鼻の他院手術の修正|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

鼻

当院の「鼻」の施術について

はじめに
「鼻」は顔の中心にある大切なパーツ。「鼻」が中心にある事で、顔のバランスが一気に取れてきます。「鼻」は顔の見た目を決めるうえで、非常に大切な存在です。
しかし、「存在感があり過ぎる」というのも問題です。例えば、低すぎる、高すぎる、太すぎる、細すぎる、曲がっている・・・など。「鼻」自体が自己主張をすると良くありません。
「鼻」とは、“顔の中心にあるけども、存在感は示さない”、“目立たず、そっといてくれる”、そんな鼻が理想的なお鼻ではないでしょうか?
そんな「鼻」の悩みは、千差万別で多岐にわたります。当院の鼻の施術は、どれも自信をもってご提供しています。

施術したい部位から探す

施術したい部位から探す

施術詳細はこちら

お悩み・施術内容から探す

鼻を高くしたい

鼻根部~鼻尖部にかけて高くすることで、鼻筋が通り顔の印象がスッキリします。ヒアルロン酸で鼻を高くするプチ整形から、手軽な医療用シリコンプロテーゼによる隆鼻術、本格的な自家組織を使った隆鼻術などがあります。

イラスト

ポイント
ただ単に高ければよいというものではありません。前額(おでこ)とのバランスがとても大切です。前額(おでこ)の丸みが少ない人が、鼻筋をしっかり通そうとするとギリシャ彫刻のような鼻になり日本人には不自然に見える事があります。バランスの見極めを大事にしましょう。
※外傷や疾患などによる明らかな低鼻には自家組織移植に再建術に限り健康保険が適用される場合があります。

鼻先を細くしたい、だんご鼻を治したい

イラスト

ダンゴのような丸い鼻先(鼻尖部分)を細くする手術が、“鼻尖縮小術+鼻尖形成術(軟骨移植)”です。鼻尖部の鼻軟骨や皮下脂肪を処理したり、軟骨移植する事で鼻先に細さを出します。“鼻中隔延長術”でも鼻尖縮小術と類似の効果を出すことが出来ます。

イラスト

ポイント
「鼻」の手術は、繰り返すたびに難易度を増します。そのため隆鼻術なども検討されている場合は、同時にされるのが良いでしょう。鼻尖縮小術と隆鼻術は非常に相性が良い手術の組み合わせの一つです。
注意点:簡易的な鼻尖形成術や、シリコンプロテーゼでの鼻尖形成、注入素材(ヒアルロン酸など)で鼻尖形成を行うと、効果が乏しかったり思わぬトラブルを起こすことがあり注意が必要です。

小鼻を小さくしたい

正面から見て、あぐらを組んだような張り出した小鼻の治療は“鼻翼縮小術”で、横幅を狭くすることが出来ます。鼻の穴を小さくする効果もあります。
また横から見て、垂れ下がった小鼻の張り出しを取る手術が“鼻孔縁挙上術”です。

イラスト

ポイント
鼻翼縮小術を単独で行った場合、鼻尖部の丸さが強調されてしまうことがあります。そのため、鼻翼縮小術を考えておられる方は、鼻尖縮小術を視野に入れる必要があります。

太い鼻を細くしたい、太い鼻筋を細くしたい

イラスト

鼻背から鼻根部にわたる骨性の太い鼻筋をスッキリと細くする手術は“鼻骨骨切り術”になります。

イラスト

イラスト

ポイント
「鼻骨骨切り術」というのは、「骨切り」と言う名前から想像出来ないくらい、驚くほど小さい切開(頬は2-3mm、鼻腔内は数ミリ)で完結する手術です。そのため、傷が将来気になる事はありません。

曲がった鼻を治したい

曲がったお鼻を、まっすぐに修正するのが“斜鼻修正術”です。斜鼻の原因には「鼻骨」と「鼻軟骨」もしくは「両方」の3つがあります。原因によって“鼻骨骨切り術”や“鼻軟骨形成術”などの手術を組み合わせて治療を行います。

イラスト

※外傷や疾患などによる明らかな低鼻には自家組織移植に再建術に限り健康保険が適用される場合があります。

イラスト

ポイント
斜鼻の原因が、「骨性か軟骨性もしくは両方か」を術前に見極める事が状に大切です。判断を誤ると効果が出ない事もあるため、術前に画像検査などで十分な評価をしてもらうようにしましょう。

わし鼻・段鼻を治したい

イラスト

わし鼻・段鼻を治す手術が、“わし鼻修正術(ハンプ切除術)”です。医学的に、鼻骨~上外側鼻軟骨盛り上がりを「ハンプ」と呼び、これを切除して突出を平らにします。強いハンプを改善させることで柔らかいスッキリとした印象のお鼻に変ります。

イラスト

ポイント
ハンプ切除は程度によって鼻骨骨切り術で鼻骨の幅寄せが必要な事があります。強いハンプの方は、鼻骨骨切り術を視野に入れてクリニックをお選びください。

鼻を長く下向きにしたい

イラスト

鼻先が上を向き、鼻の穴が丸見えになっている鼻先を下方向に変える手術が“鼻中隔延長術”です。従来の鼻中隔に自家軟骨を付加して延長する事で、鼻中隔を延ばします。鼻中隔を延長することで鼻の穴が見えにくくなりすらっとした大人っぽいお鼻になります。

イラスト

ポイント
鼻中隔延長術はどの方向に延長するかで結果が異なります。つまり自由度の非常に高い手術なのです。そのため、術前に伸ばしたい方向を担当医と共有する事ようにしましょう。

長い鼻を短くしたい、魔女鼻を治したい

イラスト

下方向に長く伸びた魔女のようなお鼻は時にイジワルな印象を与えてしまいます。そんな鼻の悩みを、“鼻短縮術”で治療する事ができます。

イラスト

ポイント
「鼻」の手術は、繰り返すたびに難易度を増します。そのため鼻尖縮小術なども検討されている場合は、同時にされるのが良いでしょう。鼻短縮術と鼻尖縮小術は非常に相性が良い手術の組み合わせです。

シリコンプロテーゼを抜去したい

過去に入れた鼻のプロテーゼを抜去したいという方もおられます。その際、気になるのが「急に鼻が低くなることへの抵抗」でしょう。この問題を解決できる、当院ならではの抜去の方法が、いくつかあります。

他院で受けた鼻の修正をしたい

鼻の手術の修正は非常に難しいことが多く、状態によっては満足いく結果にならないこともあります。一度、無料カウンセリングに来て頂き、ご判断させて頂ければと思います。

鼻の構造と治療可能な部位

「理想的な鼻」を手に入れるには、ご自身が「鼻」について理解をしておかないと、担当医に「理想の鼻」を伝える事ができません。ここでは、一般的な鼻の構造について理解して頂きます (図2-4)。その上で、図1をみて自分が気になる場所が、手術で治療がでるかどうかを見て行きましょう。

イラスト

イラスト

イラスト

イラスト

院長から患者さまへの6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。

当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。
全力でサポートいたします。

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー