鼻翼(小鼻)縮小の症例 | 奈良 樹のひかり形成外科・皮ふ科

症例case

鼻翼(小鼻)縮小の症例の症例写真・術後の経過について

鼻翼(小鼻)縮小の症例の症例一覧

【鼻孔縁挙上術 I字法】重々しく垂れ下がった鼻翼が気になる 20代女性【症例No.29Y0000346】

担当医師及び施術者からのコメント
この患者は鼻翼の自己主張を改善したいとのことで鼻翼縮小術を希望され相談に来られました。鼻翼の基部と鼻柱との関係は悪くないのですが鼻孔縁の垂れ下がりが強く、重々しく感じる原因と診断し鼻孔縁挙上術のI型での治療をおすすめさせて頂きました。 術後、正面・側面・斜位での写真でも重々鼻翼下垂は解消されているのが分ります。鼻翼・鼻柱バランスも整いスッキリとしたお鼻になり喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 鼻翼の垂れ下がりが強くバランスが悪い
通常必要とされる治療内容 鼻孔縁挙上術(I型)
治療方法 鼻中鼻翼バランスを整えるため、下垂した鼻孔縁をI字に切除し挙上させます。
料金 275,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事 瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します) ●希に起こる事 感染・創離開・左右差の残存、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存、効果不良 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
この患者は鼻翼の自己主張を改善したいとのことで鼻翼縮小術を希望され相談に来られました。鼻翼の基部と鼻柱との関係は悪くないのですが鼻孔縁の垂れ下がりが強く、重々しく感じる原因と診断し鼻孔縁挙上術のI型での治療をおすすめさせて頂きました。 術後、正面・側面・斜位での写真でも重々鼻翼下垂は解消されているのが分ります。鼻翼・鼻柱バランスも整いスッキリとしたお鼻になり喜んで頂けたと思います。

この症例の詳細について

【鼻翼縮小】内側切除で小鼻を小さく 20代女性【症例No.29Y0000342】

担当医師及び施術者からのコメント
小鼻が気になるとのことで相談に来られました。 本来鼻尖縮小術を先にすべきと思われるお鼻でしたが、小鼻という強い希望がありました。 もともと小鼻に丸みが無く平坦な印象で、鼻翼基部の内側への引き込みがやや不足していると判断し 内側法での縮小をご提案させていただきました。 鼻孔底を切除することで鼻翼基部を内側に引き込むように縮める方法で、 効果は正面視で基部が引き締まると同時に、斜方視で鼻翼の間延びが解消されていることが写真で見ていただけると思います。 傷跡もそれほど目立たないため、鼻孔底の広く鼻翼が平坦な方には良い方法と思います。

この症例の詳細について

術前評価 小鼻を小さくしたい方
通常必要とされる治療内容 鼻尖縮小及び鼻翼縮小
治療方法 鼻翼縮小(内側)
料金 286,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事  瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます、段差が残存することもあります)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します)、鼻孔縁や鼻翼の見え方が少し変化します、鼻翼-鼻柱バランスの変化、鼻翼基部内側のくびれ ●希に起こる事 感染、創離開、左右差の残存、肥厚性瘢痕(赤さ、硬さ、圧痛など)、炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●手術をお受けになれない方  妊娠中の方、授乳中の方、半年以内に妊娠の予定のある方、極わずかな左右差 や瘢痕が気になる方、使用薬剤に過敏症がある方
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
小鼻が気になるとのことで相談に来られました。 本来鼻尖縮小術を先にすべきと思われるお鼻でしたが、小鼻という強い希望がありました。 もともと小鼻に丸みが無く平坦な印象で、鼻翼基部の内側への引き込みがやや不足していると判断し 内側法での縮小をご提案させていただきました。 鼻孔底を切除することで鼻翼基部を内側に引き込むように縮める方法で、 効果は正面視で基部が引き締まると同時に、斜方視で鼻翼の間延びが解消されていることが写真で見ていただけると思います。 傷跡もそれほど目立たないため、鼻孔底の広く鼻翼が平坦な方には良い方法と思います。

この症例の詳細について

【鼻翼縮小】小鼻の肉厚感が気になる 20代女性【症例No.29Y0000318】

担当医師及び施術者からのコメント
20代女性。前から見たときの肉厚感が気になるとのことで来院されました。おっしゃっている肉厚感は鼻翼が三角形のように末広型に鎮座していることが原因と判断し、鼻翼下1/3部分の張り出しを減じる外側法での手術をオススメさせていただきました。術後、鼻翼の張り出しが減じられたことで鼻翼自体の肉厚感が無くなり、スッキリとした小鼻になられたと思います。頭側に切り込みすぎないことで傷跡もそれほど目立たず自然な雰囲気にご満足いただけたのではないでしょうか。

