鼻の手術回数が少ない方が良い理由|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

鼻の手術回数が少ない方が良い理由

どのような手術でもそうですが、回数を重ねる度に難易度が上がります。

特に鼻は、僅か数センチの小さな中に、多くの異なる性質の組織が、折り重なり複雑な構造をしています。当然、手術に緻密なで繊細な操作が必要になります。

 

一度手術をした鼻は、強い癒着や瘢痕化(硬くなる事)が起こり、次の手術の時には解剖構造の同定が非常に難しくなります。

また、解剖構造を同定できたとしても、瘢痕で硬くなった構造を変化させようとしても、思い通り変化させることが出来ず、外鼻の形に反映できないことが多々あるのです。

 

そのため、我々鼻を取り扱う形成外科医の中では、「鼻の手術回数は極力少なく」と言うのが定説になっています。

 

以上の理由で、鼻の手術は一回で多くの操作をしておく事をお勧めします。

例えば、

  1. 隆鼻術+鼻尖縮小術+鼻尖形成術(耳介軟骨移)
  2. 鼻尖縮小術+鼻尖形成術+鼻骨骨切り術
  3. 鼻中隔延長術+鼻骨骨切り術
  4. 1.+鼻短縮縮術

などがとても相性のよい、おすすめできる組み合わせです。

 

ただ、鼻の手術は一つ一つが高価です。

そんな人に、当院では極力患者さまに負担がかからないような形で手術をご提供したいと考えています

上の施術の組み合わせには、お得なセットプランをご用意しています。ご活用いただければと思います。

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー