ヒアルロン酸注入と脂肪注入の違い|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

ヒアルロン酸注入と脂肪注入の違い

注入系の治療と言う点では同じですが、大きな違いがあります。

ヒアルロン酸の最大の特徴は、「手軽」と言う点です。そのため施術自体は5分ほどで終わりダウンタイムをほとんど感じることはありません。手軽に入れることが出来るため、はじめに少なめに入れても、後で足すことは容易にできます。しかし、吸収性の素材ですので、時間が経つとなくなっていくため再び注入する必要が出てきます。

一方で脂肪注入というのは、注入する脂肪をお腹や太ももから採取する必要性があります。その分、施術の時間やダウンタイムもヒアルロン酸よりも長くなります。また注入した脂肪は、吸収されて約半分ほどになり、それが一生ものとして定着します。何度か施術をするのが前提であれば少しずつ膨らませていけばよいのですが、1回の施術で終わらせようとすると一度に多くの脂肪を入れて膨らませておかないと、最終的に満足のいく結果となりません。

 

ヒアルロン酸注入 脂肪注入
採取 なし 必要
持続性 いずれなくなる 半分くらい吸収

生着したモノは持続する

注入のコントロール 比較的容易 技術を要する
料金 比較的安価 ヒアルロン酸より高い
その他 人工物 自分の組織
お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー