症例case

下まぶたのたるみ治療(ハムラ法など)の症例の症例写真・術後の経過について

下まぶたのたるみ治療(ハムラ法など)の症例の症例一覧

【目の下脱脂】膨らみと影クマの改善 40代男性【症例No.29H0000847】

  • 【目の下脱脂】膨らみと影クマの改善 40代男性【症例No.29H0000847】

  • 【目の下脱脂】膨らみと影クマの改善 40代男性【症例No.29H0000847】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下の膨らみを取りたいと来院された40代の男性です。目の下の脂肪を切除する経結膜的脱脂術を行いました。結膜側(下まぶたの内側)を切開して、余剰な眼窩脂肪を切除しております。皮膚には傷をつけないため縫合不要で内出血も起こりにくい手術です。ダウンタイムも比較的短く影クマが解消したと喜んでいただけました。若々しい印象になられました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 経結膜的脱脂
治療方法  通常の経結膜的切開(まぶたの裏を切開)でアプローチし、眼窩脂肪を露出させました。目の下の脂肪に凸凹にならないように、ムラなく且つ取り過ぎないように注意深く摘出します。切開した結膜は縫合せず元に戻して終了します。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク 疼痛・腫脹・内出血・術野の感染・血腫(2-3週間で消失)・切開部分の段差・創部の硬さ・傷の赤み・痛み・創縁の損傷の可能性・瞼の知覚障害(経時的に改善)の可能性、再発(加齢とともに出現) 結膜浮腫、ドライアイ、流涙、眼脂などの軽度外反症状、異物感やツッパリ感・結膜充血 左右差:従来の左右差は残ります。現れた涙袋の左右差 創部の硬さ・凸凹感の残存・表情に伴う差など 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性もあります。頬の平坦化 下眼瞼の外反、小じわ・ちり緬じわの増加 ●極めて稀に、アレルギー(重症薬疹・アナフィラキシーショックなど)(麻酔薬・抗生剤・鎮痛剤などの薬剤による)、違和感の残存、球後出血による眼圧上昇や失明、眼および周囲組織の損傷、外眼筋損傷による複視
施術担当 帆苅直弘院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下の膨らみを取りたいと来院された40代の男性です。目の下の脂肪を切除する経結膜的脱脂術を行いました。結膜側(下まぶたの内側)を切開して、余剰な眼窩脂肪を切除しております。皮膚には傷をつけないため縫合不要で内出血も起こりにくい手術です。ダウンタイムも比較的短く影クマが解消したと喜んでいただけました。若々しい印象になられました。

この症例の詳細について

【ハムラ法+中顔面脂肪注入】目の下のクマ、たるみの気になる 40代女性【症例No.29Y0000813】

  • 【ハムラ法+中顔面脂肪注入】目の下のクマ、たるみの気になる 40代女性【症例No.29Y0000813】

  • 【ハムラ法+中顔面脂肪注入】目の下のクマ、たるみの気になる 40代女性【症例No.29Y0000813】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマを改善させたいとの希望で来院された40代女性です。 ハムラ法により、目の下の膨らみと凹み、皮膚のタルミが改善すると同時に、目の下の細かい小じわも良くなり涙袋が綺麗な形で姿を現わし、一気にお若く元気な印象になられました。 ハムラ法だけでも十分改善は期待できますが、中顔面の痩せている部分をもう少しふっくらさせることでより若々しさを出せるため、ハムラ法の手術直後に中顔面への脂肪注入も行いました。少量余った脂肪は、無駄にすることなく、ほうれい線にも少量注入させていただきました。頬も自然にふっくらとして張りのある元気な印象になられて、ほうれい線も少し浅くなり影が減りました。

この症例の詳細について

術前評価 下眼瞼の眼窩脂肪の突出とくぼみによる影クマ、皮膚のたるみ、中顔面の痩せのため、疲れた印象に見える方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的眼窩脂肪移動術)+脂肪注入
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、余剰な眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。余剰となった皮膚も切除し閉創しました。 腹部の臍部分に、2mm程の切開を加え専用の道具で脂肪を採取します。頬のやせている中顔面領域および鼻唇溝(ほうれい線)にも脂肪注入を行いました。
料金 ハムラ法(経皮的)495,000円+脂肪注入(中顔面1か所)209,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。 青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり) 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。 ◆脂肪吸引部分に起こる事 一般的な手術としてのリスク 腫れ、疼痛、内出血、血腫、創離開(創延の壊死)、創部の肥厚性瘢痕やケロイド(赤み・硬さ・痛み) 感染症:抗生剤や場合によっては外科的な処置(切開など)を行います。 薬疹・アナフィラキシーショック ◆採取部 硬さ、ムラ(凸凹の残存)、皮下の瘢痕(しこり)やツッパリ、 非常に稀に皮膚潰瘍(褥瘡や皮膚壊死)、左右差、神経障害(知覚鈍麻など) 血腫による貧血(出血性ショック)、肺塞栓症(動静脈塞栓なども含む) ◆注入部位 腫れ、疼痛、内出血、血腫、硬さ、ムラ(凸凹の残存)、注入不足や過剰 非常に稀に、強いシコリや肉芽腫などが生じた場合は切開術を必要とする可能性もあり、動静脈塞栓症(皮膚潰瘍や失明など)
施術担当 帆苅 直弘院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマを改善させたいとの希望で来院された40代女性です。 ハムラ法により、目の下の膨らみと凹み、皮膚のタルミが改善すると同時に、目の下の細かい小じわも良くなり涙袋が綺麗な形で姿を現わし、一気にお若く元気な印象になられました。 ハムラ法だけでも十分改善は期待できますが、中顔面の痩せている部分をもう少しふっくらさせることでより若々しさを出せるため、ハムラ法の手術直後に中顔面への脂肪注入も行いました。少量余った脂肪は、無駄にすることなく、ほうれい線にも少量注入させていただきました。頬も自然にふっくらとして張りのある元気な印象になられて、ほうれい線も少し浅くなり影が減りました。

この症例の詳細について

【経皮的ハムラ】目の下の皮膚のたるみの強い 40代女性【症例No.29Y0000792】

  • 【経皮的ハムラ】目の下の皮膚のたるみの強い 40代女性【症例No.29Y0000792】

  • 【経皮的ハムラ】目の下の皮膚のたるみの強い 40代女性【症例No.29Y0000792】

  • 【経皮的ハムラ】目の下の皮膚のたるみの強い 40代女性【症例No.29Y0000792】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下の皮膚のタルミが気になるとのことで相談に来られた方です。目の下の老化の原因は、眼窩脂肪の突出・骨の萎縮・皮膚のタルミ・靭帯の強い食い込みがありますが、主に皮膚のタルミの強い患者様でした。眼窩脂肪の突出も認めますが、経結膜的脱脂術をおこなうと、余計に皮膚のタルミが悪化するため、余剰皮膚の処理が可能なハムラ法での治療をお勧めさせていただきました。 術後3ヶ月の影を強調するフラッシュ無しの臨床写真では、4つの問題は概ね改善されているのが分かっていただけると思います。特に皮膚のタルミに関しては顕著に改善しており、非常に若々しい目元に戻られたのではないでしょうか。皮膚のタルミの強い目元の方はハムラ法での治療をお受けになる事をオススメします。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の皮膚のタルミが強く、脱脂だけでは皮膚のタルミが目立つ事が予測される方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。この症例の場合眼窩脂肪の切除を少し行い、余剰となった皮膚も切除し閉創しました。
料金 407,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。  青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり) 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下の皮膚のタルミが気になるとのことで相談に来られた方です。目の下の老化の原因は、眼窩脂肪の突出・骨の萎縮・皮膚のタルミ・靭帯の強い食い込みがありますが、主に皮膚のタルミの強い患者様でした。眼窩脂肪の突出も認めますが、経結膜的脱脂術をおこなうと、余計に皮膚のタルミが悪化するため、余剰皮膚の処理が可能なハムラ法での治療をお勧めさせていただきました。 術後3ヶ月の影を強調するフラッシュ無しの臨床写真では、4つの問題は概ね改善されているのが分かっていただけると思います。特に皮膚のタルミに関しては顕著に改善しており、非常に若々しい目元に戻られたのではないでしょうか。皮膚のタルミの強い目元の方はハムラ法での治療をお受けになる事をオススメします。

この症例の詳細について

【目の下脱脂】脱脂のみでくま取り 30代女性【症例No.29Y0000791】

  • 【目の下脱脂】脱脂のみでくま取り 30代女性【症例No.29Y0000791】

  • 【目の下脱脂】脱脂のみでくま取り 30代女性【症例No.29Y0000791】

  • 【目の下脱脂】脱脂のみでくま取り 30代女性【症例No.29Y0000791】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマが気になるとのことで相談に来られました。まだお若く肌の弾力もあることから脱脂をしても皮膚のたるみが生じないと判断し、経結膜的脱脂術をオススメさせていただきました。術後3ヶ月の状態では術前と比べると目の下の膨らみは改善しており若々しい目元になられたと思います。ただ、手術はデコボコに伴う影クマの治療で有り、皮膚の薄さが原因の青クマは残っています。こちらについての唯一の治療法はナノファットインジェクションがあります。ご希望の方は相談に来られることをオススメします。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 経結膜的脱脂
治療方法 通常の経結膜的切開(まぶたの裏を切開)でアプローチし、眼窩脂肪を露出させました。目の下の脂肪に凸凹にならないように、ムラなく且つ取り過ぎないように注意深く摘出します。切開した結膜は縫合せず元に戻して終了します。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク 疼痛・腫脹・内出血・術野の感染・血腫(2-3週間で消失)・切開部分の段差・創部の硬さ・傷の赤み・痛み・創縁の損傷の可能性・瞼の知覚障害(経時的に改善)の可能性、再発(加齢とともに出現) 結膜浮腫、ドライアイ、流涙、眼脂などの軽度外反症状、異物感やツッパリ感・結膜充血 左右差:従来の左右差は残ります。現れた涙袋の左右差 創部の硬さ・凸凹感の残存・表情に伴う差など 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性もあります。頬の平坦化 下眼瞼の外反、小じわ・ちり緬じわの増加 ●極めて稀に、アレルギー(重症薬疹・アナフィラキシーショックなど)(麻酔薬・抗生剤・鎮痛剤などの薬剤による)、違和感の残存、球後出血による眼圧上昇や失明、眼および周囲組織の損傷、外眼筋損傷による複視
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマが気になるとのことで相談に来られました。まだお若く肌の弾力もあることから脱脂をしても皮膚のたるみが生じないと判断し、経結膜的脱脂術をオススメさせていただきました。術後3ヶ月の状態では術前と比べると目の下の膨らみは改善しており若々しい目元になられたと思います。ただ、手術はデコボコに伴う影クマの治療で有り、皮膚の薄さが原因の青クマは残っています。こちらについての唯一の治療法はナノファットインジェクションがあります。ご希望の方は相談に来られることをオススメします。

この症例の詳細について

【脂肪注入 ナノファットインジェクション】目の下の青クマの治療 30代男性【症例No.29Y0000789】

  • 【脂肪注入 ナノファットインジェクション】目の下の青クマの治療 30代男性【症例No.29Y0000789】

  • 【脂肪注入 ナノファットインジェクション】目の下の青クマの治療 30代男性【症例No.29Y0000789】

  • 【脂肪注入 ナノファットインジェクション】目の下の青クマの治療 30代男性【症例No.29Y0000789】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下のわずかな凹みと(影クマ)、青クマの改善目的に来院されました。わずかな凹み(影クマ)に関してはハムラ法でも改善が期待できますが、手術侵襲と比べてバランスが悪く、経結膜的脱脂でも改善が望めません。また青クマに対して、唯一改善が可能な治療法は、特殊な脂肪注入(ナノファットインジェクション)となります。ナノファットはわずかな凹みに関しても効果を発揮するため、この患者様にはナノファット(2-3回)をオススメし施行させていただきました。2度の施術後の術前後の比較では、目の下のわずかな凹みは改善しふっくらとした若々しい目の下になっておられます。また、術前と比べて青クマの改善も認めており、ナノファットの効果が現れていると思われます。青クマおよび軽い影クマをお持ちの方は、ナノファットインジェクションが最も良い適応と思われます。ご検討いただけたらと思います。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の青クマが気になる30代男性
通常必要とされる治療内容 ナノファットインジェクション
治療方法 腹部や太ももから脂肪吸引をして脂肪採取し、細断+遠心分離⇒ナノ化処理(液状化処理)を行い、目の下の青クマ部分に注入することで薄い脂肪層を形成し、色調を改善させます。
料金 1回 220,000円(税込)
治療のリスク 注入脂肪の生着率は30-80%(個人差あり)、一度の施術で効果が出ることがありますが、脂肪の吸収によって複数回の注入を行う必要があります(有料)。※治療効果には限界があり客観的・主観的効果や副作用の感じ方にも個人差があります。 ◆一般的な手術としてのリスク 腫れ、疼痛、内出血、血腫、創離開(創延の壊死)、創部の肥厚性瘢痕やケロイド(赤み・硬さ・痛み)、感染症:抗生剤や場合によっては外科的な処置(切開など)を行います。薬疹・アナフィラキシーショック ◆採取部 硬さ、ムラ(凸凹の残存)、皮下の瘢痕(しこり)やツッパリ 非常に稀に皮膚潰瘍(褥瘡や皮膚壊死)、左右差、神経障害(知覚鈍麻など)、血腫による貧血(出血性ショック)、肺塞栓症(動静脈塞栓なども含む) ◆注入部位 腫れ、疼痛、内出血、血腫、硬さ、ムラ(凸凹の残存)、注入不足や過剰 非常に稀に、強いシコリや肉芽腫などが生じた場合は切開術を必要とする可能性もあり、動静脈塞栓症(皮膚潰瘍や失明など)
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下のわずかな凹みと(影クマ)、青クマの改善目的に来院されました。わずかな凹み(影クマ)に関してはハムラ法でも改善が期待できますが、手術侵襲と比べてバランスが悪く、経結膜的脱脂でも改善が望めません。また青クマに対して、唯一改善が可能な治療法は、特殊な脂肪注入(ナノファットインジェクション)となります。ナノファットはわずかな凹みに関しても効果を発揮するため、この患者様にはナノファット(2-3回)をオススメし施行させていただきました。2度の施術後の術前後の比較では、目の下のわずかな凹みは改善しふっくらとした若々しい目の下になっておられます。また、術前と比べて青クマの改善も認めており、ナノファットの効果が現れていると思われます。青クマおよび軽い影クマをお持ちの方は、ナノファットインジェクションが最も良い適応と思われます。ご検討いただけたらと思います。

