症例case

二重埋没法の症例の症例写真・術後の経過について

二重埋没法の症例の症例一覧

【二重埋没法】アイプチの癖のついた左右差のある目を二重に 20代女性【症例No.29H0000616】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で、左眼が食い込みの浅い二重ラインがある方でした。左右揃った二重にしたいとのことで、相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。 術後2週間の検診では、閉眼時の糸の陥没感や朝のムクミは残っておりましたが、腫れはほとんど落ち着いておりました。閉眼時の糸の陥没感は個人差もありますが1-2ヶ月以内には完全に消退します。また、埋没法の場合、しばらくするともう少しだけ二重幅が狭くなります。1年後に理想の幅になるように、理想よりわずかに広めの二重幅で作成しております。左右差がなくなり、華やかな目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重で、左眼が食い込みの浅い二重ラインがある方でした。左右揃った二重にしたいとのことで、相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。 術後2週間の検診では、閉眼時の糸の陥没感や朝のムクミは残っておりましたが、腫れはほとんど落ち着いておりました。閉眼時の糸の陥没感は個人差もありますが1-2ヶ月以内には完全に消退します。また、埋没法の場合、しばらくするともう少しだけ二重幅が狭くなります。1年後に理想の幅になるように、理想よりわずかに広めの二重幅で作成しております。左右差がなくなり、華やかな目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】奥二重を広げたい 10代女性【症例No.29Y0000613】

担当医師及び施術者からのコメント
元々奥二重の方でもう少し二重を広く見せたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムが取れないとのことで手軽な埋没方での二重形成を希望され手術させていただきました。術後2週間で腫れが落ち着いたときの写真ですが、目頭の蒙古ヒダの関係で右が平行型、左は末広型に見えています。しかし埋没方は経過と共に少し狭くなるため将来的に右目は末広型になっていきます。全体的な目の印象は幅が広くなったことで、メイク映えのす華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々奥二重の方でもう少し二重を広く見せたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムが取れないとのことで手軽な埋没方での二重形成を希望され手術させていただきました。術後2週間で腫れが落ち着いたときの写真ですが、目頭の蒙古ヒダの関係で右が平行型、左は末広型に見えています。しかし埋没方は経過と共に少し狭くなるため将来的に右目は末広型になっていきます。全体的な目の印象は幅が広くなったことで、メイク映えのす華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】奥二重を少し広げたい 20代女性【症例No.29H0000606】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重はありましたが、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆ってしまっているため、重たい目元に見えてしまう方でした。二重形成の相談に来られ、埋没法をご希望されました。術直後も軽度の腫れのみで、内出血もなくダウンタイムをあまり感じることなく生活できたとのことです。重たそうだった目元は軽くなり、パッチリして明るく元気な印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重はありましたが、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆ってしまっているため、重たい目元に見えてしまう方でした。二重形成の相談に来られ、埋没法をご希望されました。術直後も軽度の腫れのみで、内出血もなくダウンタイムをあまり感じることなく生活できたとのことです。重たそうだった目元は軽くなり、パッチリして明るく元気な印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】手軽に華やかな二重に 10代女性【症例No.29H0000605】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと狭い末広型の二重はある方でしたが、もっと広くして二重を強調させたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。施術後は二重幅が広がったことで華やかな目元になられました。内出血もなく、最初は腫れたもののダウンタイムも短く過ごせたとのことでした。埋没法は手軽な施術であり、少し幅を広くして華やかさを出したいという方にもオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと狭い末広型の二重はある方でしたが、もっと広くして二重を強調させたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。施術後は二重幅が広がったことで華やかな目元になられました。内出血もなく、最初は腫れたもののダウンタイムも短く過ごせたとのことでした。埋没法は手軽な施術であり、少し幅を広くして華やかさを出したいという方にもオススメの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右差のある奥二重からの変化 40代女性【症例No.29H0000602】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと左右差の奥二重があり、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆われていたため、重たい目元に見えてしまう方でした。埋没法で幅を揃えて少し幅を広くしたいとご希望され相談に来られました。術後2週間の検診では、朝のムクミは残っておりましたが、腫れはほとんど落ち着いておりました。左右差がなくなり、睫毛の生え際も見えるようになってパッチリした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 施術担当 山中 佑次院長
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと左右差の奥二重があり、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆われていたため、重たい目元に見えてしまう方でした。埋没法で幅を揃えて少し幅を広くしたいとご希望され相談に来られました。術後2週間の検診では、朝のムクミは残っておりましたが、腫れはほとんど落ち着いておりました。左右差がなくなり、睫毛の生え際も見えるようになってパッチリした目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】雄雌目を揃えたい 10代女性【症例No.29H0000600】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと右眼は二重、左眼は一重の方で、両眼ともはっきりとした二重になりたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。両目とも二重になられて、さらに二重幅が広がったことで華やかな目元になられました。埋没法は、短時間で理想の二重を作ることができて、アイプチやテープによる手間も解消できます

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷 施術担当 山中 佑次院長
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと右眼は二重、左眼は一重の方で、両眼ともはっきりとした二重になりたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。両目とも二重になられて、さらに二重幅が広がったことで華やかな目元になられました。埋没法は、短時間で理想の二重を作ることができて、アイプチやテープによる手間も解消できます

この症例の詳細について

【二重埋没法】もう少し二重幅を広くしたい 10代女性【症例No.29Y0000599】

担当医師及び施術者からのコメント
元々奥二重の方でもう少し二重を広く見せたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムが取れないとのことで手軽な埋没方での二重形成を希望され手術させていただきました。術後2週間で腫れが落ち着いたときの写真ですが、目頭の蒙古ヒダの関係で右が平行型、左は末広型に見えています。しかし埋没方は経過と共に少し狭くなるため将来的に右目は末広型になって行きます。全体的な目の印象は幅が広くなったことで、メイク映えのす華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々奥二重の方でもう少し二重を広く見せたいとのことで相談に来られました。ダウンタイムが取れないとのことで手軽な埋没方での二重形成を希望され手術させていただきました。術後2週間で腫れが落ち着いたときの写真ですが、目頭の蒙古ヒダの関係で右が平行型、左は末広型に見えています。しかし埋没方は経過と共に少し狭くなるため将来的に右目は末広型になって行きます。全体的な目の印象は幅が広くなったことで、メイク映えのす華やかな印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】ナチュラルな末広型に 10代男性【症例No.29H0000594

担当医師及び施術者からのコメント
10代男性で、もともと一重でやや重たい印象の目元でした。二重にしたいとのことで相談に来られ、自然な末広型で二重を作成しております。 術後2週間で腫れは引いておりました。手術前は、余剰皮膚でまつ毛の生え際が覆われておりましたが、適度な二重を作成することにより二重に皮膚が収納されて、まつ毛の生え際もみえてパッチリとした明るい雰囲気の目元になられました。埋没法は、理想の二重が短時間で手に入り、ダウンタイムも短いのでオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
10代男性で、もともと一重でやや重たい印象の目元でした。二重にしたいとのことで相談に来られ、自然な末広型で二重を作成しております。 術後2週間で腫れは引いておりました。手術前は、余剰皮膚でまつ毛の生え際が覆われておりましたが、適度な二重を作成することにより二重に皮膚が収納されて、まつ毛の生え際もみえてパッチリとした明るい雰囲気の目元になられました。埋没法は、理想の二重が短時間で手に入り、ダウンタイムも短いのでオススメの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】左右差をなくしたい方 30代女性【症例No.29Y00000589】

担当医師及び施術者からのコメント
右目が一重に見える奥二重、左目が控え目な末広型の方でした。左をもう少し広くして、かつ左右差を無くしたいとのご希望で相談に来られました。ダウンタイムの少ない手軽な方法をご希望され埋没方での二重形成をご提案させていただきました。術後2週間後の写真ですが、糸を埋め込んだあとの軽度の陥凹は残っていますが時間ともに無くなります。開瞼時には両側とも広めの末広型となり、左右差も無くなり整った印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
右目が一重に見える奥二重、左目が控え目な末広型の方でした。左をもう少し広くして、かつ左右差を無くしたいとのご希望で相談に来られました。ダウンタイムの少ない手軽な方法をご希望され埋没方での二重形成をご提案させていただきました。術後2週間後の写真ですが、糸を埋め込んだあとの軽度の陥凹は残っていますが時間ともに無くなります。開瞼時には両側とも広めの末広型となり、左右差も無くなり整った印象の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】重い瞼を持ち上げるために眉を挙上していた方 10代女性【症例No.29Y00000588】

担当医師及び施術者からのコメント
重たい瞼を持ち上げようと眉を挙上している一重の方でした。普段はメイクで二重を作っておられましたが埋没方で手軽に二重になることを希望し来院されました。希望の平行型で作成させていただきました。術直後は少し腫れていますが、眉の緊張は和らぎ開瞼が楽になっている様子が分ります。術後2週間で腫れは完全に治まり綺麗な平行型の二重となり大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
重たい瞼を持ち上げようと眉を挙上している一重の方でした。普段はメイクで二重を作っておられましたが埋没方で手軽に二重になることを希望し来院されました。希望の平行型で作成させていただきました。術直後は少し腫れていますが、眉の緊張は和らぎ開瞼が楽になっている様子が分ります。術後2週間で腫れは完全に治まり綺麗な平行型の二重となり大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】浅い二重をくっきりさせたい 20代女性【症例No.29H00000585】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと食い込みの浅い二重ラインはある方でしたが、平行型ではっきり二重にしたいと相談に来られました。ダウンタイムの少ない埋没法をご希望され、平行型で二重を作成しました。2週間後の検診では、「思ったより腫れず、あまり気にならない程度だった。」と仰っておりました。はっきりとした平行型の二重になったことで、目ヂカラがアップして華やかな目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと食い込みの浅い二重ラインはある方でしたが、平行型ではっきり二重にしたいと相談に来られました。ダウンタイムの少ない埋没法をご希望され、平行型で二重を作成しました。2週間後の検診では、「思ったより腫れず、あまり気にならない程度だった。」と仰っておりました。はっきりとした平行型の二重になったことで、目ヂカラがアップして華やかな目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】二重をもう少し強調させたい 20代女性【症例No.29H00000582】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重はある方でしたが、もっと広くして二重を強調させたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。施術後は二重幅が広がったことで華やかな目元になられました。2-3日はある程度腫れましたが、内出血もなく、短いダウンタイムで2週間後には腫れもほぼ完全になくなっておりました。埋没法は、もともと二重がある方でも、少し幅を広くして華やかさを出したいという方にもオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重はある方でしたが、もっと広くして二重を強調させたいとのことで相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。施術後は二重幅が広がったことで華やかな目元になられました。2-3日はある程度腫れましたが、内出血もなく、短いダウンタイムで2週間後には腫れもほぼ完全になくなっておりました。埋没法は、もともと二重がある方でも、少し幅を広くして華やかさを出したいという方にもオススメの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】もう少し幅広の末広二重になりたい 10代女性【症例No.29H00000581】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重はある方でしたが、少し幅を広くしたいと相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。施術後は二重幅が広がったことで華やかな目元になられました。二重は少し幅が変わるだけでも目元の雰囲気が変わるため、手軽に二重幅を変えたい方には埋没法はオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと末広型の二重はある方でしたが、少し幅を広くしたいと相談に来られました。手軽な埋没法で二重を作成しております。施術後は二重幅が広がったことで華やかな目元になられました。二重は少し幅が変わるだけでも目元の雰囲気が変わるため、手軽に二重幅を変えたい方には埋没法はオススメの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】華やかでキラキラとした目元に 10代女性【症例No.29H00000575】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で余剰皮膚がまつ毛の根元をおおい、綺麗な瞳が少し隠れておりました。手軽な埋没法で二重を作りたいとのことでご相談に来られました。術直後は腫れは軽度で、術後2週間の検診では腫れがほとんど認めませんでした。自然かつ適度な幅で二重を作成することで、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。華やかでキラキラとした目元になられたと思います。当院では、内出血が広がらないように工夫し、腫れも最小限になるように心がけて施術しております。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で余剰皮膚がまつ毛の根元をおおい、綺麗な瞳が少し隠れておりました。手軽な埋没法で二重を作りたいとのことでご相談に来られました。術直後は腫れは軽度で、術後2週間の検診では腫れがほとんど認めませんでした。自然かつ適度な幅で二重を作成することで、まつ毛の根元がはっきりと見えるようになりました。華やかでキラキラとした目元になられたと思います。当院では、内出血が広がらないように工夫し、腫れも最小限になるように心がけて施術しております。

この症例の詳細について

【二重埋没法】まつ毛の根元がはっきりと見えるように 10代女性【症例No.29H00000574】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたが重い印象の目元の方でした。埋没法をご希望され、自然な二重幅で二重を作成しております。まつ毛の根元をおおった余剰皮膚は二重の中にたたみ込まれ、まつ毛の根元がはっきりと見えて、綺麗になりイキイキとした雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたが重い印象の目元の方でした。埋没法をご希望され、自然な二重幅で二重を作成しております。まつ毛の根元をおおった余剰皮膚は二重の中にたたみ込まれ、まつ毛の根元がはっきりと見えて、綺麗になりイキイキとした雰囲気になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】瞳が大きくパッチリ見えるように 10代女性【症例No.29H00000573】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆ってしまっているため、細目で幼い印象でした。埋没法での二重形成をご希望され相談に来られました。術直後も軽度の腫れのみで、わずかな内出血はありましたがダウンタイムをあまり感じることなく生活できたとのことです。術後2週間の検診の際の写真では、腫れは改善し、綺麗な二重になられたとおもいます。二重になることで、まつ毛の根元に乗っていた皮膚が持ち上がって、瞳が大きくパッチリ見えるようになりました。表情が明るく見えて、可愛らしさは残しつつ大人っぽい雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたの余剰皮膚が睫毛の根元を覆ってしまっているため、細目で幼い印象でした。埋没法での二重形成をご希望され相談に来られました。術直後も軽度の腫れのみで、わずかな内出血はありましたがダウンタイムをあまり感じることなく生活できたとのことです。術後2週間の検診の際の写真では、腫れは改善し、綺麗な二重になられたとおもいます。二重になることで、まつ毛の根元に乗っていた皮膚が持ち上がって、瞳が大きくパッチリ見えるようになりました。表情が明るく見えて、可愛らしさは残しつつ大人っぽい雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】まぶたの重さが解消し、明るく華やかな印象の目元に 20代女性【症例No.29H00000572】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたが重くアイプチでかぶれてしまうとのことで埋没法での二重形成を希望され相談に来られました。手術前は、ずっとアイプチをした生活をされており、まぶたがかぶれて慢性的に皮膚炎が生じておりました。皮膚炎があると正確なシュミレーションが難しいこと、左右差のリスク、術後の腫れが強くなるリスクがあるため、手術にはかぶれがないことがより望ましいです。この方は、外用薬塗布で皮膚炎が改善したのちに手術を行いました。術後2週間の検診時には、まぶたの重さが解消し、明るく華やかな印象の目元になられました。今後はアイプチやテープをする必要がなくなったため、皮膚炎もさらに改善していくでしょう。かぶれだけではなく、アイプチによって皮膚が伸びてタルミにつながってしまうことを考えると、皮膚に対しても良い経過をもたらしてくれると思われます。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、まぶたが重くアイプチでかぶれてしまうとのことで埋没法での二重形成を希望され相談に来られました。手術前は、ずっとアイプチをした生活をされており、まぶたがかぶれて慢性的に皮膚炎が生じておりました。皮膚炎があると正確なシュミレーションが難しいこと、左右差のリスク、術後の腫れが強くなるリスクがあるため、手術にはかぶれがないことがより望ましいです。この方は、外用薬塗布で皮膚炎が改善したのちに手術を行いました。術後2週間の検診時には、まぶたの重さが解消し、明るく華やかな印象の目元になられました。今後はアイプチやテープをする必要がなくなったため、皮膚炎もさらに改善していくでしょう。かぶれだけではなく、アイプチによって皮膚が伸びてタルミにつながってしまうことを考えると、皮膚に対しても良い経過をもたらしてくれると思われます。

この症例の詳細について

【二重埋没法】やや左右差のある二重を改善したい 10代女性【症例No.29H00000571】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと狭めの末広型でやや左右差のある二重の方でした。自然な範囲で少し幅を広げて二重を強調したいとのことで来院されました。術後2週間で腫れはほとんど落ち着きました。閉眼時に創部の埋没糸がかかっている部位の陥凹が若干残っておりますが、この後さらに改善して消退します。とても魅力的な目元になられたと思います。埋没法は、理想の二重が短時間で手に入り、ダウンタイムも短いのでオススメの施術です。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと狭めの末広型でやや左右差のある二重の方でした。自然な範囲で少し幅を広げて二重を強調したいとのことで来院されました。術後2週間で腫れはほとんど落ち着きました。閉眼時に創部の埋没糸がかかっている部位の陥凹が若干残っておりますが、この後さらに改善して消退します。とても魅力的な目元になられたと思います。埋没法は、理想の二重が短時間で手に入り、ダウンタイムも短いのでオススメの施術です。

この症例の詳細について

【二重埋没法】ナチュラルな末広型の二重に 20代女性【症例No.29H00000569】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、余剰皮膚がまつ毛の根元をおおって細目に見える方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな末広型で二重を作成しております。術後は、皮膚の被さりもなくなりまつ毛の生え際がしっかりと見えるようになったため、ぱっちり綺麗な目元になられたと思います。ダウンタイムも短く手軽に理想の二重になれたということで喜んで頂けました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、余剰皮膚がまつ毛の根元をおおって細目に見える方でした。手軽な埋没法での二重形成を希望され、ナチュラルな末広型で二重を作成しております。術後は、皮膚の被さりもなくなりまつ毛の生え際がしっかりと見えるようになったため、ぱっちり綺麗な目元になられたと思います。ダウンタイムも短く手軽に理想の二重になれたということで喜んで頂けました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】末広型の二重幅をもう少し広げたい 10代女性【症例No.29Y00000564】

担当医師及び施術者からのコメント
元々末広型の二重の方でしたがもう少し広げたいとのことで相談に来られました。まだ10代と言うこともあり埋没方での二重形成をオススメさせて頂きました。ギリギリ末広型での作成を希望され手術を行いました。術後2週間の写真では綺麗な末広型の二重が出来ています。閉瞼時の軽度の陥凹はまだ見えていますが1ヶ月ほどするとほとんど見えなくなってきます。少々お待ち頂けたらと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術(2点どめ)
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
元々末広型の二重の方でしたがもう少し広げたいとのことで相談に来られました。まだ10代と言うこともあり埋没方での二重形成をオススメさせて頂きました。ギリギリ末広型での作成を希望され手術を行いました。術後2週間の写真では綺麗な末広型の二重が出来ています。閉瞼時の軽度の陥凹はまだ見えていますが1ヶ月ほどするとほとんど見えなくなってきます。少々お待ち頂けたらと思います。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。
  • ご予約は”ご来院時間~30分前後”を目安にお呼びさせていただく目安の時間となっております。
    前の方のご状況により前後する可能性がございますことを大変恐縮ながらどうぞ予めご了承くださいませ。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case