なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射・脂肪移植術)|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射・脂肪移植術)

なみだ袋形成について

目元は、第一印象を大きく左右する大切なパーツ。魅力的な目元は人に良い印象を与えるだけでなく、自分自身にも自信が持てるので、さらに良い表情が生まれます。

その中でも、「笑った時」や「はにかんだ時」の印象をより魅力的にするのが、ふっくらした“なみだ袋”です。アイドルや女優の笑顔が魅力的で印象強いのは、“なみだ袋”にも秘密があると言われています。

「なみだ袋形成」の方法には2通りあります。

ヒアルロン酸注射・・・メスを一切使用せず、ヒアルロン酸注射のみで涙袋を作る、手軽な方法。
自家脂肪移植・脂肪注入・・・安心の自家脂肪を目元に移植しなみだ袋を作る、半永久的な方法。

  ヒアルロン酸注射 自家脂肪移植・脂肪注入
目的 ヒアルロン酸注射で涙袋を作ります。 採取した脂肪を目の下に移植して涙袋を作ります。
施術時間 10分 90分
腫れ・内出血 ごくわずか(個人差あり)
時に内出血あり。
移植部位の強い腫れは10日前後
採取部分の腫れは7-10日前後
効果 1年程度 永久的
特徴 とにかく手軽に涙袋形成をしたい人には良い方法。手軽なプチ整形の一つで、直後からお化粧していただけます。 自分の脂肪移植を行うため、生着した脂肪は永久的に残ります。ただし、移植するための脂肪採取が必要になります。
移植した脂肪は3か月ほどでわずかに委縮します。脂肪の採取部位は大腿か腹部になります。


ヒアルロン酸注射による涙袋形成(注射による手軽な施術)

下まぶたの縁にヒアルロン酸を注入することで涙袋を作ります。
小さい涙袋から、特徴的な大きい涙袋まで、注入量を微調整することでご希望通りの形を作ることが可能です。

施術時間はたったの10分!かつリーズナブル!

直後からお化粧が出来る手軽なプチ整形ですが、効果の持続は約1年と長いのも嬉しい施術です(当院では硬めのヒアルロン酸を使用しており効果は長く続きます)。

こんな方に適応 あらゆる年齢の「涙袋形成」に適応があります。
施術時間 10分
効果実感・持続効果 効果は直後から実感して頂けます。持続は約1年
術後の通院 なし(可能であれば2週間検診をお勧めしています)
術後の腫れ・ダウンタイム 腫れ3日程度(個人差があり)、内出血は殆ど起こりませんが出た場合は7-10日間で改善します。
メイクで隠せる程度の針穴を認めます、2-3日で改善します。
カウンセリング当日の治療 可能
麻酔 局所麻酔(刺入部)、笑気麻酔など
シャワー 当日より可能
洗髪 当日より可能
メイク 当日より可能
洗顔 当日より可能

当院が取り扱っているヒアルロン酸製剤についてはこちら

注意点・アドバイス

①注入する深さが重要です。

注入する深さは非常に重要です。皮膚が薄い人に、大量のヒアルロン酸を浅い層に注入するとヒアルロン酸の色が透けて見えます。メイクで隠すことが出来ますが、可能な限り透けて見えるのは避けたいところです。
そのため、皮膚か薄い人や多くの量を望む人は、深い層に注入することをする場合があります。
しかし、深い層は、眼輪筋や瞼板前組といった血管が豊富に通っているので内出血のリスクが上がるという問題もあります。術前に担当医師としっかりとお話するようにしてください。

②注入量に注意が必要です!

ヒアルロン酸注射で一回に大きな涙袋を作ろうとすると、予想以上の大きなものになる事があります。
大きすぎる涙袋は、“目袋”のように見え老けた印象に見えるため、始めは控えめが良いでしょう。
当日に少し物足りないと感じる時は、後日に追加をする事をお勧めします。
(なお、入れ過ぎた場合、ヒアルロン酸を溶かす注射があるのでご安心ください。)

③“目の下のたるみ・くま”を紛らわす目的での涙袋形成はNG!です。

“目の下のたるみ・くま”が強い人が涙袋形成を行うと、かえって“目の下のたるみ・くま”を強調する可能性があります。
そう言った方には“目の下のたるみ・くま”の治療をお勧めする場合があります。
“目の下のたるみ・くま”を治療することで“ご自身の本来の涙袋”が出現してくる場合もあります。

