プルプル口びるヒアルロン酸・脂肪注入(唇を厚く)|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

口

当院の「口」の施術について

はじめに
お口は、食事をする、声を出すという大切な機能があります。実は、これ以外にも、とても大事な役割があるのです。
それは「表情」という機能です。
特に笑顔を語る上では、口元はとても大切なパーツです。口元の表情で人の印象は大きく変わってきます。

そんな口元は個人差が大きくあるのも事実です。唇の薄い人、唇の厚い人。さらに、年齢的な変化も起こってきます。
薄い唇は、知的で大人っぽい印象を与えますが、冷たい印象を与えることも。また、張りを失い薄くなった唇は、年齢を感じさせる要素の一つにもなりかねません。
一方、厚い唇は、陽気で情熱的な印象を与えますが、稚拙で落ち着きがない印象を持たれる事も。

ここでは、口の各論での細かい説明の前に、「私の口唇は治療できるの?」と悩まれてる患者さまが見て分かりやすいよう、「お悩み別」の解説をさせて頂きます。

お悩み・施術内容から探す

うすい口唇を、ふっくらさせたい

うすい唇を、ふっくらさせる方法には、2種類あります。
ヒアルロン酸注射と自家脂肪注入(自分の脂肪の注入)です。いずれもメリットとデメリットがあるため特徴を理解した上でお受けしてください。

ヒアルロン酸注射
メリット 手軽でリーズナブル
腫れも少なくダウンタイムも短い
注入のコントロールが可能
デメリット 持続効果は半年くらい
自家脂肪注入
メリット 生着したものは永久的
自分の脂肪という安心感
デメリット 脂肪吸引で自分の脂肪を採取する必要がる
注入した脂肪はある程度吸収される(何度か繰り返す必要がある)

たらこ口唇を治したい

ぶ厚い唇を薄くする方法は唯一、唇の減量です。ボリュームを減らすことでスッキリした大人っぽい知的な唇に変化させることが出来ます。傷口は殆ど分かりにくくなる部位なので安心です。

口周りのしわを治療したい

口周りのしわの治療は、2種類あります。
ヒアルロン酸注射でのしわ治療
ボトックス注射でのしわ治療

いずれを使用するかは、しわの特性によって使い分けが必要です。

院長から患者さまへの6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。

当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。
全力でサポートいたします。

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー