バッカルファット除去(ぽってり頬の予防・改善)|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

バッカルファット除去(ぽってり頬の予防・改善)

バッカルファット除去(ぽってり頬の予防・改善)の特徴

年齢とともに頬の下膨れが気にされる方は増えていきます。その原因は皮膚・皮下組織・真性支持靭帯(骨と皮膚をつなぐ靭帯)のゆるみなどがありますが、「バッカルファット(頬脂肪体)」という脂肪も主な原因の一つです。頬からコメカミにかけて繋がっている脂肪体で年齢と共に下垂していきます。

この、バッカルファットの減量によって頬骨(ほほ骨)下縁付近から下の膨らみを減らすことが出来ます。適量の脂肪をわずか10分ほどでお口の中から取り除くため、皮膚に傷がつかずダウンタイムもほとんどありません。

このような方におすすめです

ぽってり頬を改善したい
しもぶくれした顔を何とかしたい
シャープな小顔になりたい
将来のタルミを、今から予防しておきたい
顔に傷をつけないで細くなりたい

手術の方法

頬の裏側にあたるお口の中に、耳下腺管開口部に注意しながら5-10mmほどの切開を行い、バッカルファットを除去します。お顔に傷がつくことはありません。卵の黄身のようなきれいな脂肪の塊が出てきます。

バッカルファット除去術

バッカルファット除去(ぽってり頬の予防・改善)の術後経過について

施術時間
30分(両側)
効果実感・持続効果
持続的
術後の通院
吸収糸を使用するので抜糸はありませんが、経過観察の目的に10-14日後に検診に来院していただきます。その間は自宅での処置も口腔ケアのみで、消毒などの手間はありません。
1か月、3か月後に任意の検診があります。
術後の腫れ・ダウンタイム
術後の腫れは、3日前後は抜歯した程度の腫れがありますが1週間ほどで治まります。わずかな浮腫みは3か月ほど改善には要します。
内出血は稀ですが、出た場合も軽いものであり(メイクで十分に隠せます)、約10-14日でなくなります。
手術当日は軽い痛みがありますが痛み止めで治まる程度です。
カウンセリング当日の治療
要相談(事前にご連絡をお願いします)
麻酔
局所麻酔、笑気麻酔など
食事
当日より可能です。1週間ほどは、やわらかい物を食べるようにしてください。
口腔ケア
当日より可能、毎食後、創部に強い圧力をかけない程度のうがいをして頂き、傷口を注いでもらいます。
シャワー
当日より可能
洗髪
当日より可能
運動
日常生活レベルの動作は全く問題ありません。激しい運動は創部の安静目的に3日程は控えてもらいます。

施術の流れ

  • 01
    ご予約
    フリーダイヤルでのお電話もしくはメールで、無料カウンセリングのご予約をお願いします。
  • 02
    カウンセリング

    医師による無料カウンセリングをお受けいただきます。専門の医師が、ご希望の大きさ・長さを伺います。術後の経過やアフターケアについても、併せて説明いたします。

    ※一度カウンセリングを行った方であれば、電話での手術予約が可能です。ただし、手術1週間前にはご入金いただきます。

  • 03
    手術室へ移動・デザイン
    リラックスできるBGMの流れた手術室でデザインを行います。
  • 04
    局所麻酔
    手術中の痛みがないよう、局所麻酔でしっかりと痛みのコントロールを行います。(ご希望の場合は笑気麻酔(有料)を併用して行います。)
  • 05
    手術
    麻酔が十分に効いたことを確認し、手術を開始します。手術中は30分程度で終了です。BGMを聞きながらリラックスして施術を受けて頂けます。人によっては、痛みを感じる場合もありますが、すぐに麻酔を追加しますのでご安心ください。
  • 06
    手術終了後
    身支度を整えてすぐに帰宅して頂きます。
  • 07
    施術後の安心サポート
    施術後、10-14日目で検診を行います。吸収糸を使用するので抜糸はありません。
    その後、1か月目、3か月目に検診に来て頂きます(任意)。それ以降であっても、気になる事があれば、どのような事でもお問い合わせください。

体験談

    体験談はまだありません。

バッカルファット除去術に関するQ&A

  • 手術中、痛くないですか?
    十分な局所麻酔を行いますので手術中は痛みを感じることはありません。また局所麻酔の痛みを軽減する場合は笑気麻酔や静脈麻酔を行う事もできます(有料)。
  • 日常生活に支障はありませんか?痛みは大丈夫ですか?
    術後、デスクワークや軽い家事程度のお仕事は問題無くしていただけます。走るなどの頬が揺れるような動作場合は痛みを感じることがありますので、痛みが感じる間はそれらの刺激を避けるようにお願いします。同じ理由で運動も、痛みがある間は控えるようにお願いします。
  • 傷口は目立ちませんか?
    傷口はお口の中だけでお顔にはありません。口の中の傷は非常にきれいに治っていくため、歯医者さんに行っても指摘されることはないでしょう。
  • 頬のタルミは取れますか?
    バッカルファット除去術はあくまで内部の膨らみの除去術で、頬のボリュームを減らす目的です。たるみは弾力性が失われた皮膚による影響が強いため、弾力性が失われた肌のタルミがなくなることはありません。しかし弾力性が十分にある年齢のタルミ感はバッカルファット除去することで解消されます。
  • 左右差は出ませんか?
    もともと左右差のある方の場合、摘出する脂肪の量で調整を行います。しかし、頬を構成するその他の組織の影響が強い場合は従来の左右差が残存します。
  • 合併症はありますか?
    この手術で特異的なものとしては、耳下腺管の損傷が考えられますが、耳下腺管開口部を避け慎重に脂肪除去を行うようにしています。耳下腺管損傷を起こした場合は修正手術が必要になる事もあります。その他、通常の手術でも起こり得る、感染や血腫などの可能性もあります。

バッカルファット除去(ぽってり頬の予防・改善)の料金

  料金(税別) キャンペーン料金(税別)
バッカルファット除去(ぽってり頬の予防) ¥250,000

¥180,000

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー

輪郭・あご・ほほ・おでこ