脂肪移植術

ヒアルロン酸の欠点である吸収されなくなる事を克服した治療。安心の自家脂肪をブロックで移植する事で、安全で持続的な効果が期待できます。
ヒアルロン酸と違い、自分のもの(自家組織)と言う安心感があります。

こんな方に適応 あらゆる年齢の「涙袋形成」に適応があります。
施術時間 90分
効果実感・持続効果 継続的
術後の通院 脂肪採取部分の抜糸が7日後(傷口に糸が7日つきます)
(注入部位は注入の針穴のみですので抜糸はありません)
1、3か月後の検診
術後の腫れ・ダウンタイム 移植部位の腫れ・内出血は7-10日程度(個人差あり)
採取部分の腫れ・内出血は7-10日前後
カウンセリング当日の治療 可能(要相談:事前にご予約が必要です。)
麻酔 局所麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔など
シャワー 翌日より可能
洗髪 翌日より可能
メイク 目元以外は当日から可能。創部のアイメイクは抜糸翌日から。
洗顔 翌日より可能。移植した部位の安静は10日程必要となるため、洗顔はそっと注ぐ程度でお願いします。
注意点・アドバイス

①脂肪採取について

移植する脂肪組織は、上腕・腹部・大腿のいずれから採取します(部位は脂肪の状態を見て判断します)。採取の傷痕は目立ちにくい部位を選択するのでご安心ください。

②移植脂肪の吸収率について

採取した脂肪を下まぶたの縁に移植し涙袋のふくらみを作ります。
移植脂肪は3か月ほどで少し萎縮・吸収され(個人差あり)、3か月後に残ったものが“一生もの”となります。
萎縮・吸収を前提に移植量を考慮する必要があるため、始めの移植量が非常に重要です。
また、注入の場合、過注入や不均等注入は凸凹の原因にもなるため、組織移植の経験が豊富な医師の元で手術をお受けする事が良いでしょう。

③移植量に注意が必要です

過剰に膨らませ過ぎると、“目袋”のように見え老けた外見になる可能性があります。そのため控えめの移植が良いでしょう。
もの足りない時は、後日に脂肪注入で微調整することをお勧めします。

症例写真、術後の経過について

  • 涙袋ヒアルロン酸

    • 術前
    • 術後1か月
    術前評価
    手軽に涙袋を作りたい方
    通常必要とされる治療内容
    ヒアルロン酸注入
    治療方法
    ベッドに横になり、涙袋をふっくらとさせるように注入を行いました。片側に0.15cc、合計0.3ccの注入を行いました。
    料金
    44,000円(税別)
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・腫脹(1週間ほどでほぼ改善)
    ●時に起こる事
    内出血(1-3週で改善)、注入部分の硬さや凸凹感、シコリ、左右差
    ●希に起こる事
    デコボコになる(浅い層への注入時)、注入不足(効果が乏しい)
    過剰注入(ヒアルロン酸が透けて見え水っぽい膨らみになります)
    ●極めて稀起こり得る事
    アレルギー・感染(遅発性も含む)・肉芽腫・組織損傷(皮膚など)
    塞栓症(口唇・眉間・鼻根・鼻翼部などの皮膚壊死・失明など)
    その他予想外の合併症の可能性もあります。
    ●合併症の対処法
     経過観察、マッサージ、ヒアルロン酸分解酵素などでの溶解、抗生剤、場合によって切開などの外科的な処置なども適宜行う必要があります。
    ●注意を要する方
     ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固薬などを使用中の患者様、糖尿病・膠原病・透析治療・心筋梗塞・脳梗塞の患者様は原則注入を避けた方が良いでしょう。   


    院長からのコメント
    20代の女性です。目頭から目尻にかけて徐々に太さが出るようにバランスを考えて注入しました。施術直後から印象的で魅力的な目元になったと喜んでいただけました。

当院が選ばれる理由

理由01
医師の無料カウンセリングにより、「適切な施術」を提案!
施術前に、医師による無料カウンセリングを実施します。眼瞼形成を得意とする医師が、あなたに合った「なみだ袋」のご提案をさせて頂きます。また、「仕事を長く休めない」「人に知られたくない」といったライフスタイルや患者様の気持ちも十分に配慮し、最も適した施術をご提案させて頂きます。看護師・カウンセラーに任せる事は致しません。
理由02
さまざまなニーズに対応!豊富な手術バリエ―ション
手術には、それぞれ長所と短所があります。当院の医師は、大学病院や美容外科で得た豊富な経験から、効果の高い手術法を取り入れています。あなたに最も合った、なみだ袋の形成術が見つかります。
理由03
術後も安心の保証制度!
「なみだ袋形成」の術後の不安には、「左右差が有る」「傷跡が思っていた以上に目立つ」などがあることでしょう。当院ではこうした術後の不安も責任をもって対処します。
(再手術は当院既定の範囲内で行います。手術で改善できないような、極わずかな左右差や傷もございます。あらかじめご了解ください。)
理由04
「安全・安心」など、患者様の利益を最優先!
当院では、患者さまの利益を最優先にしております。例えば、最も安全な施術方法、リラックスできる環境作り、痛みを可能な限り抑えるなど。そして、その上での納得の良心価格を実現。「安全、安心、信頼、満足、納得」これが、私たちのモチベーションです。
理由05
形成外科専門医として、「正しい医療」を提供!
眼瞼形成手術の専門分野を得意とするからこそ、多くの問題を熟知しています。形成外科専門医が「すべき事」と「すべきでない事」を判断し、「正しい医療」を提供します。

施術を迷われている方へ 注意点とアドバイス

「なみだ袋形成」と一言に言っても、目袋の有無などの状態によって、やって良い状態と悪い状態があります。
そのため、施術前の適切な診察が非常に重要です。安全・安心で納得の結果を得るためには、ヒアルロン酸での涙袋形成だけでなく、脂肪移植を含めあらゆる選択肢を視野に入れた上で、施術を受ける事をお勧めします。

主に、次のようなチェックポイントを意識して、クリニックをお選び下さい。

・手術前に、医師による十分な説明があるか?
・眼瞼形成分野の専門的知識や、組織移植の技術があるか?
・トラブル時に適切な修正手術が可能か?
・対応に誠意が感じられるか?

単に「有名なクリニックだから」と言う理由で、安易に選択する事がないようにしましょう。こうした点をふまえた上で、納得の施術を受けることをお勧めします。

施術の流れ

  • 01
    ご予約
    フリーダイヤルでの お電話もしくはメールで、無料カウンセリングのご予約をお願いします。
  • 02
    カウンセリング

    医師による無料カウンセリングをお受けいただきます。専門の医師による的確な診断を受け、その上で様々なシミュレーションを行います。術後の経過やアフターケアについても、併せて説明いたします。

    ※一度カウンセリングをお受け頂いた方であれば、電話での手術予約が可能です。ただし基本的に手術1週間前にはご入金していただきます。

    ※ヒアルロン酸注射の場合は当日の会計となります。

  • 03
    手術日
    リラックスできるBGMの流れた手術室へ移動して頂き、医師により再度、入念な術前評価およびデザインを行い手術に臨みます。
    手術中の痛みがないよう、麻酔でしっかりと痛みのコントロールを行います。(施術によっては静脈麻酔・全身麻酔を併用して行います。) 
    麻酔が十分に効いたことを確認し手術を開始します。局所麻酔であっても、お顔にライトが当たっているため、目の前の手術操作が見える事はありません。
    また仮に途中、痛みが起こった場合は、すぐに麻酔を追加しますので安心です。
  • 04
    手術終了後
    直後の状態を鏡で確認いただき、納得の上で終了します。手術室からパウダールームに移動して頂き、身支度を整えて帰宅して頂きます。
    腫れが気になる方は、サングラスや眼鏡などをお持ちいただけると良いでしょう。洗顔・洗髪は翌日から可能です。
  • 05
    施術後の安心サポート
    施術後、5~7日目で抜糸を行い、アイメイクは抜糸の翌日からとなります。その後、1か月目、3か月目に検診に来て頂きます(任意)。
    それ以降であっても、気になる事があれば、どのような事でもお問い合わせおよび無料検診に来て頂けます。

なみだ袋形成(ヒアルロン酸注射・脂肪移植術)の料金

  料金(税別)
ヒアルロン酸注射(初回お試し) ¥20,000
ヒアルロン酸注射(通常) ¥35,000+注入料(¥9,000)
脂肪移植 ¥300,000

※上記は両側のお値段です。脂肪移植の場合のみ、片側のみの場合は両側価格の60%となります。

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー