鼻の形成|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

鼻の形成

はじめに

鼻というと「耳鼻科の治療分野では?」って考える人が多くおられると思います。形成外科分野で取り扱う「鼻」とは「目で見える範囲の鼻」つまり「外鼻」ということになります。外鼻の疾患を挙げると、先天的な外鼻変形(唇裂口蓋裂などの鼻変形)、外傷による外鼻変形、外鼻の腫瘍切除後の変形の修正・再建などになります。
なお、個性的な鼻の形(外鼻の醜形)の修正に関しては、健康保険の適用外となります。

唇裂口蓋裂に伴う鼻変形

唇裂口蓋裂は発生学的な問題で先天的に上口唇・上顎・口蓋や鼻に変形を来す疾患です。日本人の発生頻度は1/400-500人と言われています。
多くの場合、外見の問題だけでなく、哺乳や摂食、構音(発生)、歯列の問題も同時に治療が必要なため、小児期から成長を考慮した系統的なチーム医療を行う必要があります。そのため総合病院での治療が優先されます。
鼻に関しては様々な考え方があり、早期に治療をした方が良いのか、後に治療した方が良いのかという議論があり結論は出ていません。

当院で取り扱う唇裂口蓋裂の鼻修正は、鼻の成長への影響が少なくなる15歳以上を対象に行っています。
手術方法は、個々の鼻によって違うため一概には言えませんが、斜鼻・鼻翼の変形・鼻孔の変形などに対して、鼻骨骨切り・瘢痕形成・鼻軟骨形成(自家軟骨移植を伴う)・軟部組織の修正などを行います。

基本的に唇裂口蓋裂の鼻修正は健康保険の適用とされています。しかし、健康保険の適用とされる鼻変形は、明らかに奇異さを感じさせ社会的に問題があると判断されたものになります。それ以外の僅かな変形に関しては健康保険の適用外、つまり自由診療での治療となる事もあります。

外傷性の外鼻変形1~陳旧性鼻骨骨折、斜鼻・鞍鼻変形~

当院で行っている外傷性の変形は、陳旧性鼻骨骨折(斜鼻変形・鞍鼻変形)です。陳旧性というのは「古い」という意味で、「鼻骨骨折を整復せずに歪んだまま骨が治癒した状態」または「鼻骨骨折の整復をしたけど変形が残っている状態」などです。
斜鼻変形の治療は、歪んで治癒した鼻骨を「鼻骨骨切り術」で正しい位置に戻します。鼻軟骨の変形を伴っている場合や、鼻閉を伴う場合は、鼻軟骨形成術や自家軟骨移植術(耳介軟骨・鼻中隔軟骨・肋軟骨)を同時に行う事もあります。鞍鼻変形に関しては自家組織移植術での修正を行います。(シリコンプロテーゼ(人工物:医療用シリコン)でも鞍鼻変形は治療可能ですが保険適用はされません。)

健康保険の適用は、「誰が見ても明らかに変形している場合」もしくは「変形によって鼻の通りが悪いなどの機能的な障害がある場合」となります。ごく僅かな変形の残存のみの場合などは適用外となります。
なお、折れたばかりの鼻骨骨折はCTなどでの鼻骨の評価を行って、2週間以内に治療を行う事が優先されます。そのため、CTの検査のできる関連施設にご紹介させていただきます。

外傷性の外鼻変形2 ~軟部組織による変形~

外傷性外鼻変形


▼症例はこちら

外傷性の鼻の変形は、外傷に伴って骨だけでなく皮膚や皮下組織などの軟部組織が欠損を起こし、変形が生じる事があります。その場合、皮弁形成術・自家軟骨移植術・自家骨移植術・複合組織移植・組織拡張など、形成外科的な特殊な技術を用いての治療が必要な場合があります。手術が大掛かりになる場合、大学病院などの関連施設での治療を優先させて頂きます。

外鼻の腫瘍

鼻にできる腫瘍は、ホクロ、イボ、粉瘤、日光角化症など一般的な皮膚腫瘍ができることが多いです。しかし、鼻は組織にゆとりが少なく単純に縫合すると変形が起こってしまうことがしばしばあります。そのため、変形が生じるような欠損が起こる場合は、皮膚移植や皮弁形成術など形成外科的な技術を使って変形を予防する必要があります。

外鼻の腫瘍

外鼻の腫瘍

▼症例はこちら

外鼻の醜形の治療 (自由診療)

一般的な目線で見て奇異さを感じないないと思うけど、自分では鼻の形が気になる事があります。
例えば、低い鼻、だんご鼻(丸い鼻先)、大きい小鼻、わし鼻(ハンプ、段鼻)、魔女鼻、斜鼻、太い鼻・・・
このような場合は、健康保険の適用はなく、自由診療でのご案内になります。当院は隆鼻術、鼻尖縮小術、鼻翼縮小術、鼻中隔延長術、鼻骨骨切り術、斜鼻修正術など、鼻の醜形の治療バリエーションを揃えた医療機関です。どのような事でもご相談ください。

症例写真、術後の経過について

  • 外傷性の外鼻変形 ~軟部組織による変形~

    • 術前(高度の鞍鼻および短鼻)
    • 創外固定器での皮膚進展
    • 術後6ヶ月
    症例1 50代 男性 
    術前評価
    交通外傷後の鼻変形。鼻骨及び鼻軟骨、軟部組織の不足を伴い、鞍鼻及び短鼻変形を起こしている状態
    通常必要とされる治療内容
    ① 自家骨移植術 ② 骨延長術(固定器装着) ③ 陳旧性鼻骨骨折整復術+自家肋軟骨移植術
    治療方法
    ① 自家骨移植術・・・腸骨陵の一部を採取し鼻背部の軟部組織内に移植します。生着を待ちます。② 骨延長術(固定器装着)・・・移植した腸骨に創外固定器を装着し、中央で骨切りを行います。術後毎日少量ずつ延長期を伸ばしていき軟部組織を進展させて行きます。③ 陳旧性鼻骨骨折整復術+自家肋軟骨移植術・・・進展した軟部組織を利用し、自家肋軟骨及び肋骨を移植して鼻の変形を修正します。
    料金
    保険適応(診療報酬点数に準じる)
    治療のリスク
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛・腫脹、内出血(1-3週で改善)、傷の赤み(3か月ほどで改善)
    過矯正(若干の後戻りがあるため直後は過矯正にしておきます)
    ●時に起こる事
     移植軟骨の浮き出し、変形(斜鼻・湾曲)
    ●希に起こる事
    移植軟骨の露出・遅発性感染による鞍鼻、短鼻の再発
    手術部位の知覚障害、肋軟骨採取時の気胸
    ●極めて稀起こり得る事:
    薬疹(重症なものも含む)
    薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、
    眼球および周囲の損傷、その他予想外の合併症の可能性もあります。
    院長および施術者からのコメント
    外傷に伴う鼻骨・鼻中隔軟骨および軟部組織の欠損により、鞍鼻(低鼻)と短鼻変形が顕著な状態でした。鼻背部にある瘢痕が硬く、また土台となる鼻骨・鼻軟骨が欠損していて、通常の一期的な骨移植では良い形を作ることが出来ないと判断しました。まずは十分な高さと長さを出すための皮膚(軟部組織)を確保する必要がありました。自家腸骨を鼻背部の皮下に移植し生着を待った後に、骨延長器を装着して骨を伸ばしていくことで同時に皮膚を進展させました。十分な皮膚(軟部組織)を確保してから、自家肋軟骨と肋骨を移植して鼻の形を整えました。
  • 外鼻の腫瘍

    • 術前
    • 術前 デザイン
    • 術後6か月
    症例2 80代 女性 左鼻翼部の基底細胞癌 
    術前評価
    数年前から左鼻翼基部に黒色結節が出現した方
    通常必要とされる治療内容
    皮膚悪性腫瘍切除術+皮弁形成術
    治療方法
    5mmマージンを取って腫瘍を切除します。欠損部分に鼻唇溝皮弁を挙上し欠損を充填します。
    料金
    保険適応(診療報酬点数に準じる)
    治療のリスク
    治療のリスク
    ●初期に起こる事
    疼痛、腫脹、内出血(1-3週で改善)、傷の赤み(3か月ほどで改善)
    ツッパリ感
    ●希に起こる事
    感染、皮弁の壊死(部分もしくは全体)、腫瘍の再発、鼻翼の強い変形
    ●極めて稀起こり得る事:
    薬疹(重症なものも含む)
    薬剤性アナフィラキシーショック(蕁麻疹・呼吸苦・血圧低下・心停止)、
    眼球および周囲の損傷、その他予想外の合併症の可能性もあります。
    院長および施術者からのコメント
    鼻翼基部の悪性腫瘍の切除後の再建の症例です。腫瘍切除後の欠損を単純縫合すると鼻翼の変形が起こるため、鼻唇溝皮弁を挙上して、VY前進皮弁で欠損を充填しました。術後は鼻翼の変形をほとんど認めず再建が出来ていると思います。皮弁採取部の傷もそれほど目立ちません。
    症例3 70代 女性 鼻背部の基底細胞癌 
    術前評価
    鼻背部の基底細胞癌の方
    通常必要とされる治療内容
    皮膚悪性腫瘍切除術+皮弁形成術
    治療方法
    5mmマージンを取って腫瘍を切除します。欠損部分に双葉皮弁を挙上し欠損を充填します。
    料金
    保険適応(診療報酬点数に準ずる)
    治療のリスク
    症例2に同じ
    院長および施術者からのコメント
    今までなかった黒子が鼻背部に出現し、基底細胞癌と診断された方です。腫瘍切除後の欠損を単純縫合すると鼻翼の変形が起こるため、双葉皮弁を挙上して欠損を充填しました。術後は背部の変形をほとんど認めず再建が出来ていると思います。皮弁採取部の傷もそれほど目立ちません。
お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー