二重整形・眼瞼下垂手術の他院修正 |樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

二重整形・眼瞼下垂手術の他院修正 

二重整形・眼瞼下垂手術の他院修正 の特徴

二重の整形手術はある程度確立された手術ですが、「二重ラインの左右差」や「傷が目立つ」など思いがけない結果が起こる事があります。また、「手術の時は良いと思って作った広めの二重が、時間と共に広く感じる・・」、「狭くしたい・・・」そんな悩みを、一人で抱え込んでる方も、少なからずおられるのではないでしょうか?

しかし、「二重を狭くする」「二重の乱れを無くす」などの手術は、繊細な組織移植や正確な手術操作が必要なため、多くのクリニックで行われていません。

それは何故か?答えは簡単です。非常に難しいからです。つまり“組織移植などの高い技術”や、“瞼の正確な解剖の知識”と、“困難な手術をしてきたという経験”が必要になるからです。そのような、外科医は極めて少ないのが現状です。そのため、多くのクリニックでは修正困難と言って断られるケースが多いのです。

そのように他院様で断られた方なども、あきらめることはありません。

一度当院の無料カウンセリングでご相談頂ければ、専門医による正しい診断のうえ修正プランをご提示する事が出来る可能性があります。ぜひ、お気軽にご来院して頂ければと思います。

このような方におすすめです

二重切開をしたら眼瞼下垂(目の開きが悪くなった)になってしまった。
二重を狭くしたい。
二重幅の微調節を行いたい。二重の乱れを修正したい。
二重の傷が凄く目立つ。その傷を目立ちにくく修正したい。
他院で二重の手術を受けてから、目の形が変わってしまった。
せっかく二重の手術を受けたのに、納得の二重ではない。

そんな方は是非一度無料カウンセリングにお越しください。

症例写真、術後の経過について

  • 二重整形・眼瞼下垂手術修正

    • 術前
    • 術後3か月
    他院眼瞼下垂後の修正 症例①
    術前評価
    眼瞼下垂術後の二重の左右差に悩まれている方
    通常必要とされる治療内容
    二重を狭くする(組織移植を必要とする修正)(右のみ)
    治療方法
    上眼瞼の強い癒着を解除し、再癒着を予防するため二の腕の内側(腋窩近く)の脂肪塊を採取し移植します。
    料金
    片側400,000円(税別)
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・腫脹、内出血(1-3週で改善)、瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善)
    移植部分膨らみ(移植片は吸収されていくため大きめに移植します)
    ●時に起こる事
    経過と共に広い二重に戻る可能性(移植片の吸収による)、移植片の膨らみの残存
    ●希に起こる事
    流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月)
    瘢痕が目立つ
    ●かなり稀に起こり得る事:
    感染・創離開・残存糸の遅発性感染や露出
    自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない
    ●極めて稀起こり得る事:
    薬疹(重症なものも含む)
    薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、
    眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷
    その他予想外の合併症の可能性もあります。
       
    院長および施術者からのコメント
    他院にて眼瞼下垂症の手術を受けたのち二重幅の左右差の修正を希望し来院されました。もともと目の上の組織が薄く眼窩脂肪もが乏しいため、手術の際に予定外の癒着が起こっていました。手術で不規則な癒着は解消され二重ラインの左右差もなくなり大変喜んでいただけました。
    • 術前
    • 術後3か月
    他院二重切開後の修正 症例②
    術前評価
    二重切開後の予定外重瞼線を治したい方
    通常必要とされる治療内容
    二重修正(眼瞼下垂症手術に準じたもの)
    治療方法
    従来の二重ライン部分を切開し、挙筋前転を少し加えることで食い込みを強くし予定外重瞼線を解消します。
    料金
    片側200,000円(税別)
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・腫脹、内出血(1-3週で改善)、瞼縁のしびれ(約1年)、傷の赤み(3か月ほどで改善)●希に起こる事
    流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月)
    瘢痕が目立つ、再発
    ●かなり稀に起こり得る事:
    感染・創離開・残存糸の遅発性感染や露出
    自身の顔貌の変化(若い目まわり)が受け入れられない
    ●極めて稀起こり得る事:
    薬疹(重症なものも含む)
    薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、
    眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷
    その他予想外の合併症の可能性もあります。
    院長および施術者からのコメント
    30代女性。他院にて二重切開後に右目に予定外重瞼線が出現し、修正目的に当院受診しました。右目の開きも悪かったことから二重切開と同時に眼瞼下垂症手術(挙筋前転)を少し加えることで二重の食い込みを強めるとともに予定外重瞼線を解消しました。術後は予定外重瞼線も消えパッチリ二重となり左右差がなくなったと喜んでいただけました。
    • 術前
    • 術後3か月
    他院二重切開後の修正 症例③
    術前評価
    二重切開後の段差の強い醜形瘢痕を治したい方
    通常必要とされる治療内容
    切開法に準じたもの
    治療方法
    瘢痕部分を切除し形成された二重を補強しつつ閉創します。
    料金
    片側150,000円(税別)
    治療のリスク
    症例②に同じ
    院長および施術者からのコメント
    30代女性。海外にて二重切開を受け、不自然に食い込んだ切開部分の修正目的に来院されました。切開部分の上下段差および縫合跡が強く残っていたため、それらの切除を切除しました。瘢痕切除により二重が取れてしまうので新たに二重形成を行いました。術前に非常に目立っていた瘢痕は解消され、目を閉じても違和感のない傷跡になったと喜んでいただけました。
    • 術前
    • 術後3か月
    他院修正 症例④
    術前評価
    二重が広すぎで目頭の広さが受け入れられない方
    通常必要とされる治療内容
    二重を狭くする(組織移植を必要とする修正)
    治療方法
    狭いラインで切開線を新たに作成し、前回の手術のライン部分の癒着を解除し、二の腕の内側(腋窩近く)から採取した遊離脂肪塊を移植することで再癒着を予防します。その後、新たなラインで二重を作成します。
    料金
    片側400,000円(税別)
    治療のリスク
    症例①に同じ
    院長および施術者からのコメント
    20代女性。過去に他院(国内外)で3度の手術を繰り返しており、非常に強い瘢痕性の癒着で二重が形成されていました。脂肪移植で強い癒着を解消するとともに、新たに狭い幅で二重を作成するとともに内側の目の開きを強く致しました。術前広めの平行型だった二重は、術後ぱっちり目の末広方の二重になりました。
  • 他院眼瞼下垂の修正 + 目頭切開

    • 術前
    • 術後3か月
    他院眼瞼下垂の修正 + 目頭切開
    術前評価
    他院の眼瞼下垂の術後の左右差を改善させたい、目頭のかぶりを修正したい方
    通常必要とされる治療内容
    眼瞼下垂修正 + 目頭切開
    治療方法
    眼瞼下垂症の修正術を行い、同時に目頭の皮膚のかぶりを修正し内側の睫毛の生え際を露出させました。
    料金
    450,000円(税別)
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・腫脹(2週間ほどで約8割改善)・むくみ(約3か月)・内出血(2-3週で改善)
    瞼縁のしびれ、傷の赤み(3か月~数か月で改善)

    ●患者様自身の目について起こり得る事
    眉毛挙上が改善することで余剰皮膚が現れたり、鼻根部分のしわが深くなる可能性(眉毛下垂の顕在化)。 
    見かけ上の二重の幅が狭くなる。
    余剰皮膚を取り過ぎることで重たく不自然な目元になる事があります。

    ●希に起こる事
    流涙・眼脂・ドライアイ(1-2か月で改善)・ツッパリ感(1-2か月)
    切開部分の段差:分かりにくくなりますが、残存することもあります。
    開瞼不十分(瘢痕化が激しく挙筋機能が乏しい時は別の術式を検討します)
    開瞼過剰 ・左右差→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(極僅かなものは修正困難) (腫れなどの影響で術後しばらくは左右差がある事があります)
     予定外重瞼線→ 初期もしくは3ヶ月以降に修正(特に重症の下垂・強い上眼瞼凹み、たるみが強い方など)

    ●かなり稀に起こり得る事:
    感染・創離開・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出
    自身の顔貌の変化が受け入れられない