この症例の詳細について

【経皮的ハムラ】影クマに改善したい 50代女性【症例No.29Y0000766】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマを気にされ相談に来られた50代の女性です。膨らみだけでなく、靭帯の強い食い込み、皮膚のたるみ、中顔面の凹みなども認めたため、経皮的ハムラ法での改善をご提案させていただきました。術後3ヶ月時点の影を強調したフラッシュ無しでの撮影では、目の下の膨らみ、靭帯による強い食い込み・改善することで、とても若々しい雰囲気の目元になられたと思います。目の下の影クマはメイクで影を消すことは困難で、ヒアルロン酸およびレーザー治療の効果も限定的で、手術的なアプローチが最も効果的な場所の一つです。経結膜的脱脂術や脂肪注入などの方法もありますが、それぞれの手術には特徴があります。一度専門医師に相談されることをお勧めします。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の膨らみ、タルミを改善されたい方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。この症例の場合眼窩脂肪の切除を少し行い、余剰となった皮膚も切除し閉創しました。
料金 407,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。 青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり)、過矯正(陥凹)の可能性 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマを気にされ相談に来られた50代の女性です。膨らみだけでなく、靭帯の強い食い込み、皮膚のたるみ、中顔面の凹みなども認めたため、経皮的ハムラ法での改善をご提案させていただきました。術後3ヶ月時点の影を強調したフラッシュ無しでの撮影では、目の下の膨らみ、靭帯による強い食い込み・改善することで、とても若々しい雰囲気の目元になられたと思います。目の下の影クマはメイクで影を消すことは困難で、ヒアルロン酸およびレーザー治療の効果も限定的で、手術的なアプローチが最も効果的な場所の一つです。経結膜的脱脂術や脂肪注入などの方法もありますが、それぞれの手術には特徴があります。一度専門医師に相談されることをお勧めします。

この症例の詳細について

【経皮的ハムラ】目の下の皮膚弛緩(タルミ)が顕著 50代女性【症例No.29Y0000765】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下の皮膚のタルミ・ちりめんジワが気になるため来院された50代の女性です。目の下の老化には4つのエッセンスがあります。眼窩脂肪の突出、中顔面の骨の萎縮、皮膚弛緩、靭帯の強い食い込みの4つです。この患者様の場合、皮膚弛緩及び靭帯の食い込み、眼窩脂肪の突出が主な要因でした。中でも皮膚弛緩の要素が最も強いため、下眼瞼除皺術という選択肢もありましたが、手術をするならすべてを改善したいとのことでハムラ法での手術を施行させていただきました。 術前後のフラッシュ無しの影を強調した撮影では、皮膚弛緩だけでなく、眼窩下縁に沿った強い食い込みや、眼窩脂肪の突出も改善しているのが分かります。眼窩脂肪の移動により中顔面のボリュームもアップし非常に若々しい目元になられ、大変満足して貰えたと思います。ハムラ法は皮膚を切るタイプの手術ですが、傷跡もそれほど気にならない位に改善するため、非常に効果的な手術だと思います。ご希望の方は、一度専門医師に相談されることをお勧めします。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の膨らみ、タルミを改善されたい方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。この症例の場合眼窩脂肪の切除を少し行い、余剰となった皮膚も切除し閉創しました。
料金 407,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。 青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり)、過矯正(陥凹)の可能性 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下の皮膚のタルミ・ちりめんジワが気になるため来院された50代の女性です。目の下の老化には4つのエッセンスがあります。眼窩脂肪の突出、中顔面の骨の萎縮、皮膚弛緩、靭帯の強い食い込みの4つです。この患者様の場合、皮膚弛緩及び靭帯の食い込み、眼窩脂肪の突出が主な要因でした。中でも皮膚弛緩の要素が最も強いため、下眼瞼除皺術という選択肢もありましたが、手術をするならすべてを改善したいとのことでハムラ法での手術を施行させていただきました。 術前後のフラッシュ無しの影を強調した撮影では、皮膚弛緩だけでなく、眼窩下縁に沿った強い食い込みや、眼窩脂肪の突出も改善しているのが分かります。眼窩脂肪の移動により中顔面のボリュームもアップし非常に若々しい目元になられ、大変満足して貰えたと思います。ハムラ法は皮膚を切るタイプの手術ですが、傷跡もそれほど気にならない位に改善するため、非常に効果的な手術だと思います。ご希望の方は、一度専門医師に相談されることをお勧めします。

この症例の詳細について

【経皮的ハムラ】目の下のタルミ・クマを改善したい 40代女性【症例No.29Y0000764】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下のタルミ・クマを気にされ相談に来られた40代の女性です。膨らみの程度はそれほどですが外側の眼窩脂肪の突出と皮膚の弛緩(たるみ)が比較的強く、眼窩脂肪外側のコントロールと皮膚のたるみ改善が期待できるハムラ法での手術をご希望され施行させていただきました。術前術後の影を強調したフラッシュ無しの撮影では、明らかに目の下のタルミの改善およびクマの改善が得られていることが分かります。この患者様の場合、経結膜的脱脂術+脂肪注入などの選択肢もありますが、皮膚の弛緩には対応できないため、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で手術を選択する必要があります。気になる方は専門医師に相談されることをお勧めします。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の膨らみ、タルミを改善されたい方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。この症例の場合眼窩脂肪の切除を少し行い、余剰となった皮膚も切除し閉創しました。
料金 407,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。 青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり)、過矯正(陥凹)の可能性 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下のタルミ・クマを気にされ相談に来られた40代の女性です。膨らみの程度はそれほどですが外側の眼窩脂肪の突出と皮膚の弛緩(たるみ)が比較的強く、眼窩脂肪外側のコントロールと皮膚のたるみ改善が期待できるハムラ法での手術をご希望され施行させていただきました。術前術後の影を強調したフラッシュ無しの撮影では、明らかに目の下のタルミの改善およびクマの改善が得られていることが分かります。この患者様の場合、経結膜的脱脂術+脂肪注入などの選択肢もありますが、皮膚の弛緩には対応できないため、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で手術を選択する必要があります。気になる方は専門医師に相談されることをお勧めします。

この症例の詳細について

【目の下脱脂】目の下のクマ、影クマ 50代男性【症例No.29H0000721】

  • 【目の下脱脂】目の下のクマ、影クマ 50代男性【症例No.29H0000721】

  • 【目の下脱脂】目の下のクマ、影クマ 50代男性【症例No.29H0000721】

  • 【目の下脱脂】目の下のクマ、影クマ 50代男性【症例No.29H0000721】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下の膨らみが年齢とともに強くなってきたため来院された50代の男性です。下まぶたの内側の結膜を切開して、余剰な眼窩脂肪を切除しております。皮膚切開は行わず結膜からアプローチする手術であり、縫合や抜糸も必要がないためダウンタイムも短い手術です。目の下の脂肪のふくらみがなくなり、若々しい印象になられました。経結膜的脱脂術のリスクの一つに、「しわの増加」があり、すべての方にこの手術が適応になるわけではありません。膨らみが減った分、皮膚が余り、しわが増える可能性があります。加齢とともに皮膚の張りがなくなって、すでに小じわがある方や、皮膚のたるみがある方、眼窩脂肪の多すぎる方は、注意が必要です。手術内容だけではなく、事前のカウンセリングも重要になります。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の眼窩脂肪の突出、影クマ
通常必要とされる治療内容 経結膜的脱脂術
治療方法 通常の経結膜的切開(まぶたの裏を切開)でアプローチし、眼窩脂肪を露出させました。目の下の脂肪に凸凹にならないように、ムラなく且つ取り過ぎないように注意深く摘出します。切開した結膜は縫合せず元に戻して終了します。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク 疼痛・腫脹・内出血・術野の感染・血腫(2-3週間で消失)・切開部分の段差・創部の硬さ・傷の赤み・痛み・創縁の損傷の可能性・瞼の知覚障害(経時的に改善)の可能性、再発(加齢とともに出現) 結膜浮腫、ドライアイ、流涙、眼脂などの軽度外反症状、異物感やツッパリ感・結膜充血 左右差:従来の左右差は残ります。現れた涙袋の左右差 創部の硬さ・凸凹感の残存・表情に伴う差など 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性もあります。頬の平坦化 下眼瞼の外反、小じわ・ちり緬じわの増加 ●極めて稀に、アレルギー(重症薬疹・アナフィラキシーショックなど)(麻酔薬・抗生剤・鎮痛剤などの薬剤による)、違和感の残存、球後出血による眼圧上昇や失明、眼および周囲組織の損傷、外眼筋損傷による複視
施術担当 帆苅直弘院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下の膨らみが年齢とともに強くなってきたため来院された50代の男性です。下まぶたの内側の結膜を切開して、余剰な眼窩脂肪を切除しております。皮膚切開は行わず結膜からアプローチする手術であり、縫合や抜糸も必要がないためダウンタイムも短い手術です。目の下の脂肪のふくらみがなくなり、若々しい印象になられました。経結膜的脱脂術のリスクの一つに、「しわの増加」があり、すべての方にこの手術が適応になるわけではありません。膨らみが減った分、皮膚が余り、しわが増える可能性があります。加齢とともに皮膚の張りがなくなって、すでに小じわがある方や、皮膚のたるみがある方、眼窩脂肪の多すぎる方は、注意が必要です。手術内容だけではなく、事前のカウンセリングも重要になります。

この症例の詳細について

【目の下脱脂】クマ改善 20代女性【症例No.29H0000709】

  • 【目の下脱脂】クマ改善 20代女性【症例No.29H0000709】

  • 【目の下脱脂】クマ改善 20代女性【症例No.29H0000709】

  • 【目の下脱脂】クマ改善 20代女性【症例No.29H0000709】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマを気にされ来院された20代の女性です。目の下の脂肪を切除する経結膜的脱脂術を行いました。結膜側(まぶたの内側)を切開して、余剰な眼窩脂肪を切除しております。皮膚には傷をつけず、結膜からアプローチすることで、目元に傷は残りません。術後は2日間の圧迫固定が必要になりますが、縫合や抜糸も必要がないためダウンタイムも短い手術です。1週間後には目ヤニやゴロゴロ感、腫れなどもほとんど治まっておりました。術後の内出血も目立たず、自然に影クマが解消したと喜んでいただけました。目の下の脂肪のふくらみがなくなり、明るくより若々しい印象になられました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 経結膜的脱脂
治療方法 通常の経結膜的切開(まぶたの裏を切開)でアプローチし、眼窩脂肪を露出させました。目の下の脂肪に凸凹にならないように、ムラなく且つ取り過ぎないように注意深く摘出します。切開した結膜は縫合せず元に戻して終了します。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク 疼痛・腫脹・内出血・術野の感染・血腫(2-3週間で消失)・切開部分の段差・創部の硬さ・傷の赤み・痛み・創縁の損傷の可能性・瞼の知覚障害(経時的に改善)の可能性、再発(加齢とともに出現) 結膜浮腫、ドライアイ、流涙、眼脂などの軽度外反症状、異物感やツッパリ感・結膜充血 左右差:従来の左右差は残ります。現れた涙袋の左右差 創部の硬さ・凸凹感の残存・表情に伴う差など 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性もあります。頬の平坦化 下眼瞼の外反、小じわ・ちり緬じわの増加 ●極めて稀に、アレルギー(重症薬疹・アナフィラキシーショックなど)(麻酔薬・抗生剤・鎮痛剤などの薬剤による)、違和感の残存、球後出血による眼圧上昇や失明、眼および周囲組織の損傷、外眼筋損傷による複視
施術担当 帆苅直弘院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマを気にされ来院された20代の女性です。目の下の脂肪を切除する経結膜的脱脂術を行いました。結膜側(まぶたの内側)を切開して、余剰な眼窩脂肪を切除しております。皮膚には傷をつけず、結膜からアプローチすることで、目元に傷は残りません。術後は2日間の圧迫固定が必要になりますが、縫合や抜糸も必要がないためダウンタイムも短い手術です。1週間後には目ヤニやゴロゴロ感、腫れなどもほとんど治まっておりました。術後の内出血も目立たず、自然に影クマが解消したと喜んでいただけました。目の下の脂肪のふくらみがなくなり、明るくより若々しい印象になられました。

この症例の詳細について

【目の下脱脂】影クマが気になる 40代女性【症例No.29H0000662】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下の膨らみが年々気になるようになってきたため来院されました。眼球まわりを取り囲む眼窩脂肪は、年齢を重ねるごとに重力に負けて下がり始め、脂肪が突出することにより下まぶたの一部が膨らんできます。また年齢を重ねるにつれて中顔面が痩せてくるため、より影ができやすくなります。まずは、目の下の膨らみを取り除くために経結膜的脱脂術を行いました。結膜側(まぶたの内側)を切開して、余剰な眼窩脂肪のみを切除しております。取りすぎると逆に凹んでしまうため、途中経過も慎重に確認しながら、適量の脂肪を切除しております。1週間後の検診では、下まぶたの硬さは残るものの、結膜の傷も落ち着いており内出血なども認めませんでした。術後1ヶ月経過してから、中顔面にヒアルロン酸を注入しましたが、頬をふっくらさせることで、より若々しくなられたと思います。周囲から指摘されることなく自然に影クマが改善して、若々しく元気な雰囲気のお顔になれたと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の眼窩脂肪の突出があるため影クマができる。中顔面がやや痩せてきている
通常必要とされる治療内容 経結膜的脱脂術、ヒアルロン酸注入
治療方法 通常の経結膜的切開(まぶたの裏を切開)でアプローチし、眼窩脂肪を露出させました。目の下の脂肪に凸凹にならないように、ムラなく且つ取り過ぎないように注意深く摘出します。切開した結膜を元に戻して終了しております。約1ヶ月後に、頬を少しふっくらさせるため、中顔面にヒアルロン酸を注入しました。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク 疼痛・腫脹・内出血・術野の感染・血腫(2-3週間で消失)・切開部分の段差・創部の硬さ・傷の赤み・痛み・創縁の損傷の可能性・瞼の知覚障害(経時的に改善)の可能性、再発(加齢とともに出現) 結膜浮腫、ドライアイ、流涙、眼脂などの軽度外反症状、異物感やツッパリ感・結膜充血 左右差:従来の左右差は残ります。現れた涙袋の左右差 創部の硬さ・凸凹感の残存・表情に伴う差など 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性もあります。頬の平坦化 下眼瞼の外反、小じわ・ちり緬じわの増加 ●極めて稀に、アレルギー(重症薬疹・アナフィラキシーショックなど)(麻酔薬・抗生剤・鎮痛剤などの薬剤による)、違和感の残存、球後出血による眼圧上昇や失明、眼および周囲組織の損傷、外眼筋損傷による複視
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下の膨らみが年々気になるようになってきたため来院されました。眼球まわりを取り囲む眼窩脂肪は、年齢を重ねるごとに重力に負けて下がり始め、脂肪が突出することにより下まぶたの一部が膨らんできます。また年齢を重ねるにつれて中顔面が痩せてくるため、より影ができやすくなります。まずは、目の下の膨らみを取り除くために経結膜的脱脂術を行いました。結膜側(まぶたの内側)を切開して、余剰な眼窩脂肪のみを切除しております。取りすぎると逆に凹んでしまうため、途中経過も慎重に確認しながら、適量の脂肪を切除しております。1週間後の検診では、下まぶたの硬さは残るものの、結膜の傷も落ち着いており内出血なども認めませんでした。術後1ヶ月経過してから、中顔面にヒアルロン酸を注入しましたが、頬をふっくらさせることで、より若々しくなられたと思います。周囲から指摘されることなく自然に影クマが改善して、若々しく元気な雰囲気のお顔になれたと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【経皮的ハムラ】目の下の膨らみ・凹み・皮膚のたるみ等、多くの問題点を抱える 60代女性【症例No.29Y0000651】

  • 【経皮的ハムラ】目の下の膨らみ・凹み・皮膚のたるみ等、多くの問題点を抱える 60代女性【症例No.29Y0000651】

  • 【経皮的ハムラ】目の下の膨らみ・凹み・皮膚のたるみ等、多くの問題点を抱える 60代女性【症例No.29Y0000651】

  • 【経皮的ハムラ】目の下の膨らみ・凹み・皮膚のたるみ等、多くの問題点を抱える 60代女性【症例No.29Y0000651】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下の膨らみ・凹み・皮膚のたるみ等、多くの問題点に悩まれて相談に来られた60代の女性です。 皮膚のたるみが強いため経皮的ハムラ法での改善をお勧めさせていただきました。 術前術後の影を強調したフラッシュ無し写真ですが、目の下の膨らみ・凹み、皮膚のたるみ、 また靭帯による強い食い込みなど全ての要素において改善しているのが見て貰えると思います。 若干の残存を認めるものの、改善の度合いを考えると明らかな若返りを得ることが出来たのではないかと思います。 この方は、3ヶ月の時点で傷口の赤身は少し残りますが、経過と共に白くなるためより分りにくくなると思います。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の膨らみ、凹み、皮膚のタルミを一気に改善されたい方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。この症例の場合眼窩脂肪の切除を少し行い、余剰となった皮膚も切除し閉創しました。
料金 407,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。  青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり) 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下の膨らみ・凹み・皮膚のたるみ等、多くの問題点に悩まれて相談に来られた60代の女性です。 皮膚のたるみが強いため経皮的ハムラ法での改善をお勧めさせていただきました。 術前術後の影を強調したフラッシュ無し写真ですが、目の下の膨らみ・凹み、皮膚のたるみ、 また靭帯による強い食い込みなど全ての要素において改善しているのが見て貰えると思います。 若干の残存を認めるものの、改善の度合いを考えると明らかな若返りを得ることが出来たのではないかと思います。 この方は、3ヶ月の時点で傷口の赤身は少し残りますが、経過と共に白くなるためより分りにくくなると思います。

この症例の詳細について

【目の下脱脂】若年層でクマのある 20代女性【症例No.29H0000636】

  • 【目の下脱脂】若年層でクマのある 20代女性【症例No.29H0000636】

  • 【目の下脱脂】若年層でクマのある 20代女性【症例No.29H0000636】

  • 【目の下脱脂】若年層でクマのある 20代女性【症例No.29H0000636】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマが気になると来院されました。この方のクマは影クマです。眼窩脂肪の突出があり、その下の部位がやや窪んでいることにより、影ができやすい状態になっておりました。経結膜的脱脂術を行うことで眼窩脂肪を皮膚に傷を付けずに切除し、くぼみは脱脂の術後の経過をみてからヒアルロン酸注入で治療をおこないました。脱脂を行うだけでも影クマが改善しましたが、くぼみも解消させることでより目元が明るい雰囲気になられたと思います。目の下のクマは一人一人問題点が異なっており、その方にあった治療法を行うことで自然に目元の雰囲気を良くすることができます。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の眼窩脂肪の突出があり、その下のくぼみもある方
通常必要とされる治療内容 経結膜的脱脂術、目の下のヒアルロン酸注入
治療方法 まぶたの裏の結膜を切開し、突出した眼窩脂肪を切除しました。凸凹にならないように、ムラなく且つ取り過ぎないように注意深く摘出しております。切開した結膜を元に戻して終了しております。約1ヶ月後に、目の下のくぼみにヒアルロン酸を注入しました。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約9割改善)・軽度のむくみ(約1-3か月)・内出血(ほとんどありませんが、起こる場合もあります) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)、ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 、左右差:従来の左右差は残ります。 ●希に起こる事 過矯正による目の下のクボミ 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり)、小じわ・ちり緬じわの増加 ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマが気になると来院されました。この方のクマは影クマです。眼窩脂肪の突出があり、その下の部位がやや窪んでいることにより、影ができやすい状態になっておりました。経結膜的脱脂術を行うことで眼窩脂肪を皮膚に傷を付けずに切除し、くぼみは脱脂の術後の経過をみてからヒアルロン酸注入で治療をおこないました。脱脂を行うだけでも影クマが改善しましたが、くぼみも解消させることでより目元が明るい雰囲気になられたと思います。目の下のクマは一人一人問題点が異なっており、その方にあった治療法を行うことで自然に目元の雰囲気を良くすることができます。

この症例の詳細について

【目の下脱脂】目の下のクマを改善したい 20代女性【症例No.29H0000622】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマを気にされ来院された20代の女性です。目立ったクマではありませんが、目の下の膨らみを取って改善したいと希望され、経結膜的脱脂術を行いました。結膜側(まぶたの内側)を切開して、余剰な眼窩脂肪のみを切除しております。皮膚を切らないので、目元に傷が残りません。術後は2日間の圧迫固定が必要になりますが、縫合や抜糸も必要がないためダウンタイムも短めで比較的、手軽な手術です。内出血もほとんどなく、自然に影クマの改善ができたと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 経結膜的脱脂術
治療方法 通常の経結膜的切開(まぶたの裏を切開)でアプローチし、眼窩脂肪を露出させました。目の下の脂肪に凸凹にならないように、ムラなく且つ取り過ぎないように注意深く摘出します。切開した結膜を元に戻して終了しております。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク  疼痛・腫脹・内出血・術野の感染・血腫(2-3週間で消失)・切開部分の段差・創部の硬さ・傷の赤み・痛み・創縁の損傷の可能性・瞼の知覚障害(経時的に改善)の可能性、再発(加齢とともに出現) 結膜浮腫、ドライアイ、流涙、眼脂などの軽度外反症状、異物感やツッパリ感・結膜充血 左右差:従来の左右差は残ります。現れた涙袋の左右差 創部の硬さ・凸凹感の残存・表情に伴う差など 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性もあります。頬の平坦化 下眼瞼の外反、小じわ・ちり緬じわの増加 ●極めて稀に、アレルギー(重症薬疹・アナフィラキシーショックなど)(麻酔薬・抗生剤・鎮痛剤などの薬剤による)、違和感の残存、球後出血による眼圧上昇や失明、眼および周囲組織の損傷、外眼筋損傷による複視
施術担当 帆苅 直弘副院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマを気にされ来院された20代の女性です。目立ったクマではありませんが、目の下の膨らみを取って改善したいと希望され、経結膜的脱脂術を行いました。結膜側(まぶたの内側)を切開して、余剰な眼窩脂肪のみを切除しております。皮膚を切らないので、目元に傷が残りません。術後は2日間の圧迫固定が必要になりますが、縫合や抜糸も必要がないためダウンタイムも短めで比較的、手軽な手術です。内出血もほとんどなく、自然に影クマの改善ができたと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【経皮的ハムラ】目の下のクマを改善したい50代女性【症例No.29Y00000536】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマが大きくなりメイクでも隠しきれないことを気にされ相談に来られました。眼窩脂肪の突出だけでなく中顔面の凹みと皮膚のたるみが合わさった状態であり、ハムラ法での改善をご提案し施行させて頂きました。術後3ヶ月のフラッシュなしでの写真では、眼窩脂肪の突出、中顔面の凹み、皮膚のたるみはいずれも改善し、凸凹にともなう影の入り方も改善しています。目の下の施術は様々な方法がありますが、各施術には出来る事と出来ないことがあるため、しっかりと吟味した上で施術されることをおすすめします。

この症例の詳細について

術前評価 目の下のクマが気になる方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。この症例の場合眼窩脂肪の切除を少し行い、余剰となった皮膚も切除し閉創しました。
料金 407,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。  青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり) 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下のクマが大きくなりメイクでも隠しきれないことを気にされ相談に来られました。眼窩脂肪の突出だけでなく中顔面の凹みと皮膚のたるみが合わさった状態であり、ハムラ法での改善をご提案し施行させて頂きました。術後3ヶ月のフラッシュなしでの写真では、眼窩脂肪の突出、中顔面の凹み、皮膚のたるみはいずれも改善し、凸凹にともなう影の入り方も改善しています。目の下の施術は様々な方法がありますが、各施術には出来る事と出来ないことがあるため、しっかりと吟味した上で施術されることをおすすめします。

この症例の詳細について

【経皮的ハムラ】たるみ、クマを同時に解消 40代女性【症例No.29Y0000501】

担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共に目の下のクマが気になるとのことで相談に来られました。 この患者様の問題として、眼窩脂肪の突出および中顔面の痩せ、 目の下の強い食い込み(眼窩頬部靭帯の食い込み)などがあげられます。 どれも程度がしっかりとあるため手術的なアプローチ(ハムラ法)が最善の方法となります。 下睫毛の生え際~目尻にかけて切開を行い、内部にある問題を直接処理して適度に改善させます。 術後3ヶ月の写真ですが、目の下の問題は大きく改善し、 年齢を感じさせる原因ではなくなったと思います。 傷跡もほとんど分らないくらいになりますので、クマの程度が強い方にはオススメの治療法です。

この症例の詳細について

術前評価 目の下の膨らみ、タルミを改善されたい方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。この症例の場合眼窩脂肪の切除を少し行い、余剰となった皮膚も切除し閉創しました。
料金 407,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約9割改善)・軽度のむくみ(約1-3か月)・内出血(ほとんどありませんが、起こる場合もあります) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)、ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 、左右差:従来の左右差は残ります。 ●希に起こる事 過矯正による目の下のクボミ 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり)、小じわ・ちり緬じわの増加 ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共に目の下のクマが気になるとのことで相談に来られました。 この患者様の問題として、眼窩脂肪の突出および中顔面の痩せ、 目の下の強い食い込み(眼窩頬部靭帯の食い込み)などがあげられます。 どれも程度がしっかりとあるため手術的なアプローチ(ハムラ法)が最善の方法となります。 下睫毛の生え際~目尻にかけて切開を行い、内部にある問題を直接処理して適度に改善させます。 術後3ヶ月の写真ですが、目の下の問題は大きく改善し、 年齢を感じさせる原因ではなくなったと思います。 傷跡もほとんど分らないくらいになりますので、クマの程度が強い方にはオススメの治療法です。

この症例の詳細について

【経皮的ハムラ】目の下のクマと皮膚のタルミが年齢を感じさせる 40代女性【症例No.29Y0000496】

担当医師及び施術者からのコメント
目元のクマと皮膚のたるみが気になり相談に来られました。診察の結果、眼窩脂肪の突出、皮膚のタルミ、鼻瞼溝~瞼頬溝の食い込みなどの多くの問題があり、脱脂術だけでは皮膚のタルミや鼻瞼溝~鼻頬溝問題が解消されないことから、問題の全てにアプローチできる経皮的ハムラ法をオススメさせて頂きました。術後1週間ではまだ腫れは残りますが、1ヶ月程で概ね落ち着いてきます。 結果については、影を強調するフラッシュ無しでの撮影でも、目の下の凸凹が改善しているため、術前と比べ明らかに影クマが解消しているのが分ります。余剰皮膚を切除し吊り上げていますので目の下の小ジワも改善しています。メスを使用する手術ではありますが傷跡も殆ど分らなくなるため、改善すべき項目が多い目の下の方には最もオススメの手術です。

この症例の詳細について

術前評価 目の下のクマと皮膚のタルミが気になってきた方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 通常の睫毛下切開でアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させました。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し眼窩脂肪の移動を行っております。また余った皮膚は切除しつり上げて閉創しました。
料金 407,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。  青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり) 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目元のクマと皮膚のたるみが気になり相談に来られました。診察の結果、眼窩脂肪の突出、皮膚のタルミ、鼻瞼溝~瞼頬溝の食い込みなどの多くの問題があり、脱脂術だけでは皮膚のタルミや鼻瞼溝~鼻頬溝問題が解消されないことから、問題の全てにアプローチできる経皮的ハムラ法をオススメさせて頂きました。術後1週間ではまだ腫れは残りますが、1ヶ月程で概ね落ち着いてきます。 結果については、影を強調するフラッシュ無しでの撮影でも、目の下の凸凹が改善しているため、術前と比べ明らかに影クマが解消しているのが分ります。余剰皮膚を切除し吊り上げていますので目の下の小ジワも改善しています。メスを使用する手術ではありますが傷跡も殆ど分らなくなるため、改善すべき項目が多い目の下の方には最もオススメの手術です。

この症例の詳細について

【目の下脱脂】傷の残らないクマ改善 30代女性【症例No.29Y0000476】

担当医師及び施術者からのコメント
目の下の膨らみが原因の影クマをメイクでは隠せないことに悩まれ相談来られました。目の下の問題点となっているのは眼窩脂肪の膨らみが主な原因であるため、経結膜的脱脂術をご提案させて頂き、手術を行いました。経結膜的脱脂術は術後1週間で腫れもほとんど感じなくなり内出血もほとんど目立たない手術です。術後3ヶ月時の影を強調したフラッシュ無しの画像でも、膨らみによる凸凹感は改善し影クマは解消されていることが分ります。経結膜的脱脂術は2日程の圧迫固定はありますが、皮膚に傷がつかず腫れや内出血もほとんど無い術式であるため、週末に手術を受け週明けに通常生活に戻れる手軽なものです。多忙な方や人に会うことが多い方にとって、価値あるオススメの手術です。

この症例の詳細について

術前評価 メイクで隠しきれない影クマのため、疲れ顔に見える方
通常必要とされる治療内容 経結膜的脱脂術
治療方法 通常の経結膜的切開でアプローチし、眼窩脂肪を露出させました。狭い術野で出来るだけ均一にムラが出来ないように、また取り過ぎないように脂肪除去を行いました。切開した結膜を元に戻して終了しております。
料金 231,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約9割改善)・軽度のむくみ(約1-3か月)・内出血(ほとんどありませんが、起こる場合もあります) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)、ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 、左右差:従来の左右差は残ります。 ●希に起こる事 過矯正による目の下のクボミ 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり)、小じわ・ちり緬じわの増加 ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
目の下の膨らみが原因の影クマをメイクでは隠せないことに悩まれ相談来られました。目の下の問題点となっているのは眼窩脂肪の膨らみが主な原因であるため、経結膜的脱脂術をご提案させて頂き、手術を行いました。経結膜的脱脂術は術後1週間で腫れもほとんど感じなくなり内出血もほとんど目立たない手術です。術後3ヶ月時の影を強調したフラッシュ無しの画像でも、膨らみによる凸凹感は改善し影クマは解消されていることが分ります。経結膜的脱脂術は2日程の圧迫固定はありますが、皮膚に傷がつかず腫れや内出血もほとんど無い術式であるため、週末に手術を受け週明けに通常生活に戻れる手軽なものです。多忙な方や人に会うことが多い方にとって、価値あるオススメの手術です。

この症例の詳細について

【経皮的ハムラ】目の下のクマ・タルミを改善したい 40代の方【症例No.29Y0000456】

担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共に目の下のタルミとクマが気になるようになったため相談に来られました。 眼窩脂肪の突出、皮膚のタルミ、骨萎縮などの問題が多数揃っており、手術的なアプローチが最適と考え、 ハムラ法をオススメさせて頂きました。 丁寧な手術を行うと、術後1週間で写真のような経過となります。 3ヶ月後には傷跡はほとんど分からないレベルになっています。 目の下のクマ治療は、ヒアルロン酸などの注入治療や、レーザー機器治療、その他手術治療など多岐にわたります。 それぞれに治療効果が異なるため、あらゆる選択肢を視野に入れ、リスクとベネフィットを考慮しつつ、自分に合った治療法を選ばなければいけません。 この患者様も選択肢はいくつかありましたが、ハムラ法を選択されました。 その結果、術前と比較すると大いに改善が得られており、大変喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 目の下のクマ、タルミが年々目立ってきた方
通常必要とされる治療内容 ハムラ法(経皮的)
治療方法 睫毛下切開で丁寧にアプローチし、突出している眼窩脂肪を露出させます。眼窩下縁より1.5cmほど剥離を行い余剰な眼窩脂肪を移動させるスペースを作成し、余剰な眼窩脂肪の移動を行っております。その後、余った皮膚を切除し閉創しました。
料金 407,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・腫脹(1週間ほどで約8割改善)・軽度のむくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善) 傷の赤み(1-3か月ほどで改善) 創部周囲が硬さや凸凹感の残存(経過と共に改善)  ドライアイ、流涙、眼脂、異物感やツッパリ感 ●患者様自身の目について起こり得る事 加齢による再発は起こり得ます。   青クマ・茶クマの残存 膨らみの残存:完全除去が困難である可能性(特に内側の軽度のクボミは残ります) 眼球突出傾向のある方や下眼瞼弛緩の強い方は外反のリスクが上がります。 過矯正による目の下のクボミ ●希に起こる事 流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月) 切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。 創部周囲の炎症後色素沈着(半年~数年で改善) 瞼・頬の知覚障害の可能性(多くは改善、稀に残存)、結膜浮腫(数か月で改善) 左右差:従来の左右差は残ります。 下眼瞼の外反(経過と共に改善していきますが場合によって修正が必要になる事もあり) 小じわ・ちり緬じわの増加(矯正しすぎると外反のリスクが高まります) ●かなり稀に起こり得る事: 感染・創離開 ●極めて稀起こり得る事: 薬疹(重症なものも含む) 薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、 眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
年齢と共に目の下のタルミとクマが気になるようになったため相談に来られました。 眼窩脂肪の突出、皮膚のタルミ、骨萎縮などの問題が多数揃っており、手術的なアプローチが最適と考え、 ハムラ法をオススメさせて頂きました。 丁寧な手術を行うと、術後1週間で写真のような経過となります。 3ヶ月後には傷跡はほとんど分からないレベルになっています。 目の下のクマ治療は、ヒアルロン酸などの注入治療や、レーザー機器治療、その他手術治療など多岐にわたります。 それぞれに治療効果が異なるため、あらゆる選択肢を視野に入れ、リスクとベネフィットを考慮しつつ、自分に合った治療法を選ばなければいけません。 この患者様も選択肢はいくつかありましたが、ハムラ法を選択されました。 その結果、術前と比較すると大いに改善が得られており、大変喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【ヒアルロン酸注入】クマ・ゴルゴ線解消 40代女性【症例No.29H0000400】

  • 【ヒアルロン酸注入】クマ・ゴルゴ線解消 40代女性【症例No.29H0000400】

  • 【ヒアルロン酸注入】クマ・ゴルゴ線解消 40代女性【症例No.29H0000400】

  • 【ヒアルロン酸注入】クマ・ゴルゴ線解消 40代女性【症例No.29H0000400】

担当医師及び施術者からのコメント
40代の女性ですが、目の下のクマが気になり、中顔面も痩せてたため改善したいとのことで相談に来られました。 目の下の窪みと、中顔面部分が痩せてきたことによる凹みを改善するために、ヒアルロン酸注入による改善をご提案させていただきました。目の下の窪みが浅くなり、中顔面もふっくら膨らませることで、明るい印象になり若々しくなられたのがよく分かります。クマがあると疲れた感じに見られたり、 中顔面部分が痩せて凹みができると、ゴルゴ線と呼ばれ老けた印象になってしまいます。目の下と中顔面は人知れず若返りを狙えるオススメの部位です。当院では、目の下と中顔面で異なるヒアルロン酸の製剤を使用しております。注入する部位によって適した硬さのヒアルロン酸を用いることで、より自然さを出すことが出来ます。ヒアルロン酸は、短時間で施術も終わり、 施術直後から効果を実感できます。腫れも軽度で、内出血はメイクで隠せる程度であり、オススメのアンチエイジング施術です。

この症例の詳細について

術前評価 目の下のクマがあり、中顔面が痩せてきた方
通常必要とされる治療内容 目の下と中顔面へのヒアルロン酸注入
治療方法 目の下と中顔面へのヒアルロン酸注入(目の下1.0㏄、中顔面約1.9㏄)
料金 137,500円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹(1週間ほどでほぼ改善) ●時に起こる事 内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ 青く透けて見える(皮膚の薄い部位への注入時)、注入不足(効果が乏しい) ●希に起こる事 デコボコになる(浅い層への注入時)、過剰注入 ●極めて稀起こり得る事 アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚・神経・唾液漏など) 塞栓症(眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など) その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●合併症の対処法  経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。 ●注意を要する方  ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。 
施術担当 帆苅 直弘先生
担当医師及び施術者からのコメント
40代の女性ですが、目の下のクマが気になり、中顔面も痩せてたため改善したいとのことで相談に来られました。 目の下の窪みと、中顔面部分が痩せてきたことによる凹みを改善するために、ヒアルロン酸注入による改善をご提案させていただきました。目の下の窪みが浅くなり、中顔面もふっくら膨らませることで、明るい印象になり若々しくなられたのがよく分かります。クマがあると疲れた感じに見られたり、 中顔面部分が痩せて凹みができると、ゴルゴ線と呼ばれ老けた印象になってしまいます。目の下と中顔面は人知れず若返りを狙えるオススメの部位です。当院では、目の下と中顔面で異なるヒアルロン酸の製剤を使用しております。注入する部位によって適した硬さのヒアルロン酸を用いることで、より自然さを出すことが出来ます。ヒアルロン酸は、短時間で施術も終わり、 施術直後から効果を実感できます。腫れも軽度で、内出血はメイクで隠せる程度であり、オススメのアンチエイジング施術です。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

奈良本院の診療時間・アクセス

診療時間 AM9:00~PM18:00

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。
  • ご予約は”ご来院時間~30分前後”を目安にお呼びさせていただく目安の時間となっております。
    前の方のご状況により前後する可能性がございますことを大変恐縮ながらどうぞ予めご了承くださいませ。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

奈良本院までの道順について詳しくはこちら

奈良本院の詳細はこちら

橿原八木院の診療時間・アクセス

診療時間 AM9:00~PM18:00

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。
  • ご予約は”ご来院時間~30分前後”を目安にお呼びさせていただく目安の時間となっております。
    前の方のご状況により前後する可能性がございますことを大変恐縮ながらどうぞ予めご了承くださいませ。

〒634-0804 奈良県橿原市内膳町5-2-40 FACEビル4F
近鉄大和八木駅 徒歩1分

橿原八木院までの道順について詳しくはこちら

橿原八木院の詳細はこちら

症例case