症例case

二重埋没法の症例の症例写真・術後の経過について

二重埋没法の症例の症例一覧

【二重埋没法】眠そうに見える一重からの変身 10代女性【症例No.29Y0000215】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、メイクで二重を作っておられましたが皮膚炎が起こるようになってきたため、二重形成を希望され相談に来られました。ダウンタイムを気にされていたため埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。埋没法は術直後でも腫れはそれほど目立たず2週間で腫れは殆ど気にならなくなります。術後メイクで二重を作る必要が無くなったため皮膚炎も落ち着き、皮膚に対しても良い経過をたどったのではないでしょうか。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、メイクで二重を作っておられましたが皮膚炎が起こるようになってきたため、二重形成を希望され相談に来られました。ダウンタイムを気にされていたため埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。埋没法は術直後でも腫れはそれほど目立たず2週間で腫れは殆ど気にならなくなります。術後メイクで二重を作る必要が無くなったため皮膚炎も落ち着き、皮膚に対しても良い経過をたどったのではないでしょうか。

この症例の詳細について

【二重埋没法】一重から微平行二重に 20代女性【症例No.29Y0000211】

担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で手軽な埋没法での二重形成を希望され来院されました。埋没法はやや狭くなることから少し広めの幅で作成しております。広い幅での二重手術はやや腫れが強くなりますがそれでも約2週間で腫れは落ち着きます。術前に瞳を覆っていた余剰皮膚が、二重の食い込みに折りたたまれることにより、余剰皮膚が解消されます。その結果、術後はパッチリとしたキレイな瞳が見えるようになり、イキイキした印象の元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
従来一重の方で手軽な埋没法での二重形成を希望され来院されました。埋没法はやや狭くなることから少し広めの幅で作成しております。広い幅での二重手術はやや腫れが強くなりますがそれでも約2週間で腫れは落ち着きます。術前に瞳を覆っていた余剰皮膚が、二重の食い込みに折りたたまれることにより、余剰皮膚が解消されます。その結果、術後はパッチリとしたキレイな瞳が見えるようになり、イキイキした印象の元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】腫れの少ないナチュラル二重に 10代女性【症例No.29Y0000210】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でまつ毛の生え際が余剰な皮膚で覆い被さり瞳が小さく見えている方でした。ダウンタイムが短い施術を希望され埋没法での二重形成を施行させて頂きました。希望の幅は控え目であったため術直後でもそれほど腫れは目立ちません。腫れが完全に落ち着いた2週間後の写真ですが、まつ毛の生え際を覆った余剰皮膚は二重の食い込みに収納され、まつ毛の根元がしっかりと見えるようになりました。同時に綺麗な瞳もしっかりと見えるようになり、喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 70,000円~110,000円(保証による・税別)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でまつ毛の生え際が余剰な皮膚で覆い被さり瞳が小さく見えている方でした。ダウンタイムが短い施術を希望され埋没法での二重形成を施行させて頂きました。希望の幅は控え目であったため術直後でもそれほど腫れは目立ちません。腫れが完全に落ち着いた2週間後の写真ですが、まつ毛の生え際を覆った余剰皮膚は二重の食い込みに収納され、まつ毛の根元がしっかりと見えるようになりました。同時に綺麗な瞳もしっかりと見えるようになり、喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】綺麗な瞳が見えるように 20代女性【症例No.29Y0000207】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと大きくキレイな瞳をお持ちの方ですが、一重の余分な皮膚がまつ毛の生え際を覆い厚ぼったい印象の目元に見える方でした。手軽な埋没法での手術を希望され、かつダウンタイムも気にされており控え目な幅での二重をご提案させていただきました。術後きれいな末広型の目元になり、まつ毛の生え際もしっかりと見えるようになったため、本来の大きく綺麗な瞳がしっかりと見える、魅力的な目元になられたと思います。 控え目の二重幅の場合、術直後でも腫れはそれほど目立たず週末手術をしたら週明けには日常生活に戻れるくらいに回復する場合もあります。この患者様もダウンタイムをそれほど感じることなく生活できたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと大きくキレイな瞳をお持ちの方ですが、一重の余分な皮膚がまつ毛の生え際を覆い厚ぼったい印象の目元に見える方でした。手軽な埋没法での手術を希望され、かつダウンタイムも気にされており控え目な幅での二重をご提案させていただきました。術後きれいな末広型の目元になり、まつ毛の生え際もしっかりと見えるようになったため、本来の大きく綺麗な瞳がしっかりと見える、魅力的な目元になられたと思います。 控え目の二重幅の場合、術直後でも腫れはそれほど目立たず週末手術をしたら週明けには日常生活に戻れるくらいに回復する場合もあります。この患者様もダウンタイムをそれほど感じることなく生活できたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法+目頭切開】顔とのバランスの取れた二重に 30代女性【症例No.29Y0000201】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと厚ぼったい一重で、目と目の間が広いことを気にされ受診されました。目頭切開と手軽な埋没法での二重形成を希望され施術を行いました。一重が二重になることでまつ毛を覆った重たい二重は解消され従来の綺麗な瞳が現れ、重たく厚ぼったい瞼は幾分か和らいたと思います。また目頭切開により目と目の間の距離も縮まり、目が大きくよりパッチリとした目元になられました。術後1ヶ月ではまだ赤みが残りますが、時間と共にもう少し赤みが改善し、より分りにくくなると思います。