    ●極めて稀起こり得る事:
    薬疹(重症なものも含む)
    薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、
    眼窩内出血および血腫による失明、眼瞼痙攣、眼球および周囲の損傷
    その他予想外の合併症の可能性もあります。
    院長および施術者からのコメント
    他院にて瞳を大きくする眼瞼下垂の手術をお受けになられたのですが、思っているほどパッチリせず、左右差もあることに悩まれ修正の相談に来られました。来院時、まぶたの内側の上りが悪く、かつ目頭の余剰皮膚(蒙古ヒダ)の影響もあり外側ピークの意地悪な印象の目元でした。当院では眼瞼下垂の修正術および目頭切開を行いました。術後は内側にかぶった蒙古ヒダは解消され、睫毛の生え際が露出し、従来お持ちの綺麗な瞳がしっかりと現れ、左右差され大変喜んでいただけました。

当院が選ばれる理由

理由01
医師の無料カウンセリングにより、「適切な施術」を提案!
施術前に、医師による無料カウンセリングを実施します。眼瞼形成を得意とする医師が、二重の構造から二重の作り方、そして患者さまに何が起こっているのか、しっかり説明します。看護師・カウンセラーに任せる事は致しません。
理由02
形成外科専門医として、「正しい医療」を提供!
眼瞼形成手術の専門分野を得意とするからこそ、多くの問題を熟知しています。形成外科専門医が「すべき事」と「すべきでない事」を判断し、「正しい医療」を提供します。
理由03
術後も安心の手術保証制度!
「二重修正術」の術後の不安には、「傷跡が思っていた以上に目立つ」「二重幅の左右差」などがあることでしょう。当院ではこうした術後の不安も責任をもって対処します。(再手術は当院既定の範囲内で行います。手術で改善できないわずかな左右差や傷もございます。あらかじめご了解ください。)
理由04
「安全・安心」など、患者さまの利益を最優先!
当院では、患者さまの利益を最優先にしております。例えば、最も安全な施術方法、リラックスできる環境作り、痛みを可能な限り抑えるなど。そして、その上での納得の良心価格を実現。「安全、安心、信頼、満足、納得」これが、私たちのモチベーションです。

施術を迷われている方へ 注意点とアドバイス

二重整形・眼瞼下垂手の修正術と一言でいっても、“皮膚の状態”、“組織のボリューム”、”周囲への癒着の状態”など、様々な事を見極めてた上で、修正方法が計画されます。そのため、あらゆる選択肢について提案できる医師の元で施術を受けることが必要です。

主に次のようなチェックポイントを意識して医師選びをして下さい。

・手術前の診察で、医師による十分な説明があるか?
・原因が何であるか的確に診断し、手術のプランニングを明確に伝えてくれるか?
・その手術の経験があるか?実際に、修正の成功率はどの程度か?
・眼瞼形成分野の専門知識と経験があるか?
・対応に誠意が感じられるか?

修正には組織移植などの形成外科的な特殊技術が必要となる事が多くの場合であります。そのため、きちんとトレーニングを受け、かつ経験が豊富な医師の手術を受けることが、何より大切です。単に「有名なクリニックだから」と言う理由で、安易に選択する事がないようにしましょう。

二重整形・眼瞼下垂手術の他院修正 の料金

  料金(税別)
埋没法に準じたもの ¥60,000~110,000(両側)
切開法に準じたもの ¥150,000(片側)
眼瞼下垂症手術に準じたもの ¥200,000(片側)
組織移植を必要とする修正 ¥400,000(片側)

※埋没法の修正で、同時に抜糸が必要な場合や、ご希望される場合がございます。その際、抜糸の料金が別途かかります。(当院のもの:1点¥10,000、他院のもの:1点¥20,000)

安心の保障制度

どのような手術であっても、「傷痕の問題」や「気になる左右差」などの問題が起こり得ます。当院ではこうした術後の不安を、当院規定の可能な範囲で責任をもって修正させて頂きます。(手術で改善できないわずかな左右差や傷もございます。あらかじめご了解ください。)

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー