鼻骨骨切り術の鼻内法?鼻外法?|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

鼻骨骨切り術の鼻内法?鼻外法?

鼻骨骨切り術には主に2つの方法があります。

鼻内法と鼻外法です。それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

鼻内法・・・鼻穴の内側からだけで、全ての鼻骨骨切りを行います。

 

メリット・・・創部が鼻腔内だけなので、皮膚が傷つかない

デメリット・・・きわめて正確な骨切りをするには熟練を要する

 

鼻外方・・・鼻穴の内側だけでなく、頬の皮膚に2-3mmの切開を行って、その創部より鼻骨骨切りを行います。

 

メリット・・・きわめて正確な骨切りが出来る。

デメリット・・・創部が鼻腔内だけでなく、皮膚にもできる。

 

どちらを選択するかは術者によりますが、当院では「鼻外法」を採用しています。理由は、顔の2-3mmの傷は短期間で驚くほどキレイに治るため、骨切りの「正確性」を最優先に行っているからです。もちろん患者様希望があるようでしたら、鼻内法でも行う事ができますのでご相談ください。

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー