口唇の形成|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

口唇の形成

はじめに

形成外科分野で取り扱う「口唇」で最も多いのが外傷です。それ以外にも腫瘍切除後の変形や再建、先天的異常(唇裂口蓋裂)による変形の修正なども形成外科領域の疾患となります。

口唇腫瘍

口唇の腫瘍には黒子・血管腫をはじめ様々な腫瘍が発生します。口唇は特殊な部位で、白唇(通常の皮膚の部分)・赤唇(赤い唇)・粘膜という多くの表面構造・立体構造があり、日常的にも良く動く場所の一つです。
腫瘍一つを取るにもこういった構造を視野に入れて、メスで取るのか、レーザーで取るのかの判断や、メスで取るなら傷の向きをどう設定するのか、レーザーで取るなら大きさや深さも考慮しないといけません。
口唇ならこの方法というのではなく、それぞれの患者さまに最も適した方法をご提案させて頂きます。

口唇腫瘍

外傷性の口唇変形

前項でものべましたが、口唇は非常に複雑な構造をしており、外傷など一時的に縫合した傷がズレて治ってしまったり、欠損があったりすると、非常に目立つ部位でもあります。それらを治療するには、手術によってズレを目立ちにくくさせたり・欠損した組織の代わりになるものと移植したりして変形を目立ちにくくします。
また手術だけでなく、理学的な方法で傷の成熟を待つという選択肢を取る事もあります。

外傷性の口唇変形

唇裂口蓋裂に伴う口唇変形

唇裂口蓋裂は発生学的な問題で先天的に上口唇・上顎・口蓋や鼻に変形を来す疾患です。日本人の発生頻度は1/400-500人と言われています。
多くの場合、外見の問題だけでなく、哺乳や摂食、構音(発生)、歯列の問題も同時に治療が必要なため、小児期から成長を考慮した系統的なチーム医療を行う必要があります。そのため総合病院での治療が優先されます。

口唇に対しては乳児期に一回目の手術が行われ、その後、成長に応じて口蓋裂・顎裂の修正の際に口唇瘢痕の2次修正・3次修正がおこなわれるケースが多くあります。その為、10代になる頃には口唇はある程度の仕上がりになっている事が殆どです。
当院で取り扱う唇裂口蓋裂の口唇修正は、局所麻酔が出来る年齢からで、白唇の傷跡の修正や長さの微調整、赤唇の厚みの修正などとなります。

口唇の形態の治療 (自由診療)

一般的な目線で見て変とは感じないないと思うけど「薄い唇をふっくらさせたい」とか、「ぶ厚い唇を薄くしたい」などのご希望を持たれてる方も数多くおられます。
しかし、これらは病気ではないため健康保険の適用ではなく、自由診療でのご案内となります。当院は手軽なヒアルロン酸注入や自家組織移植である脂肪注入によって、口唇をふっくらさせたり、口唇縮小術などでぶ厚い唇の治療など、幅広く口唇の形成を行っております。どのような事でもご相談ください。

ヒアルロン酸注射による口唇形成

体験談

    体験談はまだありません。

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー