】

担当医師及び施術者からのコメント
目を大きくしたいとのご要望があり相談に来られました。目を大きくする方法には、上方→眼瞼下垂、内側→目頭切開、外側→目尻切開、下方→垂れ目形成と4方向へ広げる手術があります。十分にカウンセリングをした結果、垂れ目以外の眼瞼下垂+目頭切開(控え目)+目尻切開をご希望され手術しております。 術直後はおよび1週間後の腫れはやや目立ちますが、経過と共に改善していき、2週間で気にならないくらいになっていきます。1ヶ月では腫れは殆ど落ち着いていますが傷の成熟にはもう少し時間がかかり、3-6ヶ月で浮腫などを含め治癒に向かいます。 術前と比較し開瞼および目頭、目尻が拡大され、パッチリとした印象的な目元になられたと思います。手術をした私自身が二重幅の左右差が気になり無料での修正をご提案させて頂いたのですが、ご本人は「今の状態で十分満足しており修正はしなくて良い」とのことで、一旦終了とさせていただきました。またご希望があれば相談して頂けたらと思います。

この症例の詳細について

術前評価 目を大きくしたい方
通常必要とされる治療内容 眼瞼下垂+目頭切開+目尻切開
料金 644,600円(税込)
治療のリスク 【眼瞼下垂手術のリスク】 ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。  見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 加齢による再発は起こり得ます。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。 【目頭切開のリスク】 ●初期に起こる事 疼痛・内出血(2-3週で改善)、腫れ、傷跡は3か月くらいまでは赤みが出ますが徐々に改善していきます。 ●稀に起こり得る事:感染(初期および遅発性)、創離開、左右差、過剰切除、効果不良 ●極めて稀起こり得る事:重症薬疹・薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 ●注意点:狭くすることや、元に戻すことは困難(修正することもできますが確実なコントロールは困難です) 【目尻切開のリスク】 ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(軽度)・内出血(約2週で改善)・薄ピンクの涙(数日で改善)・傷の赤み(1-3か月ほどで改善)・創部周囲の硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)・流涙・眼脂・異物感やツッパリ感 白目外側が露出するため赤みのある結膜が見えるようになります。 拡大部分の睫毛欠如。 ●希に起こる事 結膜充血や結膜出血および結膜浮腫・感染・創離開・切開部分の段差・創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)・左右差、睫毛乱生、涙漏れ(異所性分泌) ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む)、薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、眼球および周囲の損傷、その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目を大きくしたいとのご要望があり相談に来られました。目を大きくする方法には、上方→眼瞼下垂、内側→目頭切開、外側→目尻切開、下方→垂れ目形成と4方向へ広げる手術があります。十分にカウンセリングをした結果、垂れ目以外の眼瞼下垂+目頭切開(控え目)+目尻切開をご希望され手術しております。 術直後はおよび1週間後の腫れはやや目立ちますが、経過と共に改善していき、2週間で気にならないくらいになっていきます。1ヶ月では腫れは殆ど落ち着いていますが傷の成熟にはもう少し時間がかかり、3-6ヶ月で浮腫などを含め治癒に向かいます。 術前と比較し開瞼および目頭、目尻が拡大され、パッチリとした印象的な目元になられたと思います。手術をした私自身が二重幅の左右差が気になり無料での修正をご提案させて頂いたのですが、ご本人は「今の状態で十分満足しており修正はしなくて良い」とのことで、一旦終了とさせていただきました。またご希望があれば相談して頂けたらと思います。

この症例の詳細について

【眼瞼下垂】目力のある平行二重に 20代女性【症例No.29Y0000240】

担当医師及び施術者からのコメント
元々二重なのですが左右差があり、目の開きも悪く眠そうに見えるためパッチリとした目力のある平行型の二重を希望され眼瞼下垂手術をオススメさせて頂きました。切開式の眼瞼下垂手術であるため目立った腫れは1-2週ほど続きますその間はメイクなどでなんとかしのいでいただければと思います。ダウンタイムは糸で行う下垂より大きいですが、二重が取れたり食い込みが薄れることも無いため価値のある手術と思います。

この症例の詳細について

術前評価 平行型の二重で、目力も強くしたい人
通常必要とされる治療内容 眼瞼下垂手術(挙筋前転術)
治療方法 挙筋前転術は通常の二重切開より広めにデザインし切開をします。挙筋腱膜を前転し瞼板頭側に数カ所固定し、腱膜断端と切開線瞼縁側の真皮下眼輪筋を縫合し二重を作成します。
料金 313,500円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。  見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 加齢による再発は起こり得ます。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々二重なのですが左右差があり、目の開きも悪く眠そうに見えるためパッチリとした目力のある平行型の二重を希望され眼瞼下垂手術をオススメさせて頂きました。切開式の眼瞼下垂手術であるため目立った腫れは1-2週ほど続きますその間はメイクなどでなんとかしのいでいただければと思います。ダウンタイムは糸で行う下垂より大きいですが、二重が取れたり食い込みが薄れることも無いため価値のある手術と思います。

この症例の詳細について

【眼瞼下垂】広めの幅でも馴染むように 20代女性【症例No.29Y0000239】

担当医師及び施術者からのコメント
従来二重なのですが瞼の開きが悪く眠そうな印象の方でした。アイメイクなどでカモフラージュするのも限界があるため目を大きくする手術を希望され相談に来られました。中等度眼瞼下垂の状態であり挙筋前転術を施行させて頂きました。希望の幅はかなり広いものでしたが、目の開きがしっかり担保されれば不自然さには繋がりにくいため、やや広めの並行型で施術させていただきました。術後はスッピンの状態では広く感じる幅ですが、メイク映えする目元であり、ご本人のニーズに応えられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 瞼の開きが悪く眠そうに見える方、中等度の眼瞼下垂症
通常必要とされる治療内容 挙筋前転術(自由診療)
治療方法 広い幅を希望されており現在の幅より広い部位での切開を行いました。瞼板前組織の処置を行い挙筋腱膜を瞼板に前転固定しております。二重作成は、睫毛上に余剰皮膚がかぶらないように調整しながら、前転した挙筋腱膜の断端を瞼縁側直下の眼輪筋に縫合固定を行い閉創しました。
料金 313,500円※自由診療(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。  見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 加齢による再発は起こり得ます。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
従来二重なのですが瞼の開きが悪く眠そうな印象の方でした。アイメイクなどでカモフラージュするのも限界があるため目を大きくする手術を希望され相談に来られました。中等度眼瞼下垂の状態であり挙筋前転術を施行させて頂きました。希望の幅はかなり広いものでしたが、目の開きがしっかり担保されれば不自然さには繋がりにくいため、やや広めの並行型で施術させていただきました。術後はスッピンの状態では広く感じる幅ですが、メイク映えする目元であり、ご本人のニーズに応えられたと思います。

この症例の詳細について

【眼瞼下垂】右眼の先天性眼瞼下垂 20代女性【症例No.29Y0000237】

担当医師及び施術者からのコメント
子供の時から右目の開きが悪かったのですが年齢と共にさらに開きが悪くなってきたため相談に来られました。 挙筋機能は左と比べると弱く先天性眼瞼下垂がベースにある状態と思われますが、 筋膜移植ではなく通常の前転術で改善が見込めるレベルであり通常法で施行しております。 術後は若干の左右差は残りますが、術前と比べるとある程度の開瞼を得ることができ喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 右眼の先天性眼瞼下垂症(中等度)
通常必要とされる治療内容 眼瞼下垂症手術(右眼のみ)
治療方法 術前にシミュレーションで決めた幅で切開し、余剰な眼窩脂肪を適度に切除したのち重瞼形成を行いました。(右眼のみ)
料金 174,900円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。  見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 加齢による再発は起こり得ます。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
子供の時から右目の開きが悪かったのですが年齢と共にさらに開きが悪くなってきたため相談に来られました。 挙筋機能は左と比べると弱く先天性眼瞼下垂がベースにある状態と思われますが、 筋膜移植ではなく通常の前転術で改善が見込めるレベルであり通常法で施行しております。 術後は若干の左右差は残りますが、術前と比べるとある程度の開瞼を得ることができ喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【二重切開+眼瞼下垂】片目ごとに施術方法を変えて揃った二重に 20代女性【症例No.29Y0000203】

担当医師及び施術者からのコメント
元々一重で、瞳の大きさに左右差が見られる方でした。 瞳を覆う皮膚の差である事から、二重を作る事で左右差を改善させることができると判断しました。 しっかりとした取れない二重を希望され、切開法での二重形成を施行させて頂きました。 術後1週間の写真では内出血は殆どありませんが腫れは少々残っており、濃い目のメイクでごまかしていただく状態です。 2週間である程度の腫れは落ち着き、1~3ヶ月ほどで傷は成熟していきます。術後はまつ毛の根元がしっかりと見えるようになり綺麗な瞳と長い睫毛が印象的な美しい目元になられたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 瞳の大きさに左右差が見られる方
通常必要とされる治療内容 二重切開(左)眼瞼下垂(右)
治療方法 術前にシミュレーションで決めた幅で切開し、余剰な眼窩脂肪を適度に切除したのち重瞼形成を行いました。右眼は眼瞼下垂手術処理を行っております。
料金 326,700円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。  見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 加齢による再発は起こり得ます。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々一重で、瞳の大きさに左右差が見られる方でした。 瞳を覆う皮膚の差である事から、二重を作る事で左右差を改善させることができると判断しました。 しっかりとした取れない二重を希望され、切開法での二重形成を施行させて頂きました。 術後1週間の写真では内出血は殆どありませんが腫れは少々残っており、濃い目のメイクでごまかしていただく状態です。 2週間である程度の腫れは落ち着き、1~3ヶ月ほどで傷は成熟していきます。術後はまつ毛の根元がしっかりと見えるようになり綺麗な瞳と長い睫毛が印象的な美しい目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【他院修正】眼瞼下垂手術後の目の開き具合を和らげたい 20代女性【症例No.29Y0000202】

担当医師及び施術者からのコメント
以前に眼瞼下垂手術を受けた方で、左目内側の開瞼が強く(内側ピーク)、内側の開瞼を和らげ外側ピークにしたいとのことで相談を受けました。挙筋前転術と逆の挙筋延長を内側部分にのみ施行しております。術後、3ヶ月で腫れは落ち着き、弱開瞼および強開瞼ともに内側の開瞼を和らいでいるのがおかわり頂けると思います。かなりニッチな手術ではありますがお困りの方もおられますので相談頂けたらと思います。

この症例の詳細について

術前評価 左目内側の開瞼が強く(内側ピーク)、内側の開瞼を和らげ外側ピークにしたいご希望
通常必要とされる治療内容 眼瞼下垂修正(片目のみ)
治療方法 挙筋前転術と逆の挙筋延長を内側部分にのみ施行
料金 220,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。  見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 加齢による再発は起こり得ます。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
以前に眼瞼下垂手術を受けた方で、左目内側の開瞼が強く(内側ピーク)、内側の開瞼を和らげ外側ピークにしたいとのことで相談を受けました。挙筋前転術と逆の挙筋延長を内側部分にのみ施行しております。術後、3ヶ月で腫れは落ち着き、弱開瞼および強開瞼ともに内側の開瞼を和らいでいるのがおかわり頂けると思います。かなりニッチな手術ではありますがお困りの方もおられますので相談頂けたらと思います。

この症例の詳細について

【たれ目+眼瞼下垂】つり目の解消と大きな目に 20代女性【症例No.29Y0000137】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の形ですが、二重になるだけでなく目力のある大きな瞳になりたい、 さらに吊り目を気にされており、下方向に目を大きくして優しい雰囲気の目元になりたいとのことで相談を受けました。 もともと、目は横方向に大きい方で、眼瞼下垂症手術+垂れ目形成で、患者様のご希望が叶うと考え、 同時手術をご提案させていただきました。 術後経過は、強い腫れは10-14日ほどで落ち着きますが、しばらくはメイクで隠せる程度のムクミは続きます。 結果は、余剰皮膚で覆われていた瞳とまつ毛が十分に露出し、 従来お持ちの綺麗な瞳が内側からしっかりと見えるようになりました。 また、垂れ目も、ほどよい垂れ具合となっており大変喜んでいただけました。 眼瞼下垂と垂れ目形成の組み合わせは、目を上下の方向に大きくするだけでなく、 目力は上がるけど優しい雰囲気となるため、とても相性の良い組み合わせの手術だと思います。

この症例の詳細について

術前評価 吊り目を改善して、ほどよく垂れた優しい目元になりたい方
通常必要とされる治療内容 たれ目形成術 +眼瞼下垂手術
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、下眼瞼の外側の皮膚を切除し縫合します。加えて結膜切開でアプローチし下眼瞼のCPFを縫縮します。余った結膜を一部切除します。
料金 542,300円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(軽度)・内出血(約2週で改善)・薄ピンクの涙(数日で改善)・傷の赤み(1-3か月ほどで改善)・創部周囲の硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)・ドライアイ・流涙・眼脂・異物感やツッパリ感 ●希に起こる事 結膜充血や結膜出血および結膜浮腫・感染・創離開・創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善)・左右差・過剰下制による三白眼・下眼瞼の外反 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む)、薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)・眼球および周囲の損傷・その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の形ですが、二重になるだけでなく目力のある大きな瞳になりたい、 さらに吊り目を気にされており、下方向に目を大きくして優しい雰囲気の目元になりたいとのことで相談を受けました。 もともと、目は横方向に大きい方で、眼瞼下垂症手術+垂れ目形成で、患者様のご希望が叶うと考え、 同時手術をご提案させていただきました。 術後経過は、強い腫れは10-14日ほどで落ち着きますが、しばらくはメイクで隠せる程度のムクミは続きます。 結果は、余剰皮膚で覆われていた瞳とまつ毛が十分に露出し、 従来お持ちの綺麗な瞳が内側からしっかりと見えるようになりました。 また、垂れ目も、ほどよい垂れ具合となっており大変喜んでいただけました。 眼瞼下垂と垂れ目形成の組み合わせは、目を上下の方向に大きくするだけでなく、 目力は上がるけど優しい雰囲気となるため、とても相性の良い組み合わせの手術だと思います。

この症例の詳細について

【眼瞼下垂】中等度の眼瞼下垂を自費診療で 40代男性【症例No.29Y060156】

担当医師及び施術者からのコメント
左の瞳が下がって来たため眼瞼下垂ではないかとのことでご来院いただきました。左は中等度、右は軽度の眼瞼下垂であり、まだ保険適応としては難しい領域でしたが、この際、両目ともしっかり手術したいとのことで、両側とも自由診療としての手術を行いました。 術後5日目の抜糸時の写真ですが、まだ腫れや軽度の内出血が残る状態ですが、強い腫れは概ね引いています。 3か月後の写真では浮腫みも完全にとれ、術前と比べると左右ともに目力が上がり、従来の力強い印象の目元に戻ることが出来たと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

術前評価 中等度と軽度の眼瞼下垂症
通常必要とされる治療内容 挙筋前転術(自由診療)
治療方法 右目は従来のライン、左目は右目に合わせたラインでデザインし切開を行いました。従来通り、瞼板前組織の処置を行い、挙筋腱膜を瞼板に前転固定しております。二重作成は前転した挙筋腱膜の断端を皮切瞼縁側直下の眼輪筋に縫合固定を行い閉創しました。
料金 313,500円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善) ●患者様自身の目について起こり得る事 眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。  見かけ上の二重の幅が狭くなる。 余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。 加齢による再発は起こり得ます。 ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 開瞼不十分(挙筋機能が乏しい時は筋膜移植術を検討します) 開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)  予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出 自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
左の瞳が下がって来たため眼瞼下垂ではないかとのことでご来院いただきました。左は中等度、右は軽度の眼瞼下垂であり、まだ保険適応としては難しい領域でしたが、この際、両目ともしっかり手術したいとのことで、両側とも自由診療としての手術を行いました。 術後5日目の抜糸時の写真ですが、まだ腫れや軽度の内出血が残る状態ですが、強い腫れは概ね引いています。 3か月後の写真では浮腫みも完全にとれ、術前と比べると左右ともに目力が上がり、従来の力強い印象の目元に戻ることが出来たと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case