この症例の詳細について

術前評価 厚ぼったい一重と目と目が離れていることが気になる方
通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術、目頭切開
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。同時に目頭切開も行っております。
料金 77,000円~121,000円(保証による・税込)+目頭切開176,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと厚ぼったい一重で、目と目の間が広いことを気にされ受診されました。目頭切開と手軽な埋没法での二重形成を希望され施術を行いました。一重が二重になることでまつ毛を覆った重たい二重は解消され従来の綺麗な瞳が現れ、重たく厚ぼったい瞼は幾分か和らいたと思います。また目頭切開により目と目の間の距離も縮まり、目が大きくよりパッチリとした目元になられました。術後1ヶ月ではまだ赤みが残りますが、時間と共にもう少し赤みが改善し、より分りにくくなると思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】余剰皮膚を持ち上げてスッキリと 10代女性【症例No.29Y0000181】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重をお持ちなのですが、ほぼ一重に見えてしまっている方でした。手軽な施術で二重幅を広げたいとの希望があり、埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。術後2週間の写真ですが、軽度のムクミは残っていますが、睫毛の生え際を覆っていた余剰皮膚は二重になることでスッキリと持ち上がり、キレイな瞳がしっかりと見えるようになりました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重をお持ちなのですが、ほぼ一重に見えてしまっている方でした。手軽な施術で二重幅を広げたいとの希望があり、埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。術後2週間の写真ですが、軽度のムクミは残っていますが、睫毛の生え際を覆っていた余剰皮膚は二重になることでスッキリと持ち上がり、キレイな瞳がしっかりと見えるようになりました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】華やかな目元へ 10代女性【症例No.29Y0000180】

