目尻切開術 (目を外側に大きく)|樹のひかり形成外科・皮ふ科【奈良】|美容整形・美容皮膚科クリニック

文字サイズ:

0120-114-188

0120-114-188

アクセス

目・二重の整形

目・二重

当院の「目・二重」の施術について

はじめに
目元は、第一印象を大きく左右する大切なパーツです。
日本人に多い一重や奥二重、蒙古ヒダ、腫れぼったい目は、人から「暗い印象」を持たれだけでなく、「きつい印象」をもたれる事もしばしば。また、目元のタルミやクボミは「疲れた印象」や「老けた印象」をもたれる事も稀ではありません。
逆に、きれいな二重の目やパッチリした目は、「明るい印象」や「華やかな印象」を持たれるだけでなく、「若々しく元気な印象」を人に与えます。さらに自分に自信を持てるので、「素敵な表情」「いきいきした表情」に繋がり相乗効果をもたらします。
当院は、豊富な目元の治療方法をご用意しています。当ホームページでも、詳しく解説していますので、是非参考にして頂ければと思います。
そんな目元の治療は、千差万別で多岐にわたります。
ここでは、目の各論での細かい説明の前に、「私はどうすればいいの?」と悩まれてる患者さまが見て分かりやすいよう、「お悩み別」の解説をさせて頂きます。

施術したい部位から探す

施術したい部位から探す

施術詳細はこちら

お悩み・施術内容から探す

二重にしたい、二重の幅を広くしたい

一重を二重にしたり、二重の幅を広くする方法には、埋没法と切開法があります。
それぞれの方法には特徴があり、どちらを選択するかは患者さまの希望やライフスタイルと相談の上で決めていきます。
以下に簡単な違いを上げます。

埋没法
メリット 手軽でリーズナブル
腫れも非常に少なくダウンタイムも短時間
早期であれば元に戻せる
デメリット 二重がとれる可能性がある
経過と共に二重幅が狭くなる
切開法
メリット 永久的な二重、狭くなる事もない。
操作を追加すれば「瞳を大きくする」こともできる。
デメリット 埋没法よりも少し腫れるためダウンタイムは長い
料金は埋没法より高い

当院の、埋没法、切開法はいずれのデメリットを極限まで抑える工夫をしています。HPの詳細や、実際のカウンセリングでさらに詳しいご説明を致します。

平行型の二重にしたい

憧れの平行型の二重になるには、二重の幅を広くする必要があります。
ただし、患者さまの目頭にある「蒙古ヒダ」という皮膚の突っ張りが強い場合には、困難な事もあります。
その場合、希望の平行型二重にするには「蒙古ヒダ」の処理(目頭切開術)が必要になります。

イラスト

ポイント
“蒙古ヒダ”と“二重幅”とのバランスをとることで、適切な「平行型の二重」にする事ができます。ここで大切なのは、「目頭の形」と「二重の幅」に不自然さが無いか?バランスはとれているか?という事です。カウンセリングではこの微妙なバランスを、患者さま一人一人にアドバイス致します。

以下に実際の手術方法について解説いたします。
埋没法

蒙古ヒダが殆ど無いような目の方は、平行型になりやすく“少し広目の二重”を作ることで「平行型の二重」ができます。

  

蒙古ヒダの強い方は、埋没法だけで平行型二重を作ろうとすると“広い幅の平行型”を作っておかないといけません。なぜなら、埋没法は経過と共に、二重の幅が少し狭くなるため、平行型→末広型に変化してしまうことがあるからです。

そのため、はじめに“広い幅の平行型”にしておかないと、最終的に“適切な幅の平行型”の二重にする事が出来ません。こうした理由から蒙古ヒダの強い方は、埋没法で平行型を作ることが難しい事もあります。

埋没法+目頭切開

埋没法に目頭切開を加える事で、目頭側の皮膚の突っ張りの問題は解決します。ただし埋没法は、経過と共に二重の幅が少し狭くなるため、平行型→末広型に変化してしまうこともあります。

二重切開法+目頭切開

切開法で作った二重は、埋没法と違って二重の幅が狭くなる事はありません。また、目頭切開により蒙古ヒダの突っ張りの問題を解決できるので、確実に平行型をキープする事ができます。
平行型の二重を作る最も確実な方法と言えます。

目を大きくしたい(目力アップ、たれ目など)

目を大きくする方向には、「上・下・内・外」と4つあります。それぞれに対応した手術があります。
・上方向に大きく・・・二重手術(埋没法・切開法・眼瞼下垂症手術など)
・下方向に大きく・・・たれ目形成術
・内側に大きく・・・目頭切開術
・外側に大きく・・・目尻切開術

イラスト

ポイント

「目を大きくしたい」という想いの方も多くおられますが、大きくできる方向は4つある事をご理解ください。一般的なクリニックでは「二重手術」で行われる事が多いのですが、それだけで大きくしようとすると不自然さにつながる事もあり注意が必要です。

そのため、自然さを求めるのであれば、「二重手術」だけでなく、顔の全体のバランスを見ながら「目頭切開術」や「たれ目形成術」などを組み合わせる事で、自然雰囲気の大きな目になる事が出来ます。

上まぶたのタルミ、クボミを治したい

年齢を重ねた目元の悩みに、上まぶたのタルミ・クボミがあります。目元は、治療のラインナップが非常に多彩であり、ニーズに応じた治療が可能な部位でもあります。

・上まぶたのタルミ治療・・・二重埋没法上まぶたの皮膚切除眉毛下の皮膚切除(上眼瞼リフト・ブロウリフト)こめかみリフト前額リフト

・目の上のクボミ治療・・・ヒアルロン酸注射自家脂肪注入自家脂肪移植術眼瞼下垂症手術

以上のように「タルミ」「クボミ」の治療選択肢は多く、患者さまのご要望やライフスタイルに合わせてお選びいただくのが良いでしょう。

下まぶたのタルミ、クマを治したい

目の下のクマは「色素沈着」、「血行不良」、「皮膚の薄さ」による場合と、目の下の「眼窩脂肪の飛び出し」、「皮膚のたるみ」、「目の下のくぼみ」による影がクマに見える場合に分かれます。

前者に関しては、レーザー治療であったり、遮光、日常生活の改善などの対処療法が主流です。後者に関しては、手術やヒアルロン酸注射での治療が主流です。しかし、ほとんどの場合、後者もしくは両者の混在が多いため、後者の治療をすることで改善する事ができます。

イラスト

イラスト

ではこの「眼窩脂肪の飛び出し」、「皮膚のたるみ」、「目の下のくぼみ」の治療を見て行きましょう。

(1)「眼窩脂肪の飛び出し」に対する治療・・・眼窩脂肪摘出、ハムラ法(経皮的・経結膜的)
(2)「皮膚のたるみ」に対する治療・・・・ハムラ法(経皮的)
(3)「目の下のくぼみ」に対する治療・・・ヒアルロン酸注射、ハムラ法(経皮的・経結膜的)

イラスト

以上のように目の下の「タルミ」「クマ」の治療方法は多く、患者さまの状態、ご要望、ライフスタイルに合わせてお選びいただくのが良いでしょう。

(ハムラ法(経皮的・経結膜的・下まぶたの脱脂術・ヒアルロン酸注入))

腫れぼったい目を治したい

“腫れぼったいまぶた”の相談も良くあります。一般的な美容外科では「眼窩脂肪を切除する」手術が行われていますが、それだけでは不十分な事もしばしばあます。

治療には2つの脂肪を切除する方法があります。
上まぶたの脱脂術(眼窩脂肪摘出術)・・・朝のむくみを主に改善
ROOF切除術・・・上まぶたの外側上方の腫れぼったさを改善

イラスト

上記のいずれか、もしくは両方の処理する事でスッキリとした上まぶたになれる可能性があります。それぞれに改善できる症状が違いますし、手術の方法も違いますから、目の状態に合わせて、またダウンタイムを配慮した上で、適切な方法を選ぶ必要があります。

目元のシワを治したい

目元の皮膚は薄くて実にデリケート。そのためいろんなタイプのシワができやすい部位になります。
中でも、笑った時に出来る「目尻や目の下のシワ」は年齢を感じさせる大きな要因です。この気になるシワをボトックスで改善させることが出来ます。

涙袋を作りたい

「笑った時」や「はにかんだ時」の印象をより魅力的にするのが、ふっくらした“なみだ袋”です。

「なみだ袋形成」の方法には2通りあります。
ヒアルロン酸注射・・・ヒアルロン酸注射のみで涙袋を作る、手軽な方法。持続は1年程です。
自家脂肪移植・脂肪注入・・・安心の自家脂肪を目元に移植し、なみだ袋を作る、持続は半永久的です。

イラスト

患者様のご希望やライフスタイルやダウンタイムを配慮した上で、適切な方法を選ぶ必要があります。

他院で受けた手術の修正をしたい

二重幅の修正から、眼瞼下垂の左右差の修正、目頭切開の修正など、形成外科的なテクニックや移植技術などを用いで治療します。まずは無料カウンセリングにお越しください。

院長から患者さまへの6つのお約束

当院では、初めての方でも安心して通っていただけるように、「6つのお約束」をしております。

当院でぜひ、“なりたい自分”を叶えてください。
全力でサポートいたします。

お電話・メールでのご相談はこちらから

0120-114-188

診療時間
AM10:00~14:00
PM14:00~19:00
○皮膚科・形成外科(保険診療)、美容皮膚科・美容外科(自由診療) 、日帰り手術(保険診療・自由診療)
※第1.3木曜日は休診、その他臨時休診あり。

※予約優先制
※自由診療のカウンセリング、施術は随時受け付けています。
※手術が入っている場合は、ご予約をお取りする事が出来ないことがあります。

診療カレンダー