目の上のくぼみの成因|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

目の上のくぼみの成因

男女問わず、多くの方が悩みをかかえている、“目の上のくぼみ”。

では、なぜ “目の上のくぼみ”が出来るのでしょうか?

  • 「目の上の組織のボリューム不足」
  • 「眼瞼下垂症」

以上の2つがあります。

 

「目の上の組織のボリューム不足」の中にも、先天性なものと後天性なものに分かれます。

先天性というのは、もともと目の上の組織(眼窩脂肪など)のボリュームが殆ど無い人がいます。そういう人は若いころからくぼみを自覚します。

後天性というのは、年齢とともに目の上の組織(眼窩脂肪など)が委縮してボリュームが失われた結果、目の上にくぼみが現れるという事になります。「若い時にくぼみが無かったのに、年齢とともにくぼんできた」とい方は、後天性に当たります。

 

治療はいずれも、「ボリューム不足を補う」ということになり、上記に述べた

・ヒアルロン酸注射

・脂肪注入

・脂肪移植

で治療することが出来ます。

 

「眼瞼下垂症」

眼瞼下垂症があると目の上がくぼむ人がいるのですが、どうしてでしょうか?

まず目を開ける構造を理解する必要があります。

目を開けるのは、上眼瞼挙筋という筋肉が収縮をして、挙筋腱膜という膜を介して、瞼板を引き上げる事で、まぶたを開けるといった仕組みです。この上眼瞼挙筋の上前方に眼窩脂肪が位置しています。

眼瞼下垂症というのは、筋肉の力を伝える働きをする挙筋腱膜が「委縮して伸びたゴム」の様になった状態です。そのため、上眼瞼挙筋の力が上手く瞼板に伝わらず、過剰な収縮を起こして奥の方に移動している状態です。その結果、挙筋の上に位置していた眼窩脂肪も奥に移動してしまします。その結果上まぶたのボリュームが失われ、“目の上のくぼみ”が出現します。

 

治療は、眼瞼下垂症の手術を行う事で、くぼみを劇的に改善させることができる事もあります。しかし、眼瞼下垂を起こす年齢の方は、加齢性の脂肪萎縮も伴っている事があり、脂肪移植も同時にする事でより効果的に「目の上のくぼみ」を治療する事が出来ます。

眼瞼下垂症手術の詳細はこちら

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー