目の形成(眼瞼形成外科)|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

目の形成(眼瞼形成外科)

眼瞼形成外科とは

はじめに

眼は「見る」という重要な機能をもっています。また顔の表情の中心であり、第一印象を大きく左右する大切なパーツで、整容面でも重要な役割を果たしています。

そのような重要な役割を持つ眼球を保護する「まぶた」や、土台となる「骨」の損傷は視野狭窄などの機能障害の原因となるだけでなく、整容的な問題や精神的の問題につながっていきます。眼瞼形成外科とは、眼球周囲の形態や機能改善を手掛ける治療の専門分野です。

樹のひかり形成外科・皮ふ科は、眼瞼形成を得意分野の一つとして、自信を持って手術をご提供しています。眼の「機能」の改善にこだわるだけでなく、「形」の改善にもこだわり、最終的には患者さまの「精神面」「社会面」にも配慮し、細心の注意をはらって治療を行います。
“良い形には、良い機能が宿る”という当院の治療コンセプトの根幹の一つが眼瞼形成外科になります。

眼瞼形成外科の分野の主な疾患は、眼瞼下垂、睫毛内反、睫毛外反、眼瞼腫瘍などがあります。この他にも、涙道再建、睫毛再建(植毛)など多岐にわたります。以下に代表的な疾患について解説します。

眼瞼下垂症

当院が最も得意とする、眼瞼形成手術の一つです。機能面だけでなく整容面にも細心の注意を払い手術を行います。
日帰りで両眼の手術が可能です。手術時間は1時間半になります。視野障害があるなどの機能障害がある重度の眼瞼下垂症の場合、健康保険が適用されます。
(瞳を大きくしたい、目力をアップしたいなどの美容目的の場合は健康保険の適用外です。)

眼瞼下垂両眼1割:約15,000円、3割約45,000円です。

もっと詳しく知りたい場合は、眼瞼下垂症手術の詳細ページへ

睫毛内反症(逆睫毛:さかまつげ)

眼球に睫毛(まつげ)が当たり角膜(眼球の表面)を傷つけているを起こしている「さかまつげ」に対しては、健康保険が適用されます。(機能障害が無い美容目的の場合は健康保険の適応外です。)
当院では整容面にも細心の注意を払い、「さかまつげ」の手術を実施しています。他院での再発例や修正も承っています。

【内反の程度による手術適応】

・上まぶたのさかさまつげ

通常は、まつげと眼球の接触が軽いことが多く、角膜の傷も軽度のことが殆どです。絶えずゴロゴロしたり、目ヤニが多いなど機能障害がある場合は健康保険適用での手術になります。手術は局部麻酔で行い、両方で60分程度です。

・下まぶたのさかさまつげ

小児の場合、大人と比べまつげ柔らかく当たっていても角膜障害が少なく、また成長に伴ってさかまつげの改善がみられます。そのため、角膜障害が軽度であれば経過観察が多いです。(ただし定期的な眼科への通院が必要です。) 

5~6歳になっても、改善を認めなければ手術の適応となります。もちろん小さいうちでも角膜障害が強い場合は手術を行います。
個人差はありますが中学生~高校生くらいになれば局部麻酔手術が可能なケースが多くなります。それまでは全身麻酔の手術が必要ですので、関連施設にご紹介させて頂きます。

高齢者の場合は、通常、改善傾向はなく、むしろ年をとるにつれて悪化することが多いため手術適応になります。

【術後経過とアフターケア】

手術は日帰りで、5日後に抜糸となります。ご自分での消毒処置はありません。手術の翌日から洗顔、洗髪、入浴は自由にできます。

【手術費用】

角膜障害を認める場合、健康保険が適用されます。
「睫毛を立ててパッチリしたい」などの美容目的の場合は健康保険の適用外です。

眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)

さまざまな原因で起こります。例えば顔面神経麻痺、加齢、外傷、手術の合併症などです。

治療の目的は、三白眼や兎眼の改善や顔貌の改善になります。

治療方法は、耳介軟骨移植術、大腿筋膜移植、内眼角形成、外眼角形成、Kuhnt-Symanowski法などでの治療方法があり、患者様の状態に応じて治療方法の選択を行います。

眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう)

まぶたにできた良性腫瘍は当院でも比較的簡単に手術で取り除くことができます。悪性腫瘍が出来る場合もしばしばあり、大きな手術が必要な場合は、関連施設である奈良医科大学付属病院などへご紹介いたします

【症例1 15歳 男性 左上眼瞼皮下腫瘍】

眼瞼下垂症の症例7

コメント・・・睫毛内切開でアプローチしたため傷跡は殆ど分からない。

【症例2 76歳 男性 下眼瞼有棘細胞がん】

眼瞼下垂症の症例8

コメント・・・悪性腫瘍切除後下眼瞼の全層欠損が生じた。口腔粘膜+耳介軟骨+外眼角有茎皮弁での再建を行った。

症例写真、術後の経過について

  • 眼瞼内反症・睫毛内反症(逆睫毛:さかまつげ)