この症例の詳細について

術前評価 小鼻の肉厚が少し目立つ方
通常必要とされる治療内容 鼻翼縮小術(外側法)
治療方法 鼻翼の張り出しが強い部分(下1/3部分)の切除をすることで、肉厚感を軽減します。局所麻酔の手術で、両側60分程度で終わる日帰り手術です。
料金 242,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事  瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます、段差が残存することもあります)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します)、鼻孔縁や鼻翼の見え方が少し変化します、鼻翼-鼻柱バランスの変化、鼻翼基部内側のくびれ ●希に起こる事 感染、創離開、左右差の残存、肥厚性瘢痕(赤さ、硬さ、圧痛など)、炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●手術をお受けになれない方  妊娠中の方、授乳中の方、半年以内に妊娠の予定のある方、極わずかな左右差 や瘢痕が気になる方、使用薬剤に過敏症がある方
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
20代女性。前から見たときの肉厚感が気になるとのことで来院されました。おっしゃっている肉厚感は鼻翼が三角形のように末広型に鎮座していることが原因と判断し、鼻翼下1/3部分の張り出しを減じる外側法での手術をオススメさせていただきました。術後、鼻翼の張り出しが減じられたことで鼻翼自体の肉厚感が無くなり、スッキリとした小鼻になられたと思います。頭側に切り込みすぎないことで傷跡もそれほど目立たず自然な雰囲気にご満足いただけたのではないでしょうか。

この症例の詳細について

【鼻翼縮小】小鼻の丸みの自己主張を減らしたい 20代女性【症例No.29Y0000301】 

担当医師及び施術者からのコメント
20代女性。前から見たときの小鼻の張り出しが目立つことを気にされ相談を受けました。鼻翼の丸みを無くしコントラストを減じることができる外側法をオススメさせていただきました。術後3ヶ月の写真ですが、正面および斜位の写真で鼻翼の自己主張は明らかに無くなり、下方向からも鼻翼の張り出しが減じていることが分ります。懸念される傷跡も比較的分かりづらくなっており、大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 小鼻の張り出しが目立つ方
通常必要とされる治療内容 鼻翼縮小術(外側法)
治療方法 鼻翼の丸みが強く、外側切除をすることで、鼻翼の張り出しを軽減します。局所麻酔の手術で、片側30分程度で終わりますので、すぐに帰宅していただけます。
料金 242,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事  瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます、段差が残存することもあります)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します)、鼻孔縁や鼻翼の見え方が少し変化します、鼻翼-鼻柱バランスの変化、鼻翼基部内側のくびれ ●希に起こる事 感染、創離開、左右差の残存、肥厚性瘢痕(赤さ、硬さ、圧痛など)、炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。 ●手術をお受けになれない方  妊娠中の方、授乳中の方、半年以内に妊娠の予定のある方、極わずかな左右差 や瘢痕が気になる方、使用薬剤に過敏症がある方
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
20代女性。前から見たときの小鼻の張り出しが目立つことを気にされ相談を受けました。鼻翼の丸みを無くしコントラストを減じることができる外側法をオススメさせていただきました。術後3ヶ月の写真ですが、正面および斜位の写真で鼻翼の自己主張は明らかに無くなり、下方向からも鼻翼の張り出しが減じていることが分ります。懸念される傷跡も比較的分かりづらくなっており、大変喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【鼻孔縁挙上術】垂れ下がった鼻の穴の改善 20代女性【症例No.29Y0000182】

担当医師及び施術者からのコメント
この患者様は、他院にて鼻翼縮小を受けた結果、 鼻翼は縮小しましたが鼻翼下垂が生じ、修正目的に来院されました。 鼻翼縮小の外側および内側法はデザインを工夫しないと鼻翼下垂が起こり、 鼻翼鼻中バランスが崩れ、鼻翼が乗っかっているような不自然な形態になってしまいます。 これを修正するのが鼻孔縁挙上のT字切開法になります。 手術は局所麻酔下に行い約60分で終了します。 術後正面視および側面視で鼻翼鼻中バランスは改善し、 鼻翼が乗りかかった様な不自然な形態は改善され喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

術前評価 他院にて鼻翼縮小を行ったあとに鼻翼下垂が起こってしまった人の修正術
通常必要とされる治療内容 鼻孔縁挙上術
治療方法 鼻中鼻翼バランスを整えるため、下垂した鼻孔縁をT字に切除し挙上させます。
料金 275,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事 瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します) ●希に起こる事 感染・創離開・左右差の残存、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存、効果不良 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
この患者様は、他院にて鼻翼縮小を受けた結果、 鼻翼は縮小しましたが鼻翼下垂が生じ、修正目的に来院されました。 鼻翼縮小の外側および内側法はデザインを工夫しないと鼻翼下垂が起こり、 鼻翼鼻中バランスが崩れ、鼻翼が乗っかっているような不自然な形態になってしまいます。 これを修正するのが鼻孔縁挙上のT字切開法になります。 手術は局所麻酔下に行い約60分で終了します。 術後正面視および側面視で鼻翼鼻中バランスは改善し、 鼻翼が乗りかかった様な不自然な形態は改善され喜んでいただけたと思います。

この症例の詳細について

【鼻翼縮小】小鼻縮小 内側 20代女性【症例No.29Y010588】

担当医師及び施術者からのコメント
前から見たときの鼻の穴が目立つことを気にされ相談を受けました。 鼻翼の張り出しはそれほど強く無く、鼻尖部とのバランスを考えると外側切除は適応では無く、 鼻翼基部―鼻柱の間を切除する内側切除をオススメさせていただきました。 術後3ヶ月の写真ですが、正面視で鼻の穴の横幅が狭くなっていることが分かり、 下方向からも基部が狭くなり、わずかに鼻翼のくびれが現れている事が見ていただけると思います。 傷跡も綺麗に分かりづらくなっており、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

術前評価 鼻の穴が正面から目立つ方
通常必要とされる治療内容 鼻翼縮小術(内側法)
治療方法 広い鼻孔底の幅を切除し狭くすることで、鼻の穴の存在感を減じます。同時に鼻翼基部を内側に引き込む効果もあるため鼻翼基部が中央に引き寄せられ、横幅も縮小します。局所麻酔の手術で、片側30分程度で終わりますので、すぐに帰宅していただけます。
料金 286,000円(税込)
治療のリスク ●初期に起こる事 疼痛・軽度の腫脹 ●時に起こる事 出血、内出血(1-3週で改善) ●経過中に起こる事 瘢痕は残存します(術後しばらく赤い瘢痕の時期がありますが、白く抜けた瘢痕に変わっていきます)、 知覚障害(術後一時的に起こる可能性がありますが徐々に改善します) ●希に起こる事 感染・創離開・左右差の残存、肥厚性瘢痕:赤く硬い傷・圧痛・炎症後色素沈着(数か月~数年:部位差・個人差あり)、縫合糸の残存 ●極めて稀起こり得る事 薬剤アレルギー(麻酔薬・抗生剤・鎮痛薬など):薬疹(重症なものも含む)、アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸困難・血圧低下・心停止)などが起こることがあり、後遺症を残したり、死亡することもあります。他部位の組織損傷。 その他予想外の合併症の可能性もあります。
施術担当 山中 佑次院長
担当医師及び施術者からのコメント
前から見たときの鼻の穴が目立つことを気にされ相談を受けました。 鼻翼の張り出しはそれほど強く無く、鼻尖部とのバランスを考えると外側切除は適応では無く、 鼻翼基部―鼻柱の間を切除する内側切除をオススメさせていただきました。 術後3ヶ月の写真ですが、正面視で鼻の穴の横幅が狭くなっていることが分かり、 下方向からも基部が狭くなり、わずかに鼻翼のくびれが現れている事が見ていただけると思います。 傷跡も綺麗に分かりづらくなっており、大変喜んでいただけました。

この症例の詳細について

院長から患者さまへの
6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。
当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。全力でサポートいたします。

1
質の高い医療
2
良心的な安心価格
3
最新技術による治療
4
将来をふまえたプラン
5
丁寧な診察
6
保険診療も案内

院長紹介

お電話・メールでのご相談、
カウンセリング予約はこちら

診療時間・アクセス

診療時間 AM9:30~PM18:30

皮膚科・形成外科(保険診療)
美容皮膚科・美容外科(自由診療)
日帰り手術(保険診療・自由診療)

  • 臨時休診あり(HPの休診日カレンダーをご確認ください)
  • 予約優先制、自由診療のカウンセリング・施術は完全予約制
  • 手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

〒630-8226 奈良市小西町25-1 奈良テラス2F
※近鉄奈良駅4番・6番出口・バス停より徒歩1分

当院までの道順について詳しくはこちら

症例case