ウルトラセル(トリプルリフトアップ)|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

輪郭・あご・ほほ・おでこ

輪郭・あご・ほほ・おでこ

当院の「輪郭・あご・ほほ・おでこ」の施術について

はじめに
「顔」の形は人それぞれです。角張った輪郭は、顔が大きくみえたり重たく見えたり、また時に老けた印象を持たれることも。逆に、シャープな輪郭は、小顔に見えるだけでなく、若々しい印象を持たれます。
「小顔になりたい、シャープな輪郭になりたい」と皆様は一様に仰いますが、小顔・シャープな輪郭を形成するにはどうしたらいいのでしょうか?
ここでは、顔のバランスについてや、治療可能な部位についての解説、また小顔治療・輪郭の治療・たるみやくぼみの治療まで簡単な施術の解説をさせて頂きます。

お悩み・施術内容から探す

小顔治療になりたい、輪郭の張り出しをとりたい

輪郭の張り出しの原因によって効果的な治療法が異なります。治療法には以下の方法があります。

脂肪吸引

皮下脂肪の多い人に効果的です。耳たぶ下やあご下の2mm程の小さな傷で施術が完結します。気になるお顔の脂肪を吸引し確実に除去していきます。腫れの期間が過ぎれば周囲に気付かれる事もありませんし、全身への負担は殆どなく、比較的手軽に受けて頂ける施術です。脂肪溶解注射と比べると断然効果的で、確実な効果を求める人にはお勧めの施術です。

脂肪溶解注射(BNLS)

メスを入れることにどうしても抵抗がある人に人気の施術です。しかし効果は脂肪吸引と比べると限定的ですが、腫れも少なく、少しずつ人知れずという人にはピッタリです。何度か繰り返して行う事で引き締まりを実感してもらえます。

エラボトックス(咬筋ボトックス)

咬筋の張り出しが強いことでエラが張っている人には、エラボトックスが効果的です。咬筋の張り出しが特に強い咬筋肥大症の人に、劇的な効果が出る事があります。

顎先を出す

ヒアルロン酸、顎へのプロテーゼ挿入、オトガイ骨切り術で顎先を前に出すことで輪郭にシャープさがでて、「小顔効果」を生み出します。顎の整形は、非常に効果の高い治療ですが、周囲から殆ど気づかれない部位もあり、どれも大変に気のある施術です。「→小さい・低いあごの治療を参照

ポイント
上記の3つの施術のうち、どれが最も効果的なのかは、顔のバランスや皮下脂肪の厚み、咬筋の肥大の程度によるため、カウンセリングで適切に診断させて頂きます。もちろん、患者さまの中には、手術は望まないという方もおられると思います。当院では、患者さまのライフスタイルやご希望をお伺いした上で、プチ整形と呼ばれる手軽なものから、本格的な手術治療まで幅広いご提案をさせて頂きます。

小さいあごを治したい、あごを前に出したい

小さく・低いあごは、幼くかわいらしい印象を与えますが、逆に頼りない印象も与えてしまいます。小さいあごの治療をする事で、大人っぽい頼りがいのある印象の顔になるだけでなく、“丸顔”に“シャープさ”がでるので「小顔効果」も生み出します。
治療の目安は、顔を横から見た時の鼻・唇・顎のバランス(Eライン)を理想の位置に近づけます。手軽なヒアルロン酸注射による治療から、本格的な治療に至るまで様々な方法があります。

ヒアルロン酸注入

リーズナブルな価格で、かつ、わずか数分の治療で小さいあごの治療ができます。持ちが半年~1年と他のものと比べて短く、維持するために繰り返す必要があります。しかし他の施術と比べたら手軽さはNo.1であり、最も人気の施術になります。

プロテーゼ挿入

ヒアルロン酸での顎の治療は効果の持続が短いと感じる人にお勧めです。傷は口の中にできるだけで、1週間ほどの腫れさえ引けば周囲に知られることはまずありません。

おとがい骨切り術(前方移動術)

「ヒアルロン酸の持続効果は短いし、プロテーゼは人工物への抵抗感もあるのでイヤ」という、こだわりの強い人にはオトガイ骨切りがお勧めです。傷口は口の中なので周囲に知られることもありませんし、手術直後も柔い食事なら問題なく取っていただけます。

ポイント1
(1)理想と言われるEラインから外れ、顎が少し前に出ていても、かえって個性的で魅力的な輪郭となる場合もあります。自分に合った理想の顎・輪郭をイメージする事が大切です。

(2)殆どの人は、上記の施術で理想のEラインに近づける事が出来ます。しかしまれに、顎が非常に小さく発達の悪い人は、上記の施術だけでは理想のEラインにする事が困難な場合があります。その場合、他の手術を併用して輪郭形成をする事も検討します。
  

大きい・長いあご・ケツ顎を治したい

大きく長いあごは、信頼感・安心感を与える一方で、男性的で力強い印象も人に与えます。また大きく長いあごは、顔のバランスが崩れて大きな顔に見えたり、目立って周囲から注目されることにも繋がります。

おとがい骨切り術・あごの骨削り術(狭小術)

そんな大きくて長いあごの唯一の治療法が「おとがい骨切り術」です。 “骨切り”というと「大変な手術だ」ってお思いでしょうが、傷口はお口の中からですので、腫れさえ引けば周囲に知られることはありません。

  

輪郭・その他顔のたるみを治したい

多くは40-50代くらいから、年齢と共に皮下脂肪の委縮や皮膚のゆるみが起こります。それらが原因で、顔全体がたるみ、フェイスラインが角張ってしまったり、頬にブルドックみたいなたるみが出たり、口角から輪郭にかけての腹話術の人形のようなたるみ(マリオネットライン)が気になる人は数多くおられます。また目の下のたるみ・前額(おでこ)から上まぶたにかけてのたるみが気になる人も。そのような人は、フェイスリフトなどのタルミ取りの施術が適しています。

ウルトラセルによるたるみ治療(ラジオ波・超音波(ハイフ)・高周波)

高周波・ラジオ波・超音波(ハイフ)の3つのテクノロジーを組み合わせて照射することで、たるみの原因となる表皮、真皮、皮下組織といったすべての層を引き締め、リフトアップを果たす次世代の最新治療機器です。
メスを使わずに治療ができるため、人気の施術です。

ハムラ法

目の下のたるみをとるための最も効果的な手術です。

バッカルファト除去

口角から頬にかけてのたるみ(ブルドック変形)を改善します。若い頃に行う事で予防効果があります。

SMASリフト

頬・フェイスライン・首にかけてのタルミを改善します。効果は高く確実な手術です。

糸によるリフト

切らないフェイスリフト。頬・フェイスライン・首にかけてのタルミを改善します。効果の持続が半年~1年くらいで維持するために繰り返す必要があります。

前額リフト

前額から上まぶたに至る顔の上1/3のたるみを改善します。

mid face(中顔面)リフト

中顔面1/3のたるみを改善します。ハムラ法との相性が良い手術です。

  

顔のしわ・くぼみを治したい

多くは40-50代くらいから、早い人で30代くらいから、皮下脂肪や筋肉が痩せてきて、“しわ”や“くぼみ”が気になりだします。それらが原因で、顔全体の張りを失い、顔の重心が下に移動して“下膨れ顔”になったり、“疲れた印象の顔”に見られることも。これらの“しわ”や“くぼみ”には、ヒアルロン酸や脂肪注入でのボリューム形成や、ボトックス注射での治療が有効です。
また、目のまわりの小じわにはレーザー治療も有効です。

ヒアルロン酸注射

出来てしまったシワ(放冷線)やクボミ(ゴルゴ線、ジョーカーライン)にヒアルロン酸を注入する事で、委縮した脂肪や筋肉の代わりとし、膨らみを取り戻します(ボリューム形成)。顔の重心を上に移動させることで、顔全体のバランスが改善し、全体的な若返り効果が期待できます。

脂肪注入

ヒアルロン酸の代わりに、自分の脂肪を採取して注入します。生着したものは一生ものとなり、ボリュームを維持します。

ボトックス注射

目尻やおでこ、眉間部など動いたときだけ出来るシワ(動きジワ)に対しては、筋肉の動きを止めるボトックスが有効です。

ウルトラセルによるしわ・たるみ治療

目のまわりのちりめんじわのような小さなしわには、定期的なレーザー治療が有効です。

ポイント
安静じわは、“出来上がってしまったシワ”なので治療はボリューム形成となります。動きジワは“出来上がる前のシワ”で筋肉が動く事で皮膚に折りたたまれ、一時的に出現します。そのため筋肉の動きを止めるボトックス注射が非常に有効です。ボトックスを続ける事で、シワが出来上がる事(安静じわになる事)を予防する事が出来るため、継続する事が大切になります。
  

平らなおでこを丸くしたい、おでこのしわを治したい

 
前額形成術 (丸くて可愛いおでこ形成)

のっぺりとした平坦なおでこは、顔のコントラストに乏しくメリハリがない貧相なイメージを持たれてしまいます。また鼻とのバランスを考えるとおでこの丸みは不可欠な要素です。丸くて可愛いおでこになる方法には、手軽なヒアルロン酸注入がお勧めです。

おでこのしわ治療

おでこのしわ治療の最もポピュラーな方法はボトックス注射で、効果の実感を感じて頂きやすい治療です。それ以外の方法では、ヒアルロン酸注射・前額リフト、また眼瞼下垂症がある方では眼瞼下垂の治療を行うと劇的な改善が得られることもあります。それぞれに長所・短所があり、また患者さまごとに適応が変わってきます。

  

顔の黄金比、Eライン、理想のバランスとは

顔の黄金比とは?

理想とされる顔の正面視のバランスを黄金比と言います。前髪の生え際⇔目尻⇔鼻先⇔顎先の比率が、1:1:1となるバランスが良いとされています。実際にはおでこはもう少し短い事も多く、このバランスから外れていても魅力的な雰囲気となる事は多くあります。その為、黄金比とは一つの目安という位置づけです。

イラスト

エステティックライン(Eライン)とは?

理想の横顔のバランスを判断する基準として、エステティックライン(Eライン)と言うものがあります。これは、鼻先→唇→あごを結ぶ線で、この3つが同じライン上にあるのがバランの取れたきれいな横顔と言われています。しかし、日本人はあごが小さい人種であり、Eラインから後退している事が多く、丸顔で幼い印象を持たれてしまいます。

イラスト

あごをツンと前に出しエステティックライン(Eライン)と整えると、若い方は大人っぽく知性的で上品な印象に一気に変わります。中年以上の方なら口元のバランスがとれ、若々しい印象に変わります。男性では横顔に立体感が出て、りりしい顔立ちになります。また、横顔のバランスが整い、かつ顎がシャープになるため小顔効果も表れます。

小顔になるための輪郭(フェイスライン)の構成は?

輪郭(フェイスライン)の構成組織

小顔を希望して来院される方は多くおられます。しかし、大きなものを実際に小さくするというのは限度があります。「小顔の治療」とは、小さく見えるために輪郭のバランスを整える治療となります。具体的に言うと「顔を逆三角形のシャープな形に近づける治療」になります。そこで、自分がどこをどうしたら「逆三角形」になるのかは、輪郭の構成組織を理解する必要があります。

皮下脂肪が多い人には、脂肪吸引か脂肪溶解注射が、咬筋が発達している人にはエラボトックスが有効でしょう。また顎が奥に位置していたり、小さい人には、あごを前に出す施術を行う事で、バランスの取れた輪郭となり同時に「小顔」効果が現れます。

院長から患者さまへの6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。

当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。
全力でサポートいたします。

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー

輪郭・あご・ほほ・おでこ