    • 術前
    • 術後6か月
    3歳 女児 睫毛内反 症例①
    術前評価
    下眼瞼の睫毛が眼球にあたっている状態
    通常必要とされる治療内容
    睫毛内反症手術
    治療方法
    下眼瞼内側の余剰皮膚を切除し、睫毛の根元から外側に倒しこむ手術を行います。
    料金
    診療報酬点数に準じる(保険適応)
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・腫脹、内出血(1-3週で改善)、傷の赤み(3か月ほどで改善)
    過矯正(若干の後戻りがあるため直後は過矯正にしておきます)
    ●時に起こる事
     切開部分が二重ラインのように見える、再発
    ●希に起こる事
    ツッパリ感、瘢痕が目立つ
    ●かなり稀に起こり得る事:
    感染・創離開・埋没糸の遅発性感染や露出、眼瞼外反
    ●極めて稀起こり得る事:
    薬疹(重症なものも含む)
    薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、
    眼球および周囲の損傷、その他予想外の合併症の可能性もあります。
    院長および施術者からのコメント
    写真からも分かるように下睫毛が黒目にへばりつき角膜を傷つけている状態でした。この方は幼児でしたので、全身麻酔で行いました。術後半年の後ですが再発はありません。傷跡はとてもきれいに治る部位の一つです。
  • 睫毛内反症手術

    • 術前
    • 術後6か月
    78歳 女性 眼瞼内反 症例②
    術前評価
    下眼瞼が加齢による弛緩を起こし内側に倒れている状態
    通常必要とされる治療内容
    睫毛内反症手術
    治療方法
    下眼瞼の睫毛ギリギリを切開し、下睫毛を外側に倒しこみ瞼板をやや外反気味にします。
    料金
    診療報酬点数に準じる(保険適応)
    治療のリスク
    症例①に同じ
    院長および施術者からのコメント
    写真からも分かるように下眼瞼の弛緩が原因で、下睫毛の生え際が眼球方向に向いています。術後生え際が外向きになり症状は改善されました。
    • 術前
    • 術後6か月
    68歳 女性 眼瞼内反 症例③
    術前評価
    下眼瞼が加齢による弛緩を起こし内側に倒れている状態
    通常必要とされる治療内容
    睫毛内反症手術
    治療方法
    下眼瞼の睫毛ギリギリを切開し、余剰皮膚を切除し下睫毛を外側に倒しこみ瞼板をやや外反気味にします。
    料金
    診療報酬点数に準じる(保険適応)
    治療のリスク
    症例①に同じ
    院長および施術者からのコメント
    余剰皮膚と下眼瞼の弛緩による眼瞼内反症でした。写真からも外側の睫毛が眼球にあたっており、強い異物感の症状がありました。術後は生え際が外向きになり症状は改善されました。傷跡はほとんど分からなくなります。
  • 眼瞼結膜腫瘍摘出術

    • 術前
    • 術後3か月
    • 術後3か月 内側の涙点もきれいに温存され涙小管機能に問題ありません。
    70歳 女性 左下眼瞼内側結膜腫瘍 症例④
    術前評価
    左下眼瞼のできものが徐々に大きくなってきた方
    通常必要とされる治療内容
    眼瞼結膜腫瘍摘出術
    治療方法
    下眼瞼の腫瘍を1㎜マージンで切除します。眼瞼皮膚および瞼板・眼瞼結膜を全層で摘出し縫合します。
    料金
    診療報酬点数に準じる(保険適応)
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・腫脹、内出血(1-3週で改善)、傷の赤み(半年~数年で改善)、異物感、結膜充血
    ●稀に起こる事
     血腫・結膜出血・再発・ツッパリ感、瘢痕が目立つ(肥厚性瘢痕・ケロイドなど)
    感染・創離開・埋没糸の遅発性感染や露出、流涙(微涙管損傷)
    ●極めて稀起こり得る事:
    薬疹(重症なものも含む)
    薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、
    眼球および周囲の損傷、その他予想外の合併症の可能性もあります。
    院長および施術者からのコメント
    瞼縁という特殊部位にも時に腫瘍が発生し、大きくなると視野にかかることがあります。この方は下眼瞼内側の涙点(涙の排出口)の近くに発生していましたのでそちらを温存すると同時にキレイ再建するように努めました。涙の排水機能に問題なく整容的にも満足いただけました。
    • 術前
    • 術後3か月
    • 術後3か月 内側の涙点を温存されています。
    40代 女性 右上眼瞼内側結膜腫瘍 症例⑤
    術前評価
    右上眼瞼内側腫瘍が大きくなり視野に入るようになった方
    通常必要とされる治療内容
    眼瞼結膜腫瘍摘出術
    治療方法
    下眼瞼の腫瘍を1㎜マージンで切除します。眼瞼皮膚および瞼板・眼瞼結膜を全層で摘出し縫合します。
    料金
    診療報酬点数に準じる(保険適応)
    治療のリスク
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・腫脹、内出血(1-3週で改善)、傷の赤み(半年~数年で改善)、異物感、結膜充血
    ●稀に起こる事
     血腫・結膜出血・再発・ツッパリ感、瘢痕が目立つ(肥厚性瘢痕・ケロイドなど)
    感染・創離開・埋没糸の遅発性感染や露出、流涙(微涙管損傷)
    ●極めて稀起こり得る事:
    薬疹(重症なものも含む)
    薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、
    眼球および周囲の損傷、その他予想外の合併症の可能性もあります。




    院長および施術者からのコメント
    瞼縁という特殊部位にも時に腫瘍が発生し、左を向くと視野に入るようになって来られました。この方は上眼瞼内側の涙点(涙の排出口)の近くに発生していましたのでそちらを温存すると同時にキレイ再建するように努めました。涙の排水機能に問題なく整容的にも満足いただけました。
お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー