症例case

二重埋没法の症例の症例写真・術後の経過について

二重埋没法の症例の症例一覧

【二重埋没法】切らないタルミ取り 40代女性【症例No.29Y021532】

担当医師及び施術者からのコメント
上瞼が年々たるみを増し三角目となっている事を気にされ来院されました。診察の際、目元を診ると昔いれたアートメイクがあるのに全く見えていない状態でした。ダウンタイムが取れないため埋没法での手軽なたるみ取りをご希望されました。ただ将来的に狭くなることを想定して少し広めに作成しないといけないため、気持ち広めに作っております。術後2週間目の写真ですが腫れも落ち着き傷跡もほとんど目立ちません。昔いれたアイラインのアートメイクも見えるようになり、目元が若くなったと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
上瞼が年々たるみを増し三角目となっている事を気にされ来院されました。診察の際、目元を診ると昔いれたアートメイクがあるのに全く見えていない状態でした。ダウンタイムが取れないため埋没法での手軽なたるみ取りをご希望されました。ただ将来的に狭くなることを想定して少し広めに作成しないといけないため、気持ち広めに作っております。術後2週間目の写真ですが腫れも落ち着き傷跡もほとんど目立ちません。昔いれたアイラインのアートメイクも見えるようになり、目元が若くなったと喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】タルミの改善 40代女性【症例No.29Y042331】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、年齢と共に右目のタルミが強くなり奥二重のように被さるようになったため、タルミ解消目的にご相談に来られました。腫れる期間を極力短くしたいとのことで、埋没式での重瞼形成術をご提案させて頂きました。手術は左目の幅より少し広めに作成しております。 術後2週間の状態ですが、若干の浮腫みは残っているものの、左右差は解消されキレイな目元になられました。また、二重形成により余剰な皮膚が折りたたまれ、眉を上げてタルミを持ち上げる必要がなくなったため、眉の位置が下がり、きりっとした若々しい目元になったと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、年齢と共に右目のタルミが強くなり奥二重のように被さるようになったため、タルミ解消目的にご相談に来られました。腫れる期間を極力短くしたいとのことで、埋没式での重瞼形成術をご提案させて頂きました。手術は左目の幅より少し広めに作成しております。 術後2週間の状態ですが、若干の浮腫みは残っているものの、左右差は解消されキレイな目元になられました。また、二重形成により余剰な皮膚が折りたたまれ、眉を上げてタルミを持ち上げる必要がなくなったため、眉の位置が下がり、きりっとした若々しい目元になったと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】大きな瞳をより魅力的に 20代女性【症例No.29Y050330】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重ですが大きな瞳が印象的な方です。ただ上瞼の余剰皮膚が睫毛の生え際を覆いパッチリ感に乏しく、余剰皮膚の左右差のため瞳の大きさも異なる状態でした。ご希望される二重はやや広めのもので、やや狭くなることを前提に、ご希望の幅より少し広めに埋没式二重形成術を行いました。広い幅での二重形成ですので直後は腫れている印象はぬぐえませんが、2週間後の腫れが引いた状態では、術前の瞳の左右差は解消され、綺麗な瞳に長い睫毛がより印象的な目元になったと思います。やや広めの幅ですが、大きな瞳、長い睫毛、綺麗な眉などをお持ちですので、全体のバランスは非常に良く、とてもお似合いだと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重ですが大きな瞳が印象的な方です。ただ上瞼の余剰皮膚が睫毛の生え際を覆いパッチリ感に乏しく、余剰皮膚の左右差のため瞳の大きさも異なる状態でした。ご希望される二重はやや広めのもので、やや狭くなることを前提に、ご希望の幅より少し広めに埋没式二重形成術を行いました。広い幅での二重形成ですので直後は腫れている印象はぬぐえませんが、2週間後の腫れが引いた状態では、術前の瞳の左右差は解消され、綺麗な瞳に長い睫毛がより印象的な目元になったと思います。やや広めの幅ですが、大きな瞳、長い睫毛、綺麗な眉などをお持ちですので、全体のバランスは非常に良く、とてもお似合いだと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】埋没法で若々しく 30代女性【症例No.29Y042729】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、「年齢と共にタルミが現れ、奥二重になってしまった」と来院されました。右のタルミが強く右目は一重のように見えることを気にされていました。ダウンタイムが短い術式をご希望されたため埋没式重瞼形成術をご提案させて頂きました。 術直後はやや腫れは目立ちますが術後2週間の状態では腫れは完全に引き、本来のキレイな目元になられたと思います。また瞳と眉との距離が短くなりかつ、目の上のくぼみも改善されたためより従来の若々しさも現れました。 術後2週間の状態ですが、若干の浮腫みは残っているものの、左右差は解消されキレイな目元になられました。また、二重形成により余剰な皮膚が折りたたまれ、眉を挙げてタルミを持ち上げる必要がなくなったため、眉の位置が下がり、きりっとした若々しい目元になったと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、「年齢と共にタルミが現れ、奥二重になってしまった」と来院されました。右のタルミが強く右目は一重のように見えることを気にされていました。ダウンタイムが短い術式をご希望されたため埋没式重瞼形成術をご提案させて頂きました。 術直後はやや腫れは目立ちますが術後2週間の状態では腫れは完全に引き、本来のキレイな目元になられたと思います。また瞳と眉との距離が短くなりかつ、目の上のくぼみも改善されたためより従来の若々しさも現れました。 術後2週間の状態ですが、若干の浮腫みは残っているものの、左右差は解消されキレイな目元になられました。また、二重形成により余剰な皮膚が折りたたまれ、眉を挙げてタルミを持ち上げる必要がなくなったため、眉の位置が下がり、きりっとした若々しい目元になったと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】三角目の改善 50代女性【症例No.29Y030625】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でしたが、年齢によるタルミとともに三角目になり、さらに目が小さくなってきたと長年悩んでおられました。はっきりした目元になるためにエクステなどで努力されていましたが効果が乏しいと、思い切って相談に来られました。ダウンタイムを気にされていたため、切らない埋没式でのたるみ取りをご提案させて頂きました。 腫れが完全に引く2週後の状態ですが、二重によりタルミが折りたたまれ睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、一気に若い印象の目元になられました。傷跡もほとんど目立たず大変満足していただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重でしたが、年齢によるタルミとともに三角目になり、さらに目が小さくなってきたと長年悩んでおられました。はっきりした目元になるためにエクステなどで努力されていましたが効果が乏しいと、思い切って相談に来られました。ダウンタイムを気にされていたため、切らない埋没式でのたるみ取りをご提案させて頂きました。 腫れが完全に引く2週後の状態ですが、二重によりタルミが折りたたまれ睫毛の生え際がしっかりと見えるようになり、一気に若い印象の目元になられました。傷跡もほとんど目立たず大変満足していただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】奥二重から末広二重に 10代女性【症例No.29Y031824】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重で、アイテープなどで今のラインを作られていました。何となくの癖はついていますが、毎朝の手間を何とかしたいため埋没法を希望され来院されました。今のライン上に埋没法を行っています。術後2週間です。食い込みがしっかりと入り、睫毛の根本も見えるようになり睫毛の向きも上向きになりパッチリと下印象になりました。朝のメイクの手間も減り大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重で、アイテープなどで今のラインを作られていました。何となくの癖はついていますが、毎朝の手間を何とかしたいため埋没法を希望され来院されました。今のライン上に埋没法を行っています。術後2週間です。食い込みがしっかりと入り、睫毛の根本も見えるようになり睫毛の向きも上向きになりパッチリと下印象になりました。朝のメイクの手間も減り大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】ぱっちり二重で可愛く 10代女性【症例No.29Y031823】

担当医師及び施術者からのコメント
もともとの方です。上瞼の皮膚が睫毛の上に覆いかぶさり、黒目の上方を隠しているため、見た目が眼瞼下垂のように見える目元の方でした。瞼の開瞼機能自体は十分にあることから通常の二重形成で十分瞳が大きくなると判断し、手軽な埋没法を提案させて頂きました。  術後2週間の写真です。瞳を覆っていた余剰な皮膚は、二重の食い込みの中に収納され、睫毛は露出し見違えるようにパッチリとした目元になり大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともとの方です。上瞼の皮膚が睫毛の上に覆いかぶさり、黒目の上方を隠しているため、見た目が眼瞼下垂のように見える目元の方でした。瞼の開瞼機能自体は十分にあることから通常の二重形成で十分瞳が大きくなると判断し、手軽な埋没法を提案させて頂きました。  術後2週間の写真です。瞳を覆っていた余剰な皮膚は、二重の食い込みの中に収納され、睫毛は露出し見違えるようにパッチリとした目元になり大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】埋没法で目力UP 10代女性【症例No.29Y031822】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと完全な一重の患者様です。普段からメイクで二重を楽しまれていましたが、メイクを外した時も二重になりたいため来院されました。初めてという事で埋没法での二重形成をご提案させて頂きました。埋没法は作成後しばらくして少し幅が狭くなることを御説明し、希望のラインより少し広めに作成しております。術前は目を開けるのに眉毛を使って瞼を持ち上げる癖がありましたが、術後はその癖も解消され、眉と目の間が狭くなり目力がぐんとアップし、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと完全な一重の患者様です。普段からメイクで二重を楽しまれていましたが、メイクを外した時も二重になりたいため来院されました。初めてという事で埋没法での二重形成をご提案させて頂きました。埋没法は作成後しばらくして少し幅が狭くなることを御説明し、希望のラインより少し広めに作成しております。術前は目を開けるのに眉毛を使って瞼を持ち上げる癖がありましたが、術後はその癖も解消され、眉と目の間が狭くなり目力がぐんとアップし、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】安定しない二重を改善 20代女性【症例No.29Y022320】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、右目が安定せず、広くなったり狭くなったり時に三重のようになるため治療希望で来院されました。左目も少し広くしたいとの要望があり、2mmほど広く作成しております。術直後の状態も強い腫れはそれほど強くありません。2週後の状態も右目の三重は解消されキレイな末広方の目元になったと喜んでいただけました。  余談ですが、蒙古ヒダの強い目元ですので、目頭切開などで目頭側を広げると、大人っぽいさらにきれいな目元になるかもしれません。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが、右目が安定せず、広くなったり狭くなったり時に三重のようになるため治療希望で来院されました。左目も少し広くしたいとの要望があり、2mmほど広く作成しております。術直後の状態も強い腫れはそれほど強くありません。2週後の状態も右目の三重は解消されキレイな末広方の目元になったと喜んでいただけました。  余談ですが、蒙古ヒダの強い目元ですので、目頭切開などで目頭側を広げると、大人っぽいさらにきれいな目元になるかもしれません。

この症例の詳細について

【二重埋没法】物足りない目元を改善 20代女性【症例No.29Y011418】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方ですが、余剰な皮膚が睫毛の上に被さり黒目が小さく見え、それらを代償しようとして自然と眉毛挙上が起こっている患者様です。優しい雰囲気の目なのですが、せっかくの綺麗な瞳がしっかりと見えておらず、何となく物足りなさを感じてしまい、埋没法での二重形成を提案し施術を行いました。二重になる事で、余剰皮膚で覆われていた睫毛の生え際や黒目がしっかりと見えるようになり、はっきりとした目元になられました。そればかりか眉毛の挙上も改善し、しっかりとした大人の女性の目元になられたと思います。2週間後のお写真ですが傷跡も殆どわからなくなって大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方ですが、余剰な皮膚が睫毛の上に被さり黒目が小さく見え、それらを代償しようとして自然と眉毛挙上が起こっている患者様です。優しい雰囲気の目なのですが、せっかくの綺麗な瞳がしっかりと見えておらず、何となく物足りなさを感じてしまい、埋没法での二重形成を提案し施術を行いました。二重になる事で、余剰皮膚で覆われていた睫毛の生え際や黒目がしっかりと見えるようになり、はっきりとした目元になられました。そればかりか眉毛の挙上も改善し、しっかりとした大人の女性の目元になられたと思います。2週間後のお写真ですが傷跡も殆どわからなくなって大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

【二重埋没法】瞳を大きく見せる 10代男性【症例No.29Y010417】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、余剰な皮膚が睫毛の上に被さって瞳が小さく眠そうな印象の目元でした。男性ということですのでメイクでごまかすことが出来ないため、ダウンタイムの少ない埋没法での二重形成を提案しました。 術後は、余剰皮膚で覆われていた睫毛の生え際が露出すると同時に、隠れていた黒目の上半分がと見えるようになり、瞳が大きく見えるようになりました。2週間後のお写真ですが傷跡も殆どわからず自然な雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと一重の方で、余剰な皮膚が睫毛の上に被さって瞳が小さく眠そうな印象の目元でした。男性ということですのでメイクでごまかすことが出来ないため、ダウンタイムの少ない埋没法での二重形成を提案しました。 術後は、余剰皮膚で覆われていた睫毛の生え際が露出すると同時に、隠れていた黒目の上半分がと見えるようになり、瞳が大きく見えるようになりました。2週間後のお写真ですが傷跡も殆どわからず自然な雰囲気の目元になられたと思います。

この症例の詳細について

【二重埋没法】奥二重から印象深い目元へ 10代女性【症例No.29Y122716】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重ではありますが瞼が腫れぼったく、睫毛がハッキリせず暗い印象の目元の方でした。術後の2週間目には腫れはほぼ消失し、睫毛の生え際もはっきりしパッチリと明るい印象の綺麗な目元になりました。傷跡もほとんど目立たず良好な経過と思われます。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと奥二重ではありますが瞼が腫れぼったく、睫毛がハッキリせず暗い印象の目元の方でした。術後の2週間目には腫れはほぼ消失し、睫毛の生え際もはっきりしパッチリと明るい印象の綺麗な目元になりました。傷跡もほとんど目立たず良好な経過と思われます。

この症例の詳細について

【二重埋没法】狭まってきた二重の改善 40代女性【症例No.29Y021919】

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長

【二重埋没法】左右差を揃えて可愛らしく 10代女性【症例No.29Y072748】

担当医師及び施術者からのコメント
二重が安定せず左右差がある目元の目の方でした。埋没式重瞼形成術をご提案させて頂きました。術後2週間の状態では綺麗な平行型の二重になり左右差を感じることはなくなりました。下方視の状態も傷跡は気になるものではないと思います。もう少しやわらかい印象の目元をご希望されるときは、控え目な目頭切開なども良いかもしれません。

この症例の詳細について

通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
二重が安定せず左右差がある目元の目の方でした。埋没式重瞼形成術をご提案させて頂きました。術後2週間の状態では綺麗な平行型の二重になり左右差を感じることはなくなりました。下方視の状態も傷跡は気になるものではないと思います。もう少しやわらかい印象の目元をご希望されるときは、控え目な目頭切開なども良いかもしれません。

この症例の詳細について

【二重埋没法】ぼんやりとした二重の雰囲気を改善 20代女性【症例No.29Y010106】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが目元の雰囲気を変えずにキリッとしたいとのことで来院されました。二重幅を広げることで眉と目の距離が縮まり目力もアップし大人っぽい雰囲気に変化しています。腫れは3日で7-8割ほど改善し、2週間でほぼ治まる経過になります。

この症例の詳細について

術前評価 二重幅を広げてボヤッとした目の雰囲気を改善したい方
通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと二重の方ですが目元の雰囲気を変えずにキリッとしたいとのことで来院されました。二重幅を広げることで眉と目の距離が縮まり目力もアップし大人っぽい雰囲気に変化しています。腫れは3日で7-8割ほど改善し、2週間でほぼ治まる経過になります。

この症例の詳細について

【二重埋没法】二重にすることで瞳も大きく 10代女性 【症例No.29Y030101】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと、横に長い綺麗な目をお持ちの方でしたが、まつ毛の根元が一重の余剰皮膚で覆われ、せっかくの綺麗な瞳が隠れてしまっている方でした。手軽な方法での二重形成を希望され埋没法をオススメさせていただきました。術後2週間の写真では腫れはほぼ落ち着いており、二重になることで長いまつ毛の根元がしっかりと見えるようになるだけでなく、余剰皮膚で隠されていた大きな瞳がしっかりと見え、魅力的な雰囲気に変わられたと思います。この患者さまは術前から目の開きに左右差があり、このような方でも埋没法での二重形成は可能です。しかし二重幅はほぼそろっていても、埋没法だけでは瞳の左右はどうしても残るため、術前のカウンセリングで入念に打ち合わせすることをオススメします。

この症例の詳細について

術前評価 横幅の広い目をお持ちの方
通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと、横に長い綺麗な目をお持ちの方でしたが、まつ毛の根元が一重の余剰皮膚で覆われ、せっかくの綺麗な瞳が隠れてしまっている方でした。手軽な方法での二重形成を希望され埋没法をオススメさせていただきました。術後2週間の写真では腫れはほぼ落ち着いており、二重になることで長いまつ毛の根元がしっかりと見えるようになるだけでなく、余剰皮膚で隠されていた大きな瞳がしっかりと見え、魅力的な雰囲気に変わられたと思います。この患者さまは術前から目の開きに左右差があり、このような方でも埋没法での二重形成は可能です。しかし二重幅はほぼそろっていても、埋没法だけでは瞳の左右はどうしても残るため、術前のカウンセリングで入念に打ち合わせすることをオススメします。

この症例の詳細について

【二重埋没法】厚ぼったい一重から末広二重に 10代女性【症例No.29Y030405】

担当医師及び施術者からのコメント
もともと、凜とした雰囲気の目元の方ですが、一重である事と瞼の厚みで、少し暗い印象に見えてしまう方でした。手軽な方法での二重形成を希望されたため、埋没法をご提案させていただきました。厚みが強いため平行型での重瞼形成では厚ぼったい雰囲気となる可能性が高く末広型での作成をオススメさせていただきました。 末広型は、術直後の腫れが蒙古襞である程度隠れるため、平行型とくらべて目立ちにくく、ダウンタイムを気にされる方には適した幅といえます。この方も直後の腫れも、それほど目立たず、2週後の写真でも自然な目元になっていると思います。やや厚みが強いため、目尻側の食い込みが短く感じますが、将来切開などをご検討されるときにはROOF切除を一緒にすると、こちらの改善が得られます。

この症例の詳細について

術前評価 厚ぼったい一重を改善し二重になりたい方
通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
もともと、凜とした雰囲気の目元の方ですが、一重である事と瞼の厚みで、少し暗い印象に見えてしまう方でした。手軽な方法での二重形成を希望されたため、埋没法をご提案させていただきました。厚みが強いため平行型での重瞼形成では厚ぼったい雰囲気となる可能性が高く末広型での作成をオススメさせていただきました。 末広型は、術直後の腫れが蒙古襞である程度隠れるため、平行型とくらべて目立ちにくく、ダウンタイムを気にされる方には適した幅といえます。この方も直後の腫れも、それほど目立たず、2週後の写真でも自然な目元になっていると思います。やや厚みが強いため、目尻側の食い込みが短く感じますが、将来切開などをご検討されるときにはROOF切除を一緒にすると、こちらの改善が得られます。

この症例の詳細について

【二重埋没法】控えめ幅の平行二重に 20代女性【症例No.29Y020204】

術前評価 一重から二重になりたい患者様
通常必要とされる治療内容 糸による埋没式重瞼形成術
治療方法 瞼の裏側から瞼板に糸を通し、皮膚の裏側とループ状に結びつけることで二重の構造を糸で作成します(瞼板法)。通常片側2か所に行う事で二重を作成します。
料金 77,000円~121,000円(保証による)(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事:疼痛・腫脹(数日で改善)・流涙・眼脂・瞼や眼球の異物感、時に結膜角膜炎、内出血(2-3週で改善)が起こり得ます。直後には糸を通した傷がありますが、1週間後には殆ど分からなくなります。 ●経過と共に起こり得る事・・・二重幅の狭小化 ●患者様自身の目について起こり得る事 従来の左右差(眼瞼下垂の有無・かぶれによる皮膚の状態・従来の目頭の形状差)は残ります。また広い二重を作り過ぎることで、眠そうな印象や睫毛の生え際への皮膚のかぶりなどが起こり得ます。時に変化した自分の目に馴染めない方もおられます。その場合抜糸を行いますが、歳月が過ぎていると元に戻らない可能性もあります。 ●稀に起こり得る事:二重の消失・食い込みが薄れる・埋没糸の遅発性感染・埋没糸の露出、傷の残存(赤み・結び目の浮き出し・創部の陥没) ●極めて稀起こり得る事:薬剤性アナフィラキシーショック、眼球損傷
施術担当 山中 佑次院長

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case