担当医師及び施術者からのコメント
奥二重があるもののほとんど一重に見える方です。蒙古襞も強く張り出しており吊り目に見え、また睫毛も余剰皮膚で隠れておりせっかくの綺麗な睫毛が台無しになっていました。 手軽な埋没法での二重形成を希望され施行させて頂きました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き綺麗な末広型の二重となり、睫毛もキレイに根元から見えるようになったことで、メイクなしでも華やかな印象の目元になれられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
奥二重があるもののほとんど一重に見える方です。蒙古襞も強く張り出しており吊り目に見え、また睫毛も余剰皮膚で隠れておりせっかくの綺麗な睫毛が台無しになっていました。 手軽な埋没法での二重形成を希望され施行させて頂きました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き綺麗な末広型の二重となり、睫毛もキレイに根元から見えるようになったことで、メイクなしでも華やかな印象の目元になれられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】目を大きくイキイキと 10代女性【症例No.29Y0000179】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で余剰皮膚がまつ毛の根元をおおい、せっかくの瞳が隠れ、細目に見える方でした。手軽な埋没法で二重を作りたいとのことでご相談に来られました。それほど広い二重を望まず末広型で作成しました。術後、まつ毛の根元をおおった余剰皮膚は二重の中にたたみ込まれ、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。同時に、綺麗な瞳が目頭側からもしっかりと見えるようになり、大人っぽいイキイキとした雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で余剰皮膚がまつ毛の根元をおおい、せっかくの瞳が隠れ、細目に見える方でした。手軽な埋没法で二重を作りたいとのことでご相談に来られました。それほど広い二重を望まず末広型で作成しました。術後、まつ毛の根元をおおった余剰皮膚は二重の中にたたみ込まれ、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。同時に、綺麗な瞳が目頭側からもしっかりと見えるようになり、大人っぽいイキイキとした雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】食い込みの浅さを改善 10代女性【症例No.29Y0000178】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重ですが、右目の食い込みが浅くいことによる左右差を気にされ相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望されました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き、お悩みの二重の食い込みも左右共にしっかり入っています。少し広めに作った二重ですが、大きな瞳にマッチしており、大変お似合いだと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重ですが、右目の食い込みが浅くいことによる左右差を気にされ相談に来られました。手軽な埋没法での二重形成を希望されました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き、お悩みの二重の食い込みも左右共にしっかり入っています。少し広めに作った二重ですが、大きな瞳にマッチしており、大変お似合いだと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】加齢による瞼のたるみを改善 40代女性【症例No.29Y0000177】

担当医師及び施術者からのコメント
もともとは奥二重の方ですが、年とともにタルミが現れ、ほとんど一重に見えている状態を気にされ相談に来られました。ダウンタイムがとれないとのことで、二重切開や眉下切開などを望まれず、手軽な埋没法で控え目の幅で作成を希望されました。控え目の幅での埋没法は直後から腫れは殆ど気にならないレベルであり、2週間後の写真ではごく自然な目元になられていると思います。この幅の場合、埋没法でも取れにくい傾向があるため、おすすめの方法です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともとは奥二重の方ですが、年とともにタルミが現れ、ほとんど一重に見えている状態を気にされ相談に来られました。ダウンタイムがとれないとのことで、二重切開や眉下切開などを望まれず、手軽な埋没法で控え目の幅で作成を希望されました。控え目の幅での埋没法は直後から腫れは殆ど気にならないレベルであり、2週間後の写真ではごく自然な目元になられていると思います。この幅の場合、埋没法でも取れにくい傾向があるため、おすすめの方法です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】奥二重を印象深い平行型へ 10代女性【症例No.29Y0000176】

担当医師及び施術者からのコメント
左右ともに奥二重の方で、ほとんど一重に見える目元の方でした。はっきりとした平行型の二重になりたいとのことでしたが、時間的な余裕がないため腫れにくい埋没法での二重形成をオススメさせて頂きました。術後2週間で腫れは落ち着き、パッチリとした目力のある平行型の二重になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
左右ともに奥二重の方で、ほとんど一重に見える目元の方でした。はっきりとした平行型の二重になりたいとのことでしたが、時間的な余裕がないため腫れにくい埋没法での二重形成をオススメさせて頂きました。術後2週間で腫れは落ち着き、パッチリとした目力のある平行型の二重になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】厚ぼったい瞼を二重に 10代女性【症例No.29Y0000174】

担当医師及び施術者からのコメント
元々一重でやや厚ぼったいまぶたの方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され相談に来られました。末広型で控え目な幅を希望され手術しています。控え目な末広型の二重は術後すぐでもそれほど腫れは気にならず、ダウンタイムを強く感じない経過となります。術後2週間目の写真ですが、まつ毛の生え際を覆っていた余剰皮膚は二重の折りたたみの中に収納され、従来の綺麗な瞳がしっかりと見えるようになり、大人っぽい雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々一重でやや厚ぼったいまぶたの方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され相談に来られました。末広型で控え目な幅を希望され手術しています。控え目な末広型の二重は術後すぐでもそれほど腫れは気にならず、ダウンタイムを強く感じない経過となります。術後2週間目の写真ですが、まつ毛の生え際を覆っていた余剰皮膚は二重の折りたたみの中に収納され、従来の綺麗な瞳がしっかりと見えるようになり、大人っぽい雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】加齢による二重幅の狭まりを改善 40代女性【症例No.29Y0000173】

担当医師及び施術者からのコメント
もとは奥二重ですが、年齢とともに二重がほとんど見えなくなってきたため相談に来られました。ダウンタイムが嫌とのことでしたので埋没法での二重形成をお勧めさせていただきました。術後2週間で、腫れはほぼ落ち着いていますが軽度の浮腫みが少し残っています。将来的に少し狭くなることを想定して少し広めに作っているため、厚ぼったさは否めませんが、狭くなるとともに改善していく予定です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もとは奥二重ですが、年齢とともに二重がほとんど見えなくなってきたため相談に来られました。ダウンタイムが嫌とのことでしたので埋没法での二重形成をお勧めさせていただきました。術後2週間で、腫れはほぼ落ち着いていますが軽度の浮腫みが少し残っています。将来的に少し狭くなることを想定して少し広めに作っているため、厚ぼったさは否めませんが、狭くなるとともに改善していく予定です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】横長の目を丸く 30代女性【症例No.29Y0000172】

担当医師及び施術者からのコメント
元々一重でメイクで二重を作っておられる方でした。何となくラインがぼんやり癖付いていますが、もう少しはっきりしたところで作成したいとの希望でした。腫れを気にされており埋没法での二重形成を選択されました。術後2週間で腫れはほとんど落ち着いています。幅は概ねそろっていますが、目頭側の形状が平行型と末広型になっています。これは、平行型と末広型の境界あたりの幅で作成すると、蒙古襞の左右差の関係で起こってしまいます。幅を揃えると、目頭の形状に左右差が出るということです。逆に目頭の形状を揃えると幅の左右差に繋がります。外見上、左右差が無いように見えるのは幅がそろっている方であるため、目頭の左右差を容認していただくことになりました。ただ、埋没法での作成ですので将来は少し狭くなり、両方末広型になっていくため、少しお待ちいただけたらと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々一重でメイクで二重を作っておられる方でした。何となくラインがぼんやり癖付いていますが、もう少しはっきりしたところで作成したいとの希望でした。腫れを気にされており埋没法での二重形成を選択されました。術後2週間で腫れはほとんど落ち着いています。幅は概ねそろっていますが、目頭側の形状が平行型と末広型になっています。これは、平行型と末広型の境界あたりの幅で作成すると、蒙古襞の左右差の関係で起こってしまいます。幅を揃えると、目頭の形状に左右差が出るということです。逆に目頭の形状を揃えると幅の左右差に繋がります。外見上、左右差が無いように見えるのは幅がそろっている方であるため、目頭の左右差を容認していただくことになりました。ただ、埋没法での作成ですので将来は少し狭くなり、両方末広型になっていくため、少しお待ちいただけたらと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】凛々しい目元に 10代男性【症例No.29Y0000170】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で眠そうに見えるとのことで相談に来られました。開瞼自体はあるのですが、まぶたがまつ毛の根元を覆い、目が小さく見える方でした。手軽な埋没法での手術を希望し施行しております。術後2週間で腫れはほぼ解消し、もともとの力強い瞳が現れ、男性らしい凜々しい雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で眠そうに見えるとのことで相談に来られました。開瞼自体はあるのですが、まぶたがまつ毛の根元を覆い、目が小さく見える方でした。手軽な埋没法での手術を希望し施行しております。術後2週間で腫れはほぼ解消し、もともとの力強い瞳が現れ、男性らしい凜々しい雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】自然な末広型で目を大きく 10代女性【症例No.29Y0000166】

担当医師及び施術者からのコメント
元々一重で毎日メイクで二重を作っている方でした。毎日の作業に時間がかかり、安定した二重が出来なとのことで、埋没法での治療を希望され相談に来られました。控え目な二重形成は、直後でもそれほど腫れは目立たず、ダウンタイムは非常に少なくてすみます。2週後には腫れもムクミもほとんど無くなり、まぶたを覆った重たい皮膚は解消され、自然で綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々一重で毎日メイクで二重を作っている方でした。毎日の作業に時間がかかり、安定した二重が出来なとのことで、埋没法での治療を希望され相談に来られました。控え目な二重形成は、直後でもそれほど腫れは目立たず、ダウンタイムは非常に少なくてすみます。2週後には腫れもムクミもほとんど無くなり、まぶたを覆った重たい皮膚は解消され、自然で綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】さりげなく二重に 10代女性【症例No.29Y0000165】

担当医師及び施術者からのコメント
一重であるもののクリッとした可愛らしい目元の方でしたが、何となく物足りない印象の目元の方でした。手軽な方法での二重形成を希望され埋没法を行いました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き、落ち着いた雰囲気の大きな目元になられたと思います。埋没法で控え目に作成した場合、腫れは非常に少なくダウンタイムを取れない方はオススメの方法です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
一重であるもののクリッとした可愛らしい目元の方でしたが、何となく物足りない印象の目元の方でした。手軽な方法での二重形成を希望され埋没法を行いました。術後2週間で腫れは完全に落ち着き、落ち着いた雰囲気の大きな目元になられたと思います。埋没法で控え目に作成した場合、腫れは非常に少なくダウンタイムを取れない方はオススメの方法です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】目の開きを良くして末広二重に 20代女性【症例No.29Y0000163】

担当医師及び施術者からのコメント
普段は一重で、メイクで二重を作っている方でした。余剰な皮膚が睫毛の根元を覆い隠し眠そうに見えていました。ダウンタイムを極力少なくしたいとの要望があり、埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。希望の幅は控え目な末広型でしたので、術後の腫れも殆ど気にならない程度で日常生活に大きな支障が無かったと思います。術後2週間で綺麗な末広型の二重が出来ており、睫毛を覆った皮膚は二重の折りたたみに収納されパッチリとした綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
普段は一重で、メイクで二重を作っている方でした。余剰な皮膚が睫毛の根元を覆い隠し眠そうに見えていました。ダウンタイムを極力少なくしたいとの要望があり、埋没法での二重形成をオススメさせていただきました。希望の幅は控え目な末広型でしたので、術後の腫れも殆ど気にならない程度で日常生活に大きな支障が無かったと思います。術後2週間で綺麗な末広型の二重が出来ており、睫毛を覆った皮膚は二重の折りたたみに収納されパッチリとした綺麗な目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】被さった皮膚を改善し二重に 10代女性【症例No.29Y0000161】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、埋没法での二重形成を希望され相談に来られました。一重の余剰皮膚がまつ毛にかぶさり、せっかくの大きい瞳が隠れてしまっている方でした。術後2週間の写真では、腫れは落ち着き、きれいな二重になられたと思います。目頭の形態差による左右差を認めますが、埋没法で作成しているため将来は少し狭くなり両側とも末広型になっていく予定です。少々お待ちいただけたらと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、埋没法での二重形成を希望され相談に来られました。一重の余剰皮膚がまつ毛にかぶさり、せっかくの大きい瞳が隠れてしまっている方でした。術後2週間の写真では、腫れは落ち着き、きれいな二重になられたと思います。目頭の形態差による左右差を認めますが、埋没法で作成しているため将来は少し狭くなり両側とも末広型になっていく予定です。少々お待ちいただけたらと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】埋没法で目力UP 10代女性【症例No.29Y0000160】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重ですが、少し広い二重になりたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムを少なくしたい要望が強く埋没法での二重形成を施行しました。目頭側の幅がもう少し見えるように少し広めに作成いたしました。術後2週間で腫れは落ち着き、元の目より目力のある雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 70,000円~110,000円(保証による・税別)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重ですが、少し広い二重になりたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムを少なくしたい要望が強く埋没法での二重形成を施行しました。目頭側の幅がもう少し見えるように少し広めに作成いたしました。術後2週間で腫れは落ち着き、元の目より目力のある雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case